ふるさと 納税 やり方 ふる なび。 ふるさと納税のやり方【初めてのサラリーマン(会社員)向けに分かりやすく解説】

「ふるなび」でふるさと納税。返礼品獲得までのやり方をご紹介。

ふるさと 納税 やり方 ふる なび

ふるさと納税とは? ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をする制度のことをいいます。 自治体に寄付をすると、寄付金額から自己負担額(2,000円)を引いた金額分が税金から控除され、さらにお米やお肉などの食料品や日用品などの返礼品を寄付先の自治体から受け取ることができるというお得な制度。 寄付をする自治体は好きに選ぶことができ、自分の出身地などは関係なくどこに寄付をしても問題ありません。 手続きはインターネットで簡単に行えます。 ふるさと納税はどうやってやるの? ふるさと納税の寄付は、 の簡単 4ステップで行えます。 ふるさと納税のポータルサイトで寄付したい自治体やもらいたい返礼品を選んで寄付の手続きを行うと、後日、申し込んだ返礼品が自宅に届きます。 ワンストップ特例を利用する場合は、返礼品と同梱または別送で届く「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に記入して返送すれば寄付金額から自己負担額を引いた金額が税金から控除されます。 ワンストップ特例を利用しない場合は、確定申告を行います。 ふるさと納税の4コママンガでも詳しく知ることができます。 ふるさと納税をする前に寄付限度額を確認しよう ふるさと納税をするときに必ず確認しておく必要があるのが寄付限度額です。 限度額を超えた額を寄付しても税金からは控除されませんので、損をしないよう必ず確認しておきましょう。 寄付限度額とは? ふるさと納税の寄付を行うと、寄付金額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限(寄付限度額)までが所得税や住民税から全額控除されます。 限度額を超えて寄付をした場合、超えた金額分は控除対象にならないため、住民税や所得税の還付、減額が行われません。 寄付限度額はどこで調べられる? 総務省のWEBサイトなどに、寄付限度額の一覧表が用意されています。 また、ふるさと納税のポータルサイトなどでシュミレーションができるようになっていますので、ぜひ利用してみてください。 寄付限度額は収入や家族構成によって人それぞれ違うため、寄付をする前に必ず確認しましょう。 また、住宅ローン控除や医療費控除など、別の控除を受けている場合には限度額が変わるので、注意が必要です。 下記記事に各ポータルサイトの限度額早見表をまとめてますので、参考にしてください。 ふるさと納税の流れ・やり方を詳しく解説 初めてふるさと納税をする方でも簡単にできるように、ふるさと納税のやり方をわかりやすく説明します。 こちらを参考にしながらふるさと納税をしてみてください。 ふるさと納税の返礼品には、お米やお肉などのグルメ品や、家電製品、宿泊券など様々なジャンルのものがありますので、寄付したい金額に合わせて選びましょう。 欲しい返礼品が決まっている場合は、返礼品を検索してそれを提供している自治体に寄付をするというのが一般的です。 支援したい自治体が決まっている場合は、その自治体が提供している返礼品の中から選びます。 返礼品によって寄付金額が決まっているので、限度額の範囲内で申し込める返礼品の中から選びましょう。 還元率とは?還元率が高いとお得なの? 還元率とは、寄付金額に対する返礼品の金額(価値)の割合です。 ただし、総務省の通達により還元率は30%以下にすることになっているため、還元率が30%を超えた返礼品は『 お得』と考えると良いでしょう。 ポータルサイトから返礼品を選ぼう ふるさと納税の返礼品は、ふるさと納税ポータルサイトで探すことができます。 ふるさと納税ポータルサイトは、「ふるさとプレミアム」「ふるさとチョイス」「さとふる」「ふるなび」「楽天ふるさと納税」などが有名で、どのサイトも、返礼品を検索して探したり、カテゴリから選んだり、寄付金額別で探したりと様々な切り口で選ぶことができるようになっています。 ポータルサイトによって取り扱っている自治体や返礼品の内容が異なるので、一つのポータルサイトで気に入ったものが見つからない場合でも、他のサイトで探せば見つかるかもしれません。 どのポータルサイトで探せばよいのか分からない方は、下記記事をご覧ください。 ふるさと納税ポータルサイトでは、インターネット通販で品物を購入するのと同じように寄付の手続きを行えるようになっています。 寄付金額を入力して欲しい返礼品を選択し、あとは画面の流れに沿って進んでいけば、寄付が完了します。 入金方法は、クレジットカードやコンビニ支払い、銀行振込、携帯キャリア決済など、いろいろな決済手段から好きなものを選べるようになっています。 ワンストップとは? ふるさと納税がスタートした頃は、税額控除を受けるために確定申告が必須でした。 しかし、確定申告をすることのないサラリーマンの方も多いことから、簡単な手続きで税額控除が受けられるようにしたのがワンストップ特例制度です。 