秋元 康。 秋元康氏、株価低迷で出資先に「含み損」15億円 SKE48運営の上場企業KeyHolder(キーホルダー)社への新株予約権で

秋元康の年収を解説!

秋元 康

略歴 [ ] 生い立ち [ ] に生まれる。 サラリーマン家庭の2人兄弟の長男で 、を患い、小学1年生の時に()に引っ越し、へ入学。 官僚を志望し、を受験するも不合格 [ ]。 高校進学の際には親の勧めもありに入学。 高校2年生の時、そろそろ勉強しないと東大に入れないと思い、受験勉強を始めた。 しかし、大半の生徒がに内部進学する環境もあり、なかなか勉強には集中できなかった [ ]。 放送作家 [ ] 高校2年生の冬の夜、『』を聴いていた際に何気なく、を主人公とした『』のパロディを受験勉強用に用意したノート20枚にわたり書き上げた(当時同番組には「せんみつ深夜劇場」という名作古典文学のパロディのコーナーがあった) [ ]。 募集されていたわけではなかったが、同級生の薦めを受けそのノートをニッポン放送へ送ったところ、社員の(のちに社長)と、の放送作家グループに所属していたの目に留まった [ ]。 このような経緯の後、ニッポン放送へ遊びに来るように言われ、出入りするうち奥山の弟子となり同グループに所属した [ ]。 入学後、放送作家として活動を始めた当初は放送作家をと考えていたが、当時のサラリーマンの4倍近い収入を放送作家業によって得ていた [ ]。 しかし、本人はそれを「あぶく銭」だとしていた [ ]。 「思えば、道草から始まった人生」と自身は回想している。 作詞家 [ ] その後、放送作家業に物足りなさを感じていたこと、放送作家という職業の将来性に不安を感じていたところ、亀渕からPMP(後の)のを紹介され、それを機に作詞を手掛けるようになる。 その経緯より、作詞家としてはフジパシフィックと契約している [ ]。 1981年、フジテレビ系で放送されたアニメ『』の挿入歌「タコローダンシング」(歌・、1981年1月25日発売のLP『とんでも戦士ムテキング ムテキングとんでもジョッキー』収録)で初めて作詞家としてされる [ ]。 アーティストに初めて提供した作品は、のシングルレコード「」(1981年10月21日発売)のB面「言葉にしたくない天気」である [ ]。 これ以降、作詞家としても活動開始。 1982年の「」、1983年には「」で作詞家としての知名度を得る [ ]。 『』、『』、『』の構成を担当して高視聴率を挙げる一方、さまざまなジャンルの楽曲の作詞を手掛ける。 「」、「」などの曲をヒットさせる [ ]。 1985年からは女性アイドルグループ「」の楽曲を手掛けメンバーを次々とソロデビューさせ、その際に全楽曲の作詞・プロデュースを担当した [ ]。 ただし、後に総合プロデューサーとして関わるAKB48とは異なり、「おニャン子クラブ」は『夕やけニャンニャン』という番組が最初にありきで、秋元自身は、おニャン子クラブについては共同作業であるとし、自分は仕掛け人ではないと説明している。 また、は「構成作家の秋元さんはスタッフの一員、いい意味で他のスタッフと同列だった」と述べている。 1986年のオリコンウィークリーチャート52週のうち36週でおニャン子クラブ関係の楽曲が1位を獲得 [ ]。 1987年にはの「その他」部門で16位(納税額1億61万円)となる [ ]。 1988年、おニャン子クラブのメンバーだったと結婚。 同時に渡米してに1年半ほど滞在した。 帰国後、の遺作となった「」の作詞を担当。 これによって作詞家としての地位を不動のものにした [ ]。 AKB48グループ [ ] 2005年、代表の、代表の、らと協力し『秋葉原48』を発足した。 東京・で女性アイドルグループ「」を立ち上げ、総合プロデューサーに就任した。 2006年、(事業内容:の経営等)を、東京都(KRKプロデュース社内)に設立。 AKB48の運営・管理業務を行う。 現在は、東京都千代田区外神田(内)を本社所在地とする [ ]。 AKB48は専用劇場で毎日公演を行う「会いに行けるアイドル」を標榜した。 当時の秋葉原は、社会現象を巻き起こしていた書籍・ドラマ・映画『』において描かれた「美少女アニメ・ゲーム」「メイド喫茶」「リュックサックを背負ったオタク男性」のイメージで認識されていたため、AKB48も「アキバの萌えアイドル」といった地下アイドル的な位置付けであったが、10thシングル「」以降徐々に一般の人気を上げ、2010年以降はシングルCDにおいて100万枚を超える売り上げを記録するようになった [ ]。 国内7大都市ではないが、2015年には新潟に、2017年には瀬戸内7県に) [ ]。 、との対談の中で、将来的にはAKB48のプロデュース業から退くことを示唆している。 人物 [ ] 身長166. 7cm。 2001年3月、第1子である長女をもうけた [ ]。 放送作家 [ ] 放送作家• 放送作家としてデビューして以来、2012年8月にのインタビューで尋ねられるまで、プロフィール上の生年を1956年としていた(実際の生年は1958年なので2歳上に鯖を読んでいたことになる) [ ]。 それは、高校2年でラジオの台本を書いていた頃、同級生の親友からラジオ局でアルバイトをしたいと言われて局に相談したところ「大学生でなければダメ」と言われたため、親友を大学1年であるとごまかし、自分もそれに倣って大学1年としたためであり「いまさら直すのも面倒」ということでそのままにしていた [ ]。 なお、などには当初より実際の誕生年で届けている。 エンターテインメントの基本はを破壊することにあると考え 、予定調和を嫌う傾向にあるとされているが 、より正確には、予定調和を破壊することに狙いがあるのではなく、既成概念にとらわれないという意味でこの言葉を用いている。 放送作家時代は、短期間継続的にヒットを出さなければならない立場にあったため、確実性を求め、市場の最大公約数に従う企画を制作していたが 、その結果として技術が平均化し、突出した試みができず 、真似されやすく、過当競争に巻き込まれる危険性が高いことから、のちに企画の優位性・差別化を重視するようになった。 