おばみつ最後。 【鬼滅の刃】柱の中で死亡したのは誰?次は誰が死ぬ?現状を完全まとめ!

【鬼滅の刃】柱の中で死亡したのは誰?次は誰が死ぬ?現状を完全まとめ!

おばみつ最後

皆、無事かな?大丈夫かな? 隊士達は歓喜に包まれます! 「うわあああああ 倒した!!無惨を倒した!! 無惨が死んだ!!」 お館様は意識を失いながらも、 最後に怪我人の手当てを指示します。 そして、手当てに動き出す隊士達なのでした。 悲鳴嶼の行く末 悲鳴嶼さんは 治療を拒否します。 「私は 手遅れだ 貴重な薬を 溝に捨てることになる」 「他の若者達の 所へ行ってくれ」 「でも・・・でも・・・」 泣きながら拒む隊士達。 「頼む 私の最後の願いだ・・・」 そこに悲鳴嶼さんの手を触る人物が・・・。 「ああ・・・ お前たちか・・・」 それは寺で一緒に暮らし、 鬼によって殺された悲鳴嶼さんの生徒たちでした。 「先生」 「あの日のことを 私たちずっと 謝りたかったの」 「先生を傷つけたよね?」 「でも俺たち 逃げようとしたんじゃないんだよ」 「先生は目が 見えないから守らなきゃと 思って 武器を取りに行こうとしたんだ 外に農具が あったから」 「私は人を 呼びに行こうとしたの」 悲鳴嶼さんは、子供達の告白に 「ああ・・・ そう・・・だったのか・・・」と。 「獪岳を 追い出したこともごめんなさい だけど 理由があるの 嘘じゃないよ」 「いつも通り また明日が来れば ちゃんと話もできたのに 本当に ごめんなさい」 悲鳴嶼さんは、 「そうだ 明日さえ・・・来ていたら・・・」 そう言いながら涙を流します。 「私の方こそ お前たちを守ってやれず・・・ すまなかった・・・」 「謝らないで みんな先生が大好きだよ だからずっと 待ってたの」 「そうか・・・ありがとう・・・ じゃあ行こう・・・皆で・・・」 「行こう・・・」 そう言って悲鳴嶼さんは、 最期に真実を知り、穏やかな表情であの世へ旅立ちます・・・。 小芭内と甘露寺の行く末 場面は甘露寺。 鏑丸が近くに居ることに気が付きます。 目を覚ますと、小芭内が甘露寺を抱き寄せています。 お袋さんに、 「なんで家族の居る向こうに行かないのか」問います。 お袋さんは家族の元に行くことを拒みます。 「我が子を手にかけて 天国へは・・・」 「わかった じゃあ俺はお袋と行くよ」 「お袋 背負って 地獄を歩くよ」 そう言った瞬間!! 大きな手が不死川の手を掴み、お袋さんから引き離そうとします! 「放せ 志津は俺と来るんだ」 それは親父さんでした! 「お前はまだ あっちにもこっちにも来れねぇよ」 「俺の息子だってことに感謝しろ 特別頑丈だ」 「くそが・・・」 そうして意識の戻る不死川さんなのでした・・・。 そこで富岡が目にしたものは・・・。 炭治郎に歩み寄る富岡。 その目には涙が・・・。 そして、 炭治郎の手に手を置き、炭治郎に語り掛けます・・・。 「また 守れなかった」 「俺は人に守られてばかりだ・・・」 「許してくれ」 「すまない 禰豆子」 そこに、到着した人間に戻った禰豆子の姿が!! 「すまない・・・」 あまりにも大きい「勝利の代償・・・」。 ここで終了となりました。

次の

鬼滅の刃伊黒さん推しの方はおばみつが公式になる前から他のキ...

