中村 麻美 丸紅。 デビュー初月売上3500万円、インフルエンサー中村麻美が手掛けるECブランド「カシェック」が好調

麻美乃絵

中村 麻美 丸紅

2 のチーク ローズピンクの大人っぽい色味がお気に入りです。 3 のアイシャドウ ラメ感、色味が綺麗で使いやすいです。 5 のファンデーション 薄くつけても抜群のカバー力。 6 リアルラスティングアイライナー ブラウンブラックという色を使っています。 漆黒でもなく茶色でもなく、ちょうどいい濃さで描きやすい!5本目くらいです。 7 エレガンスのマスカラ下地 カールのキープ力抜群!これを塗れば一日まつげが下がらずキープできます。 8 のマスカラ ダマになりにくく、ルで綺麗な仕上がりになります。 そして落ちない! 9 のビューラー 目の形に合っていて使いやすいです。 10 DHCのリップクリーム 保湿力抜群です! 11 のコンシーラー ファンデーションと同じく、少量で抜群のカバー力です。 12 のリップ 肌馴染みの良いコーラルピンクです。 濃すぎず薄すぎず、ちょうどいい色味がお気に入りです。 13 RMKのリップ 少し赤みをプラスしたいときにリップに重ねています。 ベタつかず、ぷるんとした仕上がりに。 ライチ. ミドト:. リリーオブザバレー ラストノート:アンバー.

次の

Sサイズ・童顔の大人気読者が実践中!「大人っぽく見せるオシャレ」の5大法則【中村麻美さん154㎝】

中村 麻美 丸紅

「光明皇后 千人のからだを洗う誓い」 聖武天皇のお后の光明皇后は信仰にあつく、大変なさけ深い方でした。 730年(天平2年)、貧しい病人たちのために施薬院という病院を、孤児や身寄りのない老人たちのために悲田院という施設をつくり、自分から出かけていってお世話をなさいました。 ある日、皇后が仏さまに祈っていますと、不思議な声が聞こえました。 「人々のために功徳風呂を造り、千人のからだを洗いなさい」その声をおつげと思った皇后は大きな蒸し風呂を造りました。 身分の区別なく誰でも入れるこの風呂にたくさんの人々が集まりました。 おつきのものたちはとめましたが、皇后はききいれず、風呂場に入り、人々のからだを丁寧に洗われました。 やがてその数が999人になり、最後に入ってきたのは、病気でからだじゅうが膿んでいる老人でした。 皇后はやさしく手をかけ、背中を洗いはじめました。 すると老人がいいました。 「このからだの膿みを吸い取って下さる方があったら、必ず病気は治ると医者がいいます。 皇后さまにおすがりしようとやってまいりました」 さすがの皇后もこれには驚きました。 しかし何事も仏のおぼしめしと心にきめ、「病気を治せるなら喜んでいたしましょう」とおっしゃると、うみを吸いとってやりました。 すると、どうでしょう。 老人の体はまばゆい金色の光に包まれた仏の姿に変わり、天に昇っていったということです。 尼子十勇士筆頭、山中鹿之助幸盛(1545~1578)の逸話です。 永禄8年(1565)、毛利の大軍が尼子氏の本拠地月山城を包囲して半年、鹿之助は山の端にかかる三日月に祈りました。 「三日月よ、我に七難八苦を与えたまえ」。 幼い頃から弓馬や軍法を学んだ鹿之助は、初陣で勇名をとどろかせ、三日月の前立て、鹿の角の脇立ての兜を着用して戦場を疾駆、その豪勇ぶりで敵兵を震え上がらせていました。 しかし鹿之助一人がいかに強くとも、追い詰められた尼子氏の勢いを盛り返すことは難しく、鹿之助には苦難の道が待っていました。 永禄九年、月山城は落城、その後十年間、孤軍奮闘の鹿之助はただ一筋に主家の再興を願い、あらゆる手段で毛利との抗争を繰り広げました。 あるときは明智光秀に近づき、あるときは織田信長の兵を借り、一度などは、海賊将軍奈佐日本之助の力を借り、隠岐へ渡り、領主佐々木為清の兵を併せて出雲に侵入、毛利方の城十五カ所を手中にしたこともありました。 しかし、天正六年五月、主君尼子勝久が切腹するにおよび、ついに鹿之助の夢は潰えました。 島根県安来市の月山富田城跡には、あえて試練の道を選び、辛苦に耐え、主家への忠義を貫いた山中鹿之助の銅像や供養塔があり、その武勇を今に伝えています。 歴史のことは 人生のこと こころのこと 様々な時代の歴史の名場面には、人生を心豊かに生きるための 重要な手がかりがたくされています。 今こそ、こうしたお話に触れ人間や人生というものに対する深い信頼や希望、 逆境に負けないたくましい信念を育んでいくことが、何より大切なのではないでしょうか。 著書:絵本 『伝えたい日本の心』 大型本:96ページ/出版社:ベースボール・マガジン社/価格: 2970円 心洗われるお話、志熱くするお話、希望を見い出すお話など、いつの世にも語り伝えたい日本の歴史ものがたりを紹介する絵本 2020秋、ドイツ語版も刊行!真の国際人に必要な教育書として、日独協会で高くご評価いただきました。 ご家族で、親子三代四代でお楽しみください。

次の

デビュー初月売上3500万円、インフルエンサー中村麻美が手掛けるECブランド「カシェック」が好調

中村 麻美 丸紅

中村は1995年埼玉県出身。 青山学院大学在学中に「ミス青山コンテスト2015」に出場しファイナリストに選ばれたことを機に、インフルエンサーとしての活動をスタートした。 ジャパンイマジネーションが今年4月に開催した新ブランドの開発企画コンテスト「」では、インスタグラムで約13万人のフォロワーを抱える訴求力や企画力、小柄な身長を活かしたスタイリング力などが評価されグランプリを獲得。 今年7月には勤めていた大手商社を退社し、9月26日にカシェックをローンチした。 カシェックでは20代前半から30代女性をメインターゲットに、ニュアンスカラーを取り入れたフェミニンな印象のアイテムを製作している。 デビューにあたりブランドのインスタグラムアカウントを9月2日に開設したところ、1日でフォロワー数が1. 5万人を突破。 全16型のファーストコレクションは販売開始直後から完売商品が相次いだ。 好調の要因について中村は「以前から自身のインスタグラムでファッションコーディネートを頻繁に載せていたこともあり、普段から投稿を見ているフォロワーの方たちがブランドにも興味を持ってくれた。 外国人モデルを起用したルックだけではなく、自分自身が日常の中でアイテムを着用している写真を投稿することで、リアルな着こなしを伝えられているのでは」と話した。

次の