おまん 小豆 茶。 【放送事故レベル】「おまん○豆」で町おこし?

おまん小豆茶

おまん 小豆 茶

Contents• 小豆ってそもそも、どんな豆? お団子やお汁粉などの和菓子や、赤飯など 日本で古くから食されてきた豆の一つ。 ですが、日本生まれではないのです。 もともとは 中国・東部アジアが原産だと言われ、 『別名:ショウズ』とも言います。 日本では、小豆あらいなどの妖怪が古くから伝えられています。 昔から人々に親しまれ、愛されてきた食品です。 日本の食文化に欠かせない豆 日本で赤は 『生命』を象徴する色。 そのため小豆は 『邪気を払う食材』として、昔から儀式や行事などで多く使われてきました。 薬などにも使われ、昔から 日本の食や文化には欠かせない食品だったのです。 じゃあ、あずき茶って? 『あずき茶』は名前の通り、 『小豆』が原料となっているお茶。 お茶と言っても、 ・小豆を煮た煮汁。 ・小豆を粉末状にし、炒ってお茶にしたもの。 と大きく、二つの種類が存在します。 あずき茶の味は? 気になるお味は、お汁粉のような甘い小豆の味かと想像していましたが… 実際のあずき茶の味は素朴で、 ほんのり甘く小豆の香りがふわっとします。 そして、 少し玄米茶のような香ばしい味。 ・量を飲む場合 ・夏場などに冷やして飲みたい場合 などには、 ティーバックのあずき茶を購入して、沢山作ると量も多く飲むことが可能です。 簡単にお茶を淹れる方法は? 『あずき茶』として多く飲まれているものは、 ・手作りのもの ・粉末状になっているもの ・ティーパックのもの があります。 小豆を煮る料理を作る機会があって、煮汁がでればお茶として飲めます。 ですが、毎日煮てはいられないのが現実です。 オススメは栄養価が高い『粉末茶』 そこで、忙 しい方にもオススメしたいのが『粉末あずき茶』です。 スプーン1杯とお湯で、あっという間にあずき茶が飲めます。 しかも、粉末あずき茶は… 小豆を丸ごと粉末にしている為、 小豆の栄養がギュッとまるごと詰まっているのです!! 煮汁や濾して飲むものよりも、栄養や成分が多く摂取できます。 『赤ちゃんのためにも、いい母乳を出したい。 』 そうは思っていても、なかなか思うようにはでてくれない場合がほとんどです。 母乳が出ない原因は血行不良かも? 原因はさまざまですが、 『血行が悪い』という場合が多いのです。 母乳はもともとは、 お母さんの血液から出来ているもの。 そのため、 血液がサラサラになれば、母乳が出やすくなるというわけです。 そこで、お母さんの血行不良を改善させるのに、なぜ『あずき茶』を飲むのか。 理由は、あずき茶に『サポニン』という成分が含まれいるからです。 サポニンの効果って? サポニンには… ・血液をサラサラにする ・抗酸化作用 ・むくみを改善 など、 血行の改善や、女性に多いむくみを改善してくれる効果も存在します。 抗酸化作用もあるので、ストレスや日々の活性酸素の抑制にも効果的! アンチエイジングも一緒に出来てしまいます。 漢方や薬膳では、 赤小豆(せきじょうず)といいます。 ノンカフェインで安心 母乳が出やすくなるだけではなく、 あずき茶は『ノンカフェイン』 妊婦さんや授乳中の方は、刺激の強いカフェインは出来る限り避けたいもの。 それだけではなく、生理前の1週間に起こりやすい 『PMS』(月経前症候群)。 主な症状としては… ・イライラや精神不安定な日が続く ・腹痛や頭痛が起きる ・ぼーっとしたり、だるい などです。 毎月の生理前、こんな症状に悩まされていたりしませんか? そんな時こそ、小豆茶を! 小豆茶に含まれる『サポニン』は血行を良くするとお話しました。 生理痛などには、冷えが良くありません! 結果、冷え性や母乳の問題だけではなく、 辛い生理痛やPMSの症状も緩和してくれるのです。 生理の時のカフェインは、生理痛の悪化に繋がります。 体の血行を良くするのには、 『生姜がいい!唐辛子がいい!』 など沢山聞きますが、 『刺激物が苦手。 』 など、好みもあると思います。

