マイクラ 全 自動 サトウキビ。 完成すれば完全放置!全自動サトウキビ&竹収穫機【マイクラ統合版】

【マインクラフト】全自動サトウキビ収穫機スイッチ統合版最新Ver.対応低コスト型|everyday life~Minecraft blog~

マイクラ 全 自動 サトウキビ

カタカナが多いな!! 準備が大変ですが頑張ってください 笑 個数はどれくらい大きな装置を作るかによって変わってきますので、自分で調整しながら作ってくださいね。 全自動サトウキビ収穫機作り開始 まず、このようにブロックやレールを並べます。 レールの数を増やせば増やすほど大きな装置になります。 手前にはチェストに繋がるホッパーが設置されています。 ホッパーの上にはパワードレール。 奥の方にはレッドストーンブロックの上にパワードレール、隣にはディテクターレールが設置されています。 次に、このような形にブロックを並べます。 ここには「ラッチ回路」というものが設置されます。 ラッチ回路とは、 一瞬の動力を捕らえ、常に出力状態(ON)にする回路で、ここではホッパー付きトロッコに動力を贈るために必要なものなります。 これはドロッパーで作っていきます。 ちなみにラッチ回路の説明は十分理解しなくても大丈夫。 言う通りに作れば誰でも簡単にできますのでご心配なく。 先ほどのブロックの部分にレッドストーンコンパレーターとドロッパーを設置します。 ドロッパーは上向きです。 そしてこのドロッパーの上に、 下向きのドロッパーを設置して、 アイテムがドロッパー同士を行き来できるようにします。 そうするとこうなるはず。 この階段のような形ができたら、 どちらかのドロッパーの中に何でもいいので1つだけアイテムを入れ、 一段目の階段部分からディテクターレールにレッドストーンパウダーの回路を繋げます。 レールの両端にはブロックを置いてトロッコが脱線しないようにしておいてください。 これで回収システムの部分が作れました。 ここからはサトウキビを植える部分の作成です。 レールの真上に土ブロックを並べていきます。 その隣にはサトウキビ栽培に欠かせない水を溜める水路を作ります。 何のブロックでもいいので水が溜められるようにします。 水が溜まっている場所ができたら、水を隠すように上にブロックを並べ、さらにその上にピストンを並べていきます。 そしてその上にはオブザーバーを置きます。 向きに注意してください。 オブザーバーはセンサーのようなアイテムになっていて、目の前にブロックが来ると動力を出すという働きをしてくれます。 便利な時代ですね。 その特徴を生かし、 伸びたサトウキビがオブザーバーの目の前にくるとピストンが作動しサトウキビを刈るという仕組みができています。 今度は裏側に回って回路をつなげる作業を行っていきます。 水路を隠したブロックの後ろにブロックを並べ、レッドストーンパウダーを置いていくんですが一点だけ注意。 チェストがある側の一番端には ハーフブロックを設置してください。 そこさえクリアすれば後は何のブロックでもいいので並べてください。 これで大方完成! レールの上にホッパー付きトロッコを置いて、サトウキビを土に植えて、回路を切らないように気をつけながら装置の形を綺麗に整えていくと出来上がりです。 綺麗な装置が出来上がりました!サトウキビの真上のブロックをジャックオランタンにして光源を設置したのはオリジナルアイデアです。 動作確認! それではきちんと作動するのか確認してみましょう。 サトウキビの成長をただひたすら待ちます。 だんだん伸びてきた! 一か所、オブザーバーの目の前までサトウキビが成長しました! するとシステムが作動。 その位置のみピストンが動きサトウキビを刈ります。 同時に一瞬の動力をラッチ回路が記憶し、パワードレールの動力をONにしたのでホッパー付きトロッコが動き出しました。 トロッコがアイテム化されたサトウキビを回収。 そしてディテクターレールの上を通過したときに、ONになっていたパワードレールの動力をOFFにし、元の位置に到着。 下のホッパーを経由してチェストの中にアイテムが送り込まれます。 しばらく動きを見ていましたが一度も取りこぼすことも無く回収してくれていました。 さすが回収率100パーセント!チェストの中も確認します。 入っています。 「全自動サトウキビ収穫機」作り大成功です! サトウキビ収穫機という物は多くのプレイヤーが作ってみたことでしょう。 僕もそのうちの一人でした。 しかし、 どんな仕組みの収穫機を作ってもどうしても取りこぼしが出てしまうんです。 3段目のサトウキビをピストンでアイテム化した場合、そのサトウキビはランダムに飛んで行ってしまい、うまく収穫できないという欠陥を修正することがなかなかできませんでした。 ですが範囲を絞ってホッパー付きトロッコで回収する上にラッチ回路という工夫がされているため、 この全自動サトウキビ収穫機を作ることによって100パーセント収穫が可能になりました。 これは「革命」です!永遠の課題だった収穫率100パーセントのサトウキビ収穫機の答えがここにありました。 本当に驚きました。 収穫量が少し少ないんですが、装置を拡大すればその悩みも無くなるので問題はありません。 デメリット無しです! 是非、こちらの「全自動サトウキビ収穫機」試してみてください!.