おばみつ最後

おしながき• 恋愛 鬼滅の刃の恋愛要素。 そういう漫画ではないと言ってしまえばそこまでなのですが、あると面白い組み合わせもありますよね。 この中から、私が気になったモノだけピックアップしています。 中には実弥と禰豆子でさねねずや、伊之助と禰豆子でいのねずなど、面白い組み合わせも掲載されていました。 これは二次創作の要素も含まれているようなので、そこには今回触れていません。 あくまでも、鬼滅の刃本編の内容から考えていくものとなります。 いくつかの経緯を経てカナヲにとって炭治郎は、特別な存在になっていきました。 コミックス7巻では胡蝶カナエが「カナヲにも好きな人ができたら変わる」と発言しています。 そして、そのセリフが書かれたコマには炭治郎の姿が。 これが示すことは「ゆくゆくカナヲは炭治郎の事を好きになるのであろう」という事です。 今の状態はというと、LIKEからLOVEの間といったところでしょうか。 カナヲにとって炭治郎への気持ちは、生まれて初めての気持ちだと思います。 なので、それが恋だという事にすら、気付いていない可能性があります。 一方の炭治郎はどうかというと、まだカナヲに対して意識しているという事はないでしょう。 炭治郎は誰にだって誠実で、優しい男です。 そこに誰かを特別愛する気持ちが芽生えるとしたら、全ての戦いが終わり、禰豆子が人間に戻った後の事になるのではないでしょうか。 ぎゆしの ここに恋愛要素はないように思えます。 でも、ここだけはお似合いだったなぁと思っています。 年齢も柱になった時期も義勇の方が先で、しのぶよりは先輩です。 しかしながら、しのぶは義勇を「天然ドジっ子」だと思っていました。 この二人は、柱として任務を共にこなしている時期がありました。 そこでは仲良くご飯を食べている姿も。 生きてさえいれば…。 平和な時代であれば…。 二人が今後結ばれる事もあったかもしれません。 意味深柱絵が現実になってしまい義勇が倒れるとするならば、二人は天国で…。 それはちょっと複雑ですね。 狛恋 これは「はくこゆ」でいいのでしょうか? 猗窩座の人間時代の名前「狛治」と、恋雪ちゃんの組み合わせです。 猗窩座の回想は何度見てもいいですよね。 病気がちな女の子って鉄板です。 この二人は悲しい別れ方をしてしまったけど、今は地獄で仲良くしてるのかな…? 狛治は確実に地獄行きだろうから、恋雪ちゃんも一緒に地獄に行くのでしょう。 累の親と同じように。 コミックス18巻ではやっとこの二人が見られるので、12月の発売が楽しみです。 さねカナ 個人的にかなり好きな組み合わせです。 カナエに関しては、ぎゆナエ・煉カナ(炎花)・ひめカナと、色々なカップリングが掲載されていました。 というのも、実弥の柱入りの際に、この人達が集合していたからなのでしょう。 この人達のいずれかの組み合わせが、当時あったのではないかと。 その中でも特に私が好きなのは「さねカナ」の組み合わせです。 それは何故か。 実弥がお館様に食ってかかるシーンで、そっと実弥の腕をつかむカナエがいたからです。 そして、優しく実弥を諭すカナエ。 こちらもしのぶと同様生きていれば…。 悲しい。 おばみつ 最後はこのカップリング。 もうこれは、正式にカップリングと呼んでもいいのではないでしょうか。 間違いないのは、小芭内は蜜璃にべた惚れだという事です。 公式でも小芭内は、蜜璃に一目惚れしたと公表されています。 そして、蜜璃の中でも小芭内は、少し特別なようです。 この二人に関しては「あとはタイミングだけ」といったところでしょう。 私が今回恋愛事情について考える事になったのも、この二人の行く末を案じてのものでした。 今まさに、おばみつ対鳴女の決戦が始まろうとしています。 無限城に入ってから二人は行動を共にしており、二人の距離はグッと縮まっていると思います。 ここから鳴女と無惨さえ倒してしまえれば、あとはゴールインを待つのみとなるでしょう。 しかし、ここでも意味深柱絵が立ちふさがります。 意味深柱絵では、小芭内も蜜璃も死亡してしまうという示唆が出ています。 どちらかが残されるよりはいいものの、死亡してしまうのはやはり悲しい。 できればこの世で二人、結ばれる事を願いたいものです。 でも、ワニ先生は甘くない。 ここは物語を盛り上げるために、綺麗な恋愛感情が描かれる可能性もありますよね。 狛治と恋雪のように。 死ぬと分かっていながら、結ばれる二人。 そんな展開が想像できてしまいます。 まとめ的なもの もしも、カナヲとおばみつが亡くなるような事があれば、私のお気に入りの恋愛事情は全滅です。 全て悲しい末路となってしまいます。 それだけは何とか防いでほしい。 小芭内の覚醒と蜜璃のギャグ補正で、何とか乗り切ってほしい。 カナヲはもう戦わなくてもいいのではないでしょうか。 ワニ先生、頼みます。

