ナマコブシ 対策。 ナマコブシ (なまこぶし)とは【ピクシブ百科事典】

【ポケモン剣盾】ナマコブシの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ナマコブシ 対策

今作から「どくどく」の技マシンが削除され、さらに受けループの顔とも言えるラッキーとグライオンのリストラによりこれまでのテンプレ型の受けループは組むことすら不可能になってしまいました。 そこで、今作ではレベル技で「どくどく」を覚えるこの2匹を軸に、 「まもる」や「トーチカ」でターンを稼ぐパターンが新たなテンプレートとして登場しました。 サザンドラへの回答 受けを崩すポケモンとして身代わり悪巧みサザンドラが環境に蔓延し、ドヒドイデ+ヌオーはこれに成す術がありませんでした。 そこで、このサザンドラへの回答として 身代わりを張られた場合でも「ハイパーボイス」で貫通しながら倒せるニンフィアが採用されるようになりました。 始めは「とつげきチョッキ」を持ってサザンドラの「ダイスチル」を耐えるようにした型が多かったですが、次第に アイアントを「マジカルフレイム」で上から倒せる「こだわりスカーフ」型が数を増やしていきました。 対ドリュウズ• ドヒドイデ+ヌオー+ニンフィアには ドリュウズが一貫してしまうのでそれへの対策が必要となってきます。 そこで、 タイプ相性上簡単に受けが成立するアーマーガアが入ってくるのですがどうしても 「つのドリル」によって簡単に倒されてしまう可能性をはらんでしまいます。 そこで、これを 無効にできるゴーストタイプのポケモンを同時に選出したり、アーマーガアの 特性を「プレッシャー」にすることで撃たれる回数を減らして勝率を高めるといった工夫がなされています。 採用されやすいポケモン ドヒドイデ 特性 さいせいりょく 性格 ずぶとい おだやか 持ち物 くろいヘドロ など 確定技 ねっとう じこさいせい 技候補 どくどく トーチカ くろいきり など 今作の受けループの核となるポケモンで、ほぼすべての受けループに共通して採用されているといっても過言ではありません。 高い耐久値を持つため、1発耐えて「どくどく」や「ねっとう」で状態異常をまきつつ、「じこさいせい」や特性「さいせいりょく」で相手をごまかす立ち回りが強力です。 ヌオー 特性 てんねん ちょすい 性格 ずぶとい おだやか のんき なまいき 持ち物 たべのこし オボンのみ カゴのみ ゴツゴツメット など 確定技 ねっとう じこさいせい 技候補 じしん どくどく あくび まもる たくわえる ドわすれ ねむる ドヒドイデと同じ水タイプでありながら、同タイプが苦手とする電気タイプに耐性を持ち、貴重な「どくどく」を覚えるポケモンでもあるため、今作の受けループでは需要が高いポケモンです。 しかし、種族値はあまり高くないのでドヒドイデのように物理特殊両方の相手をすることは難しいです。 低い数値を補うために「たべのこし」や「オボンのみ」を持たせることが多くなります。 ニンフィア 特性 フェアリースキン 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 171-63-85-162-150-123 確定技 ハイパーボイス マジカルフレイム 入れ替え候補技 はかいこうせん シャドーボール サイコショック ねごと あくび 「ハイパーボイス」でサザンドラの「みがわり」を貫通して上から1撃で倒せます。 アイアントなど受けがほぼ不可能なポケモンに対しても上から殴れるため、受け構築への対策に対するカウンターとなれます。 アーマーガア 特性 ミラーアーマー プレッシャー 性格 わんぱく しんちょう ようき 持ち物 ゴツゴツメット オボンのみ たべのこし タラプのみ など 確定技 はねやすめ 技候補 ブレイブバード ドリルくちばし アイアンヘッド ボディプレス とんぼがえり てっぺき ビルドアップ ちょうはつ みがわり ドヒドイデが苦手なエスパーや地面タイプ、ヌオーが苦手な草タイプに耐性を持っているため、相性補完として採用されることが多いポケモンです。 