秋元は「自分は天才でもアーティストでも芸術家でもない [ ]。 になりたいマン。 でもピカソになりたいと思った時点でピカソにはなれない」 、「我々の仕事は不安定な上に潰しがきかない。 我々のようなレベルの人間でもいつ仕事がなくなるか不安を抱いている」と述べている。 関係者• とは、長渕が初めてのラジオパーソナリティを担当した番組の放送作家として知り合った。 当時は、番組構成などで意見がぶつかり、放送中に喧嘩したこともあったが、同世代ということもあって、後に一緒に食事する間柄となった [ ]。 長渕は、秋元のことを「戦友」と語っている。 ただしAKB48ヒット以後、日本の音楽業界の衰退を危惧した長渕は再びで秋元を批判している [ ]。 また、の作詞を手がけたこともあるものの、と言い争いになったこともある [ ]。 とは、『』、『』、『』、『』など数々の番組作りを共にし、友人関係でもある。 作詞家 [ ] 作詞• AKB48とその姉妹グループ(派生ユニット)、とその関連グループ関連のほとんどの楽曲の作詞を手掛ける [ ]。 通常は作詞を終えた後にタイトルを付けるスタイルを採っている。 例外として、「」はタイトルを先に決めて詞を書いた。 AKB48や乃木坂46の作詞は、およそ1,000曲の中から楽曲を選び、アレンジが完成した段階から作詞を始める。 自身の作成した歌詞を「詩」ではなく「詞」と考えており、誰の口からその言葉が発せられるのかを念頭に作詞しているため、多少違和感があっても、耳に残るような歌詞や声のニュアンスを重視する。 作詞家デビュー前、相談も兼ねて歌詞をに見せたところ「全然アカン、話にならん。 持って帰れ」と、こき下ろされた [ ]。 たかじんに言わせると「単なる文章であって歌詞とはいえない」という評価であった [ ]。 しかし、結局その歌詞の中からヒットする作品が出ることとなり、たかじんは「えらいことした。 あの中からなんぼかもろといたらよかった」と話のタネにし、これに対して秋元自身も「たかじんさんはこだわりが強いから、納得できる歌詞を書くのは至難の業」と語っている [ ]。 また、たかじんによるとこの時歌詞を見せただけではなく、秋元は「このまま放送作家だけを続けていても、せいぜい一千万や数千万の収入で天井が見えている。 自分はこのままで終わりたくない」という趣旨の相談をしていたという [ ]。 それから30年あまりの時を経た2010年に、たかじん生涯最後のシングルとなった「」で歌詞の提供が実現している [ ]。 ただし、秋元自らが歌唱に参加している楽曲が一つある [ ]。 とんねるずと番組スタッフから成るの「」のカップリング曲「TODAY」で、作曲の後藤次利と共に全スタッフとして参加 [ ]。 『』での歌披露に参加した [ ]。 シングルの総売上は2013年2月27日付までの通算で計506作品、約6859万1000枚に達し、それまで1位だったの約6831万9000枚を抜き、作詞家歴代1位となった。 そのうちが約1998万7000枚で約3割を占めている。 作詞した楽曲のうち、100曲を超える作品がチャート1位となっており、その数も作詞家歴代1位である( を参照)。 これまで4,000曲以上を世に送り出してきた。 AKB48関連だけで700曲を超える(2012年2月現在、ステージ公演曲やシングルCD・アルバムなどを含む)。 最初にミリオンセラーを出した曲はの「」である。 最もヒットしたシングルはAKB48の「」。 作詞家歴30年、シングルの19回(2014年10月時点)、多数の賞を受賞している [ ]。 獲得だけは、2009年12月にAKB48と共に特別賞を受けるまで果たせていなかった [ ]。 2011年、自身が作詞を手掛けたAKB48の「」が第53回日本レコード大賞を、翌12年の第54回で「」により再度受賞し2連覇。 また、自身初となる作詩賞を受賞した。 2011年度・2012年度ので2年連続金・銀・銅賞の三賞を独占した。 JASRAC賞での三賞独占は他に小室哲哉(1995年度)が達成しているのみで、2年連続は秋元が唯一となる。 2013年2月、第40回音楽賞を、、、、、ジェイミー・ヒューストンらとの連名で受賞。 関係者• とんねるず、、、、等に20曲以上提供するなど、さまざまな歌手に詞を提供しメッセージソングやパロディソングのみならず、美空ひばりの「川の流れのように」のようなシリアスな楽曲も手掛けている。 またプロデュース楽曲、、の楽曲との作詞を担当する際に「は良妻」を捩った 高井 良斉(たかい りょうさい)のペンネームを用いた。 ただし、アニメ『』、『』の主題歌、『』関連の楽曲の作詞では、秋元康の名を使っている [ ]。 との「」で初の共作で楽曲提供。 作曲家・とは「ゴールデンコンビ」と言われている [ ]。 後藤の現在の妻は、秋元の妻のかつての同僚・である [ ]。 プロデューサー [ ] 以下、プロデューサーとしての年譜。 アイドルユニット• 1985年 - 1987年、• 1985年 - 1989年、• 1986年 - 1987年、(おニャン子クラブの男性版グループ)• 1989年、(らの在籍した男性グループ)• 1993年、(女子小学生グループ)• 2001年 - 2006年、(デビュー時中学生)• 2005年、• 2008年、• 2009年 - 2012年、• 2010年、• 2011年、、、• 2012年 - 2016年、• 2015年、、、、• 2016年、、• 2017年、、、• 2018年、、、、、、、、、• 2019年、、 その他• 1998年、家庭用ゲーム機メーカーのが開発したの宣伝戦略プロデューサーを担当し、同社のにも就任した [ ]。 2004年11月、傘下のコンテンツ配信会社の取締役に就任した。 その後が発生し、辞任 [ ]。 2005年、(後の)の「手紙ドキドキプロジェクト」の総合プロデューサーに就任し、オリジナルネットシネマやキャンペーンソングの作詞を手がける [ ]。 