ワンストップ特例制度を利用する場合は、寄付の手続きの途中に出てくる「ワンストップ特例制度を利用する」といったチェック欄にチェックを入れると、自治体から必要書類が送られてきます。 自分がワンストップ特例制度の対象になっているかどうかわからない場合は、ひとまずチェックを入れておくことをおすすめします。 (ワンストップ特例制度の対象でない方がチェックを入れて、何ら問題は生じません) お得な返礼品の選び方を知ろう ふるさと納税の返礼品の中でも特にお得なものを選ぶには、下記のポイントを基準に探してみるのもおすすめです。 還元率の高いもの• 寄付金額あたりの量の多いもの• 普段なかなか買えない高級品など また、普段使っているものをふるさと納税で申し込めば、買うはずだったものをもらうことができるので、とてもお得です。 この書類は必ず必要なので無くさないようにしましょう。 返礼品の配達日時指定については、できる自治体とできない自治体があります。 返礼品によっても違いがありますので、希望がある方は返礼品の詳細ページで確認してみましょう。 寄付金受領証明書とは? 寄付金受領証明書とは、寄付した自治体から送られてくる、「寄付を受け取った」という証明書です。 確定申告をするときに必要になるので、大切に保管しておきましょう。 寄付金税控除に係る申告特例申請書とは? 寄付金税控除に係る申告特例申請書は、ワンストップ特例制度を利用する際に必要な書類です。 寄付した自治体から送られてくるので、必要事項を記入して返送します。 ワンストップ特例制度の対象になっていれば、この手続きだけで控除の手続きは完了します。 確定申告をしなければいけない? 確定申告は、必ずしなければならないわけではありません。 もともと確定申告をする必要のない方で、1年間の寄付先が5自治体以内の方は、ワンストップ特例制度を利用することで税額控除することができます。 なお、もともと確定申告をする必要のある方は、ワンストップ特例の手続きをした場合でも、確定申告でふるさと納税の控除手続きをしなければ控除されないので注意が必要です。 「会社員」「公務員」「個人事業主」では手続きの仕方が違う? 会社員と公務員は、手続きの仕方は同じです。 ワンストップ特例制度の要件に当てはまる場合は、自治体から送られてくる「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」と添付書類を提出するだけで手続きは完了します。 個人事業主の場合は確定申告が必要なため、確定申告の際に「寄付金控除」の手続きを行うことになります。 ワンストップと確定申告の違いとは? ワンストップ特例制度と確定申告では、下記のように違いがあります。 どちらの方法を利用しても税金は控除されますが、ワンストップ特例制度は、1年間に寄付をするのが5自治体以下の場合のみ対象になります。 それ以上の場合は、確定申告により控除されます。 ワンストップ特例制度の場合は住民税のみが控除され、確定申告の場合は住民税と所得税が控除されます。 ただし、控除される金額はどちらも同じです。 (ワンストップ特例制度の場合には、所得税分も住民税から控除されることになります) いつまでに手続きしなければいけない? ワンストップ特例制度を利用する場合の申請期限は、ふるさと納税をした年の翌年1月10日です。 自治体から送られてきた申請書類に記入をして、期限までに自治体に到着している必要があります。 確定申告の場合は、翌年の3月15日まで(消印有効)に税務署に申請を行う必要があります。 まとめ ふるさと納税の流れについて解説しました。 ふるさと納税の寄付の手続きは、インターネットを利用すればとても簡単です。 ふるさと納税をしてみたいけれど難しそうだと敬遠していた方も、今年こそ、お得で楽しいふるさと納税をしてみませんか? ふるさと納税サイトは色々あるので、自分が使いやすいサイトを探してみてくださいね。 ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに 「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。 私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。 また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。 その中で感じたこと。 それは、 「お得な返礼品が見つけにくい!」です。 年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。 この中から お得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。 お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。 お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんな あなたの不便を解消するべく立ち上がりました! 当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。 私はそう信じております。

