パソコン で ズーム。 Zoomミーティングに参加する方法

ZOOM(ズーム)に必要な簡単機材 テレワーク インターネット授業など

パソコン で ズーム

Zoom(ズーム)とは Zoom(ズーム)とは、新型コロナウイルス感染症が広まってから世界中で爆発的に利用者数が増えたWeb会議ツールです。 2019年4月に上場したアメリカの新興企業「ズームビデオコミュニケーションズ」が運営しており、2020年3月時点で2億人超のユーザーが利用しています。 日本を含めて世界中で「Zoom」が支持されている理由は、• アカウント作成なしで簡単に参加できる• ビデオ通話が安定している• 100人まで同時接続できる にも関わらず、試用期間なしの 無料で利用できる点です。 1対1は時間無制限(3人以上は1回あたり40分まで) Zoomは、パソコン、タブレット、スマートフォンを利用して繋がることが可能。 上記の他にも「参加者画面の録画」「資料共有」「パソコンの画面共有」「参加者全員で共有できるホワイトボード」「大人数のミーティングを少数グループに分割」「音声のみでミーティングに参加」など、無料とは思えないほどの充実した機能が提供されています。 アカウント作成なしで簡単に参加できる Zoomは、 Web会議の主催者(ホスト)1人だけがアカウントを持っているだけでOKです。 主催者に招待されたユーザーは、アカウントを登録することなく、Web会議に参加することができます。 また、パソコンの場合は、主催者から届いた招待URLをクリックすると自動的にソフト(Zoominstaller. exe)がダウンロードされます。 (スマートフォンの場合は、App StoreやGoogle Playから「Zoomアプリ」をインストールする必要があります。 ) Skype(スカイプ)の場合は、参加者全員が個人情報を入力して「アカウント登録」をしなければなりません。 Zoomでは、主催者に招待された側は、アカウント作成をしなくてもWeb会議に簡単に参加可能。 アカウント作成のためにメールアドレスを新規作成したり、パスワードを記録する必要もなく、パソコン初心者の方でもすぐに使えます。 ビデオ通話が安定している Web会議で重要なことは、ビデオ通話で映像が途切れることなく快適に会話できることです。 Zoomでは、独自の圧縮技術(特許)を採用することにより、無料のビデオ通話で有名な「Skype」と比較しても データ通信量の消費が少なくなっています。 ネット上でも「Zoomは安定している」との声が数多く投稿されています。 このご時世にオススメなもの】 Web会議によく使われる『zoom』です。 主な利点は5つ。 文明の利器です😌 是非、使ってみてください。 しかしながら、ビデオ通話を40分間に1回中断する必要はありますが、すぐに参加URLを送信&再接続すればWeb会議を連続で行うことが可能です。 例えば、• 19:00~19:40:40分間のミーティング• 19:40~19:45:5分間の休憩• 19:45~20:25:40分間のミーティング というスケジュールでWeb会議を進めることができます。 なお、1対1のビデオ通話であれば、ほぼ無制限(24時間連続)で打ち合わせすることができます。 クラウド記録 Zoomでは、ビデオ通話の映像を録画する機能があります。 無料版では、Zoomで録画した動画をパソコンに保存することになりますが、有料版ではZoomのクラウドに保存することが可能です。 これにより• パソコンの容量が圧迫されない• 様々な端末でインターネット上から簡単に動画を確認できる• Web会議の参加者にURLを送信して簡単に動画を共有できる といったメリットがあります。 アカウント作成 Zoomでは、主催者(ホスト)としてWeb会議を開催するときにアカウントが必要になります。 アカウント作成をするには『』に移動してから• メールアドレスで作成する場合は(1)• Googleアカウント または Facebookアカウントで作成する場合は(2) から手続きをします。 (1)の方法で手続きする場合は、メールアドレスを入力してから「サインアップは無料です」をクリックします。 誕生日を入力して「続ける」をタップします。 先ほど入力したメールアドレスを確認してから「確認」をタップします。 一般ユーザーであれば「いいえ」を選択して「続ける」をタップします。 ZoomでWeb会議をする相手が決まっていれば、相手の「メールアドレス」を入力してから「私はロボットではありません」にチェックを入れて「招待」をクリックします。 テストミーティングを開始のページが表示されます。 Zoomのソフトウェアをインストールして、Web会議が正常にできるか確認したい場合は「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしましょう。 Zoomのソフトウェアをインストール テストミーティング開始では、Zoomのソフトウェアが自動でダウンロードされます。 exe」をクリックしてインストールを完了させます。 ZoomのWeb会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Zoom(ズーム)の使い方 先ほどは、Zoomのアカウント作成からミーティングルームの立ち上げまでを紹介しました。 