パチスロ 北斗 の 拳。 【ATレベルに設定差あり!】パチスロ北斗の拳 天昇(北斗天昇)

パチスロ北斗の拳 天昇

パチスロ 北斗 の 拳

8 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. 通常時は規定G到達時の抽選による「断末魔ZONE」突入や、世紀末ポイント蓄積からの「世紀末ZONE」突入を目指す。 いずれも演出成功で 「激闘BONUS」を獲得し、「強敵バトル」に勝利で「真・天昇RUSH」突入となる。 セット間に減少区間が存在しないのも大きな特徴で、既存の機種とは一線を画す出玉スピードを実現している。 消化中の演出も完走型STタイプの「世紀末モード」と、王道バトルタイプの「修羅モード」を任意で選択可能。 異なったゲーム性を楽しむことが可能となっている。

次の

パチスロ北斗の拳 天昇

パチスロ 北斗 の 拳

バトルボーナスの継続確定後(ボーナス中)は、専用のムービーが流れる。 ムービー中にリール上部のLEDが点滅したら、左リール上中段に羅龍盤を目押し。 目押し成功時に変化するLEDの色とボイスで、設定示唆をおこなっている。 ボイスはパターンA<B<C<D<E<Fの順に高設定に期待できる。 「ボイスパターン別の示唆内容」 パターンA…偶数設定示唆 パターンB…高設定示唆 パターンC…設定2以上濃厚 パターンD…設定4以上濃厚 パターンE…設定5以上濃厚 パターンF…設定6濃厚 バトルボーナス敗北時は、キャラ紹介のムービーが流れる。 背景の色や特殊キャラクターの出現に注目しておこう。 道士は内部的に復活が確定している状態でしか出現しないので、死合の刻継続も濃厚となる。 【左リール羅龍盤狙い】 左リールはBARと羅龍盤のどちらを狙ってもOKだが、強チェリーと最強チェリーを見分けられる羅龍盤狙いがオススメ。 狙えカットイン発生時以外は、バトル図柄が揃わないように注意しよう。 「最初に狙う絵柄」 左リール枠上〜上段付近に羅龍盤を狙う。 「下段に羅龍盤(上)停止」 中右リールともにフリー打ちでOK。 弱チャンス目の可能性あり。 「スイカ停止」 中右リールにスイカを狙う。 「中下段に羅龍盤停止」 羅龍盤はチェリーの代用。 中リールをフリー打ちし、右リール枠上〜上段に羅龍盤を狙う。 「上中段に羅龍盤停止」 「レア役の停止形(一部)」 【左リールBAR狙い】 「最初に狙う絵柄」 左リール枠上〜上段付近にBARを狙う。 「下段にBAR停止」 中右リールともにフリー打ちでOK。 BAR狙いをしていると基本的に止まる位置だが、弱チャンス目の可能性がある。 「スイカ停止」 中右リールともに、スイカを狙う。 「下段にチェリー停止」 基本的には弱チェリーだが、最強チェリー成立時にも停止する可能性がある。 「中段にチェリー停止」 強チェリーなので、中右リールともにフリー打ちでOK。 「レア役の停止形」 「死合の刻当選期待度」 弱チェリー<弱スイカ=弱チャンス目<強スイカ<強チャンス目<強チェリー<確定役 「内部状態移行期待度」 弱チェリー<強チェリー<弱スイカ=弱チャンス目<強チャンス目<強スイカ 【宿命の刻ステージはBAR揃いのチャンス】 全6種類のステージで、死合の刻当選期待度や前兆を示唆している。 「流飛燕」 基本ステージ。 「彪白鳳」 基本のステージだが、章烈山ステージから移行した場合は期待度アップ! 「章烈山」 高確中や前兆中に移行しやすい。 「泰聖院」 高確中や前兆中に移行しやすく、章烈山ステージよりも期待度が高め!? 滞在中の連続演出発展は、本前兆の期待度がアップする。 基本的には、ボスが登場すると連続演出へ発展する。 