メルカリ 評価 期限。 メルカリの振込申請の方法を紹介:期限やキャンセル方法も

ヤフオクで支払い期限切れになったら取引や評価はどうなる?落札者の削除も?

メルカリ 評価 期限

メルカリで購入後あるいは出品後に取引をキャンセルする方法を解説します。 相手に伝えることなく取引をキャンセルしてしまうと、相手にも失礼になるほか、メルカリ側からペナルティが課せられる可能性があるため、注意しましょう。 購入者がキャンセルするには? まずは、購入者からキャンセルする方法を解説します。 条件を満たせばキャンセル可能 梱包が不完全で、配送中に破損や傷がついた場合、双方の同意のもとキャンセルが可能です。 基本的に、配送中に起こったトラブルは出品者が責任を負います。 お互いの同意が得られれば、状況に応じたキャンセル依頼が可能です。 重要な点は、「購入者と出品者がキャンセルに同意している」という点になります。 キャンセルボタンで依頼する場合 メルカリにはトラブル防止のため、発送期間があります。 発送期間を過ぎても出品者が発送をしない場合、購入者は取引画面の下部に表示される「キャンセルボタン」からキャンセルの依頼が可能です。 キャンセルボタンは自動的に表示されますが、押す前に相手にメッセージを送りましょう。 お問い合わせフォームで依頼する場合 商品は届いたが、何らかの不備がある場合は「お問い合わせフォーム」キャンセルが以来可能です。 WEB版には対応していないため、スマートフォンのアプリ内から行う必要があります。 これで、事務局に取引のキャンセルを依頼することができます。 自分が当てはまる項目と、トラブルの詳細を入力して送信しましょう。 返金の流れ 返金の流れの解説です。 メルカリには6つの決済方法があるため、順番に返金の流れを解説していきます。 まずは、クレジット決済です。 クレジット決済はほかの決済方法よりも返金の流れが単純です。 キャンセルの依頼が承認されれば、該当の決済項目そのものが取り消しになります。 次に、コンビニ決済とATM決済、売上金での決済を選んだ場合です。 売上金を購入代金として支払った場合、キャンセルが承認されればそのまま売上金に戻ります。 コンビニ決済とATM決済も同様に、手数料を含めた金額を売上金が戻ってきます。 支払い前の場合 トラブルを避けるため、キャンセルすると決まったら早急に相手に連絡することが必要です。 相手の同意が得られれば、購入者は購入代金を支払わずにキャンセルができます。 出品者側でもキャンセルの依頼をしなければならないため、お互いに確認しておかなくてはなりません。 出品者からキャンセルするには? 次に、出品者からキャンセル依頼を出す方法を解説します。 支払いがないときは可能 3日以内に購入者から支払いがないと、出品者側でキャンセルの依頼が可能です。 上述の「支払い前の場合」の出品者側のキャンセル依頼がこれに該当します。 すでにお互いがキャンセルする方向で話がまとまっていれば、そのままキャンセルが可能です。 同意を得ていない場合は、まず購入者に購入代金の支払いについて連絡してみましょう。 ただ単に支払うことを忘れてる購入者は、そのメッセージで支払いをしてくれる可能性があります。 連絡をしても一向に返事がないなら、キャンセル手続きを進めて問題ありません。 双方合意があればその他の場合も可能 商品に問題がなくても双方の合意があれば、キャンセルが可能です。 基本的に、購入者または出品者からキャンセルを出すことになります。 購入者からキャンセルする場合は、支払い期限の3日以内を超過した時点で、出品者からキャンセルする場合は、発送期限の3日以内を超過した時点でキャンセル依頼が可能です。 取り置き後に連絡がない場合は? メルカリでは、ユーザー間で取り置きをするケースがあります。 取り置きしていたが、連絡がない場合はどうしたらよいのかを解説します。 事前連絡後、再出品 まずは、取り置きをしている相手に連絡をしましょう。 「〇日までに連絡がない場合は再出品する」と旨を伝えておきます。 その期間を過ぎたら再出品です。 取り置きについての規約はメルカリにはないため、規約通りに言えば、黙って再出品しても問題ありません。 しかし、トラブルに発展する可能性もあります。 トラブルを防ぐために、再出品前に連絡しておきましょう。 取り置き前に約束しておくのがベスト 取り置きをする上で、安全なのは取り置き前に期日を指定しておくことです。 そうすれば、相手と連絡が取れなくなったとしても、事前の取り決めがあるため、スムーズに再出品ができます。 キャンセルによるペナルティは? キャンセルをした場合の、ペナルティについて解説します。 ペナルティがある場合とない場合があるため、きちんと確認しておきましょう 評価には影響しない キャンセルをしても悪い評価はつきません。 しかし、キャンセルを繰り返したり、その内容が悪質だと判断された場合は事務局からペナルティがあります。 評価には影響しませんが、「基本的にキャンセルはしない」と考えておくことが大切です。 悪質な場合は通報できる、 メルカリはキャンセルして通報することが可能です。 通報内容が悪質であると判断した場合は、一定期間の利用停止または退会処分になる可能性があります。 通報はアプリのメニューから「お問い合わせ」を選択し、「キャンセルで悪質なケースについて通報」から行えます。 その際、事務局側が状況を細かく把握できるように画像などを添えておくと良いでしょう。 事務局からペナルティがあるケースも 上述したように、ペナルティは軽くて利用制限、重い場合は退会処分です。 他人の商品画像をそのまま流用したり、転売目的でメルカリを利用していることが発覚するとペナルティを受けます。 利用する前にメルカリのルールやマナーを覚えておくことが大切です。 まとめ メルカリのキャンセルは「事務局への問い合わせ」または、自動的に表示される「キャンセルボタン」から可能です。 トラブルを避けるためにも、なぜキャンセルしたいのかをメッセージで説明しましょう。 また、キャンセルを繰り返すと利用停止等の罰則が課される可能性があります。

