ゲーム速報じn。 ゲーム速報

テニス

ゲーム速報じn

GAME N. キリオス キープ サービスエース• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 R. ナダル ポイント• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 R. ナダル ポイント• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 N. キリオス ポイント• AD - 40 R. ナダル ポイント• 40 - 40 N. キリオス ポイント• 40 - 30 N. キリオス ポイント サービスエース• 40 - 15 R. ナダル ポイント• 30 - 15 R. ナダル ポイント• 15 - 15 N. キリオス ポイント• 15 - 0 R. ナダル ポイント ダブルフォルト• 0 - 0 N. キリオス のサーブです• GAME R. ナダル ポイント• 7 - 6 R. ナダル ポイント• 6 - 6 N. キリオス ポイント ダブルフォルト• 6 - 5 R. ナダル ポイント ダブルフォルト• 5 - 5 N. キリオス ポイント• 5 - 4 N. キリオス ポイント• 5 - 3 R. ナダル ポイント• 4 - 3 N. キリオス ポイント• 4 - 2 N. キリオス ポイント• 4 - 1 R. ナダル ポイント• 3 - 1 R. ナダル ポイント• 2 - 1 N. キリオス ポイント• 2 - 0 R. ナダル ポイント• 1 - 0 R. ナダル ポイント• 0 - 0 R. ナダル のサーブです 第12ゲーム.

次の

R.ナダル vs N.キリオス

ゲーム速報じn

GAME N. キリオス キープ サービスエース• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 R. ナダル ポイント• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 R. ナダル ポイント• 40 - AD N. キリオス ポイント• 40 - 40 N. キリオス ポイント• AD - 40 R. ナダル ポイント• 40 - 40 N. キリオス ポイント• 40 - 30 N. キリオス ポイント サービスエース• 40 - 15 R. ナダル ポイント• 30 - 15 R. ナダル ポイント• 15 - 15 N. キリオス ポイント• 15 - 0 R. ナダル ポイント ダブルフォルト• 0 - 0 N. キリオス のサーブです• GAME R. ナダル ポイント• 7 - 6 R. ナダル ポイント• 6 - 6 N. キリオス ポイント ダブルフォルト• 6 - 5 R. ナダル ポイント ダブルフォルト• 5 - 5 N. キリオス ポイント• 5 - 4 N. キリオス ポイント• 5 - 3 R. ナダル ポイント• 4 - 3 N. キリオス ポイント• 4 - 2 N. キリオス ポイント• 4 - 1 R. ナダル ポイント• 3 - 1 R. ナダル ポイント• 2 - 1 N. キリオス ポイント• 2 - 0 R. ナダル ポイント• 1 - 0 R. ナダル ポイント• 0 - 0 R. ナダル のサーブです 第12ゲーム.

次の

テニス

ゲーム速報じn

全豪オープン(グランドスラム/オーストラリア・メルボルン/1月20日~2月3日/ハード)男子シングルス準決勝は、第3シードのロジャー フェデラー(スイス)と第2シードのノバク ジョコビッチ(セルビア)が対戦。 ジョコビッチが7-6(7-1)、6-4、6-3のセットカウント3-0でフェデラーを破り、2年連続8度目の優勝へ王手をかけた。 第1セットは序盤からブレークの応酬となり、フェデラーがバックハンドで優位に立つ。 第7ゲームまでに8本のサービスエースを決め、ゲームカウントを5-2としたが、ジョコビッチが反撃。 正確なストロークでラリーを制し、タイブレークへと持ち込む。 3ポイントを連取して主導権を握ったジョコビッチが、タイブレークを7-1で制した。 第2セットは互いにサービスが好調。 ネットプレーやバックハンドスライスも駆使しながら、ブレークのチャンスをうかがう。 加えてフェデラーはレシーブの位置を前に取り、ジョコビッチに重圧を与えるが、第10ゲームでジョコビッチにチャンス。 サイドラインを突くストロークでバックハンドのミスを誘い、最後はフォアハンドウィナーでブレーク成功。 セットカウント2-0とする。 第3セットも序盤からサービスキープが続く。 後のないフェデラーは第4ゲームで3本連続のサービスエースを決め、必死に食らいつく。 第6ゲームも40-15とゲームポイントを握ったが、ここからジョコビッチが怒とうの4連続ポイント。 最後は鮮やかなフォアハンドクロスが決まり、ブレークする。 ジョコビッチはサービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームを落ち着いてキープし、熱戦に終止符。 前回王者が決勝に駒を進めた。 第1ゲームはジョコビッチが強打で圧倒、第2ゲームはフェデラーがサービスで押し込む。 第3ゲームはフェデラーのフォアハンドにミスが目立ったが、続く第4ゲームはサービスエースを連続で決めてラブゲームキープ。 第5ゲームを4連続ポイントでキープしたジョコビッチが、第6ゲームでブレークチャンス。 15-40からデュースに持ち込むと、最後は体を開きながらのフォアハンドクロスで、一歩前に出る。 第7ゲームはジョコビッチが206キロのサービスエースを繰り出して、キープ。 第8ゲームはオープンコートを作ったフェデラーがキープ。 第9ゲームはジョコビッチのサービング・フォー・ザ・マッチ、2本連続のサービスエースで先手を取った前回王者が見事にキープして、決勝進出を決めた。

次の