名倉 うつ 病。 手術の侵襲の意味は何?うつ(鬱)の原因はストレス?名倉潤の活動再開はいつ?

躁うつ病の症状と原因

名倉 うつ 病

私は今、医師という仕事をしています。 その立場から今回の名倉さんに関してコメントせずにはいられませんでした。 昔は、鬱病とは、『甘え』や『怠慢』や『根性無し』みたいな感じの精神論として捉えられていました。 しかし、現在は研究が進み、うつ病とは、脳内シナプス間のホルモン(ノルアドレナリン・セロトニン等)の乱れで起こることが分かって来ました。 その原因には、遺伝的なものであったり、ストレスであったりします。 うつ病には2種類あります。 精神病性うつ病と、神経症性うつ病です。 精神病性(遺伝性の素質のある)うつ病以外の、所謂、私たちが基本的にうつ病と呼ぶ神経症性(ストレス性)うつ病というのは、真面目で、優しくて、几帳面で、繊細な人ほどなりやすいです。 その前提において、手術の侵襲(ダメージ)が原因でうつ病になったっていうのは表面上の体裁でしょうね。 術後の患者さんなんてたくさん見てますけど、そういう事は見たことがありません。 名倉さんも正直に語って、楽になればいいのにとも思います。 宮迫みたいな強かな奴がのうのうと生き残る芸能界というグチャグチャな人間関係の世界に、名倉さんのような真面目な人がいたら、そらあうつ病にもなりますよ。 医師という世界も芸能界と同じような人間関係の世界です 母数が少ないため人間関係が煩わしい。 かくいう私も、緊張型頭痛という持病があります。 それが慢性化してしまい、慢性緊張型頭痛になってしまいました。 慢性緊張型頭痛とは、朝起きてから寝るまで一日中頭が締め付けられる頭痛が続く病気です。 毎日毎日続く頭痛から、私も抑鬱症状が出てきて、二次的にうつ病になってしまいました。 これは、癌の末期の患者さんにも多いです。 一日中痛みが続くと人間は鬱になります。 かわいそうなマウスの鬱実験があります。 健康で餌を食べるマウスの回りに電気ショックを流れるようにするのです。 初めの内はマウスも電撃に耐えながら餌を食べますが、徐々に餌を食べなくなり、動かなくなり、衰弱していきます。 このマウスに抗うつ薬を投与すると脳内シナプスのホルモンの乱れが改善され、マウスは電撃に耐えながらまた餌を食べるようになります。 私は四年間慢性緊張型頭痛に苦しみました。 今も苦しんでいます。 医師になってから、自分で慢性緊張型頭痛とうつ病のガイドラインを読み、自分に適した薬を自分で考え、自分で自分を治療した結果、今は痛みも抑うつ感も8割程寛解しています。 こう軽々と書いていますが、初めて抗うつ薬を飲むときは、やっぱり怖かったですし、どうなってしまうんだろうと思いました。 うつ病に治るという表現はありせん。 寛解と表現します。 昔の抗うつ薬 アミトリプチリン等の三環系・四環系抗うつ薬 は、脳内シナプスの解明が進んでいなかったので、効果はあるのですが、副作用も多かったです。 ただし、現在は脳内シナプスの解明が進んでおり、鬱や痛みのシナプスのみに作用するSNRIや、SSRIという副作用の少ない抗うつ薬が出てきています。 名倉さんは、精神病性 遺伝的な素質 の鬱ではなく、神経症性 ストレス性 のうつ病なので、ガイドラインではこのSNRIに加えて長時間作用型のベンゾジアゼピン メイラックス等 を投与すると寛解するのではと思います。 これは、自分がガイドラインを読み、自分で考えて今飲んでる薬です。 自分の体で効果を実感しています。 名倉さんも諦めず治療に専念して下さい。 ただし、抗うつ薬はあくまでも対症療法に過ぎません。 私もそうですが、漫然と飲み続けるものではありません。 私も今の環境をやめるにやめれない立場にいるので(環境調整ができない)、仕方なく漫然と飲んでいます。 名倉さんが、対症療法をしながら環境調整をしてうつ病が寛解することを心から、ファンの一人として願っております。 こんな末端の記事が名倉さんに届くとは思いませんが、みんからでも苦しんでいる人がいたら参考になればと思います。 この複雑化した現代社会、鬱は誰にでも起きます。 適当な開業医の精神科の先生だと治療も中々上手く進まないでしょうし、先生との相性もあります。 患者さん自身も難しいと思いますが、ガイドライン等を読んでみて医師に提案して下さい。 自分の体の事は自分がよくわかります。 医師任せにしているようではいけないと思います。 まあ、その提案をはね除ける医師は医師ではないと私は思っています 笑 そして、日本は精神病に対する偏見がものすごいと感じます。 精神科受診は決して恥ずかしい事ではありません。 列記とした病理病態のある病気なのですから。 産休みたいな感じで、気軽に鬱で休める世間になってほしいものです。 名倉さんも堂々となった原因を公表すればいいとも思いますが、そこは圧力なのでしょうね。 自分は、この年で抑うつ感を感じたことを決して悔しいとは思っていません。 医師として生きていく上で、若い内から、こういう世界観があり、こういう痛みがある事を身をもって体験できたという事は、大変貴重な事だと思います。 実際、痛みを感じる患者さんにはなんとかして痛みを取ってあげたいと思うようになりました。 そして、鬱病になって気付いたことは、体がそこから逃げろと合図を送っているという事です。 そして、鬱を乗り越えた時の自分というのは、昆虫でいう『脱皮』のようなもので、過去の自分から新しい自分に生まれかわるのだと感じました。 実際、今の自分の性格と昔の自分の性格は変わってしまいました。 