次の

津幡町特産「おまん小豆」の専門店

おまん 小豆 茶

津幡町倶利伽羅地区の北横根区に、町おこしに一役買っている津幡町特産「おまん小豆の里」のモニュメントが建っています。 おまん小豆は1粒の大きさが4ミリ程度と小粒で、表面は黒く中身が乳白色で、古代小豆といわれています。 秋には1つの房に4、5粒が結実し、種子を飛散する力が強いのが特徴です。 おまん小豆が自生する同区など小矢部市との県境の山間部では、小豆の名の由来となったおまん伝説が残っています。 藩政期に西砺波郡埴生村のため池「埴生の大池」の堤防が崩れて、付近の田んぼが水没し、家まで流される大災害が相次ぎました。 当時、埴生村大字綾子村の村役だった八十嶋家のお手伝いとして働いていたおまんという娘が、この決壊を食い止めようと、堤防工事で人柱(ひとばしら=工事の無事を祈るため、建造物の基礎に生贄として埋められる人)となりました。 以来、決壊はなくなり、無事に米が収穫できるようになりました。 おまんが生前に腰にぶら下げていた籠から小豆が落ちて大池の縁に自生したいわれ、農民たちはこの小豆に娘の姿を重ね合わせ、感謝を込めて「おまん小豆」と呼ぶようになったといわれています。 倶利迦羅不動寺境内には、おまんを偲(しの)ぶ地蔵が安置されています。 おまん小豆には活性酸素を除去し、老化を防ぐ効果があるポリフェノールを通常の小豆より豊富に含むことが分かっています。 所在地 〒929-0432 石川県河北郡津幡町字北横根ハ171 お問い合わせ先 「おまん小豆の会」会長 荒井 克さん 電話番号 076-289-5565 ホームページ アクセス IR津幡駅から「津幡駅前」交差点を右折し、県道59号線に入ります。 「白鳥橋詰」交差点を右折し、「浅田陸橋」を超えると、「浅田」交差点に出ます。 そこを左折し、県道215号線に入ると、すぐ右側に「萩野台小学校」の案内板が見えます。 そこを右折し、県道212号線を進み、仮生でY字路を左折すると、県道214号線に入ります。 そのまま道なりに進み、相窪を過ぎ、北横根に入ると、左側に「おまん小豆の里」のモニュメントが建っています。 北横根から倶利伽羅不動寺に行くには、集落を抜けて四差路を左に曲がり、大窪を過ぎると、倶利伽羅に着きます。 集落入り口のT字路を右折し、坂道を上った左側に「倶利伽羅不動寺」があります。 境内の「奥の院」の裏手右側に「おまん地蔵」があります。 境内から小矢部市側を望むと、「埴生の大池」が谷あいに見えます。

