生田 絵梨花 フィンランド。 生田絵梨花による、伝説のフィンランド民謡歌唱シーンも! 乃木坂46、初のオンライン記者会見に視聴者大熱狂(エムオンプレス)

【動画】生田絵梨花のフィンランド民謡の世界観がすごい!

生田 絵梨花 フィンランド

乃木坂46として活躍しながら、ミュージカル界期待の新星としても輝きを増す生田絵梨花を、アメリカ・ニューヨークで撮り下ろし! 「ニューヨークで発見する、新しい自分」をテーマに7日間のロケを敢行。 グラマラスで女性も憧れる抜群のスタイルを披露しています。 3年ぶりの今作で自己ベストを更新する出来栄え! ドイツ・デュッセルドルフ出身。 2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。 10thシングル『何度目の青空か? 』でセンターを務めるなど、常にグループの中心的メンバーとして活躍。 ピアノの腕前も抜群で、乃木坂46イチの才色兼備であり、天真爛漫な魅力で多くの人々を魅了している。 【特別付録】 メッセージ付きポストカード4種類中1枚封入 人気絶頂の乃木坂46でも更に屈指の人気を誇り、おまけに雑誌やSNSで投下された先行カットが更に期待を煽って空前の初版部数を積み上げた生田さんの2nd写真集。 1st「転調」はドイツロケで清楚さが強調された傑作だったが、今回はNYロケで全体の空気感や色合いもぐっとビビッドになり、彼女自身の成長ぶりと非常にマッチしている。 作品としては、まゆゆの「知らないうちに」と判型・カメラマンが同じで、作風も似ている気はする。 まゆゆが尻ならいくちゃんは胸、とばかりに豊かに発育したバストが随所に強調されている。 とはいえ、先行カットの印象ほどセクシーショットばかりではなく、NYで快活にはしゃいだり食べるいくちゃんも楽しめる。 ただ、やはり白眉はグラドルよろしく胸の谷間を寄せて、ブラからはみ出す白いバストに血管が浮き上がるショットや、大事な所は手で隠しつつの一糸まとわぬショットで、10代の純なファンには刺激が強すぎかも…と心配するほど。 表情のバリエーションは少ない人なので、多少単調なきらいはあるが、美しさの最初のピークを収めた写真集として後世に語り継がれるべき作品。 1ページ目の衝撃がびっくりします。 これからいやらしい目で見るなよと生田様が目で言っています。 我々は生田様のファンなのでいやらしい目で見てしまいます。 全ページが美しいです。 光のような生田様の温かい表情と我々の汚い目がぶつかったその刹那に感謝という気持ちが生まれます。 しかしその感謝の意はすぐになくなり光で満たされた角膜が黒く塗りつぶされ生田様をいやらしい目で見てしまいます。 すいません。 生田様との約束は果たせませんでした。 すいません。 すいません。 すいません。 この商品は良かったです。 ほんとうは満点をつけたいです。 しかしこの本で僕の目的を果たすことはできませんでした。 それは生田様と初めて会った時のようなときめきを感じることです。 内面からにじみ出る美しさに感動すらした。 彼女の素晴らしさは表現力にあると思う。 各シチュエーションで自分を表現することができるのだ。 演じるのではなく、馴染むことができる。 それを自然とできることが彼女が非凡な才能の持ち主だということなのだろう。 私が、彼女の存在を知ったのは深夜のテレビ番組で「瑠璃色の地球」を浴衣姿で歌っていたのを見たのがきっかけだ。 私は世代的にオリジナルを松田聖子さんが歌っていたことを知らなかった。 彼女が歌っていたのを聞いたのが初めてだった。 彼女の歌声を聴いたとき心が震えた。 心に沁みる透き通った歌声、そして綺麗な瞳、凛とした佇まい。 それから彼女に夢中になった。 バラエティで見せる天真爛漫さ、舞台で見せる役への真摯な姿勢、彼女の魅力は尽きることがない。 彼女が企画で魅せた「フィンランド民謡」「一人ミュージカルのアリス」を見てほしい。 どこまでも妥協することなく真剣にやるからこその面白さが伝わると思う。 彼女はミュージカル女優として活動している。 彼女がすごいのはオーディションで役を勝ち取っていることだ。 彼女はどこまでも謙虚で向上心の塊である。 一ファンとしては心配になるくらいに全力で一生懸命なのだ。 彼女は度々メディアで取り上げられるときに「お嬢様」といわれる。 それは彼女がドイツ生まれでピアノが弾け、歌がうまいこと、容姿端麗という部分でそう言われるのだと思う。 だけど彼女の生き方はお嬢様という言葉とはかけ離れた、実直で真っすぐで努力を惜しまないものだ。 生田絵梨花さんに惹かれるのは、容姿の美しさもあるが、そうした生き方にあると思う。 努力や苦悩をファンの前では微塵も出さない、プロ意識には感嘆しかない。 そして無邪気な笑顔にはいつも心を癒されるし、幸せな気持ちにさせてくれる。 「インターミッション」にもその笑顔がたくさんおさめられている。 いくちゃんの表情の豊かさは映像でも見たいと思わせる。 今は舞台女優としての活動が多いが、いずれは映画、ドラマにもどんどん出演してほしいと思う。 本当に素晴らしい写真集です。 少し固い文章になってしまいましたが、女性の私が見ても「かわいい」と声を上げてしまう出来です。 本当にかわいいです。 本当に。

次の

生田絵梨花写真集 インターミッション

生田 絵梨花 フィンランド