次の

メルカリポイントの貯め方や使い方は?換金することはできる?

メルカリ 評価 期限

メルカリでは状況によって返金に応じる必要がでてくる メルカリに出品した商品が無事に購入されて、支払い、発送という手順が踏まれたら、後は購入者の受取評価を待つのみです。 でも、もし届いた商品に問題があったら、受取評価はされません。 購入者からクレームや問い合わせがくるので、場合によっては返品・返金に応じることになります。 出品者の立場で見たとき、どういった場合に返金をするのでしょうか。 ここでのポイントは、出品者と購入者のどちらに非があるのか?という点です。 たとえば、サイズが合わない、イメージと違う、やっぱり必要なくなったという具合に購入者の都合による場合には、応じる必要はないと思います。 サイズに関しては、気になるようならば購入前に出品者に質問をすればいいからです。 ただし色については、実物と写真がかなり違ってしまうと、出品者が悪いということになる可能性は高いです。 なので、写真撮影は慎重に行った上で、写真だけではなくて文章でも説明しておきましょう。 一方、商品説明にも書いてないし、写真も撮っていないような傷や汚れがあったり、動作確認済みなのに動かないといったことは出品者の方に非があることになります。 このときには、返品を受付けて返金をする必要があります。 返金手続きの方法 購入者が受取評価をする前で、出品者との話し合いをした上で合意ができていれば、返金手続きは以下のようになります。 購入者が出品者に商品を返送 2. 出品者が受け取り、購入者へ受け取った旨をコメントで連絡 3. 両者が確認(購入者も「コメントありがとうございます」などした方がいい) 4. メルカリ事務局に問い合わせる(問い合わせフォームから) 5. メルカリ事務局が内容確認 6. メルカリ事務局が購入者への返金手続きをする これについては「」の記事で書いていますが、注意点はもう一度確認しておきましょう。 購入者が出品者に返品をするときには、送料着払いで送ります。 到着したことがちゃんとわかるように、荷物の追跡ができる方法を選びます。 郵便局の場合はゆうパック、ゆうパケット、ゆうメール、ヤマト運輸の 場合は宅急便、宅急便コンパクトで着払いが使えます。 これと同じ手続きは、購入者が受取評価をしたけれど、出品者が評価をしていない場合(つまり、出品者の評価待ち)も同じようになります。 ポイントでの返金とは?ポイントの有効期限はどうなる? もし支払いにメルカリポイントを使っていたら、そのポイントがどうなるのか気になるところです。 有効期限が切れていない場合には、そのままポイントとして戻されるので、次の購入時に使うことができます。 万が一、有効期限が切れてしまっても、取引がキャンセルされた日から5日間有効期限が延長された形でポイントが戻ってきます。 逆に考えると、キャンセルの後で5日以内にポイントを使わないと期限切れになってしまうということなので、注意が必要です。 受け取り評価後に返金をしたい場合は? これまでは、購入者の受取評価の前の話でしたが、両者が評価をして取引が終わった状態での返金はどうなのでしょうか。 通常は、取引が終わった時点での返金はできないことになっています。 購入者の受取評価は「商品が届いて確認しました。 