ここからは、実際にZoomを使い方を解説していきます。 起動方法 Zoomを起動する方法は、次の2パターンです。 デスクトップアイコンから起動する• 2、Zoom公式サイトから起動する Zoom公式サイトに起動してから「サインイン」をします。 マイプロフィールのページが開くので「ミーティングを開催する」をクリックします。 Web会議の方法を「ビデオはオフ」「ビデオはオン」「画面共有のみ」から選択します。 主催者としてWeb会議を始める方法 Zoomを起動してからサインインをすると「新規ミーティング」「参加」「スケジュール」「画面の共有」の4つのメニューが表示されます。 主催者としてWeb会議を始める場合は「新規ミーティング」をクリックします。 Web会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Web会議の参加者を招待するには、下部メニューの「参加者の管理」をクリックします。 参加者一覧メニューが表示されるので「招待」をクリックします。 招待のコピーをクリックすれば、招待メールのテンプレート(URL、ミーティングID、パスワード)をコピーすることが可能。 また、上部のメールをタップすれば「デフォルトメール」「Gmail」「Yahoo メール」で送信することができます。 例えば、Gmailをタップすれば、自動的にGmailのメール作成画面が開きます。 あとは、宛先を入力してから「送信ボタン」をクリックすれば、招待メールを送信することができます。 Web会議の参加方法 主催者に招待された場合は、サインインなしで参加することが可能です。 主催者から届いた招待メールに記載されているURLをクリックします。 ZoomのWeb会議の参加に必要となる「Zoom. pks」ファイルが自動でダウンロードされるのでクリックしましょう。 Zoomインストーラが立ち上がるので「続ける」をタップします。 usからダウンロードフォルダ内のファイルにアクセスしようとしています。 Zoomが立ち上がるので「ミーティングに参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「ミーティングID」を「会議IDまたは会議室名」に記載してから「参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「パスワード」を入力してから「参加」をクリックします。 usからカメラにアクセスしようとしています。 Web会議の参加方法を「ビデオオフで参加」または「ビデオオンで参加」から選びます。 usからマイクにアクセスしようとしています。 「コンピューターオーディオに参加する」をタップすれば完了です。 あとは主催者から許可されるのを待ちます。 次は、主催者側の画面になります。 Web会議の準備が整ったら待機中になるので「許可する」をクリックしましょう。 Zoom(ズーム)の主な機能 ここまでは、ZoomでWeb会議を始めるまでの手続きについて解説しました。 ここからは、Zoomの主な機能について解説していきます。 文字でメッセージを入力して送信できるだけでなく、ファイルをパソコンやクラウド(Dropbox、OneDrive、Google Drive、Box)から供給することも可能です。 また、メッセージは、Web会議全員の共有するだけでなく、相手を指定して個別に送ることもできます。 ビデオ通話で参加できない人もチャットで意見交換することができます。 画面共有機能 Zoomには、パソコンの画面を共有できる機能があります。 パソコンの画面に表示されているWebブラウザ、Word、Excel、PowerPointなどをマウスポインターで指し示しながら説明することが可能です。 画面共有機能を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「画面を共有」をクリックするだけです。 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択をしてから「共有」をクリックすれば、画面共有がスタートします。 こちらは、相手側のパソコンに表示される共有画面です。 マウスカーソルを含めてパソコン画面がリアルタイムに共有されます。 Webカメラや音声で伝わりにくい事柄もパソコン画面を見せながら説明することで伝わりやすくなります。 録画(レコーディング)機能 Zoomでは、Web会議の様子を録画する機能が標準搭載されています。 これによりWeb会議に参加できなかった人でも内容をしっかりと把握できたり、議事録を作成する手間を省くことも可能です。 Web会議の録画方法は、Web会議中に下部メニュー「レコーディング」をクリックするだけです。 Web会議が終わるとレコーディングファイルがmp4形式でパソコンに保存されます。 (有料版であればZoomのクラウドに保存することも可能です。 ) なお、録画(レコーディング)機能を使えるのは、主催者または主催者から許可を受けた参加者です。 レコーディング中は、録画相手にも伝わる仕様になっています。 あとは、バーチャル背景で利用する画像を選択すれば完了です。