生田絵梨花さんといえば、今やトップアイドルグループとなった乃木坂46の中心メンバーとしてはもちろん、近年では ミュージカル、舞台女優としてもめざましい活躍をしています。 最近では音楽番組「ミュージックステーション」で、山崎育三郎さんと共にMステ史上初となるミュージカル曲を披露して話題になりましたね。 乃木坂46について詳しくない方には、テレビやミュージカルに新星のように現れた印象があるかもしれません。 しかし「人気のアイドルだから」というだけの理由で、彼女が表舞台に立ち始めたわけではありません。 本記事では、生田さんの出演ミュージカル一の紹介と舞台女優としての評判、そして舞台で活躍し始めるまでの影の努力をプロフィールと共にまとめています。 スポンサーリンク 生田絵梨花さん出演ミュージカルまとめ 「虹のプレリュード」 原作:手塚治虫 演出:上島雪夫 主催・製作:ネルケプランニング 2014年10月から天王洲銀河劇場で開催された「虹のプレリュード」でミュージカル初主演を務めます。 「虹のプレリュード」は手塚治虫原作のマンガを舞台化し、ロシアに侵略されつつある19世紀ポーランドが舞台。 恋に音楽に、祖国への愛に命を燃やす芸術家たちの姿が描かれ、生田さんはヒロインのルイズ役を熱演しました。 本格的なミュージカルは初主演ということで 「当時の私は、歌い方も分からないし、せりふの抑揚とか、立ち姿とか、一から教わりました。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 当時まだ若干17歳。 まだ少女っぽさの残る生田さんの男装姿がハマっていました。 歌、演技に加えて、得意のピアノ演奏も行いました。 「リボンの騎士」 原作:手塚治虫 演出:上島雪夫 主催・製作:ネルケプランニング 2015年11月、手塚治虫原作によるミュージカル「リボンの騎士」に出演。 男と女の両方の心を持つ女の子でありながら、王子として育てられた主人公サファイヤ役を演じました。 (同じ乃木坂46のキャプテン・桜井玲香さんも魔女の娘・へケート役で出演) 透明感溢れる気高い役どころは、 生田さん自身が持っているキャラクターとも合っていて魅力的でした。 アイドル・生田絵梨花だから掴んだ仕事とはいえ、乃木坂46はこの年結成から5年目にして初の紅白出場を果たしたばかり、まだまだ知名度が無い中での舞台でした。 「ロミオ&ジュリエット」 原作:ウィリアム・シェイクスピア 演出:小池修一郎 主催・製作:東宝 他 2017年1月から上演された「ロミオ&ジュリエット」では、ジュリエット役にWキャストで抜擢。 人気もありスタンダードな演目に出演するということで、メディアでも注目が集まりました。 演技と歌唱力について、Wキャストの木下晴香さんの評判も高かったようですが、生田さんも可愛らしいビジュアルと雰囲気がマッチしていました。 ミュージカルファンも観劇する演目ゆえに、「アイドルが・・・」というプレッシャーもあったはずです。 ミュージカルファンからは期待半分・不安半分で見られたはずですが、 初々しさやキラキラ感、伸びのある高音がヒロインの役柄とあっていて好印象を残していました。 【追記】 2019年2月から公演される「ロミオ&ジュリエット」に生田絵梨花さんの再演が決定。 前回と同じジュリエット役での出演となります。 成長した姿が楽しみですね。 「レ・ミゼラブル」 原作:ヴィクトル・ユゴー 演出:ローレンス・コナー、ジェームズ・パウエル 主催・製作:東宝 日本初演30周年として2017年5月から公演された「レ・ミゼラブル」。 この歴史あるミュージカルの代名詞とも言われる作品に、生田さんはコゼット役でトリプルキャストの一人として出演しました。 (コゼット役は生田さんの他、小南満佑子さん、清水彩花さん) コゼットは、不遇な少女時代はあるものの、主人公ジャン・バルジャンにたっぷりの愛情で裕福に育てられたお嬢様という役どころで、前作のジュリエット役に続いて生田さん自身にぴったりの配役。 ミュージカルデビュー3年目にして、聖地「帝国劇場」に立つことになりました。 生田さんにとってレ・ミゼラブルは小学4年生の時に観劇してからずっと、いつかコゼット役を演じたいと声楽を学び始めたほどの夢にまで見た作品。 「アイドル活動も『ミュージカルやステージが好き』という気持ちの延長線上にあって。 乃木坂46のメンバーとして活動する中でも、『レミゼ』に出たいという気持ちは無くなるどころかますます強くなって消えませんでした」 共演した森公美子さんは、生田さんにこんな期待を寄せています。 「「堂々としてさすがですよね。 歌いながら踊ってるのをいつもやってらっしゃるから、本当にミュージカルに向いているんですよ」と称賛。 「音大出てらっしゃるからすごくいいピッチで音程がよく、きっと性格もいいんでらっしゃるから。 本当にすばらしいと思いました」と感想を述べた。 」 【追記】 2019年公演もコゼット役での続投・再演が決定しています。 「モーツァルト!」 原作:ミヒャエル・クンツェ 演出:小池修一郎 主催・製作:東宝 2018年5月に帝国劇場で初日を迎えた「モーツァルト!」。 生田さんは、主人公ヴォルフガング(アマデウス・モーツァルト)の妻・コンスタンツェを演じました。 (平野綾さん、木下晴香さんとのトリプルキャスト。 過去には女優の松たか子さんやソニンさんも演じた役柄) 過去に出演した作品では清廉なヒロイン役が多かった生田さんですが、本作では自由奔放で気性の激しい悪妻とも言われるコンスタンツェ役。 生田さんのイメージとは違う役柄ということで、 彼女にとっても大きな挑戦だったのではないでしょうか。 実際、公演前の取材ではこう語っています。 「オーディションのときも自分とはタイプが違うのではないかと思って、それでもできる限り、精一杯やらせていただいたんですけど、それくらい自分でも、お客様にとっても、今まで演じてきた役だったり、自分の普段の感じからは想像ができないんじゃないかなと思います」 そして公演後の記事においても「自身の課題は?」という質問に対して、驕ることなくこう語っています。 「声の幅ですね。 〜中略〜 レジェンドの方々は役の年齢や感情によって使い分けていますね。 私はもともと声質が高めで張っているので、その声のままいくら感情を込めて悲しく歌っても伝わらないんです。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 生田さんも堂々と演じられていたと思いますが、同じコンス役(ベテランの平野綾さんや同じ若手枠の木下晴香さん)と比べられることもあったのでしょうね。 