技の選択肢が多く、「ちょうはつ」や飛行技を採用するかどうかで素早さや耐久のラインがかなり変わるポケモンなので、メタを張ることが難しい点が特徴です。 「おにび」で相手の攻撃力を削いで裏のポケモンで受けやすくするといった第6世代のメガゲンガーのような動きや、 広い技範囲で受けポケモンで削った相手を倒しきる動き、はたまた「じゃくてんほけん」を持たせて ダイマックスして殴ることで相手の頭数を減らしその後の受け展開を容易にするなど様々な使い方が存在します。 バンギラス 特性 すなおこし 性格 いじっぱり ひかえめ ゆうかん れいせい のんき 持ち物 じゃくてんほけん きあいのタスキ 確定技 なし 技候補 ロックブラスト かみくだく ほのおのパンチ れいとうパンチ アイアンヘッド じしん あくのはどう だいもんじ 10まんボルト れいとうビーム ステルスロック ほえる でんじは ダイマックス+「じゃくてんほけん」で打ち合いに非常に強く、「ダイアーク」の追加効果のおかげで交代も許さないため、上述したドラパルトと同様に 初手に出して相手の頭数を減らすことでその後の受け回し展開を簡単にすることができます。 サニーゴ 特性 のろわれボディ 性格 ずぶとい おだやか 持ち物 しんかのきせき 確定技 ちからをすいとる 技候補 ナイトヘッド たたりめ ねっとう のろい おにび ステルスロック ドわすれ くろいきり 「しんかのきせき」による高耐久と、珍しい回復技「ちからをすいとる」が特徴的です。 補助技の選択肢がかなり多いですが攻撃技は「ナイトヘッド」や「ねっとう」程度しかないため、「みがわり」や「ちょうはつ」で動けなくなってしまい簡単に対策されるので安易に選出すると敗北数が増えかねないポケモンです。 ゴーストタイプを持っているため、上述した通り ドリュウズやアイアントの「つのドリル」「ハサミギロチン」に耐性を持ったポケモンとして採用されることもあります。 ナットレイ 特性 てつのトゲ 性格 のんき なまいき わんぱく しんちょう 持ち物 たべのこし オボンのみ ゴツゴツメット カゴのみ など 確定技 ジャイロボール 技候補 パワーウィップ タネマシンガン ボディプレス はたきおとす のろい てっぺき ねむる やどりぎのタネ まもる 優秀なタイプ耐性とダメージを与えつつ自身を回復させられる「やどりぎのタネ」が優秀です。 ただし、「じこさいせい」などの即時回復技を持たないため 役割集中に弱く、過信して複数のポケモンへ役割を持たせようとすると上手くいかないことが多いです。 クレベース 特性 マイペース アイスボディ 性格 わんぱく のんき 持ち物 たつじんのおび ゴツゴツメット オボンのみ など 確定技 ボディプレス じこさいせい 技候補 つららばり ゆきなだれ アイアンヘッド ジャイロボール ヘビーボンバー てっぺき 「ボディプレス」を習得したことにより、今まで不利だったポケモンとも打ち合うことができるようになりました。 物理耐久は今作登場するポケモンの中で最も高いですが、特殊耐久はライボルトやエンニュートら紙耐久などと呼ばれるポケモン程度しかなく、さらには夢特性の「がんじょう」が解禁されていないこともありかなり扱いづらいです。 ナマコブシ 特性 てんねん 性格 ずぶとい おだやか 持ち物 たべのこし オボンのみ ゴツゴツメット など 確定技 じこさいせい どくどく 技候補 みずびたし まもる ちょうはつ ミラーコート カウンター ひかりのかべ リフレクター うらみ ヌオーより高い耐久ステータスを持つ「てんねん」持ちポケモンです。 自ら攻撃する手段を持たないため、このポケモンで相手を倒すには「どくどく」や「カウンター」などに頼ることになりますが、 受け構築で対処の難しいトゲキッスなどに対して後出しから対処することも可能である点は優秀です。 