高巻杏。 【P5R】高巻杏のキャラ評価とおすすめスキル

【第五人格】パンサー(高巻杏)のスキン入手方法!踊り子限定を取り逃すな! 【アイデンティティV】

高巻杏

真っすぐで 友達思いの性格ですが、日本人離れした美しく派手な見た目と、 教師・鴨志田とのよからぬ噂から 孤立していまいます。 鴨志田からの執拗なアプローチに苦悩 親友・鈴井志帆のことを気にかけており、鴨志田が志帆の存在をチラつかせ執拗にアプローチに苦悩していることを主人公に相談します。 主人公に悩みを打ち明ける 鴨志田から電話がかかってきて、ひとりで家に来るように杏に言います。 来ないと志帆をスタメンから外すと脅され、困り果てたところを主人公に見られてしまいます。 杏に事の顛末を相談され、主人公は 鴨志田を改心させようと決意します。 鴨志田のパレスに杏が?! 鴨志田のパレスには 迷い込んだ杏が囚われていました。 杏はこの状況を打破したいという強い思いからペルソナの能力に目覚め、 パンサーとして怪盗団の一員になります。 踊り子SSR衣装「パンサー」は、踊り子SSR衣装「高巻杏 制服 」を 反抗の魂を使用し 覚醒させると獲得することが出来ます。 今までのコラボとは違い、ショップから購入という形で手に入れることは出来ません。 まとめ 踊り子SSR衣装「高巻杏 制服 」は、ペルソナ5コラボ真髄・第1弾で入手することができ、踊り子SSR衣装「パンサー」は制服バージョンを覚醒させると獲得することが出来ます。

次の

【ペルソナ5】ペルソナ5のヒロインは高巻杏であるべき【ネタバレ】

高巻杏

「の全てを奪ってやる…!」 高巻杏とは、「」の登場人物である。 概要 : 秀尽学園2年生。 系クォーターの。 のとなる。 その容姿からのをしていたりと抜群のをしている。 両親は一年のほとんどをで過ごすため、は堪だがでは浮き気味。 そうでなくとも立つのに更にい噂の多いにをつけられたりと悪い噂が立ってしまい 世間と本心の挟みに悩み続けている。 そんな評にも負けずに話しかけてくれた井志帆を親友として大切に思っている。 する重圧に悩む中、に入り込むことになり、これが状況打開の切っ掛けとなる。 的圧のために最初は何事にも嫌々従うような姿を見せているが、 本当は爛漫で素直な性格。 言いたいことをはっきり言う役。 実は1のグーであり、それを自覚しているが、それを鼻にかけない。 く、「自身の的魅を引けらかさない子」。 実は大の甘いもの好き。 く「何個でもいける」とのこと。 日頃から節制してるのだろうか。 怪盗として は『サー』。 時の装はいのにいボディである。 (「…?」談) やといったモノの意をんでか、胸元が開いていたりとセク路線。 はじめてに覚めた時にはあまりの際どいに恥ずかしがっていた。 後半は後述のアタッという性質から使用頻度は落ちるものの、 SPの乏しい序盤では以外とパワなを出してくれる。 ペルソナ まったく…出番が遅過ぎるのよ。 高巻「あ…」 が立ち向かわないで、が恨みをらしてくれるの? 許す気なんて、始めからなかった… の中のもう一人のが、そう叫んでる… は、は… やっと、結べるね… 高巻「聞こえるよ…『』。 わかった、もう慢しない…!」 そうよ…慢なんかしていても、何も解決できない。 わかったのなら、を貸してあげる。 :06. 火炎(アギ)のアタッ。 序盤から中盤にかけてはディア(回復)系を覚えるであるが、 い段階で火炎といったパッシブを覚え、 コンセント(倍加)を習得してからは攻撃に先鋭化してくる。 作でいえばの回復の重が減ったといえばわかるだろうか。 あと、テンフー()などのなしのテ付着も1多だったりする。 弱点としては・関連は弱い。 また、行動がSP頼りのためSP回復手段の乏しい序〜中盤では 役としてのに据えざるを得ない場合も多いだろう。 っなをい、を咥えたな出で立ちの。 手にしたの蔓でのらしきものを上げ、振り回っている。 は「」という作品から。 というない遇ゆえに自身の保身のためにを魅了し、 振り回すした末に(自覚ながら)破滅へ導くという「心を盗む」が元。 の(秩序の)の一柱。 3つのを持つい出で立ちで、鎖の先に使役である猛の頭がついている。 とも呼ばれ、慈悲深いやの幸を担うとして信仰される一方、 とので明確に首級を挙げたとして記述されるなど残虐性も強調される。 のとしてでは特に信仰を集める。 では・獅子・の三つの首を持つな女の姿だった。 関連動画 関連商品 関連項目• (前作のアギ系担当)• (前作での「」の)!! We e SO me! (私達、最高じゃない!!).