特に木下さんとは、今後も良きライバルとしてミュージカル界を盛り上げてくれるのではないでしょうか。 「グレート・コメット」 2019年1月5日(土)~27日(日) 東京都 東京芸術劇場 プレイハウス 2019年1月から上演されるミュージカル「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」にナターシャ役で出演することが決定。 グレート・コメットは、2017年トニー賞最多12部門ノミネート。 ブロードウェイを席捲した革新的ミュージカルの日本初演ということで、生田さんへの期待の高さが伺えます。 「ロミオ&ジュリエット」 2019年2月23日(土)〜3月10日(日) 東京公演・東京国際フォーラム 2019年2月から上演される「ロミオ&ジュリエット」への出演が決定。 2017年公演に続いてジュリエット役を演じます。 生田さんが出演するのは、東京公演、大阪公演となります(愛知公演は出演しないとのこと)。 「レ・ミゼラブル」 2019年4月19日(金)〜5月28日(火) 帝国劇場 2019年4月から上演される「レ・ミゼラブル」全国5大都市ツアー公演にコゼット役で出演することが決定しています。 2017年の30周年公演に続いての再演。 帝国劇場を皮切りに、名古屋(6月)、大阪(7月)、福岡(8月)、北海道(9月)での公演が予定されています。 生田絵梨花さん舞台女優としての評判、歌唱力とその魅力 乃木坂46のグループ内やファンの間では、高い歌唱力と音楽センスで評判の生田さん。 しかしミュージカルというプロの舞台ではまだ新人です。 この点については、本人もこう話しています。 「本当に実力がある人はごまんといるし…。 その人たちは十数年かけてその道を究めているわけで、私はミュージカルを始めてからまだ3年とか…。 歌をちゃんと習い始めて2年弱。 まだこれからだ、っていう希望を持って、とにかく継続するしかないんです。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) と謙虚に自己評価をしています。 (乃木坂46のメンバーはこういう所が本当にみんないい子なんですよね。。。 そして彼女のすごいところは、ただ謙虚なことだけではありません。 アイドルであることを言い訳にするわけでもなく、逆にアイドルとして参加しているからこそ求められる役割も自覚的にちゃんと受け入れている節もあります。 (ミュージカルが好きだからこそ、ミュージカル界にも貢献したいという気持ちがあるのでしょうね そして注目度の高いアイドルが本気で舞台に挑戦しているということで、ミュージカル界の期待も高いようです。 2017年6月には、音楽・演劇界の明日を担う人材や、その向上・発展に功労のあった人物に授与される「岩谷時子賞」を受賞しました。 「こんな素敵な賞をいただいてしまって 恐れ多さと光栄な気持ちでいっぱいです。 どこの現場に行っても自分はまだまだ実力は一番下で 周りは私にとって先生みたいな方ばかりです。 そんな中で私が賞を頂くなんて震える思いですが 私が出演することで 知らない世界だけど覗いてみようと興味を持ったり 実際に観に来てくださった皆さんのパワーのおかげだと 思っています。 」 出典: そして「ロミオ&ジュリエット」「モーツァルト! 」で演出を手がける小池修一郎さんも生田さんをこう評しています。 「平成も終わろうとしている今に、こんなに「穢れない純粋さ」と「おごらない美しさ」を持っていることは大変な衝撃でした。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 一方、生田さんの女優としての特長として 「最初はかたくなな感じで、稽古での演技でも生硬(せいこう)なんです。 」 「今の若さゆえの硬さというのは最大の魅力であり武器になっていると思います。 これがこなれていった時、初々しさではもう通用しなくなった時にどういう方向にいくのか? というのが分かれ目になると思う」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) かつてインタビューで、学生時代に 「この子は真面目でしっかりしている」と見られがちな点をコンプレックスとしてあげていた生田さん。 自身でも表現力を課題にあげています。 バラエティ番組などでの活躍を見ると笑いへの対応力はむしろ高く、決して真面目一辺倒ではないのですが、根っこの部分が真面目で負けず嫌いなんでしょうね。 乃木坂46の活動でも初期の頃は笑顔が苦手で、口は笑ってるけど目が笑っていないと言われることの多かった生田さんですが、 最近はすっかり表情も柔らかくとても魅力的になっています。 今後さらに経験を積んでどのように変化し成長していくのか、すごく楽しみですね。 いつも課題を克服してきた生田さんなので、必ず成長してくれるのではないかと思います。 その理由は ・生田さんが今後も舞台を続けていくことに本気なこと ・音楽の道で生きてく覚悟を決めていること です 「まだミュージカルの世界に足を踏み入れたばかりなので、これを何十年も積み重ねられる人間になりたいです。 ずっと続けていきたい。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 何十年! 小学2年生の頃から夢見ていた世界。 舞台への愛と覚悟の本気度が伺えますね。 次になぜ生田さんが、ミュージカルの世界を目指すことになったのか? 生い立ちから舞台女優を目指すきっかけになった出来事、そして乃木坂46に入りミュージカルの仕事を掴むにいたるまでを紹介します。 スポンサーリンク 生田絵梨花さんプロフィール~舞台女優への道のり~ 愛称:生ちゃん 生年月日:1997年1月22日 血液型:A型 身長:160cm 出身地:ドイツ(デュッセルドルフ) 特技:ピアノ 生田さんはドイツ(デュッセルドルフ)で生まれます。 