次の

統合版で無駄のない全自動サトウキビ骨粉Switch式!簡単⇔高機能

マイクラ 全 自動 サトウキビ

カタカナが多いな!! 準備が大変ですが頑張ってください 笑 個数はどれくらい大きな装置を作るかによって変わってきますので、自分で調整しながら作ってくださいね。 全自動サトウキビ収穫機作り開始 まず、このようにブロックやレールを並べます。 レールの数を増やせば増やすほど大きな装置になります。 手前にはチェストに繋がるホッパーが設置されています。 ホッパーの上にはパワードレール。 奥の方にはレッドストーンブロックの上にパワードレール、隣にはディテクターレールが設置されています。 次に、このような形にブロックを並べます。 ここには「ラッチ回路」というものが設置されます。 ラッチ回路とは、 一瞬の動力を捕らえ、常に出力状態(ON)にする回路で、ここではホッパー付きトロッコに動力を贈るために必要なものなります。 これはドロッパーで作っていきます。 ちなみにラッチ回路の説明は十分理解しなくても大丈夫。 言う通りに作れば誰でも簡単にできますのでご心配なく。 先ほどのブロックの部分にレッドストーンコンパレーターとドロッパーを設置します。 ドロッパーは上向きです。 そしてこのドロッパーの上に、 下向きのドロッパーを設置して、 アイテムがドロッパー同士を行き来できるようにします。 そうするとこうなるはず。 この階段のような形ができたら、 どちらかのドロッパーの中に何でもいいので1つだけアイテムを入れ、 一段目の階段部分からディテクターレールにレッドストーンパウダーの回路を繋げます。 レールの両端にはブロックを置いてトロッコが脱線しないようにしておいてください。 これで回収システムの部分が作れました。 ここからはサトウキビを植える部分の作成です。 レールの真上に土ブロックを並べていきます。 その隣にはサトウキビ栽培に欠かせない水を溜める水路を作ります。 何のブロックでもいいので水が溜められるようにします。 水が溜まっている場所ができたら、水を隠すように上にブロックを並べ、さらにその上にピストンを並べていきます。 そしてその上にはオブザーバーを置きます。 向きに注意してください。 オブザーバーはセンサーのようなアイテムになっていて、目の前にブロックが来ると動力を出すという働きをしてくれます。 便利な時代ですね。 その特徴を生かし、 伸びたサトウキビがオブザーバーの目の前にくるとピストンが作動しサトウキビを刈るという仕組みができています。 今度は裏側に回って回路をつなげる作業を行っていきます。 水路を隠したブロックの後ろにブロックを並べ、レッドストーンパウダーを置いていくんですが一点だけ注意。 チェストがある側の一番端には ハーフブロックを設置してください。 そこさえクリアすれば後は何のブロックでもいいので並べてください。 これで大方完成! レールの上にホッパー付きトロッコを置いて、サトウキビを土に植えて、回路を切らないように気をつけながら装置の形を綺麗に整えていくと出来上がりです。 綺麗な装置が出来上がりました!サトウキビの真上のブロックをジャックオランタンにして光源を設置したのはオリジナルアイデアです。 動作確認! それではきちんと作動するのか確認してみましょう。 サトウキビの成長をただひたすら待ちます。 だんだん伸びてきた! 一か所、オブザーバーの目の前までサトウキビが成長しました! するとシステムが作動。 その位置のみピストンが動きサトウキビを刈ります。 同時に一瞬の動力をラッチ回路が記憶し、パワードレールの動力をONにしたのでホッパー付きトロッコが動き出しました。 トロッコがアイテム化されたサトウキビを回収。 そしてディテクターレールの上を通過したときに、ONになっていたパワードレールの動力をOFFにし、元の位置に到着。 下のホッパーを経由してチェストの中にアイテムが送り込まれます。 しばらく動きを見ていましたが一度も取りこぼすことも無く回収してくれていました。 さすが回収率100パーセント!チェストの中も確認します。 入っています。 「全自動サトウキビ収穫機」作り大成功です! サトウキビ収穫機という物は多くのプレイヤーが作ってみたことでしょう。 僕もそのうちの一人でした。 しかし、 どんな仕組みの収穫機を作ってもどうしても取りこぼしが出てしまうんです。 3段目のサトウキビをピストンでアイテム化した場合、そのサトウキビはランダムに飛んで行ってしまい、うまく収穫できないという欠陥を修正することがなかなかできませんでした。 ですが範囲を絞ってホッパー付きトロッコで回収する上にラッチ回路という工夫がされているため、 この全自動サトウキビ収穫機を作ることによって100パーセント収穫が可能になりました。 これは「革命」です!永遠の課題だった収穫率100パーセントのサトウキビ収穫機の答えがここにありました。 本当に驚きました。 収穫量が少し少ないんですが、装置を拡大すればその悩みも無くなるので問題はありません。 デメリット無しです! 是非、こちらの「全自動サトウキビ収穫機」試してみてください!.