長々書こうと思えば書けますが、動物というのは本能的に『逃げる』か『戦う』しかありあません。 しかし、人間には理性があり、そこで葛藤が生まれ鬱が発生するのだと思います。 そして、理性の面から考えると、逃げながら戦う事もできるわけで、まあ、うつ病には色々な乗り越え方があると私は感じています。 また、うつ病になると自殺をしてしまう方がいますよね。 これも、元々は動物の本能に乗っ取った合理的な行動なのです。 例えば、象は自分が弱っていると感じると、群れから離れてひっそりと死にます。 これは、群れの中で死んでしまうと、そこに集るハイエナや他の肉食動物により自分の群れの子供の象などに被害が及ぶからです。 このように、人間も動物なので、本能が刷り込まれています。 しかし、現代社会にはいらない本能もあります。 この本能というプログラムをいかに理性でアップデートしていくかが、精神病と向き合う鍵なのではないかと思います。 長くなると、だれて何を伝えたいか意味不明になってしまうので、ここで終わろうと思います。 最後まで読んでくれた方は、お付き合いありがとうございました。 初めまして。 イイネ 愛車紹介 から飛んできました。 私も風景に馴染む車の佇まいが好きです。 自称風景写真家 あくまでアマチュアw ですので風景写真は多少得意なものですから。 話は変わりますが鬱の話ですが身近では 昔の会社の後輩と、妻が鬱になりました。 鬱の人には絶対に「頑張ってね」は言っては ダメですから、掛ける言葉が見つからず難儀 した事を思い出します。 私自身も仕事関係で精神的に追い込まれた 事が多々ありますので少しは理解している つもりですが。 でもクスリは止めた方が良いと思っています。 西洋薬はある意味猛毒 あらを立てればこちらが立たず ですからね。 まあ、長い人生、色々ありますが、常に何事にも 平常心且つ、ご機嫌でいる事に努めています。 また、気になった記事がありましたポチッさせて 頂きます。 それでは失礼致します。 こんばんは。 コメントありがとうこさいます! 同じ趣味の方がいて光栄です 笑 鬱には一般的に『頑張れ』は禁忌と言われていますが、決してそうではありません。 突き放した言い方の頑張れや、期限に間に合わせるために頑張れと追い詰めるのがダメなのです。 一緒に頑張って治療していこうね。 とか、奥さまなら、俺も協力するから一緒に頑張っていこうなら、全く構わないと私は考えています。 前半にも書いたように、鬱は脳内のホルモンバランスが崩れることで起こりますので、薬は有効です。 ただし、医師はおしつけてはいけないので患者さんが薬なしを希望されれば別の提案をしますよ。 人生色々あります。 私もこの若輩ながら中々の理不尽も体験してきました。 現代社会を生き抜くには、平常心を保てるスルー力が大切なスキルですね。 はじめまして。 ついついスーッと読んでしまいました。 とても分かりやすく拝読しました。 長年生きていると診ていただく機会が 多くなります。 が、たいていの先生方は 人の顔を見ずPCに語りかけながら終わります (最近ですと骨折で通院していて自分でギブスを 外して診察を受けた時、次回はギブスを外しても いいかなぁーと言われました(笑) やはり親身に患者さんと向き合ってお話して 頂ける(人)がいいです。 鬱、確かに大変ですね。 本当に人間関係って言うのは 複雑で嫌になっています。 ストレス溜めこまない様に生きていますが 限界もありますよね。 弱っている時に心に届くお話はありがたいです。 あなたの様に僕だって辛い思いをしているのだよと でも生きるってそう言うことなんだと語りかけて 頂けるとその人を信じてみようと思いますよね。 素晴らしい事だと思います。 これからも頑張ってくださいね。 (人に頑張れはあまり言わない方がいいと聞きましたが) ご活躍お祈りしております。 はじめまして。 最後まで読んで頂き誠にありがとうございます。 これは余り書きたくないのですが、外来の患者さんは流れ作業のようにこなしていかないと、その後の外来患者や、入院患者の仕事が終わりません。 多分猫さんにはその態度があまり向き合ってもらえないと感じたのだと思います。 ブログ中にも書きましたが、外来で流れ作業のように扱われたくなければ、ガイドライン等(ネットで検索したら出てきます)を読んで、自分からアクションを起こさないと、あなたは医師にとっては「あーこんな人もいたなー、次呼ぶかー。 」くらいで終わってしまいます。 鬱に関しては、現代社会では誰にでも起こりえます。 私がもともと緊張型頭痛になったのも人間関係が原因です。 心に響いていただきよかったです。 なんか仏教のような感じになりますが、人生は本当に四苦八苦です。 それをいかにスルーし、心の平穏を保てるかが大事だと思います。 私の卒業した国立大学の精神科の教授は、患者に頑張ってと言っていました。 そこには信頼関係があっての事です。 「頑張れがダメ」は誤った認識だと思っています。 上にも書いていますが、追いつめるようなニュアンスの頑張れよがダメなのです。 そこに信頼関係があれば、どんな言葉でも相手の苦にはなりません。 コメントありがとうございました。 いい医師になれるよう精進致します。 イイね から飛んできました。 有難うございます。 イイね でリンクしてまさか、このような記事で出会えるとは思いませんでしたが・・・。 私自身、今年の2月からストレス性のうつ病で休職してます。 半年会社行ってませんが・・・お金に限界があるので2日後から復職予定してます。 この事はとある本を読んで知りました。 