4歳からピアノを習い始め、5歳の時に東京に戻ってきます。 ピアノは日本クラシック音楽コンクールに入選するなど本格的な腕前で、乃木坂46のライブでも披露するなどグループの特長の一つにもなっています。 そして 音楽やステージへの憧れのきっかけとなったのが、小学2年生の頃に母親と一緒に青山劇場で鑑賞したミュージカル「アニー」。 それが舞台の世界を目指す原体験となります。 また小中の頃は、ピアノ以外にもクラシックバレエ・英語・数学など、毎日習い事に通う日々を送り、中学校では学級委員もつとめるなど、絵に描いたような優等生。 そして中学2年生の時に、乃木坂46の1期生オーディションに応募して、見事に合格します。 グループでは「天才少女」と呼ばれ、1stシングル「ぐるぐるカーテン」からフロントメンバーをつとめ、10thシングル「何度目の青空か?」ではセンターも経験、その後も中心メンバーとして活躍しています。 これだけ見ると順風満帆すぎる道のりですが、決してそんなことはありませんでした。 …夢見る少女の挫折 小2の頃にミュージカルを見て舞台上の世界に魅了された生田さん。 ステージに立ちたいという憧れは夢になり、実際に舞台のオーディションを受け始めます。 しかし結果は惨敗・・・ 「少5でジュニアミュージカルに初めて立って、その後もいろいろ舞台のオーディションとか受けてました。 でも、落ち続けてましたね。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) 芸能はいわばスポーツと同じでプロの世界。 才能のある子が人一倍の努力と運に恵まれて、それでも表舞台に立てるかという厳しい世界です。 夢見る幼い少女は、厳しい現実を目の当たりします。 「私はほとんど経歴もないし、相手の反応も薄くて、「はい、ありがとうございました」って。 全く必要とされたないんだな、って思いました。 」 出典:乃木坂46新聞(日刊スポーツ) オーディションを受けては落ちるという挫折を味わっていた生田さんですが、 当初アイドルになるという考えはなかったそうです。 しかし、たまたま見ていたテレビで乃木坂46の募集を知り「歌、ダンス、ステージ」という共通点を見出し、母親に知らせた上で自らオーディションに応募します。 これは推測ですが、アイドルグループという道はおそらく彼女の本意ではなかったと思うんですよね。 なぜなら彼女のやりたかったミュージカル女優とアイドルグループとでは、明らかに道が違うわけです。 生田さんが 乃木坂46に「共通点を見出し、応募した」のも、「このままストレートに舞台を目指していても叶わない」という、少女なりの苦渋の思い(?)があったのではないでしょうか。 彼女は乃木坂46に応募した理由として、こんなことも言っています。 みんな一緒に始められるんだって。 だったらここでチャレンジしてみようって」 出典: この言葉は小学生時代、すでに子役として活躍し経歴があった子たちにオーディションで負け続けた過去があったからかもしれません。 横一線で始められるところに希望を感じたのではないでしょうか。 そして小学2年生の時に夢見た舞台とは違うけれど、 ステージ立つという夢を諦めず「回り道」ではあるけれどチャンスを掴みます。 …音楽の道とアイドルの狭間での葛藤 乃木坂46に入ると生田さんはすぐに中心メンバーとなりました。 のちに音楽大学へ進学できるほどのピアノの技術、そして歌唱力や演技力もファンの間で高く評価されます。 ミュージカルを目指していた生田さんにとっては、 幸運にも乃木坂46は舞台や演劇要素をコンセプトに加えたグループとして活動を始めます。 (偶然か必然かわかりませんが、もしかしたらオーディションに合格した生田さんを含むメンバーを見て、秋元康さんや運営が舞台もできると思ったのかもしれませんね そして乃木坂46がデビュー直後から行なっていた「観客が審査して舞台に出演するメンバーを選ぶ」という、オーディション型のミュージカル「16人のプリンシパル」では、生田さんは絶対的な支持を受け常にトップに立つ活躍を見せます。 しかし乃木坂46に加入してから3年、 生田さんはグループを辞めようか迷っていたそうです。 アイドルに向いてないかもしれない、という思いもあり 「高校3年で受験だったんです。 やっぱり音大に入りたくて・・・。 『両立はもう限界だ』と思っていました。 」 出典: もともと生田さんは音楽大学を目指していました。 夢を叶えるための音楽の勉強と、夢への一歩目であるアイドルの活動、その狭間での葛藤もあったのでしょうね。 しかし音大に入るには、毎日5時間以上練習を続けていなければ難しいと言われています。 そして彼女は 「活動の一時休業」という選択をします。 しかしこの時、生田さんの夢であったミュージカルの仕事のオファーが舞い込んできます。 「驚きました。 ミュージカルは、私が乃木坂46に入る前からの目標だったので。 受けるかどうか本当に迷いました。 」 出典: タイミングが良いのか悪いのか、オファーを受ければ受験のために一日数時間のレッスンがある中で舞台の稽古もしなければなりません。 しかし、彼女は受験と同時にミュージカルのオファーも受けることを決めます。 当然、 レッスンと舞台の両立は困難を極め、睡眠時間が1日平均3時間という日々が毎日続いたそうです。 そして見事、音楽大学の合格とミュージカル初主演という夢を掴み取ります。 そこからはご存知の通り、ほぼ毎年のようにミュージカルの舞台に立つようになります。 最初は乃木坂46というアイドルだからこそ掴めた舞台の仕事かもしれません。 それでも 幼い頃から目指していたステージに「回り道」をしながらも辿りついた生田さん。 まだまだ若いですし、これからの活躍にますます期待したいですね! (ちなみに大学は、俳優の山崎育三郎さんや松下奈緒さんと同じ学校とのことです。

次の

生田絵梨花の学歴|大学高校や中学校の偏差値|大学は中退?