対策方法 前述した通り、身代わり悪巧みサザンドラや角ドリルドリュウズなど 有名な対策方法は受けループを使う側の人間もよく理解しており、当然それへの対抗策もある程度準備されているのでこれらだけで勝つことは難しいです。 そこで、今回はまだ彼ら 受け構築使いの対策が薄い対策方法を紹介していこうと思います。 技「ちょうはつ」• タイプ 命中率 PP 効果 あく 100 20 3ターンの間、攻撃技しか出せないようにする 「どくどく」を封じる役割を持ちながら、「てっぺき」などの積み技さえもシャットアウトすることができます。 こちらだけ一方的に積み技が使えるようになるので、アーマーガアなど受け成立がギリギリのポケモンに対してはこの技+積み技だけで勝てるようになります。 と言っても「ちょうはつ」を入れればそれだけで突破できることは稀であるため、「ちょうはつ」を使って回復や積みを封じながらこちらは2体がかりで倒しに行く、いわゆる『役割集中』を行うことでより確実なものとなります。 ただし、 技の追加効果を受けてしまうので「ねっとう」を使用するドヒドイデには安定せず、また別の対処法を用意しておく必要があります。 技「トリック すりかえ 」• 相手に拘りアイテムを押し付けることで、以降同じ技しか出せないようにできます。 前作までは「Zクリスタル」や「メガストーン」など「トリック」を無効化してくるアイテムがたくさん採用されておりかなり使いにくい技でしたが、今作は無効化してくるアイテムがシルヴァディの「〇〇カセット」程度なのでかなり通りの良い技になりました。 受け構築には連打して強い技がほとんどなく、こだわりアイテムを押し付けられた受けポケモンはほぼ機能停止状態になってしまうため、相手のドラパルトなどのエースポケモンでのカウンターにさえ気を付けていれば無理なく勝てるようになるかもしれません。 広範囲で殴る• 受けループ側は1~2つ程度のタイプなら一貫しないように選出することはできますが、3つ、4つともなると全てを半減以下の相性で受けるのはかなり難しいです。 そこで、 広い技範囲を持ったポケモンでひたすら弱点を突き続けることで崩していきます。 1点メタ 受け構築以外への役割を一切捨てた、対受けループ専用の対策ポケモンも存在します。 上に記したような複数の要素を連携させた対策方法は難しいので、どうしても今すぐ受け構築に勝ちたい!という方はこういったものを使うのも手かもしれません。 ラプラス 特性 うるおいボディ 性格 ひかえめ 持ち物 のどスプレー 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 205-81-101-150-115-112 技 うたかたアリア フリーズドライ 10まんボルト みがわり 道具「のどスプレー」を「うたかたのアリア」で発動させ、「フリーズドライ」と「10まんボルト」の範囲でドヒドイデやアーマーガアなどを倒します。 「みがわり」を張ることでドヒドイデの「どくどく」などを安全に回避することができますが、後続のドラパルトが出てきた際は「すりぬけ」を警戒しダイマックスする必要があるかもしれません。 この時、身代わりは消えてしまいますが、「ダイストリーム」を使用することで特性の「うるおいボディ」が発動するためドヒドイデにまた「どくどく」を入れられたとしても問題ありません。 身代わりを張った状態でダイマックスをすると身代わりは消えてなくなってしまいます。 特性「マジックミラー」• 効果 主なポケモン マジックコートで跳ね返すことができる技をすべて跳ね返す。 ブリムオン エーフィなど 「めいそう」など積みへの対策を「どくどく」で行っている受け構築はこれらのポケモン1体で勝ててしまいます。 本来であれば「くろいきり」も積みへの回答になりますが、その使い手であるドヒドイデにも元々タイプ上強い点も優秀です。 この技を対策できる氷タイプで受けが可能なポケモンがコオリッポとクレベースしかおらず、どちらもあまり強いポケモンとは言えないため試行回数さえ稼げれば簡単に勝ててしまいます。 