医学部ではそのように指導されているんですよね。 みんな治ると信じて精神科に一歩踏み出すのに・・・酷い話です。 だから、私、抗うつ剤 サインバルタ等 、2年半ほどの間、沢山飲んでましたが、この際、医師の判断無視して勝手に止めました。 その変わり漢方薬は飲んでますが。 個人で抗うつ剤を止めたので、とっても大変でした。 ただ、休職したので可能でした、仕事しながらは絶対無理でした。 私が身を持って感じた見解は、「抗うつ剤飲み続けたら、身が亡びる」でした。 薬飲み続ける事で、体に嘘ついて、ごまかしているだけだから。 休職に至った理由は3日で2時間程度しか寝れない、神経麻痺で血流が下半身にいかなくなり、尿が出ない、足の麻痺。 もうダメかと思いましたが、今は改善しました。 気分障害はまだ残っていますが、漢方で何とか治していきたい、今はそんな気持ちです。 こんにちは。 コメントありがとうございます。 自分でも気軽に書いた記事がこんなに反響を呼ぶとは思いませんでした。 うつに関してやはり多くの人が興味があるということですね。 神経症性うつ病になられたのですね。 『寛解』という表現に、少し誤解をされていると思います。 うつ病に完全治癒はありません。 調子よくなっても、またぶり返す可能性がありますよ、という事なのでネガティブに捉えないで下さい。 鬱の原因は前半に書いたように、脳内シナプスの乱れが原因です。 病態的に抗うつ薬は有効ですが、医療知識のない人からしたら、出された薬も暖簾に腕押しで状態ですよね。 実は私もサインバルタ SNRI を飲んでいます。 それは、私自身が自分の症状の病態に合うと思ったからです。 漢方の抗うつ薬は抑肝散くらいしか知りません。。。 これも記事に書いてありますが、抗うつ薬は対症療法でしかありません。 あなたの言う、嘘を付き続けるという表現になっても仕方ありません。 抗うつ薬で対症療法をしながら環境調整をするのが本来の治療です。 身を滅ぼすと表現されたのは、あなたに出された抗うつ薬はあなたの本来の病態に合っていなかったからでしょうね。 副作用だけが出たのだと思います。 同じ職場に復帰するのは苦ではありせんか? 転職も視野にいれてみては。 おはようございます。 ???なのは、適応障害の可能性がありますね。 業務や社内の人間関係に適応できないと???になっていきます。 適応障害を放置すると二次的に鬱病になりますので、適切な環境調整が必要です。 二つ目は、高機能自閉といわれる、所謂、アスペルガー症候群ですね。 こちらも環境が合えば素晴らしい能力を発揮しますが、環境が会わないと、適応障害となり、鬱病となります。 三つ目は、物事の順序がつけられないのなら、ADHDという発達障害もありえますね。 放置すると、適応障害からの鬱病になりえます。 いずれにせよ、その部下の人には事情を聞き、適切な環境調整が必要と思いますね。 社内に産業医はいないのですか? 突然のコメントで失礼します。 まさかみんカラでこういうブログが上がっているとは。 (感激です) 私自身、15年ほど前に突然心身不調となり、自律神経失調症だの、うつ病だのと診断され、SSRIを処方されると、当時は珍しいセロトニン症候群を発症し、救急車で搬送され大変な目にあいました。 それからというものは、大学の精神科の先生の実験台としてあれこれと薬やら、心理療法やらをためされ、参っていました。 5年ほど、そういう治療を続けているうちに、ある大学の先生から「この人は双極性障害(II型)ではないか」と言われ、治療方針を変えたところ、新薬の効果もあってか潮目が変わるように回復し、現在に至っています。 こういう病気のつらいところは、血液検査やCT画像などで病気を特定できないところだと思います。 先生とのコミュニケーションが唯一の接点。 先生の腕(コミュニケーション能力)次第で、患者が人生が変わってしまいます。 私のように人生の数年間を無駄にしないよう、この分野の医療の進歩を祈るのみです。 おかげ様で、今では平常な生活を送っており、オープンカーでツーリングを楽しむ余裕もできています。 先生のこれからの活躍を期待しております。 私自身、精神科医ではないので、更に詳しくは語れませんが、自分に起きたことは自分でよくわかり、薬もよくわかるので自分で治療しました 笑 今はVOLVOで車中泊中です 笑 セロトニン症候群とは珍しいですね。 私のSNRIの唯一の副作用は性欲減退です。 まだ20代ですが、一ヶ月射精せずともなんともない体になりました。 こういうコメントを頂くのも医師になってよかったと思える瞬間です! コメントありがとうございます^^ 全然構いませんよ、精神疾患を持った方とのコミュニケーションを取る目的でも書いていますから。 ご友人の方はよくあるパターンですね。 出世・昇進・結婚・マイホーム(カー)購入といった喜ばしい出来事も人間にとってはストレスとなりうつ病の発生因子になります。 また、出世する度に本来の自分のもっている熱意を裏切った仕事をしないといけなくなるでしょう。 友人の方はそういった葛藤があったんではと思います。 私は不便であればあるほど楽しいです。 ホテルに泊まるより車中泊、車で移動するよりチャリで移動。 キャンプもそうですよね。 不便を楽しんでいます。 現代社会というのは、便利に見えて人が動かなくなるのでやる気も無くなる面もあるのではないかと考えています。 はじめまして。 思わず記事が目に留まりまして・・・。 自分も6年前に鬱と診断され1年半会社を休みました。 幸い規模の大きな会社でしたので何不自由なく治療に専念できました。 