2005年5月、で開催された韓国人俳優のイベントの総合演出を手掛ける。 2007年秋には日本全国4か所で開催されたイ・ビョンホン『アリーナツアー』の演出を担当 [ ]。 2013年、がグローバル人材育成事の一貫として実施した官民協働の海外留学創出キャンペーン「」をプロデュース。 同年12月15日にプレス発表が行われ 、翌2014年2月14日にネット公開された。 プロデュースにあたっては、(旧)やの秋元宅で首相や文科大臣らと会談をもった。 2016年10月、自身初となるデジタル()アイドル「」をプロデュースすることが発表された。 2017年、社長のとの共同プロデュースでをプロデュース。 2018年、との共同プロデュースで、であるをプロデュース。 作品 [ ] 番組 [ ]• 2020年現在放送中• (企画・協力)• (企画)• (企画・監修)• (企画)• 自身がプロデュースするグループの冠番組• (企画)• (企画・協力)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画)• (企画)• (企画)• (総合プロデュース・企画・原案) 定期・不定期• (企画・監修)• 自身がプロデュースするグループの冠番組• (企画)• (企画) 過去• (構成)• (構成)• (構成)• (構成)• (構成)• (構成)• (構成)• (構成)• (企画・協力)• (構成)• フローズン・ホラー・ショー(プロデュース)• (構成)• (監修)• (監修)• (構成)• (構成)• (構成)• (監修)• (監修)• (構成)• (構成)• (アドバイザー)• (企画)• (企画・演出)• (企画)• (企画、出演)• (監修)• (監修)• (企画・監修)• (企画・監修)• (監修)• (脚本・監修)• (ブレーン)• (監修)• (監修)• (監修)• (原案・監修)• (監修)• (企画)• (企画・協力)• (企画)• (企画)• (企画)• (企画)• (構成)• (監修)• (企画・協力)• (企画・監修)• (企画・協力)• 自身がプロデュースするグループの冠・メインレギュラー番組• (企画・協力)• (企画・協力)• (企画・協力)• (企画)• (監修)• (企画)• (企画・協力)• (監修)• (企画・協力)• (監修)• (企画)• (企画)• (企画・協力)• (企画・監修)• (統括プロデューサー・企画)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (統括プロデューサー・企画)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画)• (企画プロデュース)• (監修)• (企画)• (企画・協力)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画・監修)• (企画プロデュース)• (企画・協力)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画プロデュース)• (企画)• (企画プロデュース)• (企画)• ロッカーに何、入れる? (企画) テレビドラマ [ ]• (1985年) - 企画• (1988年) - 監修• (1990年) - スーパーバイザー• (1990年) - 監修• (1991年) - 企画• (1992年) - 企画• (1992年) - 企画・協力• (1993年) - 企画• (1994年) - 企画・原作• (1994年) - 企画・原案• (1995年) - 企画• (1995年) - 企画・監修• (1996年) - 企画• (1996年) - 企画・監修• (1996年) - 企画・協力• (2005年) - 脚本• (2006年) - 総合プロデュース• (2010年 - 2018年) - 企画・原作• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2015年)• (2015年)• (2015年)• (2016年)• (2018年)• (2011年) - 企画・原案• (2012年) - 企画・制作• (2012年) - 企画・協力• (2012年) - 企画プロデュース• (2012年) - 企画・監修• (2013年) - 企画・原作• (2013年) - 企画• (2013年) - 企画・協力• (2014年) - 監修• (2015年) - 脚本• (2015年) - 企画・原作• (2015年) - 企画・原作• (2015年) - 企画• (2016年) - 企画・原作• (2016年) - 企画・原作• (2016年)• (2016年) - 企画・原作• (2016年) - 企画・原作• (2017年) - 企画・原案• (2017年) - 企画・原作• (2017年) - 企画・原作• (2017年) - 企画・原案• (2017年) - 企画・原作• (2019年) - 企画・原作• (2019年) - 企画・原案• (2019年) - 企画・原案• (2020年) - 企画・原作• (2020年) - 企画 テレビアニメ [ ]• (1991年) - 企画・原作• (1993年) - 企画・原作• (2020年) - 総合プロデューサー OVA [ ]• (2007年) - 企画・原案 映画 [ ]• (1989年11月3日) - 企画• (1991年1月26日) - 企画• (1991年4月20日) - 脚本、監督• Homeless(1991年11月9日) - 企画、脚本• (1992年6月13日) - 脚本、監督• 中指姫 俺たちゃどうなる? (1993年11月13日) - 企画• (1997年2月15日) - 原作、企画、脚本• (1997年10月10日) - 