次の

ZOOM(ズーム)に必要な簡単機材 テレワーク インターネット授業など

パソコン で ズーム

Zoom(ズーム)とは Zoom(ズーム)とは、新型コロナウイルス感染症が広まってから世界中で爆発的に利用者数が増えたWeb会議ツールです。 2019年4月に上場したアメリカの新興企業「ズームビデオコミュニケーションズ」が運営しており、2020年3月時点で2億人超のユーザーが利用しています。 日本を含めて世界中で「Zoom」が支持されている理由は、• アカウント作成なしで簡単に参加できる• ビデオ通話が安定している• 100人まで同時接続できる にも関わらず、試用期間なしの 無料で利用できる点です。 1対1は時間無制限(3人以上は1回あたり40分まで) Zoomは、パソコン、タブレット、スマートフォンを利用して繋がることが可能。 上記の他にも「参加者画面の録画」「資料共有」「パソコンの画面共有」「参加者全員で共有できるホワイトボード」「大人数のミーティングを少数グループに分割」「音声のみでミーティングに参加」など、無料とは思えないほどの充実した機能が提供されています。 アカウント作成なしで簡単に参加できる Zoomは、 Web会議の主催者(ホスト)1人だけがアカウントを持っているだけでOKです。 主催者に招待されたユーザーは、アカウントを登録することなく、Web会議に参加することができます。 また、パソコンの場合は、主催者から届いた招待URLをクリックすると自動的にソフト(Zoominstaller. exe)がダウンロードされます。 (スマートフォンの場合は、App StoreやGoogle Playから「Zoomアプリ」をインストールする必要があります。 ) Skype(スカイプ)の場合は、参加者全員が個人情報を入力して「アカウント登録」をしなければなりません。 Zoomでは、主催者に招待された側は、アカウント作成をしなくてもWeb会議に簡単に参加可能。 アカウント作成のためにメールアドレスを新規作成したり、パスワードを記録する必要もなく、パソコン初心者の方でもすぐに使えます。 ビデオ通話が安定している Web会議で重要なことは、ビデオ通話で映像が途切れることなく快適に会話できることです。 Zoomでは、独自の圧縮技術(特許)を採用することにより、無料のビデオ通話で有名な「Skype」と比較しても データ通信量の消費が少なくなっています。 ネット上でも「Zoomは安定している」との声が数多く投稿されています。 このご時世にオススメなもの】 Web会議によく使われる『zoom』です。 主な利点は5つ。 文明の利器です😌 是非、使ってみてください。 しかしながら、ビデオ通話を40分間に1回中断する必要はありますが、すぐに参加URLを送信&再接続すればWeb会議を連続で行うことが可能です。 例えば、• 19:00~19:40:40分間のミーティング• 19:40~19:45:5分間の休憩• 19:45~20:25:40分間のミーティング というスケジュールでWeb会議を進めることができます。 なお、1対1のビデオ通話であれば、ほぼ無制限(24時間連続)で打ち合わせすることができます。 クラウド記録 Zoomでは、ビデオ通話の映像を録画する機能があります。 無料版では、Zoomで録画した動画をパソコンに保存することになりますが、有料版ではZoomのクラウドに保存することが可能です。 これにより• パソコンの容量が圧迫されない• 様々な端末でインターネット上から簡単に動画を確認できる• Web会議の参加者にURLを送信して簡単に動画を共有できる といったメリットがあります。 アカウント作成 Zoomでは、主催者(ホスト)としてWeb会議を開催するときにアカウントが必要になります。 アカウント作成をするには『』に移動してから• メールアドレスで作成する場合は(1)• Googleアカウント または Facebookアカウントで作成する場合は(2) から手続きをします。 (1)の方法で手続きする場合は、メールアドレスを入力してから「サインアップは無料です」をクリックします。 誕生日を入力して「続ける」をタップします。 先ほど入力したメールアドレスを確認してから「確認」をタップします。 一般ユーザーであれば「いいえ」を選択して「続ける」をタップします。 ZoomでWeb会議をする相手が決まっていれば、相手の「メールアドレス」を入力してから「私はロボットではありません」にチェックを入れて「招待」をクリックします。 テストミーティングを開始のページが表示されます。 Zoomのソフトウェアをインストールして、Web会議が正常にできるか確認したい場合は「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしましょう。 Zoomのソフトウェアをインストール テストミーティング開始では、Zoomのソフトウェアが自動でダウンロードされます。 exe」をクリックしてインストールを完了させます。 