ありがたいことです。 最近、鬱や躁のニュースはよく目にするようになりました。 診断を受けてしばらく休んだ身でも その病気の実態というものは正直理解できないでいます 汗 こう、ひとそれぞれなので一括りにできないと思うんですよね。 でもメディアの出し方って一方的で。。。 世の中の人たちに理解してとは言いませんが、 大らかな世の中になって欲しいなと思います。 そんな人もいるんだなぁ〜 遠い目 的な。 お仕事無理せずお務めください。 気を描くテストはバウムテストっていいます。 他にも言葉の意味を答えたり、積み木で絵を作ったりと四時間ほどされたのではないですか? 私もしましたので 笑 人間は誰しもが躁と鬱を持っています。 それで社会的に障害が出てきたときがダメなんですよね。 私も躁の部分はあるので自己診断ではあなたと同じかなと思ってます。 労いのお言葉ありがとうございます。 身を持って体験した人でないとわからない世界なので、理解は難しいでしょうね。 医学書カンニングしてみたら、音声・運動同時にって書いてまいた^^; カンニングで得た知識ですが、強迫性障害・ADHDも合併する事が多いみたいですよ。 基本はドーパミン過剰で起こるので、リスパダールとかオランザピンとか飲んでるんですか? これは統合失調症の治療と同じ薬で、脳内のドーパミン(快感を感じる)を減少させるんですね。 (逆に増やすのは今のところ覚せい剤しかありませんw) 薬が効きすぎたら、快感がなくなって鬱の副作用が出る事は容易に想像できますね。 基本車移動じゃないときつい病気ですね。 職場ではちゃんと病理病態のある病気だという事を理解してもらうのがあなたにとっては生きやすい環境になるんじゃないのかなあと。 私の記憶では、リスパダールとオランザピンがキレの良い最新のお薬で、ハロペリドールやアリピプラゾールは効能は同じですけどやや副作用の多い旧型の薬だと。 専門医とちゃうので、定かではないですが。 たぶん、あなたはクリニックではお手上げでしょうね。 精神科のゴールは、本人がそれで良ければ。 なので、あなたは不満に思っているのでゴールじゃないです。 1つ言えるとしたら、大学病院に行ってみることですね。 セカンドオピニオンという形で今の先生に紹介状を、書いてもらったほうがいいのかなと。 チックは遺伝するんですか。 初耳です。 同じ秒態の統合失調症はバリバリ遺伝するので不思議ではないですね。 発達障害ではないと思いますけどね。 気さくにコメントしてきてくれたベンツ乗りの貴方が鬱だとは思いませんでした。 かく言う私もベンツでは治りませんでしたが 笑 冗談はここまでで、もちろんオッケーですよ。 血の繋がった血縁関係に鬱や統合失調症といつた精神科に通院されている人はいますか? いない前提ねストレス性で話進めますね。 酷い肩凝りと頭痛は朝起きてから寝るまで一日中続いてるんじゃないですか? 私もそれでよく鬱になったので。 不眠はないですけど。 貴方と私の症状似てますね。 まず、痛みにはノルアドレナリンが効くんですね。 そしてよく鬱にはセロトニンが効きます。 その両方を兼ね合わせたのがサインバルタというSNRIです。 抗うつ薬の単ざい投与は推奨されてないので、これに長時間作用型のメイラックスというベンゾジアゼピン系の薬を足せば良いと思われます。 サインバルタ20mg 1錠 朝1 メイラックス2mg1錠 朝1 これが貴方に対する鬱と頭痛の処方です。 私が飲んでるやつです。 それに加えてレンドルミンという睡眠薬をもらってください。 レンドルミンは依存性が少ないです。 この三つの薬を近くの精神科医院に頼んで出してもらって飲んでみてください。 そうなんですね笑 少しバカラに興味がわきました! 私はパチンコも競馬もギャンブルも何もしない真人間なのでカジノなんて怖いですw レクサプロ(NaSSA にデパス(ベンゾ)のガイドライン通りの治療ですね。 先生も抗うつ薬等は知っておられるかもしれずおせっかいかもしれませんが、紅葉のCクラスのパーツの中にわかりやすい抗鬱薬の表を掲載しています^^ ただ私が思うに、デパスは半減期が短く依存性が高いので半減期の長いメイラックスのほうが良いのではと思いますね。 睡眠薬もマイスリーやサイレースといった短時間ベンゾは依存性があるので、レンドルミンやブロチゾラムといった依存性の無いGABAがいいのかもしれませんね。 精神科って、ガイドラインがあってないような者と本には書いてありました。 本人がそれで良いならば、それでよいらしいです^^ 後半の方はまた後からお返事させていただきます。 こんにちははじめまして イイねを頂きのぞかせて頂きました お医者様なのですね うつ大変だと思います 私もうつ病にかかり7回うつを繰り返す事23年になります 付け加えて統合失調症 先生の様な方もいらっしゃるのですね 私は現在統合失調症で入院中ですが入院して思った事は入院とはいいものなのだなという事です そう思える様になりました スタッフの中には同病院に入院経験のある方もおられとても励みになります はじめて統合失調症の治療をしてみようと思いました 以前に入れられた病院は理由も言わず保護室に3か月間そりゃ「出せ!」と叫びたくもなります そうする事が励みでしたし{出してもらえないの繰り返し でも今回の病院は違いました、そう気付けたんです 閉鎖病棟ではありますがなんとかやっております 先生も頑張って下さい。 そこはあなたと同じですよ^^ 自覚があったんですね。 医学的には自覚なく放置されている方が状態が悪くなってから来ますからね。 