次の

放送事故?「おまん○豆茶」で町おこしをアピールするつもりが・・・

おまん 小豆 茶

先日、の道の駅「源平の郷」に立ち寄った際、物販所で名産という「おまん小豆茶」なるものを見つけた。 「すごいネーミングだな、一つ間違えると…」と思っていたら、さらに近くには「すっぽんせんべい」というものも売られていた。 つい両方買ってしまった…• おまん小豆茶はの名産品 立ち寄った道の駅 道の駅「源平の郷」に久しぶりに立ち寄った。 以前、足を運んだのは「石川トランプ」を見つけたときだ。 入り口から右手の奥にの特産品が売られている。 主に加工食品や手芸品などだ。 その一角に「おまん小豆茶」というものが置かれていた。 ポップもあり、それによればテレビでも取り上げられたことがあるとか。 あとで調べてみるとバラエティ番組での多いお茶として、また放送コードに引っかからない程度の下ネタとして扱われていた。 考えてしまうことは皆さん同じなようだ。 こちらがそのお茶((一つ550円) 缶には女の子が描かれている。 こちらの少女の名前が「おまん」だ。 なんでも藩政期に埴生村の大池が決壊して田んぼや家が被害を受けていたとき、埴生村大字綾子村の村役だった八十嶋家のお手伝いとして働いていた「おまん」という娘が人柱(ひとばしら)となったことで決壊を止めたのだとか。 そして彼女が日頃使っていた籠から小豆が落ちて大池のまわりに自生したそうで、それが「おまん小豆」として現代に伝わっているという。 缶の裏にはその逸話も記されている の北横根区には「おまん小豆の里」のモニュメントもあり、倶利迦羅には「おまん地蔵」も建っているそうだ。 ちょっとした観光資源になっているのだ。 なお、物語に登場した八十嶋家のご子孫が会長を務めている「おまん小豆の会」が、このお茶を製品化している。 お茶の他にはアイスなども売られていた。 「つばた認定ブランド」のシール 「津幡ブランド」というものだ。 ののお礼の品にもこの小豆茶があった。 中にはこのようにティーパックが入っている 缶を開けただけでアズキの香りがした。 この缶のものは5袋入っていた。 他にも紙袋でパッケージングされているものもあり、そちらは10袋入っていると書かれてあった。 それまでは煎じて飲むタイプであったが、今年の10月末頃からこのようにティーパックのものが売られるようになったそうだ。 店内の同じ島で「すっぽんせんべい」も売られていた 道の駅「源平の郷」の物販所内の同じ島には「すっぽんせんべい」というものも売られていた。 「おまん小豆茶」を目にした後の「すっぽんせんべい」だ。 並んで置かれていたわけではないものの、同じ島に置いてあるものだから見比べないわけにはいかなかった。 店員さんがわざと置いているのだろうかと、そんなことも考えた。 こちらが「すっぽんせんべい」だ(一袋545円) 思わず買ってしまった。 これは自分も知らなかったことだが、にはスッポンの養殖をしているところがあるらしい。 袋の裏面に書かれた製造者名を見るかぎり、煎餅そのものもの菓子屋さんで作られているようだ。 2つ並べて撮ってみる 「すっぽんせんべい」と「おまん小豆茶」を夫婦(めおと)のように寄り添わせてみた。 なんだろうか、見ていると色んな意味で恥ずかしくなる。 淹れて食べる せっかくなので、2つを一緒に食べてみることにした。 煎餅とお茶って、それこそ夫婦のように切っても切れない組み合わせだと思うのは自分だけだろうか。 ティーパックを湯に浸す 使っているカップは陶芸体験で作ったものだ。 説明書きによると一人分のお湯の量は130ccを目安にするとあった。 適当に入れたのでおそらく自分が用意したお湯は130cc以上ある。 浸す時間は約60秒だそうだ。 もちろんお湯の量によって変わってくる。 自分は手違いから確実に2分は浸出させてしまった。 ただ、2分浸してしまった後でも色はどこか薄かった。 味見でひとまずそのお茶をすすってみると、アズキの味よりお湯の味が勝っているように感じた。 要するに、色も味も薄いのだ。 やはり湯が多い。 これでは物足りなさを感じたので、もうしばらく浸けることにした。 計5分は浸けたかもしれない。 そのうち色も濃くなってきた だいぶお茶っぽくなってきた。 飲み頃だろう。 二つ一緒に頂く 「おまん小豆茶」を「すっぽんせんべい」といただく。 色も味も出たアズキ茶は、ぜんざいの汁を飲んでいるような香りと味だった。 煎餅の方は開けてみると大きさが一口サイズのものだった。 こちらは有機卵やミネラル豊富な粗糖も使っているので卵の風味とクセのない甘みがした。 すっぽんの味はと言うと、あまり感じられなかった。 そもそも自分はスッポンを食べたことがないのでわからない。 ただ、どちらも美味しい。 そして栄養分が豊富だ。 「おまん小豆茶」は血液をサラサラにするというが豊富だ。 赤ワインの4倍あるという。 や、細胞の老化等の防止にも効果があると言われている。 一方のスッポンもやコラーゲンが豊富で美容や滋養強壮に良いとされている食品だ。 この組み合わせは「健康に良い」のだ。 まとめ 以上、たまたま目にして思わず買ってしまった津幡の二つの特産品だ。 ティーパックに入った「おまん小豆茶」を淹れて、「すっぽんせんべい」を口に含みながらすすってみても、二つは反発することなく気持ちよく喉を通った。 ともにクセがあるようで強くない自然の味わいをしているので、口の中で合体させても美味しくいただけるのだ。 これで細胞の老化も防止できて滋養も高まるというのだからステキな組み合わせだ。 最後に改めてもう一度二つを並べてみた(添い寝のように) まるで卑猥な組み合わせのように見えたり聞こえるかもしれないが、自分はあくまで「カラダに良い組み合わせ」ということを言っていると最後に断っておきたい。 あしからず。 seisyunsanka.

次の