育成例:ムラっけオニゴーリ 特性 ムラっけ 性格 おくびょう 持ち物 たべのこし 努力値 HP:172 攻撃:0 防御:4 特攻:4 特防:68 素早さ:252 実数値 177-90-101-101-109-145 技 ぜったいれいど フリーズドライ まもる みがわり 今作から「ムラっけ」で回避率と命中率のランク補正が上下しなくなる調整を受けました。 受けループに対しては、「みがわり」を残しながら特攻の能力上昇を待ったり、「ぜったいれいど」で相手を倒しにいったりと、さほど前作との性能の差を感じないため、今作でも受けループ対策として活躍してくれそうです。 ドヒドイデやヌオーに後出しする際は、相手の「じこさいせい」や「まもる」を選択するターンなど、 「どくどく」や「ねっとう」で状態異常にならないような状況を見極めることが大事です。 この特性を持つ中で、ある程度攻撃性能があるポケモンはゴチルゼルのみです。 ドヒドイデやヌオーなどをゴチルゼルの「かげふみ」でキャッチして倒すことで、相手がサイクル回しにくくなる状況を作ることが出来れば役割遂行となります。 調整例:眠るゴチルゼル 特性 かげふみ 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:4 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 177-54-116-115-130-128 技 サイコキネシス めいそう トリック ねむる ドヒドイデやヌオーを「かげふみ」でキャッチし、「トリック」からの「めいそう」と「ねむる」で起点にしていきます。 一通り起点にし終わった後は再度「トリック」で「こだわりスカーフ」を回収することで、裏のポケモンもまとめて倒すことが出来るかもしれません。 このゴチルゼルではバンギラスやドラパルト、アーマーガアに勝つことができないので、裏のポケモンでこれらを対処する必要があります。 まとめ 今回は受けループの対策方法をご紹介しました。 受けループの対処は特に躓きがちであるので、これを機に対策法を身に着けられればなと思います。 今後もランクマッチで流行している構築の対策方法をまとめた記事を投稿していく予定ですので、最新情報をチェックできる公式アカウント のフォローをよろしくお願いします。

次の

ナマコブシ (なまこぶし)とは【ピクシブ百科事典】

ナマコブシ 対策

挨拶 こんにちは。 今回は厨ポケ対策型ナマコブシを紹介します。 ナマコブシは攻撃技をカウンターミラーコート以外使えまぜん。。 ただどくどくみずびたしなど多彩な補助技は覚えます。 あと特性てんねんもとても強いので見ていってください。 採用理由と役割 とにかくエースバーン対策になるポケモンが欲しかったので採用しました。 こいつは非常に型が多く、後出しできるポケモンはそう多くありません。 そこでエースバーンに弱点を突かれなくかつ耐久のあるかつ特性てんねんで能力アップを無効にできるやつを探したところこやつに行きつきました。 その他もドリュウズ、アーマーガアとかにはめっぽう強いです。 場合によればですがギャラドスウオノラゴンとかにも勝てます。 あと対戦経験もなくよくわかりませんがウーラオスにも強いはずです。 役割は相手の物理ポケモンを詰ませることです。 あと陰キャたちをみずびたしどくどくで無理やり突破することです。 とくにポリゴン2、エアームド、アーマーガア、ナットレイ、カビゴンとかにはだいたい勝てます。 はがねにどくどくを通せるのはナマコブシの強みです。 あとなにより見た目いいので、目の保養としても優秀です。 持ち物 防御あがらないとエースバーンの珠とびひざげり二発耐えれないのでアッキがおススメです。 ただフィールド前提ならグラスシード、エレキシードでもOKです。 性格・努力値と調整 物理受けなのでHB特化、あまりを特防で確定です。 