原作、企画• ヒロイン! なにわボンバーズ(1998年10月24日) - 音楽プロデューサー• (2000年4月29日) - 脚本、監督• (2001年10月6日) - 企画• (2002年7月6日) - 原案、企画• ござまれじ(2003年4月26日) - 監督• (2003年6月15日) - 原案、企画、脚本、監督• (2004年1月17日) - 原作• (2005年2月5日) - 原作• (2006年6月24日) - 原作• (2007年8月18日) - 原作・企画• (2007年10月27日) - 原作• (2008年11月29日) - 原案、企画• (2011年1月22日) - 企画• (2011年6月24日) - 総合プロデュース• (2012年1月27日) - 企画• (2012年9月29日) - 企画プロデュース• (2012年10月13日) - 原作• (2013年2月1日) - 企画• (2013年5月18日) - 企画• (2013年8月1日) - 企画プロデュース• (2014年1月11日) - 企画• (2014年5月30日) - 企画• (2014年7月4日) - 企画• (2014年7月25日) - 企画プロデュース• (2014年12月6日) - 企画• (2015年2月27日) - 企画• (2015年7月10日) - 企画• (2015年11月21日) - 企画• (2016年1月29日) - 企画• (2016年1月29日) - 企画• (2016年7月8日) - 企画• (2017年11月3日) - 企画• (2018年2月17日) - スーパーバイザー• (2018年9月14日) - スーパーバイザー• (2018年10月5日) - スーパーバイザー• (2019年7月5日) - 企画• キミだけにモテたいんだ。 (2019年10月25日) - 原作、企画• (2020年) - 企画 舞台 [ ]• PSST PSST〜ROCK PERFORMANCE〜(プロデュース)• TALKING BLUES(総合プロデュース)• 雪蛍恋乃滝(2020年、脚本・演出) ゲーム [ ]• (監修・セリフアレンジ)• (企画・原案・総合プロデュース)• (企画・原案・総合プロデュース)• (企画・原案・総合プロデュース) イベント [ ]• (と共にプロデューサーを務めた) 作詞 [ ]• (AKB48)• アイサレルトイウコト• 選抜(SKE48)• アドベンチャー・ドリーム• (欅坂46)• (SKE48)• (NMB48)• aki• 愛の祈り• 枯れない花• 留守電の奴隷• 2番目のしあわせ• 香港国際空港 CHEK LAP KOK空港 (「アグネス・チャン with 」名義)• 離婚美人• (日向坂46)• 涙のFriday Night• 夜明けのローラ• SHADOW OF LOVE• リザベーション• 思い出のすぐそばで• (AKB48)• (AKB48)• と仲間たち(HKT48)• (乃木坂46)• 愛の命日• (HKT48)• アニメじゃない(『』オープニングテーマ)• 夏の寒風• 甘い嘘• 言葉にしたくない天気(秋元の作詞家デビュー作)• (AKB48)• (NMB48)• (乃木坂46)• (SKE48)• (SDN48)• (SKE48)• (SDN48)• (SDN48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• セシルはセシル• Change my mind• 人生だるまさん• (ゲストパフォーマース:)• 泣きたいほど愛してる• 愛しさだけじゃ愛せない• 思い出さない夜はないだろう• (AKB48)• センターラインが終わるとき• ナーバスにならないで• さよならは落ち込まないで• ラスト・パラシュート• 時の痛み• 長い髪を洗うまで• 記憶の砂(日本語詞)• 春でも夏でもない季節• 思い出とめて• 19才で唄ったラブソング• 5分でSunset• 涙のロートレック• 夏のボサノバ• 週末のレイクサイド• 雨に抱かれながら• バスケットシューズを脱ぎ捨てて• 愛を振り向かないで• 愛をそのままにして-君へ-• ニール・サイモンも読みかけのままで• 魚たちの週末• 真夜中のメリーゴーランド• パステルの行方• 異国の詩人• Still• 思い出の旅人• ロマンティック神楽坂• TUNNEL• Stay by my side• Thank you• Come on! 僕のせい• Don't miss it! 月の祈り• Dark side• Clone• deal feat. NO-FACE• Always I need you• For you, For me• (欅坂46)• GROWING UP• 涙のクレッシェンド• The Love is Too Late• ジンで朝まで• 男と女• 夏の行方• 1ダースの言い訳• April• 君のためにバラードを• MOONLIGHT MERMAID• サザンクロス• 君は知らない• 君に逢いたい午後• 1969の片想い• 愛のかたち• セカンド・キス• リワインド• Congratulations• あなたがすべて• 時の岸辺• 僕ならばここにいる• 彼女は、BLOOD TYPE B• 永遠より長いキス• 君がそばにいるだけで僕はすべてを手に入れた• J's LOVE SONG• BAD DREAM• 永遠は風のように• (揺れる心に)フェード・アウト• 蒼い雨• 振り向いた時そこに見える階段を数えたことがあるだろうか• ストイック• 子供達を責めないで(の同名曲の日本語詞)• ステーション• Another One• (乃木坂46)• もう海には帰れない• LADY FIRST(用ソフト『クライムクラッカーズ2』オープニングテーマ)• (「」を除く)• (AKB48)• (AKB48)• うしろ髪ひかれたい• 立つ鳥跡を濁さず• 女学生の決意• 猫舌心も恋のうち• feat. 20歳• カレンダー• (HKT48)• 夜汽車• メロスのように -LONELY WAY-(オープニングテーマ)• 5分だけのわがまま• (「タンスのゲン」「ハル、はじまるキャンペーンの唄」「」を除く、一部他のAKB48グループと重複)• 風のロマンス• 僕のYELL 世界卓球ver. (「」を除く)• (「 with AKB48 Team 8」名義)• (「」名義)• (「」名義)• (「Team 8」名義)• 重力シンパシー• 水曜日のアリス• そのままで• 涙に沈む太陽• 1994年の雷鳴• 思い出す度につらくなる• お手上げララバイ• キンモクセイ• 素敵な三角関係• 旅立ちのとき• AKBフェスティバル• キミが思ってるより…• デッサン• ハートのベクトル• 女神はどこで微笑む? 