ZoomのWeb会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Zoom(ズーム)の使い方 先ほどは、Zoomのアカウント作成からミーティングルームの立ち上げまでを紹介しました。 ここからは、実際にZoomを使い方を解説していきます。 起動方法 Zoomを起動する方法は、次の2パターンです。 デスクトップアイコンから起動する• 2、Zoom公式サイトから起動する Zoom公式サイトに起動してから「サインイン」をします。 マイプロフィールのページが開くので「ミーティングを開催する」をクリックします。 Web会議の方法を「ビデオはオフ」「ビデオはオン」「画面共有のみ」から選択します。 主催者としてWeb会議を始める方法 Zoomを起動してからサインインをすると「新規ミーティング」「参加」「スケジュール」「画面の共有」の4つのメニューが表示されます。 主催者としてWeb会議を始める場合は「新規ミーティング」をクリックします。 Web会議室(ミーティングルーム)が立ち上がりました。 Web会議の参加者を招待するには、下部メニューの「参加者の管理」をクリックします。 参加者一覧メニューが表示されるので「招待」をクリックします。 招待のコピーをクリックすれば、招待メールのテンプレート(URL、ミーティングID、パスワード)をコピーすることが可能。 また、上部のメールをタップすれば「デフォルトメール」「Gmail」「Yahoo メール」で送信することができます。 例えば、Gmailをタップすれば、自動的にGmailのメール作成画面が開きます。 あとは、宛先を入力してから「送信ボタン」をクリックすれば、招待メールを送信することができます。 Web会議の参加方法 主催者に招待された場合は、サインインなしで参加することが可能です。 主催者から届いた招待メールに記載されているURLをクリックします。 ZoomのWeb会議の参加に必要となる「Zoom. pks」ファイルが自動でダウンロードされるのでクリックしましょう。 Zoomインストーラが立ち上がるので「続ける」をタップします。 usからダウンロードフォルダ内のファイルにアクセスしようとしています。 Zoomが立ち上がるので「ミーティングに参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「ミーティングID」を「会議IDまたは会議室名」に記載してから「参加」をクリックします。 招待メールに記載されている「パスワード」を入力してから「参加」をクリックします。 usからカメラにアクセスしようとしています。 Web会議の参加方法を「ビデオオフで参加」または「ビデオオンで参加」から選びます。 usからマイクにアクセスしようとしています。 「コンピューターオーディオに参加する」をタップすれば完了です。 あとは主催者から許可されるのを待ちます。 次は、主催者側の画面になります。 Web会議の準備が整ったら待機中になるので「許可する」をクリックしましょう。 Zoom(ズーム)の主な機能 ここまでは、ZoomでWeb会議を始めるまでの手続きについて解説しました。 ここからは、Zoomの主な機能について解説していきます。 文字でメッセージを入力して送信できるだけでなく、ファイルをパソコンやクラウド(Dropbox、OneDrive、Google Drive、Box)から供給することも可能です。 また、メッセージは、Web会議全員の共有するだけでなく、相手を指定して個別に送ることもできます。 ビデオ通話で参加できない人もチャットで意見交換することができます。 画面共有機能 Zoomには、パソコンの画面を共有できる機能があります。 パソコンの画面に表示されているWebブラウザ、Word、Excel、PowerPointなどをマウスポインターで指し示しながら説明することが可能です。 画面共有機能を使う場合は、Web会議中に下部メニュー「画面を共有」をクリックするだけです。 共有するウィンドウまたはアプリケーションの選択をしてから「共有」をクリックすれば、画面共有がスタートします。 こちらは、相手側のパソコンに表示される共有画面です。 マウスカーソルを含めてパソコン画面がリアルタイムに共有されます。 Webカメラや音声で伝わりにくい事柄もパソコン画面を見せながら説明することで伝わりやすくなります。 録画(レコーディング)機能 Zoomでは、Web会議の様子を録画する機能が標準搭載されています。 これによりWeb会議に参加できなかった人でも内容をしっかりと把握できたり、議事録を作成する手間を省くことも可能です。 Web会議の録画方法は、Web会議中に下部メニュー「レコーディング」をクリックするだけです。 Web会議が終わるとレコーディングファイルがmp4形式でパソコンに保存されます。 (有料版であればZoomのクラウドに保存することも可能です。 ) なお、録画(レコーディング)機能を使えるのは、主催者または主催者から許可を受けた参加者です。 レコーディング中は、録画相手にも伝わる仕様になっています。 あとは、バーチャル背景で利用する画像を選択すれば完了です。