生田 絵梨花 フィンランド

略歴 [ ] 1997年1月22日、ので誕生し、5歳から東京で育つ。 は3歳から始め、先に習っていた姉の影響で4歳から習い始める。 6歳の時にミュージカル『』を観て、ミュージカル女優を目指す。 2007年に、ミュージカル『 〜明日へのロックンロール〜』で初舞台。 小学生や中学生の時は、 、書道、水泳、英語、ピアノ 、数学と習い事の予定がみっちりと入って多忙であった。 中学校へ進学後、学級委員を務めた。 中学3年生の時、父親からグランド・ピアノを買い与えられた。 その時から歌やダンスが好きで将来は音楽の道に進みたいと考えていたところ 、ちょうどインターネットで乃木坂46の1期生オーディションを知り 、アイドルを目指していたつもりはなかったが、子どもの頃からミュージカルを観に行くのが好きでステージという共通点があったことから 、このグループは自分の目指しているところにあると考え 、母親に知らせた上で応募した。 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではの「」を歌った。 暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった。 2011年12月、第21回(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門に入選。 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「」でCDデビューした。 2012年9月、『』()公演で観客による投票の結果、全9公演のうち6公演で主演・アリス役に選ばれた。 また映画『』の日本語吹替版の声優の座をめぐり乃木坂46のメンバー33人が参加した「サバイバルオーディション」に合格し、ルー役に選ばれた。 2013年12月17日、で開催されたのライブイベント『第3回AKB48紅白対抗歌合戦』で、が乃木坂46の楽曲「」を披露した際にサプライズ出演し、ピアノ伴奏とコーラスを務めた。 乃木坂46のメンバーで個人として「AKB48紅白対抗歌合戦」に出演したのは生田が初となる。 2014年4月20日、で開催された8thシングル「」の個別握手会で大学進学のための準備期間として『』()終了後から9thシングルまで参加せず、一時休業することを発表した。 2014年6月15日、『16人のプリンシパル trois』で主要十役を制覇し、3年連続全公演2幕出演を達成した。 その後、芸能活動を一時休業したが 、10thシングルから芸能活動を再開し、同年10月に開催されたミュージカル『』では主演を務めた。 2014年10月8日発売の乃木坂46の10thシングル「」で初めてシングル表題曲のセンターを務めた。 2015年1月14日、『』()でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始し 、ピアニストを夢みる女子高校生の細井美香役を演じた。 2015年1月23日、『』()に乃木坂46として出演し、「君の名は希望」でピアノ伴奏を披露した。 2015年3月20日、高等学校を卒業後 、へ進学し、仕事を終えては約1時間ほど仮眠し、栄養ドリンクを飲んで登校する日々を送った。 2015年11月に東京、12月に大阪で上演された『』では、主人公・役を務めた。 2016年1月21日に初のソロ写真集『転調』が発売され 、週間推定売上3万8335部を記録し 、2016年2月1日付オリコン週間ランキングでグループで初めてBOOK総合・写真集の2部門で1位を獲得した。 2016年12月1日には、『ベスト・クラシック100』シリーズのイメージキャラクターに就任することが発表された。 2017年1月から3月にかけて、ミュージカル『』でジュリエット役 、同年5月から10月にかけて、ミュージカル『』でコゼット役を務める。 同年6月12日、ミュージカル女優として評価され、第8回奨励賞を受賞した。 2017年12月25日、で乃木坂46初のソロライブ『MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46』が開催された。 この様子はで生中継され、ライブの生中継はMTV Unplugged史上初という快挙である。 2018年5月から6月にかけてミュージカル『』での妻・を演じる。 2019年1月には、ミュージカル『 ()』 にナターシャ役で出演。 4月から9月にかけては、『レ・ミゼラブル』にコゼット役で出演。 2019年1月22日発売の2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、1909年創業のにおける女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数となる。 さらに予約殺到で発売前に重版が決定し、累計発行部数が22万部で発売開始となった。 1月30日発売の『』で女性誌の表紙にソロで初登場。 2月4日付オリコン週間BOOKランキングでは、初週売上17万9000部で初登場1位、女性ソロ写真集の初週売上歴代1位となった。 同ランキング写真集部門で1月から2か月連続で1位を獲得。 2019年4月には、『モーツァルト! 』のコンスタンツェ役、『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』のナターシャ役の演技が評価され、第44回を受賞。 同年7月には、『』のタレントパワーランキング2019「女子アイドルランキング」で5位となる。 また同年11月6日には、写真集『インターミッション』により第1回特別賞を受賞した。 2020年3月には、ミュージカル『 ()』にヒロインのスワロー役で出演した。 人物 [ ] 愛称は、いくちゃん 、いくたどん 、えりか。 は「どんどんいくどん生田どんっ U〜DON! 自宅はを演奏するための防音室を完備し、リビングは床暖房。 自室は姉と2人1部屋だったため、2016年頃までベッドを置く場所がなく、布団で寝ていた。 22時以降はハイテンションになる。 「スフィンくん」という生田のデザインしたオリジナルキャラクターがある。 将来の夢は舞台役者。 中学生の時に2級、準2級、3級、準7段に合格して資格を取得。 語彙・読解力検定3級の資格も保有。 音楽プロデューサー・は、生田の父の従兄弟に当たり、生田の祖父がの洋楽部門に勤務していた頃によくレコードを持って行っては聴かせてあげていた親戚のおじさんだった。 佐久間は生田の父から生田が乃木坂46のメンバーであることは聞いており、乃木坂46の5thシングル表題曲「」を「いい曲だ」と語っている。 生田はブログで佐久間へ「一緒に歌ったり演奏する機会を持てたらうれしい」と共演を希望し、佐久間が「一緒に音楽できるといいな! 」とTwitterで共演に応じた。 その後、乃木坂46の7thシングル「」の特典映像として収録された個人PVで共演した。 佐久間は2014年1月に61歳で没し 、遺作「」では、特技のピアノ 、バッキングボーカルで参加した。 乃木坂46が初出演した『』の2013年3月16日の放送では、ピアノ伴奏をしながら歌唱を披露した。 また、生田のピアノ演奏による「君の名は希望」が2016年3月26日より、のとして用いられている。 音楽プロデューサーのやピアニストのらは、生田のピアノ演奏を絶賛している。 2016年12月14日放送の『』第2夜()では、共演した()とのペアがファンから「W生田」と呼ばれて話題となったり 、・との3人でコラボレーションを披露した。 2017年8月2日放送の『』や同年12月6日・12月13日放送の『』では、乃木坂46を離れてソロ歌手として他のミュージカル歌手との共演でミュージカルメドレーを披露している。 出演の5年前から見ている大好きな番組という『』の2019年5月6日放送分で初出演して、「慣れないツッコミも声を張って頑張ってみたけど難しかった…でもとても楽しかったです」とコメントしている。 嗜好 [ ] 好きな食べ物は 、キノコ 、チョコレート 、豆乳 、納豆 、りんご。 好きな映画は『』。 好きな漢字は。 苦手な物は鳩 、料理。 ただし、生田によれば、は作れる。 2011年放送の『』の料理企画ではの上にじかに溶き卵をかけ、出汁として昆布と煮干しを加えるというありさまだったが(IH事件)、2017年放送の『』のお弁当企画では長足の進歩を示し、によって「T-1(卵焼き)グランプリ」に選ばれた。 作ってみたい料理は、、ミートソースパスタ。 好きな人物は、。 で推したいメンバーはであった。 趣味 [ ] 趣味は音楽鑑賞、模写。 が好きで 、よく聴く曲はの「」。 カラオケでよく歌う曲はの「」 「」「」「」「」 、の「」「」「」「」 、の「」「」「」「」 、の「」「」「」 、の「」「」「」 、aikoの「」「スター」「」 、の「」。 模写は人物の模写を得意とする。 絵は小学生時代に交通安全のポスターコンクールで受賞した経験がある。 生田によれば、絵は色のバランスが重要である。 中学生の時には、書画展で金賞を受賞した。 乃木坂46 [ ] 乃木坂46の 、。 中学校3年生の時、生田絵梨花・・の3名で「中3組」 、「いたいこりずみかる中3ほねほね同盟」を結成している。 生田は、中元がメンバーの嘘や冗談にひっかかりやすいピュアな性格であることから、いつか俺様タイプに騙されるのではないかと心配している。 高校1年生の時、乃木坂46内に肘専門モデルの派遣を手がける仮想上の肘専門モデル事務所「生プロダクション」を設立し、なまた社長を名乗り出した。 生プロダクションの所属モデルは・、マネージャー役は高山一実、照明係は。 