問題ありません」という意味合いだからです。 そのため、受取評価の前には商品をしっかり確認するのが購入者の大切な作業になってくるわけです。 受取評価については、こういったことが大前提にはなってくるのですが、たとえば、後になって偽物だったことがわかったり、すぐに動かなくなってしまったということもあるかもしれません。 そのときには、メルカリ事務局に連絡をしましょう。 事務局がどういった対応をしてくれるのかはケースバイケースになりますが、やむを得ない場合には返金をしてもらえることもあります。 もちろん、必ず事務局が対応してくれて返金されるわけではありません。 状況を確認した上で対応を検討するということになってきます。 その結果、事務局が何らかの対応をしてくれるのであれば、指示に従うのが一番安全でルールに則した方法になります。 口座に振り込んでもらうのはアリ? ネット上で返金について見てみると、購入者の銀行口座などを聞いて、そこに振り込むことで返金をするという情報があります。 でも、こういったやり取りは、トラブルのモトになる可能性もあるので、絶対にしてはいけません。 この流れはヤフオク! ではありがちなのですが、代金支払いに相手の銀行口座に振り込むこともできるので、メルカリとヤフオク! における支払いシステムの違いが根底にあるのかもしれません。 ヤフオク! を利用していたユーザーが、メルカリも使うようになれば、金融機関の口座にお金を振り込んだり、振り込まれたりすることにはあまり抵抗がない可能性があります。 それに手間を考えても、直接振り込んだ方が早いので、お互いに了承した上でやり取りをしているのではないでしょうか。 でも、上記にあるように、もともと銀行振込というシステムを設けていないメルカリにおいては、そういった取引はNGといえます。 万が一、大きなトラブルになってもメルカリ事務局は一切フォローしてくれないはずなので、正式な手続きをしてメルカリ事務局が介入した状態で返金手続きをするのが、自分のためにも最もいい方法といえます。 メルカリで出品者に返金用ページを作ってほしいと言われたら? もうひとつの返金方法として、メルカリに返金用として出品するというやり方もあります。 1,000円で買った商品代金の返金をする場合には、購入者が1,111円で出品をして、出品者が購入するというやり方です。 メルカリでは手数料が10%かかるので、その分が上乗せされた金額になっているわけですが、金額が大きいと手数料の額も大きくなって、出品者の負担もかなりの金額になります。 そういった点でトラブルを招くこともあるので、返金用の出品はしてはいけません。 返金のトラブルは、お金が直に関係してくるので、大きなトラブルになりかねません。 出品者と購入者の間で円満に話し合いができて、正式な手続きを踏んで返金すればいいのですが、先ほどのようにメルカリ事務局が介入しない方法は非常に危険です。 埒(らち)が明かないときには、メルカリ事務局に相談すれば、たとえ時間がかかったとしても安全に事が進むはずです。 繰り返しになりますが、トラブルのときにはメルカリ事務局に問い合わせて指示を待つ。 それが自分を守るためにも一番の方法なのです。

次の

メルカリの受け取り評価はいつまで?購入者が評価をしなかったら出品者への売上金はどうなるの?