なるほど、それなら妻の同意の元の医療保護入院をされたわけですね。 彼らは貴方の中には存在しているんですね^^うまく彼らとやっていけるといいですね。 統合失調症は脳内のドーパミンの過剰で起こってしまう病気です。 貴方は月に一度のゼプリオンの筋肉注射をされているわけですね。 症状次第ですが、続けた方がいいですよ。 やらないとドーパミンが増えて症状がまた出てきます。 統合失調症の方にも人権はありますよ。 保護室というのは法律に基づいて精神科の指定医があなたや周りの患者さんのために行っているものなのです。 普段通りの生活をされていたという事は中年からの発症だった事でしょう。 中年からの発症は人格予後はいいですよ^^ お薬はガソリンだと思って続けて行ってください。 初めまして、今晩は! 愛車紹介にイイね!有り難う御座いました。 名倉潤さんのうつ病についての記事が目に留まりまして 興味深く拝読させて頂きました。 実は私も今年の9月の初めから休職しています。 現在の傷病名は適応障害です。 一番初めに、精神疾患を発症したのは約16年前になります。 発症した時は、初めて授かった子供の流産や近所に住んでた叔父の死等で精神的にしんどいなあと思いながら頑張っていたのですが、寝ようとすると眠れ無い状態が続き、不眠症なのかなあと思いながら心療内科を受診しました。 主治医の診断は抑鬱状態で数か月勤務を続けてましたが、仕事が深夜までの勤務が続き、何かとミスが続いてしまい休職しました。 何とか1月半で仕事復帰してその後は通院を続けながらも順調に仕事をしておりましたが、上司や他部署の不正を見逃す事が出来ずに重要な会議の場でデータと証拠を提出した事によって、人間関係がぎくしゃくしてしまいました。 そんな時にリーマンショックが来た事も有り、誘ってくれる会社が有ったので転職致しました。 転職先での勤務もかなりハードで資料作成の為に48時間連続で勤務した事も有りましたが、定期的な通院と会社のメンタルヘルスケアとハラスメント対策が整って居たので何とか仕事が出来ていた矢先に、父親が癌を発症し、治療の甲斐なく闘病生活僅か3年で旅立ってしまいました。 その父親が亡くなる1年くらい前から、親会社から出向して来た上司が理不尽な要求をしては仕事をやり直しを命じるのでパワハラとして訴えていたのですが、親会社の人間と言う事もあって、注意はして貰っては居たのですが、部署のリーダーである上司が初めに休職してしまい、派遣で来ていた人達も辞めてしまいその分の仕事のしわ寄せも有り仕事は抱えている状態、父親はどんどんと弱って行く中で介護と仕事を続けていましたが結構限界が来ていたので上司に休職では無く介護休暇と言う形で休ませて欲しいと申し出をしておりました。 その申し出をした時は父親の余命は月単位と言われていましたので、自分を休める事と父親の最後を看取りたいと言う思いが有って申請をしておりました。 その申請が一応受理されて何時から介護休暇に入るかと言う話をしている時に父親が亡くなってしまいました。 そうして葬儀等で数日休暇を取って出勤したところ、いきなり資料のエビデンスが無い等と親会社から出向してきた上司に言われて、まだ気持ちをきちんと切り替えが出来て無かった私も悪いとは思うのですが、心身共に疲れ果てていた私は気持ちが折れてしまいました。 これが2度目の休職となり、復帰するまでに14か月掛かりました。 その後部署を変わって復職しましたが、自分のやりたい事をやらせて貰う事も出来ず。 腫物扱いされているのは明らかでした。 復職から2年間で会社に残るモチベーションが無くなり、新天地を求めてそんなに規模の大きくない会社に転職しました。 入社前の説明と入社後の格差に戸惑いましたが、通勤も家から近い事と家内が良く理解してくれたので3年は我慢しようと思って来ましたが、小さな会社は教育する時間も無く、マニュアルも無くメモを取る暇も無く仕事をどんどんと押し付けられて、昼休憩もまともに取れずにいる毎日で自分がミスをした訳でも無いのに私のせいにされたりとそんな日々の中で不眠気味だったのが処方された薬を飲んでも眠れず、仕事でミスを繰り返したり、言われた事が出来なくなっている事に徐々に気付き始め主治医に相談すると適応障害状態で直ぐに診断書を出すので会社に提出する様に言われました。 それでも直ぐに提出出来ませんでした。 提出すると職場復帰出来ないと言う思いがあった為です。 しかし、提出する様に言われた日から3日後に一歩間違えば事故につながりかねないミスを起こした事で提出する事が出来ました。 今は、朝夕に補中益気湯とトレドミン、メイラックスを服用し、就寝前にマイスリー、サイレース、デパス、クエチアピンを服用してます。 しかし休職して2か月弱ですが、朝起きると倦怠感がすごくて頭痛も酷くベットから出るまで2時間近く掛かる事もあります。 一応、今は家内や母親に甘えて好きにさせて貰ってます。 今まで我慢していた車弄りも再開してしまいました。 しかしながら、これだけ好き勝手にさせて貰ってるのに全然良くなって来ないのを自分でも感じています。 厚かましいのは承知しておりますが、先生からみてどう感じられますか? 今は転職する気で色々と転職サイトに登録したりしまして、早速誘いを受けたりしておりますが、実際に就職活動に踏み出す一歩が踏み出せない感じです。 まだ、本調子では無いのは分かっているのですが、社会復帰を急ぐ自分とゆっくり焦らずに身体を本調子にしてから行動に移そうと考える自分の気持ちがあります。 初めてのコメントで長々と失礼致しました。 先生をフォローさせて頂きますね。 