チワワ ブルー マール。 ブルーマール|里親募集|ジモティー

カラーブリーディングについて

チワワ ブルー マール

Contents• チワワの基本情報 チワワはただ、見た目のかわいさから人気があるわけではありません。 体が小さいので、マンション暮らしの人でも飼いやすく、運動は必要ですが大型犬と違い、毎日長時間運動する必要がありません。 そのため 体力に自信がない年配の方や女性でも、きちんと飼うことができるのが魅力の1つになります。 また、チワワは気が強い一面もありますが、大変賢い犬種でもあるので、犬を飼うことが初めてでもゆっくりチワワと向き合うことが可能です。 チワワの身体的特徴• 大きさ:小型犬• 体重:1. 5〜3kg• 体高:15〜23cm• 被毛の長さ:スムースコート、ロングコート• 被毛の種類:シングルコート、ダブルコート両方あり• 価格相場:20万円〜 血統や見た目の良さ、人気カラー、レアカラーなどの条件により60万円以上になることも• 平均寿命:10〜16歳 チワワは大変寒さや暑さに弱い犬種になるので、室内の気温管理が大切になります。 また手足が細く、関節を痛めたり骨折をしやすいので、活発に動きたがるチワワですが、ケガをさせないように注意しましょう。 チワワの丸い頭(アップルドーム)はかわいさの特徴でもありますが、先天的に水頭症を持っていることが多いと言われます。 軽度の水頭症は全く症状がなく、知らずに犬生を全うすることもありますが、何かおかしいと思った時には、早めに獣医さんに相談するようにしましょう。 チワワの性格・気質• 好奇心旺盛• 負けず嫌い• 怖がり• 甘えん坊• 献身的• マイペース チワワは大変賢く、教えたことは比較的すぐに覚えてしまいます。 また長く一緒に生活していると、家族の性格を把握し始め、相手によって態度を変えたり、どう甘えたら遊んでもらえたり、おやつをもらえたりするかを学習します。 知らない人にはオーバーなほど警戒心を見せることがありますが、一度心を開いた人間には真っ直ぐに深い愛情を向けてくれます。 チワワは臆病で攻撃的と言われることがありますが、飼い主さん次第で臆病さはいくらでもカバーができます。 つい繊細な見かけから守ってあげたくなりますが、過保護にしすぎたり甘やかしすぎたりしないことで、フレンドリーで愛されチワワに成長してくれます。 チワワの毛色について チワワはカラーバリエーションが豊富な犬です。 単色もあれば、いくつかの色が混ざったものもあり、そのパターンも犬によって違うのが面白いですよね。 そんなチワワのカラーには、とてもレアなカラーというものがいくつかあります。 レアカラーの中でもイザベラというカラーがとても人気です。 チワワのレアカラーとはどういうもので、レアカラーのチワワはどんなところに注意しなければならないのか、考えてみましょう。 ブルー• ブリンドル• イザベラ• マール(ジャパンケネルクラブで認められていないカラー) チワワの中には、よく見かけるクリームやブラックなどの他にも、あまり見かけないレアカラーのチワワがいます。 レアカラーには、 マール、ブルー、グレー、イザベラなどがあります。 マールはまだら模様になっているカラーです。 マールの中でもブルーマールが特に人気です。 青みがかった灰色のブルーやグレーも珍しいカラーです。 珍しいカラーのチワワは人気もあり、入手も困難ですが、手に入ったときの嬉しさは計り知れないものがあります。 しかしレアカラーのチワワには注意しなければならないことがあるということを頭に入れておきましょう。 イザベラってどんなカラー イザベラというカラーはチョコレートが色あせたような色です。 ブラウン系、アイボリー系のイザベラがよく見られます。 イザベラと言うカラーはチワワ独特なものではなく、他の犬種にも見られますが、チワワはその小ささときれいな色とのコントラストがよくマットして、まるで動くぬいぐるみのような愛らしさです。 ペットショップでも人気があり、すぐに売れてしまうので目にすることも稀です。 チワワのイザベラは両親ともイザベラであれば、ほぼ確実にイザベラが生まれますが、稀に両親ともイザベラでなくても生まれる場合があります。 イザベラのチワワ、注意することは? イザベラのチワワは、本当にきれいで可愛いので、ペットショップで見かけたらすぐに欲しくなってしまうかもわかりません。 しかしイザベラを含むレアカラーのチワワには注意しなければならないことがあります。