次の

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

ふるさと 納税 やり方 ふる なび

現在ふるさと納税ポータルサイトは16ほどあります。 これだけ多いと自分でポータルサイトを比較するのも大変… そこで、 ふるとく編集部が実際にサイトを使って、メリットや特長を徹底的に比較検証しました。 本当におすすめのふるさと納税サイトが一目でわかります! 目次• ふるさと納税とは? ふるさと納税とは、 本来自分が居住している自治体に納めている税金の一部を、出身地などの故郷や、応援したい自治体に寄付できる制度のことです。 多くの自治体では寄付のお礼として、米や肉など地域の特産品を送っています。 また、寄付後、手続きをすると自分が支払うべき住民税や所得税からその金額分が翌年控除されます。 ただし、全額控除されるわけではなく、寄付金額のうち 2,000円を超える分が控除の対象になっています。 つまり、 実質的に自己負担額2,000円でいろいろな返礼品がもらえるということ。 1 最短1週間で返礼品が届き、決済方法が豊富 家電返礼品506と他ポータルの中で圧倒的数。 ふるさと納税すると 楽天ポイントもたまる。 最大15倍も。 auポイントが使えるので、auユーザーにとってはお得。 決済方法にauかんたん決済がある 寄付金額100円につき1マイルが貯まる 寄付金額に応じたトラベルポイントが付与され、宿泊施設などの旅行プランを利用できる ランキングが充実している 自治体に対する情報量が多い 高島屋とコラボした返礼品が選べる 「厳選・おいしさの追求」を軸に、「シェフのお墨付き」返礼品が紹介されている ヤマダポイントが1%貯まる。 ふる太が『さとふる』を1番におすすめする理由は、返礼品の探しやすさ、申し込みのしやすさです! また、決済手段は「クレジットカード決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」、「auかんたん決済」、「コンビニ支払い」、「銀行(Pay-easy決済)」と幅広く用意されているのも便利ですね。 贅沢な返礼品やAmazonギフト券がもらえたりする も定期的に行なっているところも特長の一つです。 早く返礼品が欲しい時ありますよね?なんとさとふるでは、申し込み後早ければ1週間程度で返礼品が届くので、非常に便利です。 利用メリット マイページ機能があり自分の控除上限金額も登録できるので、一元管理できる。 早く届く返礼品があり、決済方法も豊富。 企業の従業員向けサービス「オフィスでふるさと納税」という、ユニークな日本初のサービスを展開している企業が運営しているサイト。 掲載自治体数は約70と少ないながらも、北海道白糠町、新潟県村上市、福岡県大木町といった人気の自治体が参画しており、多くのポータルサイトから姿を消した家電」カテゴリーが残っているのが魅力です。 家電以外にも、商品券(ギフトカード)や宿泊チケットなどがあり、「ちょっと贅沢をしたいな~」と思っている方は、ぜひのぞいてみてください! 利用メリット 常時Amazonキャンペーンを実施している。 お米、お肉などの特集が豊富で人気の返礼品を見つけやすい。 利用デメリット 返礼品の数が少ない。 カテゴリーごとのランキングがない。 1のサイト『ふるさとチョイス』は3番目におすすめです。 21万点以上の地域の名産品などが掲載されており、全国1741自治体のうち約1500の自治体へ寄付することができます。 情報量が豊富!また、クレジット決済だけではなく、キャリア決済やコンビニ決済、銀行振込、郵便振替など幅広い決済方法に対応しています。 ふるさとチョイスの特長は掲載数が多いということだけではありません。 チョイスしか掲載されていない もまた魅力的です。 ネットでのお申込みが苦手な方は、カタログや電話、FAXでも申し込みできるので使い勝手が良いですよね。 利用メリット 返礼品数、自治体数ともにポータルサイトの中でNo. 1なので、返礼品が豊富。 選択の範囲が広がる。 また、商品券の取り扱いも多く使い勝手がよいのも特長です。 今急激に伸びているサイトです。 掲載自治体数も350を超えるなど、利用者数・認知度共に増加傾向にあります。 返礼品のレビューを投稿するだけで「 」をプレゼントするなど、定期的にAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しているのも特長の一つ。 これはかなりポイントが高いですね! とにかく、お得にふるさと納税をしたい!という方にはオススメのサイトです。 利用メリット 家電返礼品が豊富。 還元率の高い人気商品券が稀に掲載される。 利用デメリット 家電以外の食品などの返礼品がさとふる、ふるさとチョイスに比べると少ない。 一回一回会員登録するのめんどくさい!そんな方にはとても使いやすいサイトですね。 しかも、楽天スーパーポイントが使え、もちろんふるさと納税するだけで楽天スーパーポイントがもらえちゃいます。 レビュー機能が充実している。 利用デメリット 楽天に慣れているユーザーには問題ないが、情報量が多く掲載されているため初めての人は見づらい。 順位 サイト名 総合得点 利用者の声 73. 46 掲載自治体が多いので、結果的に多様な選択が可能。 ランキングがよい。 56 マイルが貯まる。 品質の高い返礼品を多く取り扱っている。 24 サイトのページが見やすく、検索しやすい。 寄付控除額のシミュレーションがわかりやすい。 87 楽天市場で買い物するのと同じように商品が選択・楽天ポイントが付く。 36 情報量が豊富でコンテンツも充実してわかりやすい。 30 返礼品がランキング形式になっている。 高評企業のふるさと納税サイト 規定人数の半数以上の回答があり、評価項目得点が60. 00点以上の企業が高評企業として選ばれます。 お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの? 「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。 しかし、お得にふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの 年収や家族構成などによって決まってきます。 というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。 所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。 たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。 共働きでない年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。 控除限度額は「」や「」から調べることができます。