未来が目にしみる• ハングリーライオン• 夢を見るなら• 初恋の鍵• 愛しさを丸めて• 幼稚園の先生• Hell or Heaven• 最後にアイスミルクを飲んだのはいつだろう? ときめきアンティーク• 誰が2人を出会わせたのか? 失恋同盟• バラの儀式• 美しい狩り• 哲学の森• 愛の川• ほっぺ、ツネル• 逃げられた天使• (NGT48)• (「」を除く、一部他のAKB48グループと重複)• (、一部AKB48と重複)• (、一部他のAKB48グループと重複)• この海へ• (、一部他のAKB48グループと重複)• (、一部他のAKB48グループと重複)• 好きになっちゃった• (HKT48)• 遠藤一美• 私だって• 童貞あずけます• 雪の蝶々• 深呼吸• 五十歩百歩• タコローダンシング(『』挿入歌)• 大塚ガリバー• 人間の駱駝• 背中から抱きしめて• 墨絵色の街• 恋のチューイング• 雨上がりのサンジェルマン• 水曜日のリセエンヌ• 11月のソフィア• 冬が終わるまで• ハートの扉• ロマンスしたい• 恋にエトセトラ• 唇を動かさないで〜さよならが言えない夜〜• ケロロダンシング(『』主題歌)• 芋虫ジョニー• プラスティック• 追いかけて夏• 初恋は実らない• BOOM BOOM BOOM• 小田原城星高校モテメン部• ハイスクールプリンセス• おてつきシスターズ• 12月のキス• (AKB48)• (他カップリング曲やアルバム曲など、多数の楽曲に詞を提供)• 最後のエゴイスト• もう一度君が欲しい• いつでもどこかに• ちょっとHENSHIN• 恋はBUCHI BUCHI! ガラスの破片• オリックス・キッズ• (球団歌)• (NMB48)• か行 [ ]• シャバダ ダバダ• 僕のSummertime blues• Enjoy your life! (河西智美、、、、、、、)• 今さらFall in love• それでも泣かない• 未来橋• クラス会の後で• ジェラシーパンチ• もっとタイトにI love you• 涙がDEJA VU• カフェバー・ドンファン• (乃木坂46)• IEKI吐くまで• 夢の背中• (STU48)• 桂三枝(後の)• 君の人生• Hello Tokyo• (AKB48)• (SKE48)• 辛口のゲーム• 君は今でも• (乃木坂46)• 2人のすべて• 恋のハレーション• ハートのねじ• 卒業してから〜AFTER GRADUATION〜• 偶然の後で• ブランチができるまで• Weather Report• 砂になりたい• 駐車禁止のミニクーパー• ラ・ボン・ベール• シアトルからのエアメール• リーゼント魂• 週末のサーファーガール• 今さら• (SKE48)• (SKE48)• LOVE• NEXT GENERATION• CLOSE YOUR EYES• ちょっとGive me a break! (NMB48)• Don't Stop Kiss• もう離れられない• 避暑地の出来事• ララバイを抱きしめて• ナシゴレン道玄坂• 少年よ 空を見ろ! 愛があったら…• シャッターを上げろ! 情熱の炎• Continueしたい• 上海雪• マリンタワー• テレビのボリュームを下げてくれ• サヨナラの前に接吻(くちづけ)を• マリー(瞳の伝説)• ほっといて• いくじなし• (SKE48)• 今、君と歌いたい• (AKB48)• 雨の日の映画館• (SKE48)• (日本語詞)• アメリカかぶれ• 君以外に好きな人がいる• ナルシシスト• 芝浦ゴシップ• どうする? 81〜eighty one〜• いつか愛した女たち• ALL MY LIFE• 空を飛べる子供たち• 1998年 君を愛していた• ごむたいな• (「国生さゆりwith」名義)• (日本語詞)• CoCo• (テーマソング)• 1973年のキャサリン• 出来すぎたロケーション• (SKE48)• (欅坂46)• Stardust Memories• 一人心中• (欅坂46)• Omoide o Okizarinishite• with (from )• 命音頭 さ行 [ ]• (吉本坂46)• (訳詞)• パヒュームを残せない• Here I am 〜泣きたい時は泣けばいい〜• 思い出をめくるために• 頬杖をつく夜• ウェディングベルの行方• 髪を洗えば• Moving• 接吻しないで• 涙ならすぐには出ない• 永遠のそばで〜あなただけに私だけに〜• 太陽が教えてくれる• 愛していただきます• サイケなハート• モヒートの夜• 選抜(SKE48)• (HKT48)• (HKT48)• (SKE48)• (・)• 初恋ヒルズ• (「指原莉乃 with 」名義)• ソフトクリーム・キス• キャンパスの恋人• 一人よりも二人• SERIOUS NIGHT - Everlasting Harmony -• 読みかけのシナリオ• ブラインドの第2章• しあわせをいつまでも• (NMB48)• (乃木坂46)• 愛しのマリア• ルーシー、今夜だけは…• ノンポリシー• (乃木坂46)• アフリカの女• 夢のバスガール• (AKB48)• (SKE48)• (HKT48)• (・・モンロー)• 