コメント拝読させていただきました。 私も数々の理不尽を経験してきております。 あなたは正義感から行動を起こしたりした経験から衝動性のタガが外れてしまっていると感じました。 それにハラスメントの具合はわかりませんがストレスに対する反応性も強いとお見受けしました。 carview. aspx こちらの記事を参考にしてみてください。 怒りを感じたときに自分でできる自律神経訓練方法です。 休みの時はもちろん傷病金が健康保険から出ている思うので、何も気にせず休めばいいと思います。 罪悪感や焦燥感はあるかと思いますが、休んでください。 頭痛・倦怠感があると言うことですね。 carview. aspx こちら抗うつ薬の表になります。 ノルアドレナリンが多いほど痛みややる気 倦怠感 に効果があります。 基本的に抗うつ薬は1剤が目安なので、トレドミンよりもサインバルタの方が向いていると老います。 次に、メイラックス ベンゾジアゼピン は抗うつ薬のブースト効果があり、半減期も超長く依存性の少ないベンゾジアゼピンでグッドだと思います。 carview. aspx こちらは不眠症への処方となります。 貴方が3つの中のどの不眠にあてはまるかはわかりませんが参考になれば幸いです。 不眠症への薬は基本的にベンゾジアゼピンなのですが、短時間作用であればあるほど依存性は高く、長時間であれば依存性は低いです。 デパス ベンゾジアゼピン は、半減期が超短いため依存性が強く、1日3回の定期内服には絶対に向かない薬です。 そもそもメイラックスがあるのにデパスを加えるのは謎ですね。 それにクエチアピンは統合失調症に使う薬なのですが、どんな用途で出されたか謎ですね。 無駄な薬と効果の乏しい抗うつ薬を使われているなというのが私の感想です。 私、10年前から鬱状態に陥り現在も回復せず精神障害者として生活しています。 5年ほど、地方の大学で勤務していましたが、同じ障がい者とはいえ、身体と精神の違いで壮絶なパワハラやモラハラを受けました。 職場の中での精神障害者の方は、殆どがハラスメントに耐えかね辞めて行かれました。 自分は、その職場に多少なりの思い入れがありましたので、耐えがたきを耐え忍びがたきを忍び奉職していましたが、心無き言葉の攻撃で偽クッシング症候群を再発し退職せざるを得なくなり現在は自宅にて療養生活を送る身の上です。 まさか、こんなコミュでこの様な方がいらっしゃるとは思いもしませんでした。 時々しか覗けませんが、情報の発信があれば参考にしたいと思います。 こんにちは。 イイねをありがとうございます。 頭痛辛いですね。 私も以前は頭痛持ちと言う状態でした。 夜中に首と頭の痛みで起きてしまい、整形に首の治療で通いましたが改善せず、最後にデパス処方されやっと解放されました。 自治体のアンケートに答えたら、「心が疲れている」と医師や保健師の面談を勧められましたが、取り敢えず自分で乗り切りました。 実家がストレスの原因で両親の姿を見ると言葉が出てこなくなり、会わない様に引きこもり、関係ない所では普通に過ごせました。 骨腫瘍等の手術で入院して家族と離れたりで改善したように思います。 ストレスに弱い様で、辛くなると整体に行くと、物凄くストレスを溜め込んで身体に影響が出ていると言われます。 家族のストレスは逃げ出す訳にも行かず適度に発散して大分上手く乗り切るようになりました。 寒くなると緊張性頭痛は酷くなる気がします。 どうぞ、お大事になさってください。 ナース崩れのおばさんより(笑) 初めまして。 FF外から失礼します。 「いいね」からこちらへ伺いました。 自分はブラック部署で15年近く働いています。 38歳なのでいじめ・いじめられ・差別・不公平は当たり前で育った世代?です。 最近、ハラスメント・コンプライアンス・働き方改革と世の中が神経質になり法やマナー・ルールを守らないと大変な目に会うようになりました。 うつの事ですが周りに今思えば「この人そうかも・・・。 」って人がいたし、診断書もらって認定の人もいました。 人それぞれなので何とも言えないし否定もしません。 でも自分の仕事になるとブラック部署なので人も設備も対応できないので迷惑になってしまいます。 今、後輩の嫁がうつらしく家庭の事で後輩は定時あがり・交代勤務しない・休日出勤なしで周りから白い目で見られてます。 現代、うつ・・・本やSNSで紹介され医学が発達して世間に知れ渡ってますが昔はどう扱われてたのでしょうか? 第一次大戦からバブル崩壊まで日本はアジアで唯一、欧米列強に負けじとやってましたが中にはうつや何らかの障害の人もいたと思います。 その人たちはどう扱われた・見られていたのでしょうか? それは障害者もそうですが。 弱肉強食・根性主義の過去の日本ではうつはどう扱われてたか教えていただけたら幸いです。 自分には何もできない重度の障害者の弟がいますし、今までうつ病で潰れた人・話を見聞きしてきたので明日は、いつかは我が身と思ってます。 まとまりのない文章で申し訳ございませんがご意見を聞かせて頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。 コメントありがとうございます。 医師、看護師といった世界もいじめ、いじめられ当たり前。 ハラスメント当たり前で嫌なら去れば?の世界です。 医学部は保守的で今も体制事態はほとんどかわりません。 医師の世界と言えば周りからはさそ明るいかと思われるかもしれませんが、それは私から言わせて頂くと、隣の芝生は青く見える。 というものです。 