次の

チワワの飼い方・性格・毛色・しつけ・散歩・寿命・価格

チワワ ブルー マール

人気の犬種チワワ もう13年前になりますが、某CMで一躍有名になった白色のチワワ、『くぅ~ちゃん』覚えていますか? あのCMによって、日本でメキシコ原産のチワワがヒットしブームとなりましたが、ブームが去った現在も、チワワは人気の犬種です。 その後もTVで活躍したビションフリーゼやサモエド、Mシュナウザーに負けずに、人気犬種の座をキープしてますからその魅力は驚異的です。 現在、ペットショップで販売されているのも、トリミングサロンへ通うのも、動物病院にかかるのも、チワワがとても多いです。 チワワを飼ってるおうちは、2頭以上の多頭飼いされていることもよくあるそうです。 トリマーの私が人気犬種を考えるとき、いつも気になることがあります。 そもそも犬種にブームが起こること自体、少しおかしい話だなぁという想いは置いておいて、、、人気犬種を飼う方でその犬種の特性や習性を知らずに「みんな飼ってるから」と安易にペットに迎え入れてしまうことです。 はっきり言って、チワワの飼育は簡単ではないと思います。 チワワの飼育の一番の壁は、基本的な性格を作り上げる社会化期が短いこと。 犬の中でも仔犬の成長速度が速く、犬の性格の中に人間社会に適応する為の準備をする期間も短かく、その短い期間で上手に慣れてもらわなければならないことがたくさんあります。 音、車、人に触られること・・・人間の社会で違う動物が生活しようというのですから、その大変さは人間の子供以上です。 そのプロセスが上手くいかなかった場合「問題犬」となってしまいます。 人間でいうと、アダルトチルドレンのようなものかもしれません。 本来怖れる必要のないものを怖れ、身を守ろうとします。 犬の場合は咬む、暴れる、過度に吠える、心を安心させる為の粗相など様々な問題行動となります。 チワワは自分の体が小さい事もあり、余計に怖れるものが多くなります。 チワワの仔犬を迎え入れる時に必要なものは、十分な社会化期における知識と時間の余裕です。 社会化期さえ上手くアプローチができたら、最高に可愛くて最高に飼いやすくて、最高なパートナーとなってくれる犬種です。 被毛もロングコート、スムースコートがあり、カラーもバラエティに富んでいます。 今回はチワワの中でも「白」に観点を当て魅力をお伝えしていきたいと思います。 チワワの白を飼いたいと思ったら どの犬にも言える事ですが、基本は優良ブリーダーからの購入が望ましいです。 中でも犬の、チワワの社会化期に重点をおくブリーダーなら尚安心です。 白は色の退色などもそんなに考える必要もないですから、色にこだわるブリーダーを探す必要もないでしょう。 チワワには先天性の疾患、遺伝で起こりやすい病気などにも注意する必要があるので、先祖代々健康的な系統であることが重要です。 被毛の手入れは、ロングコートだと無駄毛がたくさん抜けます。 お尻の毛や耳の後ろの毛がもつれ・毛玉にもなりやすいので、定期的なブラッシングやシャンプーが必要です。 美しいさらさらの被毛をキープしたければ、シャンプーやトリートメント剤にもこだわる必要があり、ブラッシング時も保湿力の高いブラッシングスプレーを使用すると良いでしょう。 白色は被毛の痛みもわかりにくく管理しやすいと思いますが、痛むとさらさらの毛がゴワゴワになりますので気をつけてあげたいところです。 懐かしいですね! チワワが有名になった(流行った)きっかけが真っ白いチワワのくぅちゃんのCMなんですよね。 ウルウルした目がめちゃくちゃ可愛かったのを覚えています。 チワワを見かける事が増えましたし、あの時期は真っ白いロングコートのチワワをよく見かけました!今はブラックタンやブルーマールやフォーンなどいろいろなカラーのチワワを見かけるようになりましたが、チワワに人気が出てから今でもトップ3に入るほどの人気がありますね。 2頭飼いの方が多いのかな?たまに4. 5頭をペットカートに連れてお散歩される方を見かけましたが、チワワが好きな方はまたチワワを飼う人って多いのかもしれませんね。 チワワを飼うにあたり、可愛いし小さいしそんなにお散歩も必要ないし飼いやすそう!と思う人や、進めるペットショップの店員さんも多いと思います。 お部屋の中で1時間くらい遊ばせてあげるだけで十分ですよ〜とは結構聞きますが、チワワも散歩は必要です。 社会科期が不十分だったり躾が出来ていないと吠えるし噛むようになる子もいます。 チワワの性格にもよりますが、噛むようになるチワワは多いんですよね〜。 小さくても噛まれると痛いですし吠えるとうるさいです。 なので思ってたのと違ったから、と手放す人がいるんですよね。 愛犬の場合は社会化が上手く軌道に乗ったのでとても育てやすい子に成長しました。 しかし、前に飼育していたチワワのオスは社会化教育を上手く行えずに、どちらかというと飼育しにくいワンちゃんに育ってしまいました。 先代のチワワと現在の愛犬を比較すると先代のチワワは性別がオスで縄張り意識が強く性格も活発で躾が中々思うようにいきませんでした。 しかし、現在の愛犬は性別がメスでおっとりしており、ペットショップの方である程度の躾はしてもらえていたらしく、改めて覚えさせた事といえば、ハウスぐらいと手のかからない子でした。 したがって、育てやすさはワンちゃんの性別や性格に左右されます。 オスよりはメスの方が育てやすいので、気難しい性格のチワワを初めて飼育するのであればメスのチワワからスタートを切りましょう。

