智 弁 和歌山 黒川。 智弁和歌山・黒川「プロで活躍するため失敗を次に」

夢の世界 プロ野球へ〜智辯和歌山高校野球部 黒川史陽選手・東妻純平選手

智 弁 和歌山 黒川

入学当初から黒川選手は智辯和歌山の監督曰く、入学から別格の存在であり、天性素質を持った選手であったと語っており、当時から抜群の潜在能力を魅せていた。 智辯和歌山の名門でも 一年の春からベンチ入り。 春の県大会をで 全試合スタメンとして出場機会を獲得するなど、早くもレギュラーを獲得。 一年の夏の甲子園にも出場し、ヒットを放つなど、 大器の片鱗を感じさせる期待の活躍。 選抜準優勝に大きく貢献。 続く 2 年の夏の甲子園に出場。 現在は高校生屈指強打者として、 今年の秋のドラフトの候補選手として注目選手。 50m6秒2、遠投100mを投げるだけに、選手としてのポテンシャルの高さがあり、選手としての総合力は高い。 走攻守揃った選手として抜群のポテンシャルをもつ 期待の選手だ。 伸び代があるだけにもっとスケールの大きい強打者へと成長を遂げる可能性があるだけに楽しみな存在。 実力的には今年の秋の注目株となるだろう。 1スラッガーとして 一年からレギュラーとして活躍し、 現在はチームの象徴する存在へと成長。 その抜群の打撃センスは今年のドラフトでも注目選手として期待されるのではないだろうか。 プロのスカウトからの具体的な内容やコメントはないですが、 間違いなく今年のドラフトでも候補選手。

次の

夢の世界 プロ野球へ〜智辯和歌山高校野球部 黒川史陽選手・東妻純平選手

智 弁 和歌山 黒川

17日行われたプロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)。 高校野球の強豪校・智弁和歌山(和歌山市)では、黒川史陽選手(内野手)が楽天から2位指名、東妻純平選手(捕手)がDeNAから4位指名を受けた。 2人は同校で会見。 黒川選手は「日本プロ野球で誰もなしえなかった4割打者になる」、東妻選手は「打てる正捕手になる」と、それぞれ抱負を述べた。 2人は、高校球児では数少ない5季連続の甲子園出場を果たし、指名の行方が注目されていた。 会見では指名された瞬間の心境について、黒川選手は「びっくりしたが、うれしい」、東妻選手は「うれしいの一言。 ほっとした」と第一声。 黒川選手は、楽天の印象について「東日本大震災の後に優勝した際のファンとの一体感が印象的だった。 自分もファンに愛される選手になりたい」とし、「自分は努力するのが持ち味。 プロの世界は厳しいが、(元プロ野球選手の智弁和歌山の)中谷仁監督を超えるような選手になりたい」と話した。 一方、東妻選手はDeNAの印象について、「すばらしい投手が多く、自分も捕手として成長できるように挑戦していきたい」と話した。 2人の会見に同席した中谷監督は「プロ1軍での活躍を成し遂げてほしい」とエールを送った。 会見が終わると、2人はグラウンドでチームメイトに指名結果を報告。 何度も胴上げされ、喜びを分かち合った。 黒川選手は奈良県出身。 高校通算34本塁打を記録した長打力と、巧みなバッティングセンスが持ち味。 東妻選手は和歌山市出身。 強肩に定評があり、守備の司令塔としてチームに貢献してきた。

次の

智弁和歌山・黒川史陽の父親や兄弟も凄い!一家の驚愕プロフィールまとめ!

智 弁 和歌山 黒川

スポンサードリンク 黒川史陽選手の経歴〜リトルリーグ時代〜ニックネームは? 黒川選手は、小学校1年時から軟式野球を始め、中学時代はで硬式野球を始めました。 当時の 黒川選手のニックネームは「河合町代表」と呼ばれていたそうですよ。 中学3年生の夏には、でアメリカ遠征をを経験。 あのNOMO JAPANの代表です!! その遠征チームでは、東邦の石川昂弥、創志学園の西純矢らとチームメートでした。 また、中学3年生の時に、ボーイズの全国大会に出場して3回戦まで進んでいます。 智弁和歌山に所属する現在でも、練習量はチーム1と言われているようですが、リトルリーグ時代からも練習量は多かったという声も聞こえてきてきます。 野球エリート街道を走っている黒川選手ですが、このまま努力を続けていってぜひすばらしい野球選手になってもらいたいものですね。 スポンサードリンク ネットの声 黒川史陽主将。 ニックネームは「河合町代表」。 中学時代は「NOMO JAPAN」でも主将、東邦・石川昂弥、創志学園・西純矢らとチームメート。 高校通算15本塁打。 スポーツ報知によれば、弟・怜遠(れおん)は春から石川「星稜」に進学予定。 — 汗と涙。 中学時代にNOMO JAPANメンバー入り。 昨年甲子園に出場した日南学園・黒川君はお兄さん、ということぐらいは周知していたが、この記事をみてさらにビックリ!😳 — ミラクル白橿 YukioXingfu.

次の