生プロダクジョンにおける白石の月給は13円だが給料が支払われたことはなく、開店休業状態である。 乃木坂46を象徴するメンバーと称され、「ドイツ生まれのお嬢様」「才色兼備の優等生」 「天才」と呼ばれていたが、のちに「変人」と呼ばれるようになった。 大食いキャラで 、によれば、が全部無くなっていたことに激怒していたというエピソードがある。 理想のセンター像は周りに気を配れる人。 乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「」、「」、「」。 作品 [ ] シングル [ ] 乃木坂46• 白い雲にのって(2012年2月22日、SRCL-7906) -。 ハウス! (2012年5月2日、SRCL-7972) -。 人はなぜ走るのか? 指望遠鏡〜アニメ版〜(2012年12月19日、SRCL-8208) -。 人間という楽器(2013年7月3日、SRCL-8321) -。 やさしさとは(2013年11月27日、SRCL-8429) -。 月の大きさ〜アニメ版〜(2013年11月27日、SRCL-8430) -。 ダンケシェーン(2014年4月2日、SRCL-8526) -。 転がった鐘を鳴らせ! 私、起きる。 Tender days(2014年10月8日、SRCL-8627) -。 泣いたっていいじゃないか? (2017年8月9日、SRCL-9497) -。 新しい花粉 〜ミュージカル「見知らぬ世界」より〜(2017年10月11日、SRCL-9580) -。 あんなに好きだったのに…(2018年8月8日、SRCL-9921) -。 曖昧(2019年5月29日、SRCL-11194) -。 僕のこと、知ってる? 僕の思い込み(2019年9月4日、SRCL-11268) -。 (2020年5月25日) まゆ坂46• 乃木坂AKB• アルバム [ ] 乃木坂46• その他• エメ(2018年10月24日、SICL-30046) -。 映像作品 [ ]• (2011年12月2日) -。 AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2012(2012年6月13日) -。 (2012年7月25日) -。 生田絵梨花(2012年12月19日) -。 (2012年12月26日) -。 16人のプリンシパル PARCO劇場ダイジェスト(2013年7月3日) -。 初夏の全力! 乃木坂46大運動会(2013年7月3日) -。 Making of 6th Single(2013年7月3日) -。 (2013年7月3日) -。 (2014年2月5日) -。 (2014年3月7日) -。 (2014年3月19日) -。 Creator's Etude 濱口優編(2014年4月2日) -。 第3回 AKB48紅白対抗歌合戦(2014年4月9日) -。 (2014年9月12日) -。 生田絵梨花(2014年10月8日) -。 生田絵梨花の『推しどこ? 』(2015年3月25日) -。 (2015年4月24日) -。 (2015年6月17日) -。 (2015年7月29日) -。 (2015年10月16日) -。 生田絵梨花(2015年10月28日) -。 (2015年11月18日) -。 完全版 第弐集(2015年12月16日) -。 (2016年1月20日) -。 (2016年2月19日) -。 生田絵梨花(2016年3月23日) -。 (2016年4月28日) -。 (2016年7月6日) -。 (2016年9月30日) -。 こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜(2017年4月19日) -。 (2017年6月28日) -。 (2017年8月4日) -。 (2018年3月16日) -。 (2018年3月28日) -。 (2018年5月16日) -。 (2018年7月11日) -。 (2018年10月19日) -。 (2019年7月3日) -。 (2019年10月25日) -。 (2019年10月25日) -。 (2019年12月25日) -。 (2020年2月5日) -。 出演 [ ] 乃木坂46メンバー複数による出演については「」を参照 舞台 [ ]• 〜明日へのロックンロール〜(2007年8月) - ココ 役。 (2009年) - クララ 役。 (2014年10月2日 - 5日、) - 主演・ルイズ 役。 (2017年・2019年) - ジュリエット 役。 (2017年・2019年) - コゼット 役。 (2018年5月26日 - 6月28日、帝国劇場) - 役。 ()(2019年1月5日 - 27日、) - ナターシャ 役。 ()(2020年3月20日 - 27日 、) - スワロー 役。 (2020年7月、) - 主演・宮園かをり 役。 テレビドラマ [ ]• (2010年9月5日、)• 第5話(2013年2月11日、) - 田辺美鈴 役。 第1話(2013年10月14日、フジテレビ) - 女子大生 役。 (2015年1月14日 - 3月25日、フジテレビ) - 細井美香 役。 (2015年7月11日 - 9月26日、テレビ東京)- ショパン 役。 「もう1人のエレベーター」(2016年8月20日、フジテレビ) - 菊地明 役。 「」(2019年4月21日 - 6月23日、) - 三友銀行イメージガール 役。 バラエティ [ ]• (2014年1月4日、フジテレビ) - ピアノ部門に出場。 (2019年12月26日、) - 凛 役。 その他のテレビ番組 [ ]• ハロー・グッバイの日々〜音楽プロデューサー佐久間正英の挑戦〜(2013年12月26日、NHK総合)• 「小学校の部」「中学校の部」(2015年10月11日 - 12日、) - 司会。 ミュージカル特集(2017年2月4日・2017年9月2日・2019年4月6日、フジテレビ)• : Erika Ikuta from Nogizaka46(2017年12月25日、)• 直前SP in (2018年6月10日、)• 第72回トニー賞授賞式(2018年6月11日、WOWOWプライム) - ナビゲーター。 劇場の灯を消すな! Bunkamuraシアターコクーン編 松尾スズキプレゼンツ アクリル演劇祭(2020年7月5日、) ラジオ [ ]• 乃木坂46生田絵梨花のラジオ(仮)(2019年1月5日、) - パーソナリティ。 インターネットテレビ [ ]• (2019年7月16日 - 9月14日、) - 学生 役。 (2020年7月6日 - 10日、) - 主演・吉澤希奈梨 役。 映画 [ ]• (2014年12月6日、) - 主演・村田育子 役。 (2017年9月22日、) - 一堂寧々 役。 吹き替え [ ]• (2012年9月28日、) - 日本語吹替版・ルー 役。 オリジナルビデオ [ ]• (2011年12月2日、アムモ98) - 主演・柊花子 役。 イベント [ ]• (2016年10月8日、)• 作曲活動50周年記念コンサート LA meets TOKYO(2017年12月15日、)• MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46(ソロコンサート)(2017年12月25日、会場未発表 ) - で生放送。 広告 [ ]• 『ベスト・クラシック100』イメージキャラクター(2016年12月 - )• 西善商事 成人式振袖・卒業袴 イメージモデル(2019年6月 - ) 書籍 [ ]• クラシックバレエは10年間習っていた。 夏季休業中、ピアノは1日10時間以上練習した。 プロデューサーの小原一隆によれば、ピアノが得意で母娘の葛藤に悩む女子高校生役が必須となり、2013年に『』(フジテレビ)のテレビドラマで生田絵梨花と仕事をした経緯から直感で起用した。 日本語版では「」を参照。 トリプルキャストで大阪公演は3月30日のみ出演。 とくに鴨南蛮うどんを好む。 理由はキノコは味やダシが染み込んで美味しいからである。 とくにを好む。 とダブルキャスト。 、とトリプルキャスト。 2017年は、とトリプルキャスト。 2019年は小南満佑子、とトリプルキャスト。 、とトリプルキャスト。 の影響で、公演期間短縮となった。 の影響で、富山・北九州・愛知・大阪公演は中止となった。 直接ドラマに出演することはなく、ポスターやモニター画面で流れる動画などで登場。 観覧当選者のみに公表。 出典 [ ]• 乃木坂46公式サイト. 2020年2月14日閲覧。 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい「INTERVIEW」『乃木坂派』双葉社、2013年10月22日、153頁。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年9月8日. 2013年9月29日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年3月11日. 2013年3月11日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年7月25日. 2014年7月25日閲覧。 月刊AKB48グループ新聞 日刊スポーツ新聞社 2012年10月号 : pp. 24-25. 2012年10月19日• 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2014年9月26日. 2014年9月26日閲覧。 インタビュアー:斉藤貴志. Deview. 2015年7月8日閲覧。 