カウンター採用するなら個体値は攻撃も上げといてください。 というのもドリュウズ対面とかで余裕があればダイマックスするのでダイナックルが打てるようになります。 特性はてんねんで確定です。 ダイナックルには強いです。 技構成 じこさいせい 確定技 回復ソース みずびたし 鋼タイプ用あとお相手のタイプ一致技の火力を下げるため どくどく 受けループ用 選択技 カウンター 物理受けなので相性はいいし、ダイマックスしても攻撃技を得られるのでドリュウズにつのどりるされそうになっても対策できる。 ちょうはつ みがわりとか張られると何もできないこと多いのでちょうはつはおすすめ。 バトンタッチ サイクル戦に良い。 ナマコブシはSが低いた相手をほぼ絶対みてから交代できる。 まもる ダイマックスからしと、エースバーンのとびひざすかし。 カビゴンとかは守る警戒しますがナマコブシは警戒されません。 これもおすすめです。 立ち回り例 基本エースバーンとか有利なアタッカーに後出しします。。 とくにダイマックスするやつに後出しするとよいですね。 あとつみアタッカーとかにも強いです。 たとえばダイマックスじゃくほアーマーガアとかちょうはつ竜舞ギャラドス、剣舞ドリュウズ、ビルドエースバーンなどには強く出れます。 苦手なやつはちょうはつもっているゴーストタイプとかです。 有効打なくなります。 ダイホロウ、ダイアークにも弱いですね。 その代わりダイナックル、ダイアシッドには特性てんねんにより滅法強いですけど。 あとキングシールドもっているガルドにはなにもできません。 というのもキングシールドされるとみずびたししてもタイプが元に戻ってしまいます。 カウンターも効かず、シャドーボールでDを下げられて強引に突破されます。 みがわりわるだくみサザンドラもつらいっすね。 わるだくみは無効化できますがダイアークで突破されますし、あとわるだくみつまれれば後続には聞きます。 あとあくはひるみとかでも突破されます。 あとアッキ発動しないとヌオーとかと同じで素の耐久はクレベースとかみたいに特別たかくもないです。 たとえるならシールドギルガルドよりもHP、防御、特防すべて低いです。 ただウーラオスいちげきがはちまきをもってあんこくきょうだをうてばアッキが使えずそのまま突破されるのでれんげきは安定してあいてできますがいちげきは安定はしないかもしれません。 物理耐久も同程度であり、地面タイプによりでんきにもつよく弱点ひとつの優秀なタイプ、あくびも使えて攻撃もできて優秀なポケモンです。 ただサブウェポンの草技やフリドラで一瞬でやられます。 最近は草技もっているやつも多いですし、ラプラスキュウコンのフリドラもよくみます。 あと、みずびたしどくどくも使えず受けループに弱いです。 またどくどくが鋼に使えず、これにより地面技が等倍以下の鋼タイプアーマーガアナットレイもきつくなってしまう。 あと特防もナマコブシのほうが強いです。 ヌオーって実は特防種族値65かなり低い特防種族値です。 一方HPが低いとはいえナマコブシは特防130です。 サブウェポンやラプラスごときの攻撃ではおちません。 ただ一方ヌオーはねっとうでやけどにでき、ちょうはつされても最低限仕事できるのでこの型をヌオーでやっても強いかもしれないと書いてて気づきました。 でもヌオーははちまきダルマ受かりません。 これはなにげに痛いです。 有利なポケモンの一部 型にもよります) 物理 相性の良い味方 苦手なゴリランダー、ゴースト、でんきに強いサザンドラとかですかね。 このポケモンの対策 ちょうはつ持たせれば基本止まります。 あとは積み技いがいでゴリおせるサザンドラ、相性特性で完封するギルガルド、タイプ有利のパッチラゴン、ゴリランダーとかです。 持ち物欄に存在するグラスシードも受けゴリランダーと相性が良くゴリランダーの弱いエースバーンやギャラドスを見れるため環境にマッチしていていいですね。 ヌオーとみずびたしで差別化できている点も良いと思います。 