踊りませんか? (吉本坂46)• - (Coconut Boys(ココナッツボーイズ)名義)• 恋のリメンバー• そして9月• チリドッグがお気に入り• (STU48)• 青空だけが空じゃない• (訳詞)• しましょのヨーコ• SISTA FIVE• お好み焼ファンキーソウル• (AKB48)• Encoreの楽園• 何度もキスをして• 東京タワー• 青空の鳥、籠の鳥• 約束の花束• Actress• 夜明け• (HKT48)• amber• しあわせはそばにある• と4期生(SKE48)• バレリーナになりたい• 木枯らしのクリスマス• FRIENDS(THE LIVING YEARS)• 君にできること(日本語詞)• ビリー・ジョエルは似合わない• (HKT48)• (ラストアイドル)• (SKE48)• リセット• 恋はマスカレード• 旅立つ日• 皆既日食• 素直になってダーリン• Bye-Byeガール• ハレーロマンス• もっとチャールストン• バランスシート• ナポレオンのくしゃみ• 月のうさぎが泣いた• SAKASAMA• アドベンチャー・アイランド• GRADUATION LOVE• RING OF THE MEMORY• UNTOUCHABLE• FLY TO ME! KITCHEN PATROL• MY LOVER• FRIDAY LOVE SONG• 象使いのインド人• 開けテレビジョン!! TOKYO YAJIUMA CLUB• BREAK AWAY• 仲間はずれだね• (欅坂46)• SILENT LADY• (作詞:秋元康、補作詞:・)• 流氷の手紙• 代官山恋物語• 港の娘• レンゲ草の鏡• クリスマスやったね• Rock Love• SHOW-RI• 君はRain• 螺旋階段の出口• Good-Luck Tonight• (AKB48)• (乃木坂46)• しあわせの勝ち組• 名前のない愛でもいい• 人の吉祥寺• (SKE48)• (NMB48)• 世界は終わらない• あと100マイル• 悲しみ以上• 3 times• もしも あなたが…• ごめんね、キャサリン• そんな君、こんな僕• もどかしいディスタンス• 永遠はどこだ? Are you ready? Sunny-side up• Trap• (吉本坂46)• しょうちのすけ• 初めてのブラジャー• Baby Baby• 恋をするたびに傷つきやすく…• 4月列車• 私がいない• 風の記憶(「杉山清貴 with 」名義)• 友よ 夜明けに待ち合わせよう• Nesessary• 君の誕生日• 瑠璃色の夜明け• 今は確かに(鈴木康博との共作)• 入り江• ラララ—愛の世界へ(鈴木康博との共作)• SO LONG(鈴木康博との共作)• 雨がノックしてる• 雀(すずめ)• 鶯谷チョンボ• (STU48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• 青春愚連隊• マサオ• Never ending time• 青春のスピード• たった一つだけの約束• 弁解オセロ• 約束のSunrise• 好きならYeah! Yeah! Yeah! にんにん忍たま音頭• まさかの女• 八百八町• (NGT48)• (STU48)• (STU48)• (SKE48)• (AKB48)• (SKE48)• (SKE48)• (AKB48)• (SKE48)• (SKE48)• (AKB48)• た行 [ ]• (SKE48)• (SKE48)• (AKB48)• (HKT48)• どうせ世の中不公平• 熱くなれ! (「高橋克典 with 」名義)• 愛し方を間違えて• 破れた羽根• 錆びたロック• 利己的な恋愛• ブエノスアイレスに雨が降る• 瞳の扉• アチチッチ(用ソフト『』OPテーマ)• (メガCD用ソフト『ゆみみみっくす』EDテーマ)• 太陽のバレリーナ• 絶対に逢いたくなる• (元)• NO RETURN• ひまわりが枯れるまで• TRAGEDY OF LOVE• 愛のスコール• JUDY• そんなつもりじゃなかったのに• ダチョウダンス• ベジタリアンルンバ• ガンバレ! アインシュタイン• 最後のI LOVE YOU• Christmas kiss• HEART BREAK DOWN TOWN• 最高の恋人• Televisionの誘惑• (SKE48)• 愛しているんだ• からくり銀座• 偶然を待てない• ひとりが目にしみる• (NMB48)• (AKB48)• (STU48)• ノンタンといっしょ• (AKB48)• 私の彼氏は銭型平次• 会いたかった お江戸ver. 世界中の雨• (AKB48)• (SKE48)• (AKB48)• (AKB48)• (AKB48)• (吉本坂46)• (ラストアイドル)• Uターン ダウンタウン• チナッチャブル(・)• 勝利の花びら(『』6代目エンディングテーマ)• (NMB48)• 明日は明日の君が生まれる• チョコレート• メールの涙• 彼のキッチン• Waves• 失恋散歩道• 秘密じゃないけど秘密• もう家なんて帰らない• ハートに落した涙• (AKB48)• Fade out• No way out• 地下水道• 悲しみのMirage• テクマクジャンクション• ソクラの憂鬱〜アニメ「セナトレックの盾」主題歌〜• 永遠のシェルター〜ハルとマリアのテーマ〜• DE-JA• わやくちゃな2人• (欅坂46)• (欅坂46)• 手塚翔太()• (SKE48)• (AKB48)• (AKB48)• 泣き唄• あまのじゃく• 富沢聖子• 5分だけのわがまま(『』エンディングテーマ)• くしゃみ• (SKE48)• (SKE48)• (SKE48)• (STU48)• (乃木坂46)• (他カップリング曲やアルバム曲など、多数の楽曲に詞を提供) な行 [ ]• TEARS(粉雪が舞うように... )(中島美嘉との共作)• 中谷満男• 浪花刑事ブルース• ・ from• 明日にONE WAY• (HKT48)• (HKT48)• (乃木坂46)• ガラスのクツ〜なっちゃん• ナットウエンジェル• ナットウマン• (AKB48)• (SKE48)• 会いに行こうか• なんじゃ! ロンリーバス• (NMB48)• (其之壱)• (其之弐)• (其之参)• (其之四)• (其之伍)• (其之六)• (其之七)• (其之八)• (NGT48)•