さて、ご質問のうつ病の歴史に関してですが、1965年生まれの呉秀三という東京帝国大学教授の現代でいう精神科医が初めて『内因性のうつ病は脳から来ている』と、欧米に留学をしのべています。 彼が医師になったのは明治初期ころだとおもうので、一部の知識人にはその頃からそういう認識はありました。 明治~昭和初期では外に出せなくなった統合失調症やうつ病の方や、重度障がい者の方とかは家族が座敷牢をつくり、その中に監禁したりしていました。 昔の日本は家の体裁を気にする分化があり、人様に見せられない者はそういった感じで監禁されていましたね。 昭和の時代も根性論で終わった気がします。 鬱が真剣に注目され始めたのはあなたのおっしゃる平成の終わり頃になってからだと思いますよ。 またまたお目を煩わせてしまいそうで躊躇しますが、私は鬱とはあまり縁がない方かもしれません。 以前(2017年にblogに書いた)「ベック鬱病質問表」を試した時、なんと私は0点だったことも自分が鬱にはなりにくいタイプであろうと考える所以ですが・・・、そうした問診が本当に有意に判定可能なのかどうかの専門的な知見もない為、勝手な自分の考えとともに話題として取り上げただけではあります。 遺伝的でないのであれば、自身の育まれたすべての環境因子の影響によって後天的な理由で鬱になりにくくなったりするのではないか?と考えていました。 しかしそれでも持続する痛みが原因になるという事は考えていなかったので、自分が現在までそうした痛みに苦しんで居ないだけであるとも言えると解りました。 それにしても、自己紹介の文は非常にためになりました。 つい先日も、突っかかって来る一人の来訪者に無駄な時間を使わされましたが、こうした警告文のような自己紹介文は「勘違い人」には効果的だろうし、そうした迷惑行為が趣味な人に思い止ませる効果は有ると感じましたので、近々私もそうした警告的な文を貴殿の文を参考にさせていただいて、書き加えたいと思っております。 いろんな意味で、有難うございましたと言いたいです。 「有難うございました。 是非100歳まで生きられ、影響力を行使されることを願っています・・・・。

次の

コロナうつを未病の段階で食い止める!現役精神科医が作成した、日本で唯一の精神疾患スクリーニングWebツールを期間限定で無料提供開始!|株式会社ジャパンイノベーションのプレスリリース

名倉 うつ 病

スポンサーリンク 侵襲とは?名倉潤うつ病の原因は手術?リハビリで約2ヶ月休養! 名倉潤がうつ病で2ヶ月の休養! 名倉潤さんは手術による侵襲でうつ病になって2ヶ月もの休養になったと話題になっています。 お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、きょう1日から約2ヶ月間、 うつ病のリハビリのため休養することを所属事務所が発表した。 名倉は「少しの間休養させて頂きます。 体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントを寄せた。 名倉は昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、10日間ほど休養した後に復帰。 手術の経過は良好な一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要という医師の診断により、再度休養することになった。 休養前の最後の仕事は7月31日のテレビ朝日系『ナニコレ珍百景』収録だった。 引用: 名倉潤のうつ病の原因「手術の侵襲」とは? 名倉潤さんがうつ病の原因である 「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激のことで、手術による予想外の刺激で体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 侵襲とは外的要因によって、生体内のいつもの状態を乱すことを言います。 そして、「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激を指し、手術によって生体のいつもの状態が乱れ。 その外的要因による生体の乱れが、うつ病の原因となるストレスとなってしまったのです。 このように、名倉潤さんが見舞われた「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な予想外な刺激で、体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 スポンサーリンク 名倉潤 プロフィール (画像引用元:) 本名 名倉 潤 ニックネーム 潤ちゃん、リーダー 生年月日 1968年11月4日 出身地 兵庫県姫路市 血液型 AB型 身長 170cm 事務所 ワタナベエンターテインメント 活動時期 1986年~ 1986年デビューし元々は俳優志望だったが、3年後の1989年にお笑いに転向し、同年に渡辺勝彦とジュンカッツというコンビを組み、ツッコミを担当します。 駆け出しの頃は「東京フレンドパーク」で前説を務めるなど下積みを重ねていたが、相方が辞めてピン芸人となり仕事も激減してしまいます。 しかし、ボケしかいない後輩のコンビ芸人フローレンス(原田泰造、堀内健)に「ツッコミをやってほしい」と持ちかけられ、1994年にネプチューンを結成します。 そして、ネプチューンから活躍しだし、「ボキャブラ天国」等で知名度を高めます。 その後は、ネプチューンとして「力の限りゴーゴゴー!! 