ただ文中の誤字や接続詞抜け、敬語の崩れ等かなり日本語の怪しい文章が多いです。 読んでいると影響されこちらの文まで崩れそうになってしまうレベルです。 また有理ポケモンにユキハミがいるのが謎です。 見れないことはないんでしょうがまず環境に存在しないポケモンだと思われます。 またドラパルトとガオガエンの間にある物理という文字がどちらに掛かるのかわかりません。 おそらくドラパルトのことを指していると思われますがもう少し見やすい表記にしたほうが良いと思います。 早速改善させていただきました。 まだ不備があればご指摘よろしくお願いいたします。 あとゆきはみはネタ枠なので大丈夫です。

次の

ナマコブシ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ナマコブシ 対策

数的有利を取るなら初手ダイマックス 上記に記事を見ればわかる通り、時間切れ時の勝敗判定の最優先項目は"残っているポケモンの数"です。 数的 有利状況を作り出してさえしまえば簡単に 『TOD』を成立させられるため、このことを最優先事項としました。 相手の初手ダイマックスにも対応しつつこちらが数的有利を取るには、「カウンター」や「ミラーコート」などではなく、撃ち合い性能の高いポケモンにこちらも初手からダイマックスを使用することが最善策だと考えました。 序盤でダイマックスを切ることを前提としているため、 数的有利状況を維持するためにはこちらのダイマックスが切れた後でも相手のダイマックスに対してサイクルを回せるよう用意しておく必要があります。 そのため、前期のふゆのさんが使用したようないわゆる『対面構築』ではなく、対面している相手に対してその都度相性有利なポケモンを後出しする『サイクル構築』とすることに決まりました。 まもる+みがわり+たべのこし役を探す エルフーンでは耐久数値が足りなかった 最初は先制でまもみがコンボが使えるエルフーンを採用しました。 しかし、このポケモンの耐久ステータスが低いあまり、「まもる」を使用した際にダイマックス技を受けてしまうと、その貫通ダメージでさえもコンボが成立しなくなるほどの大ダメージとなってしまうことが多発してしまいました。 また、サイクル戦を行おうとしてもエルフーンに後出しができるほどの耐性や耐久値が無いためサイクルに参加できず、このパーティに適していないと判断しました。 ドヒドイデ 次に、当時では珍しい「みがわり」覚えたドヒドイデを採用しました。 今までのルールでは相手のポケモンを倒し切らなければ勝てなかったため、このような構成のドヒドイデを見ることはありませんでしたが、 今回のルールではHPを保ちながら遅延ができればそれで勝ててしまうため非常に強力でした。 エルフーンと違って耐久ステータスが高く対ダイマックス性能も高い上に、その 耐性と特性「さいせいりょく」によってサイクル性能も申し分ないため選出の軸の1体とすることに決めました。 ナマコブシ ドヒドイデはサザンドラやトゲキッスなどに後出しするタイミングで「わるだくみ」を使われてしまうと、ダイマックス技で「みがわり」を使用できないHPまで削られてしまいそのまま負けてしまいます。 ダイマックス技の広い範囲を考えると、耐性を利用した並の受けポケモンではこれらに時間を稼ぐことはできません。 そこで、高い耐久ステータスを持ちながら 特性「てんねん」で相手の積み技を無効化できるナマコブシをこれらのポケモンに繰り出し、「まもる」+「みがわり」で時間を稼ぐことにしました。 ダイマックス役は「ダイジェット」持ちが適任• 初手でこちらのダイマックスポケモンが相手のポケモンを倒した後、死に出しされたポケモンにドヒドイデやナマコブシが後出しから受けを成立させられるのなら数的有利状況を維持できますが、そうでない場合はダイマックスポケモンを切ることになります。 時間切れ時の勝敗判定の1つに「残りHP割合」というものがありますが、相手の2体目のポケモンに対しこちらのダイマックスポケモンが先制で攻撃できた場合この判定において非常に優位に立つことができます。 