次の

zoomの参加方法でパソコンでミーティングに参加するには【超簡単】

パソコン で ズーム

基本的な準備方法についてはこちらをご覧ください。 関連記事 zoomのソフトから起動する方法 こちらはパソコンにインストールしたソフトから直接起動する方法です。 インストール時に、特に設定をしていなくてもデスクトップにアイコンが表示されるので、まずはそちらをダブルクリックしましょう。 もしもデスクトップにzoomのショートカットがなければ、検索をして探す方法を試してみましょう。 これでzoomを起動させることができます。 zoomの公式サイトから起動する方法 こちらの方法でも実践できます。 (ゲストを招待する時にはこの方法になります) まず、公式サイトにアクセスしましょう。 続いて、右上にあるボタン「HOST A MEETING」をクリックします。 するとこのような画面が表示されます。 英語で表示されていますが、画像で解説しているとおり、• ビデオなし音声• ビデオあり音声• 画面共有のみ という項目があるので、希望する方法をクリックします。 ここで最初に登録した会員情報を入力し、ログインをする形をとります。 見たとおり、サインインという項目があるので、登録に使用したメールアドレスとパスワードを入力しておきましょう。 ここで「ログインしたままにする」にチェックを入れると、次回からログインの手間が省けますよ! オレンジ色のボタンを押すことで、通話をスタートすることができます。 ビデオありで通話• ビデオなしで通話• スケジュール• 画面の共有 順番に説明していきます。 1.ビデオありで通話 ビデオありの状態で通話をスタートすることができます。 パソコンにウェブカメラがついていて、会議などで参加者の顔やホワイトボードを使いたいときにはこちらを選択しましょう。 公式でもサポート内容が書かれておりますが、こちらも確認してみるといいかもですね。 あるいは、起動しているセキュリティソフトによって 「Zoomを、ファイアウォールの対象としない、例外としておく」 ことをしておいたりすることで、Webカメラが使用可能になります。 ソフトによってもやり方は異なるので、セキュリティソフトのメーカーに問い合わせをするのが一番簡単に解決出来る方法かと思います。 2.ビデオなしで通話 ビデオなしで通話をスタートすることができます。 パソコンにウェブカメラが付いていなかったり、カメラ撮影が必要ない場合はこちらを選択します。 3.参加 すでに他の方がzoomで通話を始めていて、その通話に参加したい場合にはこちらを選択します。 参加の招待URLを入れることで通話に参加することができます。 (または、通常のインターネットブラウザに招待URLをそのまま入力しても参加できます) 4.スケジュール 通話スケジュールを組むことができます。 5.画面の共有 通話機能などはなく、画面のみを参加者に公開したい場合に使用します。 基本的には使うことはあまりありません。 zoomの通話をスタートする方法 先程のオレンジ色のボタンをクリックすると、一瞬アカウント名が表示される画面に移り、このような画面が表示されます。 今回の場合はパソコンで通話をスタートするので、「コンピュータで参加」のほうが青色になっていることを確認し、緑色のボタンを押しましょう。 zoomの基本画面が表示されます。 続いて、zoomの基本的な操作画面について紹介します。 [ad ad-1] 基本的な機能と操作手順について 上の操作をすると、zoomが起動された状態になったと思います。 