次の

【鬼滅の刃】200話考察|おばみつ【きめつのやいば】201話

おばみつ最後

鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:タイトルは「勝利の代償」 ではさっそく『鬼滅の刃』200話のネタバレを紹介していきます。 鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:無惨が死亡 無惨が日の光を浴び続ける。 醜い赤ん坊の姿になった無惨は、日の光を遮ることができず、そのまま消滅した。 無惨が死亡したことにより、産屋敷輝利哉やをはじめとする鬼殺隊が涙を流しながら歓喜する。 しかし喜んでいるのも束の間。 鬼殺隊のみんなはけが人の手当てをしにいく。 当主である産屋敷輝利哉はそのまま眠るように気絶してしまった。 鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:岩柱の悲鳴嶼行冥が死亡 鬼殺隊の何名かが、岩柱の悲鳴嶼行冥を助けようとしている。 しかし悲鳴嶼は、自分がもう助からないことを悟っている。 自分に薬を使うことは、貴重な薬をドブに捨てることになるから、他の若い隊員に使ってくれ、と。 そして死期を間近にして見えたのは、鬼殺隊になる前に先生として教えていた生徒だった。 鬼がやってきたあの日。 子供たちは、目が見えない悲鳴嶼を助けようと農具を取りに外に行こうとしたり人を呼びに行こうとしたのだった。 いつも通りまた明日がくればちゃんと話ができたのに そう、子供たちは悲鳴嶼に語った。 いつも通りの明日が来ることさえ叶わなかった子供たち。 悲鳴嶼は子供たちを守れなかったことに対して涙した。 死の縁で子供たちと和解した悲鳴嶼は子供たちに囲まれ、そのまま笑みを浮かべて安らかな最期を迎えたのだった。 鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:おばみつの最期 伊黒の腕の中で目を覚ました甘露寺。 甘露寺はもう体の痛みがなく、死が近いことを知った。 そんな甘露寺を前にして、伊黒も自分の死が近いことを悟っていた。 伊黒は甘露寺の底抜けに明るいところが好きだった、と甘露寺に言った。 どんなに辛いことがあっても、常に笑顔でいる甘露寺。 そんな甘露寺は、たくさんの人の心を救済している、と伊黒は語った。 そんな優しい伊黒の言葉に、甘露寺も救われたのだろう。 伊黒と甘露寺の二人は、また人間に生まれ変わることができたら、結婚しようと約束した。 誰もが応援していたおばみつの行方。 結婚はできなかったけど、最後に心を通わせることができて本当によかった。 鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:不死川実弥は生存 風柱の不死川実弥もまた、死の淵にいた。 玄弥が子供たちと一緒に遊んでいる。 しかしそこには、母の姿がなかった。 母は、自分が子供を殺しておいて、一緒に行くことなんてできない、と言う。 そんな母を前に実弥は「じゃあ俺はお袋と一緒に行くよ」と。 しかしそこに現れたのは、実弥の父親。 父親が実弥と母親を引き離す。 そして実弥は、意識を取り戻した。 鬼滅の刃ネタバレ最新話200話本誌の確定:炭治郎が死亡 伊之助と善逸は、相変わらず生き残っている。 そして義勇は自分が傷を負っているにもかかわらず、炭治郎を探す。 そして見つけた炭治郎は、もうすでに脈もなく息もしていない状況だった。 義勇が思い出す炭治郎の笑顔。 義勇は涙した。 また守れなかった 俺は人に守られてばかりだ 許してくれ そして泣きながら駆けてくる禰豆子に対しても。 すまない 禰豆子 すまない… と。

次の