次の

秋元康「そんなバカな…」アイドル銘柄急落で、SKE48親会社が“乃木坂株半数を取得”のカラクリ|ニフティニュース

秋元 康

さて今回はタレントの 秋元康さんを取り上げます。 別名 高井良斉 出生 1958年5月2日(57歳) 出身地 東京都目黒区 学歴 中央大学文学部中退 激やせした姿をSNSに載せた秋元康さん。 痩せた理由を「ライザップ?」それとも「病気?}と話題になっています。 その姿がこちらです。 ぽっちゃりした体型にトレードマークのメガネというイメージが覆されましたね。 健康のために痩せたのであれば問題無いですが少し心配ですね。 秋元さんはもともと官僚志望で東大を目指していましたが受験失敗して挫折します。 官僚になって日本でも動かしたいと思ったのでしょうか。 野心が強そうなので出来そうですね。 芸能関係の仕事に携わり始めたのが中央大学在学中からでした。 放送作家として活動をはじめてすぐに頭角を現します。 昭和の歴に残るヒット番組を沢山作っています。 『ザ・ベストテン』『オールナイトフジ』、『夕やけニャンニャン』の構成を担当して高視聴率を挙げる 時代の流れを作る素質はさすがですね。 いづれも懐かしの映像などでよく流れている番組です。 学生時代から稼ぎも半端無かったようです。 中央大学文学部入学後、放送作家として活動を始めた当初は放送作家をアルバイトと考えていたが、当時のサラリーマンの4倍近い収入を放送作家業によって得ていた。 しかし、本人はそれを「あぶく銭」だとしていた 当時の初任給だと15万円だとしても4倍で60万。 コンビニのバイトだと何時間働くのでしょうか。 あぶく銭と言ってしまうあたりが大物になる予感がしますね. これだけ稼いでいるのに放送作家に飽きてしまい作詞家の道へも進みます。 この転向が転機となりヒットメーカとして数々のヒット曲を出して芸能界で大成功を納めます。 ヒットメーカーしての一部を見てみましょう。 小泉今日子「なんてったってアイドル」 キョンキョンの名曲ですね。 今でもカラオケで歌っている人がいますね。 それにしてもめちゃくちゃ可愛いですね!本物のアイドルって感じがしますね。 コンサート会場やその周辺にはピンクのド派手なハッピを着た親衛隊と呼ばれる人が沢山いたようです。 とんねるず「雨の西麻布」 秋元さんとはプライベートでも仲良くしているようですね。 それにしてもシュールなジャケットですね。 秋元康さんに発掘されて売れた歌手の一組ですね。 プロデュースした主なアイドルグループ おニャン子クラブ 1985年、フジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した。 代表的なメンバーは新田恵利、国生さゆり、立見里歌、城之内早苗、渡辺美奈代、渡辺満里奈、工藤静香、生稲晃子など。 メンバーを続々とソロデビューさせたり、毎週開催される番組内のオーディションなどにより、継続的にメンバーを追加したりするなど、独自の展開がアイドルの新たな売り方を示した。 ソロメンバーだけでなく、うしろゆびさされ組やニャンギラス、うしろ髪ひかれ隊などのグループ内ユニットも輩出し、一時は毎週のようにオリコンチャートを独占した モー娘。 やAKB4に見られるメンバーの人数を増やしていくという斬新な取り組みはここが原点なんですね。 やっぱり時代の流れを作り自分のモノにしていく先見の目はすごいです。 コンセプを打ち出してヒットさせる能力は抜群ですね。 全ての作詞作曲を手がけているため印税は総取りです。 このブレイクで納税額も一気に上がりました。 1987年には長者番付の「その他」部門で16位(納税額1億61万円)となる。 ねずみっ子クラブ 日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて!! 』内で結成された女性アイドルユニット。 同番組のゴングショーのコーナーの1つ「セクシー小学生コンテスト」の出場者の中から、メンバーが選抜された。 秋元康が「かつてプロデュースしたおニャン子クラブ(猫)に続くものはねずみだろう」と打ち出した安易な発想から誕生したグループだったが、CDの売上は低迷。 わずか1年程で解散した。 全員が女子小学生という異色のグループでした。 異色すぎて秋元プロデュースで売れないグループの1つになってしまいました。 遊び心で作りすぎて世間がついて行けなかったかも知れないです。 AKB48 秋元康さんがプロデュースしたアイドルの中で一番成功したグループ。 秋元康のプロデュースにより、2005年に誕生した。 秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、専用劇場でチームごとに日替わりでほぼ毎日公演を行っている。 メディアを通した遠い存在だったアイドルを身近に感じ、その成長していく過程をファンに見てもらい、共に成長していくアイドル・プロジェクトとされている。 人気の上昇に伴って本業以外でも個々で活動するメンバーが増えている。 当初はモーニング娘。 の影で活動していてモー娘。 のファンからは地下アイドル扱いされていました。 しかし今では人気が逆転しその差は歴然ですね。 枕営業は本当なの? AKB48のチーム分けが秋元康の独断で行われていたため 枕営業が横行しているのではないかとファンの間では囁かれていました。 それらを払拭するために毎年恒例の総選挙が行われ始めたとか。 こんなゴシップ記事もありました。 数年前に某芸能事務所で働いてましたがAKBは枕をやらないと仕事がこないんです。 