次の

チワワの人気は毛色で決まる? チワワの人気カラーを見てみよう|みんなのペットライフ

チワワ ブルー マール

レアカラーって? 今やたくさんの毛色がわんちゃんにありますが、レアカラーとはあまり見かけない毛色の事で、犬種にもよりますがブルーや茶色やマール等、色素が薄い毛色が特徴です。 我が家のワンコはロングコートチワワの「イザベラタン」の毛色です。 この毛色はチワワのレアカラーということになります。 茶色にしては薄い毛色で光が当たるとブルーの毛色に見える時もあり、毛が細くサラサラで歩く度にフワフワと揺れる毛は本当に綺麗だと思いますし、レアカラーにしか味わえない毛色で人気なのがわかります。 でも、私はチワワ飼う時にはブラックのチワワを探していました。 レアカラーのわんちゃんは体が弱い と聞いた事のある飼い主さんも多いのではないでしょうか? 実際に私もその一人で初めて飼うチワワだったので、絶対ブラックで健康な子! と思っていました。 これは、ひょんな事から愛犬になったイザベラタンのチワワさんと心配性な飼い主とのお話です。 掛け合わせで産まれる毛色はだいたい決まっていますが、新しい毛色が希に産まれる場合があります。 我が家のワンコさんは6人兄弟でしたが、イザベラタンは1匹だけだったそうです。 チワワ、トイプードル、ダックス等は薄い毛色同士の掛け合わせや、ブルーマール同士の掛け合わせ等、注意しなくてはいけない掛け合わせが存在します。 それを守らずにレアカラーを産ませようとしているので、色素の薄いわんちゃん同士を繁殖させたり、一般の家庭でも望まぬ妊娠で色素欠乏症のわんちゃんが産まれる危険性があります。 レアカラーのわんちゃんを迎える為に レアカラーのわんちゃんを見つけてすぐに飼うのはやめましょう。 レアカラーのわんちゃんでなくても命ある生き物なので、事前に勉強して信頼のできるブリーダーさんやペットショップに通って健康状態や両親の毛色を調べましょう。 ブリーダーさんなら母犬を見せてくれる所もありますし、母犬に体型が似る子が多いので、母犬を見れば大きくなった時のイメージがつきやすいと思います。 よくペットショップでは「珍しい毛色で小さいのでとても人気です」と勧めてこられますが、2ヶ月弱の子犬が売り場に出ているという事は、いつ母犬から離れたのでしょうか? また「ワクチンを打ってるので健康です」と言いますが、生後90日までは母犬からの母乳で免疫力をつけて兄弟と犬社会を学ぶのが望ましい事です。 店側の言うことをそのまま鵜呑みにして、勉強不足のままわんちゃんを飼うのはとても危険です。 わんちゃんの悲しいニュースが多い時代ですし、いいブリーダーさんがいるのも確かですが、レアカラーのわんちゃんだけではなく、よく見かける毛色のわんちゃんでも不安要素がある事を忘れないで下さい。 我が家のチワワは? うちの子は、ブリーダーさんにいた頃に「ささみしか食べなくなり 贅沢病 低血糖になりかけた」と聞いていたので心配していましたが、何でも食べるチワワさんで、7歳になりましたが特に大きな病気もしていませんし血液検査も異常なしです。 気になる所• 目の色素が薄い 目の色が薄いので日差しが直接当たらないように注意して、目薬でのケアは毎日します。 毛が少ない チワワは7歳で毛が完成形になると言いますが、少し少なく思います。 なので全体のカットはあまりしません。 部分カットで整える程です。 皮膚が薄い 皮膚が柔らかく薄いので、紫外線の予防の為にサマーカットはしません。 ブラシは何種類か使用していますが、肌に直接触れるものは竹ピンのブラシを使って肉球も皮膚が薄いので毎日ケアしています。 レアカラーでの悩みは他にはあまり思いつきませんし、健康な子だと思っていますが以前はアレルギーじゃないか、膝は大丈夫か?と心配ばかりで、ほんの数ヶ月前までは我が家のワンコは身体の弱い子と思っていました。 アレルギーのフードはたくさん試し病院にも行きました。 そんな時、「こんなんでアレルギーなんて本当のアレルギーの子に失礼やで!お母さんが子供を病気にさせたらあかん!」と叱咤激励して下さった獣医さんがおられました。 レアカラーは身体が弱いとの先入観ばかりで、健康な我が家のワンコに悪いことをしたと反省しました。

次の