クランクイン! ハリウッドチャンネル. 2019年4月6日. 2019年4月6日閲覧。 Real Sound blueprint. 2017年2月5日閲覧。 ジョーズカンパニー. ジョーズカンパニー. 2014年1月1日閲覧。 「乃木坂46 生田絵梨花 旅立ちの春〜新たな一歩〜」『FLASHスペシャル』2015年GW月号、光文社、2015年4月24日。 生田絵梨花 2011年11月2日. インタビュー. ORICON STYLE.. の2013-11-11時点におけるアーカイブ。 2011年11月2日閲覧。 インタビュアー:西廣智一. ナタリー. 2014年10月7日閲覧。 「STAR PORTRAIT 生田絵梨花(乃木坂46)」『TVステーション』2015年1月31日号、Megumi Kato、ダイヤモンド社、2015年1月28日、隔週刊版、91頁。 24、松井俊夫、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2012年11月29日、38頁。 モデルプレス ネットネイティブ. 2015年2月25日. 2015年2月25日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2011年6月29日. 2011年6月29日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2013年4月13日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2013年4月13日閲覧。 乃木坂46『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年2月22日。 まんたんウェブ 毎日新聞デジタル. 2012年9月27日. 2012年9月27日閲覧。 東スポWEB 東京スポーツ新聞社. 2013年12月17日. 2013年12月17日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年12月17日. 2013年12月17日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年4月20日. 2014年4月20日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年6月18日. 2014年6月18日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年6月28日. 2014年6月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年7月25日. 2014年7月25日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年8月4日. 2014年8月4日閲覧。 SANSPO. COM 産業経済新聞社. 2014年12月22日. 2014年12月22日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2014年12月22日. 2014年12月22日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年1月23日. 2016年3月31日閲覧。 生田絵梨花 2015年3月20日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年3月20日閲覧。 CINRA. net. 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年12月3日. 2015年12月3日閲覧。 ORICON STYLE. oricon ME 2016年1月. 2016年2月1日時点のよりアーカイブ。 2016年2月1日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年1月28日. 2016年1月28日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月30日. 2016年5月30日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年4月5日. 2016年4月5日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年7月28日. 2016年7月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年5月25日. 2019年4月19日閲覧。 MANTANWEB MANTAN. 2017年6月12日. 2017年6月12日閲覧。 ナタリー. 2017年12月1日. ナタリー ナターシャ. 2017年5月19日. 2017年6月1日閲覧。 東宝オフィシャルサイト. 2018年8月17日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2018年8月10日. 2018年8月11日閲覧。 梅田芸術劇場. 2018年8月17日閲覧。 ステージナタリー. ナターシャ 2018年8月7日. 2018年8月7日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年4月17日. 2018年4月17日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2019年4月19日. 2019年4月19日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年1月16日. 2019年1月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年1月18日. 2019年1月18日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年4月1日. 2019年4月13日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年5月29日. 2019年5月29日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年11月28日. 2019年11月30日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年4月4日. 2019年4月4日閲覧。 日経クロストレンド. 日経BP. 2020年1月6日閲覧。 講談社公式ウェブサイト• モデルプレス ネットネイティブ. 2019年12月17日. 2020年1月10日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年10月4日. 2020年1月11日閲覧。 「」『ヤングジャンプ』2014年5月22日23号、集英社、2014年5月8日、週刊版、25頁。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月20日閲覧。 意外な!? 友情関係を直撃! 」『Top Yell』2015年11月号、竹書房、2015年10月6日、13頁。 生田絵梨花 2013年6月26日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年6月26日閲覧。 「ホテルにて。 」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年7月30日. 2013年7月30日閲覧。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年7月9日閲覧。 Masahide Sakuma 2013年9月16日. masahidesakuma. Twitter. 2015年10月5日閲覧。 ナタリー. ナターシャ 2013年11月12日. 2013年12月28日閲覧。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 2014年1月21日. 2015年12月14日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年3月1日. 2014年7月25日閲覧。 BARKS グローバル・プラス. 2013年3月15日. 2013年5月2日閲覧。 音楽ナタリー ナタリー. 2016年1月20日. 2016年1月20日閲覧。 PDF プレスリリース , 東京地下鉄, 2016年3月22日 , 2018年12月29日閲覧。 AOLニュース AOL. 2015年4月20日. 2017年4月2日閲覧。 真紀和泉 2014年1月6日. ライブドアニュース. TechinsightJapan. 2017年12月6日閲覧。 ミュージックヴォイス MusicVoice. 2016年12月16日. 2017年10月4日閲覧。 E-TALENTBANK E-TALENTBANK. 2016年12月15日. 2018年6月2日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年12月24日. 2018年5月29日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月25日. 2019年11月30日閲覧。 