大島優子ちゃんはベッドの上でも神対応ですが前田敦子ちゃんは塩対応だったと関係者は語ってます。 柏木由紀ちゃんは握手は神対応ですが夜は塩対応。 これはネタの感じがしすぎですが大物プロデューサなので黒い噂は尽きないですよね。 AKBが全盛期に小嶋陽菜や他の上位メンバーが一晩数百万で売り買いされてたけど、小嶋陽菜の値段そんなに高くなかったよ。 それだけ企業のトップには需要無かったって事じゃないかな。 芸能界では昔から女優さんの世界では常識とまで言われていたようですがアイドルにも当てはまるのでしょうか。 そもそも今では本人の能力も必要ですが事務所の力が一番必要かもしれませんね。 話は飛びますが昔懐かしの女優さんにもこんな噂がありました。 秋元康さんを起こらせた裕木奈江さんは芸能界追放 秋元さんの要求を拒否したため本来、主題歌も裕木さんが歌うはずだったものが秋元さんが売り出していた国武万里さんに交代したとされています。 さらに、秋元さんが裕木さんの悪口を広めたということです。 以後、裕木さんへのバッシングは女性からの反感も手伝い女性週刊誌などを中心に大きなものになっていきます。 これが本当ならヒドすぎますね。 本人がカミングアウトしても今の秋元さんならもみ消す力がありそうです。 芸能界の闇と光は一般人にはわからない世界なので噂レベルでも信じてしまいますよね。 ちなみに裕木奈江さんの現在は? 1999年にヘアメイクアーティストと結婚しアメリカのロサンゼルスに移住。 2006年 クリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』でハリウッドデビューを果たします。 2007年には デイヴィッド・リンチ監督の『インランド・エンパイア』に出演。 2009年に離婚。 一番最近の芸能活動は2012年の伊勢谷友介監督の映画『セイジ 陸の魚』への出演。 2012年以降、芸能界での仕事はしていないみたいです。 干されたのかセーブしているのか わかりませんがハリウッドデビューもしているので芸能人はやめていないみたいですね。 嫁はどんな人?名前と年齢は? 秋元康さんの結婚相手について詳しく調べてみました。 秋元さんの結婚相手は元おニャン子クラブのメンバーの 高井 麻巳子(たかい まみこ)さん。 秋元さんよりも 9歳年下です。 秋元康さんは当時32歳で、妻の高井麻巳子さんは当時まだ21歳。 結婚に至るまでにはいろいろと問題があったようです。 1988年(昭和63年)5月23日、おニャン子の仕掛け人である秋元康と結婚し、突然芸能界を引退する。 その後、すぐに渡米。 1年半ほどニューヨークに滞在し、秋元との新生活を始める。 ファンクラブ結成から僅か3週間余りだったこともあり、関係者やファンは困惑した。 また、秋元には風当たりが強かった。 結婚が明らかになってから高井自身の口からその件について語られることはなかった。 恋愛禁止ルールを作った本人が自ら破ってしまいます。 そもそもプロデューサーが商品であるアイドルと結婚するってファンに対する裏切りですよね。 恋は盲目ということなんでしょうか。 今ではおしどり夫婦と言われますが。 高井さんは芸能界を引退した後は専業主婦をしていたようです。 2002年には夫婦共作で絵本を出版して話題となりました。 独特のタッチで味がありますね。 挿絵が高井さん、文章が秋元さんが担当しています。 高井さんの現在の姿が林真理子さんのブログにありました。 スタイルも良くて相変わらず可愛いですね。 着物姿で凛とした雰囲気が大人の女性の魅力を高めますね。 子供は何人?名前は?年齢は?学校は? 二人の間には1人お子さんがいます。 2001年に娘が誕生。 名前は 秋元せり、年齢は 現在15歳。 幼稚園は 慶應義塾幼稚舎、現在は 慶応大学附属中学に通っています。 お受験のために家庭教師を教科ごとに雇っていたり塾にも通わせて英才教育をしていたのでしょうか。 このまま慶応大学まで進学する可能性が高そうですね。 AKBの研究生になるという噂がありましたが ガセネタのようです。 顔写真や家族での画像などはありませんが母親に似ていれば可愛いはずなので父親のプロデュースで芸能界デビューってこともあるかもしれないですね。 今後の娘さんの動向に注目していきましょう!.

次の

秋元康氏 坂道シリーズを語る、それぞれ持つカラーの違いは「ほとんど何も考えてなかった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

秋元 康

音楽プロデューサーの秋元康氏(61)が19日、ニッポン放送の特別番組「佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント」(火曜後8・00)に生出演。 坂道シリーズが持つ特徴について語った。 秋元氏はAKB48を始めとする「48グループ」、さらに乃木坂46などの「坂道シリーズ」の生みの親。 そこで、テレビ東京プロデューサーで同番組パーソナリティーを務める佐久間宣行氏(44)が気になっていた疑問をぶつけた。 佐久間氏は「(カラーを決めたのは)コンセプトが先だったのか、集まったメンバーを見て決めたのか」を秋元氏に尋ねた。 すると、秋元氏は「佐久間と仕事していて分かると思うけど、ほとんど何も考えてない」との回答。 「AKB48公式ライバル・乃木坂46」として始動する以外はまっさらな状態だったとのこと。 対して欅坂をクールな路線にしたのはオーディション時の印象から。 秋元氏は当時を振り返り「(欅坂のメンバーは)本当に明るくないの。 大人たちをにらみつけてるわけ、みんな。 だから、大人たちが嫌いな人たちなんだなー」と思ったという。 その時、直感的に「大人たちに支配されない」といった言葉が思い浮かんだそうだ。 これについては「本人たちとファンが導いてくれた。 秋元氏はライブなどを見て「彼女たちの明るさを何とかしないといけない」と感じたという。 それは最初から意識して付けられたものではなく、本人たちの性格やファンの発言などによって構築されたものだった。

次の