そのため、 ダイマックス役は元々素早さが高いポケモンや、「ダイジェット」や「ダイロック」+「すなかき」などで素早さを上げられるポケモンが望ましいと考えました。 この条件を満たすダイマックス役として、1体目にアーマーガアや「すなかき」ドリュウズ以外との打ち合いにそこそこ強いポケモンドリュウズを、 次に特性「じしんかじょう」によって死に出しされた2体目のポケモンに対して大きくダメージを与えられるギャラドスを採用しました。 電気耐性と物理受け• 基本選出のドヒドイデ+ナマコブシは電気が一貫していることと、ドリュウズやアイアントなどドヒドイデでは受けられない物理ポケモンに成す術がないことが問題でした。 そこでこの2点を解決するために、 パッチラゴンとアイアントを受けられる「アッキのみ」持ちカバルドンと、 後続に控えているだけで相手のロトムを動きにくくさせるトリトドンを採用しました。 基本的に後攻で動くポケモンですが、 ドヒドイデやカビゴンを採用した相手の受けパーティには先制で「みがわり」を選択することができるので、1ターン目から『TOD』を仕掛けることも可能です。 また、特性「さいせいりょく」のおかげで、お互いの残数が同じ場合こちらは交代することでHPを回復しHP割合の判定で優位に立てる点も強力です。 対アーマーガア 火傷状態のアーマーガアでは、制限時間内にドヒドイデを突破することができません。 相手は「ちょうはつ」や「はねやすめ」を挟みながら展開しなければならないため、こちらはうまく時間を使いながら「ねっとう」で削り時間切れを狙います。 サザンドラの「ダイアーク」やミミッキュの「ダイホロウ」によるランク下降は特性「てんねん」の効果の範囲外なので、なるべく被弾しないよう注意する必要があります。 特殊ポケモンへの切り返し手段 通常であればナマコブシで相手を倒すためには「どくどく」や「カウンター」を採用する必要がありますが、前述の通りシーズン2のルールでは使わずとも勝ててしまいます。 しかし、 攻撃する手段が皆無であると数的不利の状況を作ってしまったときやHP割合の勝負になったとき勝ち筋が無くなってしまうため、通りさえすれば状況を一変させることができる「ミラーコート」を採用しました。 これによって、ダイマックスしてきてこちらのダイマックスギャラドスでは倒しきれなかったロトムの「ダイサンダー」を耐えて「ミラーコート」を撃つことで、数的有利を保つことができるようになりました。 しかし、ダイマックスを切り返す手段として環境に蔓延していた「あくび」にギャラドスが対抗策を持っておらず、1体も倒せずダイマックスが終わってしまう場合も想定されます。 そこで、 ドリュウズに「ラムのみ」を持たせ「あくび」や「おにび」などの状態異常に耐性を与えることで、ギャラドスと上手く使い分けられるよう調整しました。 また、 ダイマックスが苦手とする「あくび」持ちの1体であるカバルドンに対してタイプ相性上有利である点も強力です。 そのため、 ドラゴンタイプとの打ち合いを有利に進められ、かつ本パーティで対処しにくいロトム 草 を一撃で倒せるようになる「こおりのキバ」を採用しました。 「オボンのみ」では相手に「ダイナックル」を選択されたときそのまま突破されてしまう危険性があるため、互いの効果を相殺できる「アッキのみ」を持たせました。 「あくび」+「まもる」で有利状況の維持 相手側の手持ち残数が2体のとき、物理ポケモンとの対面で欠伸ループの流れを作ることができれば、特殊ポケモンが出てきたら「まもる」が安定行動として成立します。 「まもる」に対して居座ってきて相手のポケモンが眠り状態になったならば、それを起点にドヒドイデやナマコブシで「みがわり」を張り『TOD』を狙います。 また、こちらのギャラドスにをコピーしてきたメタモンも同様に対処が難しいです。 