」『EX大衆』2014年11月号、大貫真之介、双葉社、2014年10月15日、月刊版。 「生田絵梨花-芸術的な雰囲気を身にまとう坂の上のピアニスト」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドルSpecial』高倉文紀、日経BP社、2013年11月29日、22-23頁。 zakzak 産経デジタル. 2017年7月4日. 2017年11月30日閲覧。 ランキングBOX rankingbox. 2016年7月26日. 2016年7月26日閲覧。 生田絵梨花「Genius Melancholy 乃木坂46 生田絵梨花」『BUBKA』2016年2月号、白夜書房、2015年12月29日、14頁。 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日。 「生田絵梨花の一問一答」『CM NOW』2016年7月号、玄光社、2016年6月10日、8頁。 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年11月29日閲覧。 向原康太 2015年3月30日. Real Sound blueprint. 2015年3月3日閲覧。 向原康太 2017年4月17日. Real Sound blueprint. 2018年4月17日閲覧。 ワイヤーアクション 2011年11月. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、87頁。 斎藤ちはる 2012年8月2日. 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年8月30日時点のよりアーカイブ。 2019年4月9日閲覧。 メンバー本人に徹底追及!! ウワサの真相」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、65-67頁。 生田絵梨花 2016年7月27日. インタビュー. TOKYO POP LINE. 2016年7月27日閲覧。 生田絵梨花; 星野みなみ 2016年5月5日. インタビュー. ドワンゴジェイピーnews. 2016年5月5日閲覧。 T-SITE TSUTAYA. 2016年5月11日. 2016年5月11日閲覧。 Real Sound blueprint. 2014年10月14日. 2016年4月6日閲覧。 生駒里奈; 白石麻衣; 堀未央奈; 西野七瀬; 生田絵梨花 2015年12月23日. インタビュアー:林将勝・関根弘康・榛村季溶子・岡本温子・青木悠. 週プレNEWS. 2015年12月23日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月25日. 2020年5月25日閲覧。 OVERTURE〜輝け!! ミュージカル少女達〜. BitPure 2009年4月22日. 2014年1月1日閲覧。 Sponichi Annex 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年8月25日. 2015年8月25日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年1月15日. 2017年1月15日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2016年11月25日. 2017年1月15日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 2017年10月9日. 2017年10月9日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2019年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年5月21日. 2019年5月21日閲覧。 公演オフィシャルサイト、アミューズ・東宝• アミューズ・東宝、2020年4月8日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 com. ワイヤーアクション 2010年. 2020年5月16日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2013年2月1日. 2013年2月1日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 2013年10月13日. 2013年10月13日閲覧。 初森ベマーズ. テレビ東京 2015年8月11日. 2015年8月11日閲覧。 とれたてフジテレビ. フジテレビ 2016年7月29日. 2016年7月29日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年4月13日. 2019年4月13日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2019年12月25日. 2019年12月26日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2020年1月13日. 2020年1月14日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年12月19日. 2017年8月9日閲覧。 CINRA. NET. 2019年10月12日. 2019年11月30日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年12月27日. 2013年12月27日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年3月28日. 2014年3月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年10月1日. 2015年10月1日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年1月31日. 2017年1月31日閲覧。 生田絵梨花 2017年9月1日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年9月1日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年4月2日. 2019年4月8日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2018年5月28日. 2018年5月28日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2018年4月25日. 2018年4月26日閲覧。 まんたんウェブ MANTAN. 2020年6月16日. 2020年6月16日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年12月18日. 2018年12月18日閲覧。 ステージナタリー ナターシャ. 2019年1月2日. 2019年1月4日閲覧。 AbemaTV 2019年7月16日. 2019年7月27日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年6月17日. 2020年6月25日閲覧。 映画『超能力研究部の3人』公式サイト. 2014年9月5日閲覧。 クランクイン! 2017年5月31日. 2017年5月31日閲覧。 アムモ 98. 2020年5月15日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年7月21日. 2016年7月21日閲覧。 ナタリー. 2017年7月6日. モデルプレス ネットネイティブ. 2017年12月1日. 2017年12月19日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年12月1日. 2016年12月1日閲覧。 生田絵梨花 2019年9月7日. 乃木坂46 生田絵梨花 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2019年11月30日閲覧。 西善商事公式サイト. 2019年11月30日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年1月22日. 2020年1月27日閲覧。 「生田絵梨花」『季刊 乃木坂』vol. 4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日、4-13頁。 生田絵梨花『転調』、集英社、2016年1月21日。 生田絵梨花『インターミッション』中村和孝、講談社、2019年1月22日。 「鍵盤をまな板に換えて」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol. 01、片貝久美子、KADOKAWA、2016年4月2日、114-121頁。 乃木坂46、2014「超能力研究部の3人」製作委員会『映画 超能力研究部の3人 公式ブック』モーニング編集部、講談社〈講談社 Mook〉、2014年12月5日。 外部リンク [ ]• - 乃木坂46公式サイト• - 乃木坂46公式サイト(2011年11月13日 - )• - (2015年2月28日 - )•

次の