次の

完成すれば完全放置!全自動サトウキビ&竹収穫機【マイクラ統合版】

マイクラ 全 自動 サトウキビ

サトウキビの場所と見つけ方 サトウキビの探し方は簡単だ。 川や海など、水に面しているところを探せばいい。 このように、水の近くにサトウキビは生えていることが多い。 海岸をひたすら歩いたり、川をひたすら下ったりしていれば、いずれはサトウキビは見つかります。 サトウキビはバイオームに特に影響されないため、森林でも山岳でも、砂漠であっても、やっぱり水の近くに生えています。 ただし、タイガや樹氷などの気温が低いバイオームには滅多に生えません。 理由は後にも書くのですが、サトウキビは水の近くにしか生えない・・つまり水が凍ってしまうとサトウキビは生きていけない。 だから気温が低い地域にはまずサトウキビはありません。 サトウキビのキホン サトウキビを取るために道具は必要ない。 素手で取れる。 パンチした部分がサトウキビ(エンティティ)になります。 なお、サトウキビはパンチした部分より上が全部取れてしまいます。 高さ3のサトウキビがあっても、一番下を壊してしまえば一気に3つのサトウキビが入手可能だ。 サトウキビの使い道 「砂糖」はサトウキビ1個で作ることが出来る。 主な用途は料理、醸造(エリクサー)です。 「紙」はサトウキビ3個を横一列に並べると作れる。 3枚出てくる。 紙は本棚などを作るときに必要なので、エンチャントテーブルを狙っているならサトウキビが絶対に必要になりますね。 サトウキビの栽培 サトウキビは「水」または「流水」が1ブロック横にあれば育てられる。 あと植えるブロックは「土」「砂」「草」の3種類が可能。 水ブロック1個でも、流水によって少ない水で大量のサトウキビを栽培可能。 そして水が無くなるとサトウキビは勝手に壊れてしまいます。 サトウキビを完全自動で集めよう さて、ここからある意味で本題です。 サトウキビをチマチマと自分で探したり栽培するのは面倒くさいので、寝ている間にパソコンをつけっぱなしにしてサトウキビが勝手に集まればいいな~。 と思う人は当然いますよね? ということでサトウキビ栽培を完全自動化してみようと思う。 これは単に自分でパンチして集める手間を省くとか、そういう次元ではない。 本当に完全自動化です。 マイクラがついていれば寝てても勝手に集まります。 サトウキビの自動栽培マシーンの作り方 横幅10ブロック、奥行き1ブロックの穴を作ります。 一番左に水を入れて、右にはチェストとホッパーを入れます。 チェストとホッパーの注意点 ここで気をつけるのが、チェストとホッパーの接続です。 ちゃんとチェストとホッパーが接続できていないと、サトウキビが落ちてきてもチェストに集まらない・・。 チェストに対してShiftを押しながらホッパーを設置することで「接続OK」のようなつながり方になります。 次は奥に8ブロックの横幅の穴を開けて、草ブロック(土・砂)を置いて、その上にサトウキビを植えます。 サトウキビを植えたら、こんな感じで粘着ピストンを設置する。 粘着ピストンに木材などをつけて、サトウキビを押し出して集められるようにする。 次の層を作ります。 一番下の層と違うのは、水が草ブロックの奥になっていることです。 分かりづらい人へ 今の状態を横から見ると、こうなっています。 ピストンの位置など、間違っている点が無いか、よ~くチェックしておきます。 一旦間違えるとそれなりに手間ですから・・。 