そこで、 トリトドンに「きあいのタスキ」を持たせ「カウンター」を覚えさせることで、相手のギャラドス(またはメタモン)を不意の一撃で処理できるようにしました。 ロトムをギャラドスで倒すためのサポート 相手はこちらの 後続のトリトドンに受けられてダイマックスターンを浪費してしまうことを警戒するため、初手のロトムにダイマックスを使用しにくいです。 そこを逆手に取り、 ギャラドスとの対面でロトムにダイマックスを使用され「ダイストリーム」や「ダイソウゲン」で倒せない状況を作られる可能性を低めることが可能です。 また、トリトドンを選出せずともこちらの選出が割れない限り相手はトリトドンを警戒した立ち回りを強いられるため、相手のパーティにロトムがいてもトリトドンを必ずしも選出する必要はありません。 選出パターン 基本選出 刺さりがいいダイマックス役のどちらかで数的有利状況を作り、ドヒドイデとナマコブシの2枚で『TOD』を狙う基本選出です。 数的有利を取った段階でドヒドイデやナマコブシに引けるのなら即交代し残りポケモン数による判定勝ちを、後出しからでは受けられなさそうであればギャラドスまたはドリュウズで上から攻撃を撃って相手のHPを可能な限り減らし残りHP割合による判定勝ちを狙います。 対面選出 ギャラドスとトリトドンの2枚で相手のポケモンを対面的に処理する選出です。 相手のパーティにギャラドスが入っており、ドヒドイデ+ナマコブシでは対処が難しそうな場合にこの選出をします。 3体目にドヒドイデを置くことで、初手のギャラドスが上手く数的有利を取れた場合など状況を見て途中から『TOD』に移行することを可能にしています。 vsカビゴン入り受けループ TOD特化 カビゴンが入った受けパーティは、受け構築のミラーを最終ターンの「ねむる」による総合HP量の判定勝ちで対処してくる場合が多いです。 これに対して、こちらは最終ターンのカビゴンの「ねむる」に合わせてカバルドンを後出しし、天候砂の定数ダメージを与えて残りHP割合による判定勝ちを狙います。 ただし、タイプ:ヌルの「ねむる」で逆に『TOD』をされてしまうことがあるため、必要以上にギャラドスに珠ダメージを蓄積させないように気を付ける必要があります。 専用ツール「Soldier Time Support」 今回、 時間切れによる判定勝ちがメインの戦術となったためその時間を計るタイマーと判定結果を予測する計算が必要となりました。 しかし、前作までは残り対戦時間が画面上に表示されるためこれらを補助するツールなどは存在せず、HP割合も自力で計算する必要がありました。 そこで、 このルールでの時間切れ判定において少しでも優位に立つため、タイマーと勝敗判定を予測する専用ツールを作成しました。 現在は一般に公開されているため、ぜひご活用ください。 終わりに 今回はシーズン2で使用した構築を紹介しました。 今までにない戦い方が新鮮で戸惑うこともありましたが、私自身が18位、さらに構築を貸したふゆのさんは7位と、両者が良い結果を残すことができ嬉しく思います。 シーズン3は制限時間が20分に延長されたため『TOD』が弱体化した印象を受けますが、それでもなおこの戦術を意識しておく必要はあると感じるので、ぜひ一度使ってみてもらえればなと思います。 主催:ポケモンソルジャー 主催Twitter: 開催場所:関東 予定時刻:未定 12 2020年7月12日 13 2020年7月13日 14 2020年7月14日 15 2020年7月15日 16 2020年7月16日 17 2020年7月17日 18 2020年7月18日 19 2020年7月19日 20 2020年7月20日 21 2020年7月21日 22 2020年7月22日 23 2020年7月23日 24 2020年7月24日 25 2020年7月25日 26 2020年7月26日 27 2020年7月27日 28 2020年7月28日 29 2020年7月29日 30 2020年7月30日 31 2020年7月31日 1 2020年8月1日.

次の