zoomが起動すると、このような画面が表示されます。 では、順番に各部の操作方法などについて紹介していきます。 ) 番号ごとの各部の名称・機能はこのようになっています。 通話ID• ミーティングトピック• ホスト• 招待URL• マイク操作• 招待ボタン• 参加者の管理ボタン• 画面共有ボタン• チャット• レコーディング• ミーティングの終了 1.通話ID 通話を開始したときのIDが表示されます。 3ケタの番号が3つ並びます。 2.ミーティングトピック 現在のミーティングトピック(誰が主催のミーティングか)が表示されます。 基本的には通話をスタートしたアカウントの名前などが表示されます。 3.ホスト 通話を始めたアカウントの名前が表示されます。 4.招待URL この通話に他の人(ゲスト)を招待したい場合に、このURLを相手に送ります。 下にある(URLのコピー)をクリックしても簡単にコピーができ招待できます。 関連記事: 5.マイク操作 マイクのON・OFFの切り替えのほか、接続するマイクやスピーカーを選択することができます。 基本的には今アクティブなイヤホンやマイクが自動的に設定されます。 関連記事: 6.招待ボタン こちらをクリックすると、他の人を招待できるようになります。 zoomの画面中央あたりの人のアイコンを押しても招待できますが、ビデオチャットのときはこちらのアイコンが消えるので、下のメニューにあるこちらから招待していきます。 関連記事: Zoomの通話招待方法は?URLやメッセージの送り方も紹介 7.参加者の管理ボタン こちらで参加者を確認することができたり、ミュート(音が聞こえないようにする)する相手を選んだりすることができます。 8.画面共有ボタン 画面共有をすることができます。 相手のパソコン画面をチェックする時には相手(ゲスト)側にここをクリックしてもらい、「デスクトップ」を選択してみらうことで見ることができるようになります。 また、ここからリモートコントロールをして相手のパソコンを操作することもできます。 関連記事: Zoomの画面共有のやり方は?リモート操作の使い方や特殊な機能も紹介 9.チャット、手を挙げる機能 音声ではなく、文章のやり取りをすることができます。 送信者を参加者(ゲスト)全員に送ったり、個別にメッセージをやりとりすることもできます。 関連記事: 10.レコーディング 通話の音声や作業画面の動画を録画します。 ビデオなしチャットでは音声、または画面共有時の画面を• ビデオありチャットではお互いのビデオ画面と音声を• 画面共有のみの時は音声なしの画面のみを それぞれ録画しておくことができ、他の音声録音ソフトや動画撮影ソフトを立ち上げて置く必要がありません。 関連記事: 11.ミーティングの終了 こちらでビデオ通話や音声通話の終了操作が行えます。 通話を終了したい時に「ミーティングの終了」をクリックすると、パソコンの画面中央に小さいウィンドウが開きます。 そのウィンドウに青色のボタンで「全員に対してミーティングを終了」とある部分をクリックし、通話を終了させます。 これで、通話を終了させることができます。 関連記事: まとめ zoomの基本的な使い方は以上のとおりとなります。 基本的にはzoomを立ち上げてからやることも非常に少なく、相手と通話をスタートしたいときには、招待URLを送り参加してもらう、というシンプルな方法でやりとりをすることができます。 とても簡単な上、細かい初期設定も不要なので、とても便利に使えるのではないのでしょうか。 ぜひ、zoomを立ち上げてゲストを招待し、通話を楽しんでみましょう。

次の