サトウキビを植えて、ピストンを用意します。 これで第2層は完成で、サトウキビ自動化マシーンの「形」がだいたい完成です。 ガラスで囲んで、サトウキビが遠くまで飛び過ぎないようにしておきます。 こうするとサトウキビがちゃんと下の水に落ちて、チェストに自動回収されるようになる。 サトウキビの自動栽培マシーンの動かし方 後ろにこのような形を作ります。 ちょっと分かりづらいので拡大します。 その後ろに木の感圧板を置いて、更に奥にレッドストーンリピーターを配置します。 水をこのように流して、真ん中のブロックに看板を配置する。 なぜ、こうするか? というと、看板を置くことで水がグルグルと一周するからです。 完全自動化の肝は、ここにあります。 水が一周する流れができたら、あとは防具立てを水に入れるだけです。 すると、水に流した防具立てがグルグルと流れに乗って円の中を一周し続ける。 そして防具立てが木の感圧板を踏むたびにレッドストーン信号が出て、粘着ピストンが飛び出るようになる。 これが「自動化」のシステムです。 防具立てが水の中をグルグルとしている限り、粘着ピストンは一定時間ごとに動いてサトウキビを押し出します。 防具立てが一周する時間を長くしたい という人は、水の下に「ソウルサンド」を使おう。 ソウルサンドは、上を動くエンティティの動きを遅くする性質がある。 防具立てがソウルサンドの上にあると、その動きが遅くなるので一周する時間が伸びます。 あとは巨大化すればするほど効率アップ 上に2段目と同じ層を重ねていけば、どんどん効率がアップする。 あと、レッドストーンのつなぎ方はこのようにしています。 レッドストーントーチを使う方法もあるが、少しややこしいのでリピータを使ってつなぐシンプルな方法を取りました。 とりあえず高さ40メートルくらいのサトウキビ自動マシーンを作ってみました。 後ろはこんな感じ。 シンプルなつなぎ方なので、高さを増やすのは全然難しくない。 そして・・結構なペースでサトウキビを自動で集めてくれます。 これだけあったらエンチャントテーブルを作れるくらいの量は行けそうだな。 【おまけ】サトウキビのちょっとした豆知識 水ブロックは真横でもOK 水ブロックはサトウキビの真横でも行けるんだよ。 サトウキビは水の流れを止めることが出来るから。 最大で高さは3~7ブロック サトウキビは普通は高さ3が見つかるサイズで最大なんだが、新規に作成して間もないワールドだと高さ7のサトウキビが見つかるらしい・・。 これ、ホントどうでもいい話ですよね。 サトウキビは自分で建てると高さ制限無し サトウキビは設置するときはブロックなので、自分でサトウキビを建てると高さ制限はありません。 そしてサトウキビの上にはブロックを置くことも可能。 つまりサトウキビを使って建築が出来るんですよ。 ただし、サトウキビの周辺の水が無くなるとサトウキビはこわれてしまうのでそこは注意。 サトウキビで落とし穴 水が無くなるとサトウキビが壊れる、またはサトウキビを壊すと、その上のサトウキビが全て壊れる・・という性質を使って落とし穴を作ることも出来る。 まぁ、ネタですが。 「サトウキビ」まとめ• サトウキビは水辺で見つかる• 横に「水」があれば栽培可能• サトウキビの完全自動化は出来る• サトウキビで落とし穴を作れる(ネタ) これだけ知っていれば十分にサトウキビマスターですね(あまりうれしくない称号・・)。 以上でサトウキビまとめでした。

次の