メルカリ 評価 期限

フリマアプリ「メルカリ」では、ごく稀にメルカリの事務局より「無期限利用制限」の通知を受ける場合があります。 もちろん、メルカリのルールや規範に則った使い方をしている場合は、そのような通知を受けることはありません。 しかし、規約に大きく違反した場合や、小さな違反でも繰り返し行うことで「無期限利用制限」の通知を受けることがあります。 一度「無期限利用制限」の通知を受けてしまうと、再度メルカリを利用することは難しくなります。 決められたルールをきちんと理解した上で、正しくメルカリを利用するようにしましょう。 「無期限利用制限」の通知を受けた際、メルカリの事務局側へ謝罪や反省の言葉を送ることも出来ます。 再度のメルカリ利用は難しいとしても、謝罪の気持ちを伝えることは大切です。 どのような内容を書けば良いのか分からない場合は、このページの情報を参考にしてみてください。 無期限利用制限についての謝罪 お世話になっております。 先日、メルカリの事務局様よりメルカリの「無期限利用制限」の通知をいただきました。 メルカリを利用させていただく中で、こちらの手違いにより、何度か無在庫の商品を出品してしまっておりました。 購入者様にはお支払いをしていただいたにも関わらず、商品をお届けできない事態になり、キャンセル申請のお手間を取らせてしまいました。 また、利用規約を一部把握しきれておらず、著作権の侵害にあたる商品があったこともお詫び申し上げます。 一度、無期限の利用制限を受けた場合、再度メルカリを利用することは難しいと承知しております。 しかしながら、お詫びをしないままではいられず、ご連絡をさせていただいた次第です。 この度は、誠に申し訳ございませんでした。 ここでの「謝罪」というのは「誰かに金銭的または致命的な損害を与えた場合」におけるお詫びの文面とします。 メルカリのルールを守った出品をしていれば、無期限利用制限などの通知を受けることはありません。 また、無期限利用制限の通知を受ける際には、事務局側から通知に至った理由の説明があります。 身に覚えのない理由でない限り、通知の内容を真摯に受け止め、謝罪文を送付するなどすると良いでしょう。 ただし、一度無期限の利用停止になると、再度メルカリを利用することは困難です。 金銭的、致命的な損害を与えるような出品は、例えば、「盗品の出品」「偽ブランド品の出品」「著作権や商標権の侵害をしている出品」などが挙げられます。 商品が盗難品であることを知りながら出品をする行為はもちろん、盗品だと知らなかった場合でも利用規約の侵害にあたってしまいます。 出品されている商品が盗品であると確認された場合や、盗難にあった被害者または公共機関から連絡があった場合は、状況によっては外部捜査機関への通報などの対応がされる場合もあります。 出品する商品について、自分で入手したものではない場合は、くれぐれもトラブルに巻き込まれないよう注意することが必要です。 メルカリの事務局へ謝罪文を送付する際は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。 他者を巻き込む不手際があった場合の例文 無期限利用制限についてのお詫び いつもお世話になっております。 先日、メルカリの事務局様より「無期限利用制限」を通知されました。 通知理由を確認したところ、プロフィール欄に一部、外部サイトへの誘導と取られるような記述をしている箇所があり、利用規約に違反しておりました。 深くお詫び申し上げます。 今後は利用規約に反することのないよう、努めて参ります。 「無期限」の利用制限ということで、制限が解除されるのは難しいこととわかっておりますが、ご迷惑をおかけした反省をお伝えしたく、ご連絡をさせていただきました。 この度は、本当に申し訳ありませんでした。 「直接の金銭的な損害はないが、他者を巻き込む不手際や不作法があった場合」におけるお詫びの文面です。 メルカリのルールを守った出品をしていれば、無期限利用制限などの通知を受けることはありません。 また、無期限利用制限の通知を受ける際には、事務局側から通知に至った理由の説明があります。 身に覚えのない理由でない限り、通知の内容を真摯に受け止め、反省文を送付するなどすると良いでしょう。 ただし、一度無期限の利用停止になると、再度メルカリを利用することは困難です。 金銭的な損害はなくとも、メルカリで禁止とされている行為を何度も繰り返している場合などは、無期限利用制限の通知を受ける場合もあります。 メルカリで禁止とされている事項としては、「商品ページやプロフィール欄からの外部サイトへの誘導」「短時間での大量出品」「児童ポルノなどに抵触する商品の出品」「複数アカウントの不正所持」などが挙げられます。 メルカリの事務局へ反省文を送付する際は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。 手違いによる制限時の問い合わせ例文 お世話になっております、メルカリをいつも楽しく利用させていただいております。 先日、メルカリの事務局様よりメルカリの「無期限利用制限」の通知をいただいたのですが、全く身に覚えがなくお問合せをさせていただきました。 商品ページを見ていただければ、おわかりいただけるかと思うのですが、評価一覧を見ても「良い」の評価が8割以上です。 もしかしたら、一部「悪い」の評価をつけた方々がメルカリの事務局様になにかの通報をされたのかもしれません。 念のため、こちらでもメルカリのガイドから禁止事項などを再確認しましたが、特に禁止項目に抵触している事実はありません。 事務局様側で「無期限利用制限」についてもう一度、正しい判断であるかどうかのご確認をいただきたく存じます。 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 ごく稀にメルカリの事務局側のなんらかの勘違いが原因で無期限利用制限の通知を受ける場合があります。 その場合は、速やかに覚えがないことを事務局側に連絡するようにしましょう。 無期限利用制限の通知を受けた後、90日を過ぎてしまうと売上金などは受け取れなくなる仕組みになっています。 それよりも前に事務局へ連絡をするようにしましょう。 メルカリの事務局への問い合わせは、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。

次の