」「銭形金太郎」「ハモネプ」等の冠番組を次々ともって売れっ子芸人となります。 現在も「ネプリーグ」「あいつ今何してる?」「ナニコレ珍百景 」等とレギュラー番組をもっています。 2005年4月5日には共演していた渡辺満里奈さんと結婚し、以降の名倉さんは司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動等とピンでの活動も増えていきます。 2010年には中目黒にプロデュース店「ステーキなぐら」を開店しています。 名倉潤うつ病の原因は手術の侵襲?手術で思わぬ外的要因にストレス発生! 手術の侵襲とは、手術によって外的要因の刺激により生体が乱れることで、それがストレスが発生しうつ病となったようです。 手術が無事だったのは良かったですが、まさかのストレス発生でうつ病になるとは大変ですね… 名倉潤さんは司会で活躍して責任のある立場ですので、今はうつ病をしっかり治してゆっくりしてください。 みなさんも、もしうつ病になるようなストレスを抱えているのならば、今ではサプリメントやカウンセリングも電話で出来ますので、うつ病に治す・ならないように気をつけてください。

次の

「躁うつ病」か「抑うつ病」かによって症状に大きな違いがある!

名倉 うつ 病

スポンサーリンク 侵襲とは?名倉潤うつ病の原因は手術?リハビリで約2ヶ月休養! 名倉潤がうつ病で2ヶ月の休養! 名倉潤さんは手術による侵襲でうつ病になって2ヶ月もの休養になったと話題になっています。 お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤(50)が、きょう1日から約2ヶ月間、 うつ病のリハビリのため休養することを所属事務所が発表した。 名倉は「少しの間休養させて頂きます。 体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントを寄せた。 名倉は昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行い、10日間ほど休養した後に復帰。 手術の経過は良好な一方で、手術の侵襲という普段の生活圏にはないストレスが要因でうつ病を発症し、一定期間の休養が必要という医師の診断により、再度休養することになった。 休養前の最後の仕事は7月31日のテレビ朝日系『ナニコレ珍百景』収録だった。 引用: 名倉潤のうつ病の原因「手術の侵襲」とは? 名倉潤さんがうつ病の原因である 「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激のことで、手術による予想外の刺激で体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 侵襲とは外的要因によって、生体内のいつもの状態を乱すことを言います。 そして、「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な刺激を指し、手術によって生体のいつもの状態が乱れ。 その外的要因による生体の乱れが、うつ病の原因となるストレスとなってしまったのです。 このように、名倉潤さんが見舞われた「手術の侵襲」とは、手術に伴う身体的精神的な予想外な刺激で、体が反応してストレスとなってうつ病になったようです。 スポンサーリンク 名倉潤 プロフィール (画像引用元:) 本名 名倉 潤 ニックネーム 潤ちゃん、リーダー 生年月日 1968年11月4日 出身地 兵庫県姫路市 血液型 AB型 身長 170cm 事務所 ワタナベエンターテインメント 活動時期 1986年~ 1986年デビューし元々は俳優志望だったが、3年後の1989年にお笑いに転向し、同年に渡辺勝彦とジュンカッツというコンビを組み、ツッコミを担当します。 駆け出しの頃は「東京フレンドパーク」で前説を務めるなど下積みを重ねていたが、相方が辞めてピン芸人となり仕事も激減してしまいます。 しかし、ボケしかいない後輩のコンビ芸人フローレンス(原田泰造、堀内健)に「ツッコミをやってほしい」と持ちかけられ、1994年にネプチューンを結成します。 そして、ネプチューンから活躍しだし、「ボキャブラ天国」等で知名度を高めます。 その後は、ネプチューンとして「力の限りゴーゴゴー!! 」「銭形金太郎」「ハモネプ」等の冠番組を次々ともって売れっ子芸人となります。 現在も「ネプリーグ」「あいつ今何してる?」「ナニコレ珍百景 」等とレギュラー番組をもっています。 2005年4月5日には共演していた渡辺満里奈さんと結婚し、以降の名倉さんは司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動等とピンでの活動も増えていきます。 2010年には中目黒にプロデュース店「ステーキなぐら」を開店しています。 名倉潤うつ病の原因は手術の侵襲?手術で思わぬ外的要因にストレス発生! 手術の侵襲とは、手術によって外的要因の刺激により生体が乱れることで、それがストレスが発生しうつ病となったようです。 手術が無事だったのは良かったですが、まさかのストレス発生でうつ病になるとは大変ですね… 名倉潤さんは司会で活躍して責任のある立場ですので、今はうつ病をしっかり治してゆっくりしてください。 みなさんも、もしうつ病になるようなストレスを抱えているのならば、今ではサプリメントやカウンセリングも電話で出来ますので、うつ病に治す・ならないように気をつけてください。

次の