次の

大手ふるさと納税サイトの特徴と、そのメリットを徹底比較2019!ふるさとチョイスやふるなび、楽天ふるさと納税はどれがおすすめ?

ふるさと 納税 やり方 ふる なび

ふるさと納税とは「 納税」と言葉がついていますが、実際は都道府県や市町村への「 寄付」です。 制度自体は、2008年からはじまっているので、今年で12年目です。 ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。 例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。 引用元: ふるさと納税の仕組み ポイントのみを簡単にまとめます。 自己負担は2,000円、それを越える部分は所得税や住民税から控除される• 所得や扶養家族などの条件に応じて、寄付金額の上限が決まっている。 自分が住んでいる場所だけでなく、応援したい自治体へ寄付ができる。 税金還付を受けるために、翌年に確定申告を行う必要がある。 給与所得者は、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで確定申告が不要となる。 控除額の目安 所得や扶養家族などの条件に応じて、寄付金額の上限が決まっています。 年収と扶養家族の人数に応じたふるさと納税の上限が公開されています。 今回、ふるなびで手配しましたがが用意されていました。 一般的な還元率 以前は寄付した金額以上の返礼品が受け取れたりと、各自治体の競争が激化しましたが、2017年の総務大臣命で返礼品の目安を「 寄付金額の3割以下」にするように通達がだされてしまいました。 お住いの自治体で期限内に確定申告を行います。 申請書の書き方などは各都道府県の窓口や公式サイトで確認することが可能です。 公式 ワンストップ特例制度を利用するパターン ワンストップ特例制度を利用する場合、以下の申請書を自治体に送付します。 ワンストップ特例制度を利用した場合はふるさと納税に関して確定申告は不要です。 特例申請書• 本人確認書類 申請書の送付は「郵送」となります。 寄付の翌年1月10日(必着)で提出します。 公式 ふるさと納税サイト「ふるなび」 ふるなびとは 株式会社アイモバイルが運営する、ふるさと納税ポータルサイトの一つです。 アイモバイル自体は、東京証券取引所の一部に上場している企業(証券コード: 6535)です。 幅広い事業内容を取り扱っていて、しっかりとした企業に見受けます。 えーっ、選ばせて 国産牛と和牛は異なるらしい。 A5とか牛肉のランクって? いざ選ぼうと思ったら、そもそもどういったお肉を選べばよいのか分からなくなりました。 テキトーにA5ランクとか選べば良いかな?とも思ったのですが… このページであまり深く掘り下げてもどうかと思いますので、下記のページを参考にしました。 わかりやすい説明だったので引用します。 ランクは一番下のC1から、一番上のA5まで15段階に分けられています。 【1~5の数字】…サシ(脂)の入り方・肉の色・質感によってつけられます。 引用元:• 特例申請書への印鑑押印• 多少の追記(特例申請の対象者であるチェックボックスへのチェック)• 各種書類の添付 これであとは返信用封筒で返せば終わり。 商品到着 商品は依頼から3日ほどで到着しました。 1kgが500gパックずつに別れています。 赤身に程よいサシが入っています。 良い赤紫色をしています。 最後に こんな感じで今年のふるさと納税に着手しています。 まだ、納税の上限額には達していないので他の案件を探しつつ今年のふるさと納税を楽しみます。 まだ手続きされてない方、お急ぎを。

次の