次の

【ペルソナ5】ペルソナ5のヒロインは高巻杏であるべき【ネタバレ】

高巻杏

「の全てを奪ってやる…!」 高巻杏とは、「」の登場人物である。 概要 : 秀尽学園2年生。 系クォーターの。 のとなる。 その容姿からのをしていたりと抜群のをしている。 両親は一年のほとんどをで過ごすため、は堪だがでは浮き気味。 そうでなくとも立つのに更にい噂の多いにをつけられたりと悪い噂が立ってしまい 世間と本心の挟みに悩み続けている。 そんな評にも負けずに話しかけてくれた井志帆を親友として大切に思っている。 する重圧に悩む中、に入り込むことになり、これが状況打開の切っ掛けとなる。 的圧のために最初は何事にも嫌々従うような姿を見せているが、 本当は爛漫で素直な性格。 言いたいことをはっきり言う役。 実は1のグーであり、それを自覚しているが、それを鼻にかけない。 く、「自身の的魅を引けらかさない子」。 実は大の甘いもの好き。 く「何個でもいける」とのこと。 日頃から節制してるのだろうか。 怪盗として は『サー』。 時の装はいのにいボディである。 (「…?」談) やといったモノの意をんでか、胸元が開いていたりとセク路線。 はじめてに覚めた時にはあまりの際どいに恥ずかしがっていた。 後半は後述のアタッという性質から使用頻度は落ちるものの、 SPの乏しい序盤では以外とパワなを出してくれる。 ペルソナ まったく…出番が遅過ぎるのよ。 高巻「あ…」 が立ち向かわないで、が恨みをらしてくれるの? 許す気なんて、始めからなかった… の中のもう一人のが、そう叫んでる… は、は… やっと、結べるね… 高巻「聞こえるよ…『』。 わかった、もう慢しない…!」 そうよ…慢なんかしていても、何も解決できない。 わかったのなら、を貸してあげる。 :06. 火炎(アギ)のアタッ。 序盤から中盤にかけてはディア(回復)系を覚えるであるが、 い段階で火炎といったパッシブを覚え、 コンセント(倍加)を習得してからは攻撃に先鋭化してくる。 作でいえばの回復の重が減ったといえばわかるだろうか。 あと、テンフー()などのなしのテ付着も1多だったりする。 弱点としては・関連は弱い。 また、行動がSP頼りのためSP回復手段の乏しい序〜中盤では 役としてのに据えざるを得ない場合も多いだろう。 っなをい、を咥えたな出で立ちの。 手にしたの蔓でのらしきものを上げ、振り回っている。 は「」という作品から。 というない遇ゆえに自身の保身のためにを魅了し、 振り回すした末に(自覚ながら)破滅へ導くという「心を盗む」が元。 の(秩序の)の一柱。 3つのを持つい出で立ちで、鎖の先に使役である猛の頭がついている。 とも呼ばれ、慈悲深いやの幸を担うとして信仰される一方、 とので明確に首級を挙げたとして記述されるなど残虐性も強調される。 のとしてでは特に信仰を集める。 では・獅子・の三つの首を持つな女の姿だった。 関連動画 関連商品 関連項目• (前作のアギ系担当)• (前作での「」の)!! We e SO me! (私達、最高じゃない!!).

次の