七夕 飾り 種類。 七夕の笹飾りの由来は?七夕飾りと五色の短冊の意味

七夕飾りの種類と意味!七つの願いを込める『七つ飾り』って何?

七夕 飾り 種類

もくじ• 七夕飾りの由来は? 七夕はもともと中国から奈良時代に伝わったといわれいます。 そして江戸時代になり、庶民の人も短冊などを飾るようになりました。 すると飾りを作る職人さんが登場し形や色がカラフルに華やかになっていきました。 それぞれ願いを込めた意味があります。 七夕飾りの種類ごとの意味や わかりやすい作り方の動画も一緒にご紹介しますよ! 短冊の意味 短冊は七夕の歌にも出てくるように定番ですね。 短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代からで、元々は学問の向上や、字の上達を願って飾られました。 七夕飾りでは一番上に飾ります。 ずっと一緒にいられますように。 というロマンチックな意味が込められています。 一緒にいられますようになんて素敵ですね!.

次の

折り紙を使った七夕飾りの作り方!色んな種類を工作しよう!

七夕 飾り 種類

もくじ• 七夕飾りの由来は? 七夕はもともと中国から奈良時代に伝わったといわれいます。 そして江戸時代になり、庶民の人も短冊などを飾るようになりました。 すると飾りを作る職人さんが登場し形や色がカラフルに華やかになっていきました。 それぞれ願いを込めた意味があります。 七夕飾りの種類ごとの意味や わかりやすい作り方の動画も一緒にご紹介しますよ! 短冊の意味 短冊は七夕の歌にも出てくるように定番ですね。 短冊に願い事を書くようになったのは江戸時代からで、元々は学問の向上や、字の上達を願って飾られました。 七夕飾りでは一番上に飾ります。 ずっと一緒にいられますように。 というロマンチックな意味が込められています。 一緒にいられますようになんて素敵ですね!.

次の

七夕飾りの種類と意味!七つの願いを込める『七つ飾り』って何?

七夕 飾り 種類

七夕飾りの意味は?何種類? 七夕飾りの意味を調べるにあたって、まず、何種類の七夕飾りがあるのかを調べてみました。 すると、想像していた以上にたくさんありました。 その数、 なんと20種類です。 数が多いので、さっそくザザッと七夕飾りを見ていきましょう。 七夕飾り20種類の意味 七夕飾り20種類の意味を順番にご紹介しますね。 1:笹の葉• 邪気や災いを追い払って寄せ付けないように。 邪気や災いから守ってくれますように。 2:短冊• 習字や学問などが上達しますように。 五色の短冊には、願いごとや、「七夕」、「天の川」という文字を書きます。 短冊の色によって意味が変わるので、願いによって短冊の色を選ぶのが良いですね。 それぞれの色の意味は次の通りです。 青 緑 :人としての徳を積む• 赤:ご先祖様や両親へ感謝をする• 白:決まりや与えられた義務を守る• 黄:友人や知人を信頼し、大切にする• 紫 黒 :学問の成績向上 3:紙衣 かみころも・かみこ• 裁縫が上手になり、一生着るものに不自由しませんように。 子供が健康に育ちますように。 病気や災いの身代わりの意味もあるんですね。 七夕飾りでは、一番上に飾ります。 昔は、母親に教えてもらいながら布で作っていたそうです。 4:織姫と彦星• 織姫と彦星のように、末永く一緒に、仲良くいられますように。 5:巾着 きんちゃく• お金が貯まりますように。 商売が繁盛しますように。 昔は、巾着が財布として使われていたところからきています。 本物の巾着を飾って紐をしっかりと結ぶ、と節約を心掛けるようになるともいわれています。 6:投網 とあみ ・ねじり網・網飾り• 大漁になりますように。 食べ物に困りませんように。 大漁を願うとともに、海の幸をいただけることへの感謝の意味もあります。 7:吹き流し ふきながし• 裁縫や機織りが上手になりますように。 織姫の機織りの糸を表現しています。 五色の吹き流しを飾ると、魔よけの意味にもなります。 8:貝飾り• 海の幸をたくさんいただけますように。 大漁になりますように。 昔は、魚が貴重な栄養源でした。 投網 とあみ とよく似た願いですね。 9:提灯(ちょうちん)• 神様やご先祖様に、自分たちの場所を知ってもらえますように。 心を照らしてくれますように。 10:屑籠(くずかご)• 整理整頓ができますように。 物を大切にし、節約の心を養えますように。 七夕飾りの屑籠(くずかご)には、七夕飾りを作る時に出た紙屑を入れておきます。 11:折り鶴 千羽鶴• 家族が健康で長生きできますように。 昔は、家庭でも七夕飾りをしていました。 その頃には、家族の中の年長者の年齢にあわせて、折り鶴の数を決めていました。 家庭で折り鶴を教えることで、子供は教わる心を養っていたようです。 13: 星飾り• 星に願いが届きますように。 14:菱飾り• 天の川をイメージして。 投網 とあみ や輪飾りを、天の川のイメージとしている場合もあるようです。 15:くす玉• 華やかで美しいので。 七夕飾りのくす玉は日本独特の形です。 昭和21年頃から飾られるようになりました。 中国では、魔よけの意味で、くす玉に薬草を入れます。 16:輪飾り• みんなの夢が連なって、いつまでも繋がっていきますように。 輪飾りの形のように、みんなの夢のつながりを意味しています。 17:三角つなぎ・四角つなぎ• 裁 縫が上手になりますように。 昔の七夕では、三角や四角い布を飾りに使っていたことからきています。 18:野菜• 神様やご先祖様へのお供え物として。 習い事が上達しますように。 もともとは、野菜をお供えして詩歌を楽しんでいたところから、習い事の上達を願うようになりました。 19:金魚• 大漁になりますように。 海の幸をたくさんいただけますように。 投網 とあみ や貝飾りの意味と同じですが、なぜ金魚なのか不思議です。 20:すいか• 今年も豊作になりますように。 意外な意味ですね。 でも、昔は七夕が旧暦だったことから、稲刈りの前に豊作を願ったんでしょうね。 他にも意外な七夕飾りがあるらしい?! 意外な七夕飾りがあるらしく、驚きました。 意外な七夕飾りは、次のようなものです。 アイスキャンディー• 星人形• 牛 七夕飾りも、時代に合わせてどんどん進化しているのでしょうか^^ まとめ 今回は、七夕飾りの意味や種類についてお伝えしました。 種類が多くて、一気にザザッとご紹介しました。 あなたがご存知のものは、何種類あったでしょうか。 今年は、七夕飾りを作って、 笹と星に願いを届けませんか?.

次の