「消灯演出」 レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に音声とバックランプ消灯が発生。 画面にヒビが入るパターンだとチャンスアップ、予告音なしで発生すると死合の刻濃厚!? [パターン別・示唆内容] 第1停止のみ…ハズレ、ベル、チェリー 第2停止まで…リプレイ 第3停止まで…スイカ ボス登場…ボス連続演出へ発展 「人影演出」 レバーON時に人影が出現し、第1停止時に敵キャラが出現。 敵の色で成立役、拳志郎の攻撃で期待度を示唆している。 [第1停止時] 弱雑魚<後光=羅虎城<強雑魚 [第2停止時] 雑魚逃げる<秘孔突き<キック<必殺技 [第3停止時] 羅虎城立ち去る…ハズレ 羅虎城構える…発展 ボス出現…発展 劉宗武登場…死合の刻濃厚 「敵強襲演出」 レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に敵キャラが拳志郎に攻撃を仕掛ける。 敵の色で成立役、拳志郎の攻撃で期待度を示唆している。 [拳志郎の攻撃] 旋風脚<北斗百裂拳 「拳志郎動作予兆演出」 拳志郎の動作で、期待度を示唆。 [期待度:中] ・葉巻を5本吸う [期待度:高] ・キセルを吸う ・服破り ・指ポキ ・北斗天帰掌(激アツ) 「子英動作予兆演出」 子英の動作の種類で、期待度を示唆。 [チャンスアップ] 激しく転ぶ…期待度:中 怯える…期待度:高 「子英缶演出」 子英が投げる缶の色で成立役、数で期待度を示唆。 [チャンスアップ] リンゴ1個…期待度:中 リンゴ3個…期待度:高 「通行人演出」 通行人の服の色で成立役を示唆。 1人<5人<10人の順に期待度が高い。 「女性ダブル告知」 出現した2人の女性のうち、第3停止時に残った方の服の色で成立役を告知。 右側の女性や看護婦が残ると、期待度がアップする。 「会話ウインドウ演出」 枠の色、キャラの種類、会話の内容で期待度が変化する。 「羅虎城導入演出」 羅虎城の登場方法や観客の歓声で、期待度が変化する。 [羅虎城の登場方法] 普通に登場<幻影を伴って登場 [歓声] 盛り上がらない<盛り上がる<どんちゃん騒ぎ(レバーON時) 「天授煽り用演出」 レバーON時にノイズが発生し、リール停止ごとに画面がフラッシュバック。 最終的に拳志郎が出現すると天帰掌演出に発展する。 [画面に走るノイズの色] 通常<赤 [画面の種類] 拳志郎と劉宗武の立ち絵<拳志郎と劉宗武が酒を酌み交わす 「ボス系演出」 滞在ステージに対応したボスの演出。 最終的に拳志郎が出現するとボス連続演出へ発展する。 [飛燕演出] [レバーON時] 敵に囲まれる<エリカが叫ぶ [第1停止時] 敵が襲いかかる<飛燕が攻撃 [第3停止時] 帽子のみ切り裂く<3人撃破<5人撃破 [白鳳演出] [レバーON時] 空をみる<七星をみる [第1停止時] 背後に人がくる<白鳳の顔がアップ [第3停止時] 残念そうな同志登場<元気な同志登場<飛燕とエリカ登場 [烈山演出] [レバーON時] 通常<烈山の顔がアップ [第1停止時] 女性1人<女性3人 [第3停止時] 女性を1人持つ<女性を3人持つ<女性をたくさん持つ 「葉演出」 葉が箱の中から出す武器の色や種類で、成立役や期待度を示唆する。 葉が銃を取り出すと、紅華会演出へ発展。 [箱の種類] 木箱<派手な箱 [箱の中身] 空っぽ<ナイフ<ダイナマイト 「玉玲演出」 玉玲が祈る十字架の色やエフェクトで、成立役や期待度を示唆。 玉玲が立ち上がると、紅華会演出へ発展。 [レバーON時〜第1停止時] 通常<玉玲の顔がアップ [十字架の発光パターン] 通常発光<激しく発光 「藩演出」 藩の発現パターンと皿の上に乗った金塊の個数で期待度を示唆。 皿の上に田のカツラが乗っていると、紅華会演出へ発展。 [藩の発言パターン] 普通に発言<藩がアップで発言 [金塊の個数] 1個<3個<10個 「レバーPUSH演出」 レバーON時にPUSHボタンが出現。 ボタンを押すと、ボス系の演出かカットイン演出へ発展する。 [PUSHボタンのサイズ] 通常<デカPUSH 「オーラ演出」 オーラの色で成立役、オーラの大きさと発生タイミングで期待度を示唆する。 [オーラの大きさ] 小<中<大 「演出別の発展先」 天帰掌演出には天授煽り用演出からしか発展しないなど、発生した演出ごとに発展する連続演出がある程度決まっている。 [ボス連続演出/血塗られし遺恨に発展する可能性のある演出] ・拳志郎動作予兆演出 ・子英動作予兆演出 ・子英缶演出 ・オーラ演出 ・人影演出 ・敵強襲演出 ・通行人演出 ・女性ダブル告知 ・消灯演出 ・会話ウインドウ演出 ・ボス系演出 ・レバーPUSH演出 [紅華会演出に発展する可能性のある演出] ・葉演出 ・玉玲演出 ・潘演出 [天帰掌演出に発展する可能性のある演出] ・天授煽り用演出 [羅虎城バトルに発展する可能性のある演出] ・人影演出 ・羅虎城導入演出 基本的な演出は通常ステージ(流飛燕、彪白鳳、章烈山ステージ)と共通。 通常ステージと異なる部分や、ステージ限定の演出をピックアップして紹介していく。 【泰聖院ステージ中の演出】 「人影演出」 出現するキャラとセリフの内容で本前兆の期待度を示唆 子英、エリカ、美福庵主出現時は、セリフの色に注目しよう。 [セリフの色] 白<青<赤 美福庵主のセリフは青と赤のみ。 「敵強襲演出」 第3停止時に拳志郎が何かに気づくと、宗武発見演出へ発展する。 「宗武発見演出」 3〜4G継続し、最終的に拳志郎が劉宗武を発見すれば死合の刻へ。 [宗武発見演出に発展する可能性のある演出] ・人影演出 ・敵強襲演出 ・会話ウインドウ演出 ・軍服宗武発見演出 【鍛錬の刻中の演出】 「人影演出」 出現する敵キャラの色で成立役、拳志郎の攻撃パターンで期待度を示唆する。 [第1停止時] 弱雑魚<後光=羅虎城<強雑魚 [第2停止時] 雑魚逃げる=秘孔突き<北斗百裂拳 [第3停止時] 羅虎城立ち去る…ハズレ 羅虎城構える…発展 ボス出現…発展 劉宗武登場…死合の刻濃厚 「敵強襲演出」 拳志郎に襲いかかる敵キャラや矢の色で成立役、レバーON時の演出や敵の種類、拳志郎の攻撃パターンで期待度を示唆する。 [チャンスアップ] ・断末魔発生 「拳志郎動作予兆演出」 拳志郎の動作の種類で、期待度が変化する。 [期待度:低] ・パンチ ・キック ・パンチ連打 ・服破り [期待度:高] ・指ポキ ・北斗天帰掌(激アツ) 「松明演出」 松明の炎の色で成立役、拳志郎のオーラの大きさと発生タイミングで期待度を示唆する。 [パターン別・期待度序列] 松明(小)<松明(大)<松明(大)+オーラ(大) 「特訓演出・蝋燭」 炎が松明までたどり着けば死合の刻濃厚。 [拳志郎のオーラの色] 青<赤 [点灯数] 1周分<2周分<3周分+PUSH 「特訓演出・岩」 拳志郎が岩を割れば死合の刻濃厚。 [拳志郎のオーラ] オーラなし<オーラあり [亀裂の大きさ] 小<中<大 「特訓演出・闇拳志郎」 拳志郎が闇拳志郎に勝てば死合の刻濃厚。 [攻防パターン] 拳志郎が攻撃を喰らう<引き分ける<北斗百裂拳(死合の刻濃厚) 「鍛錬の刻中の発展先」 鍛錬の刻中は、ボス連続演出、血塗られし遺恨、羅虎城バトルのいずれかに発展する可能性あり。 羅虎城バトルは人影演出からしか発展しないが、残りの2つはすべての演出から発展する可能性がある。 【宿命ステージ中の演出】 本前兆濃厚となるステージで、連続演出等への発展はナシ。 レア役を引ければ天授の儀に昇格するので、演出発生時は期待しよう。 「雷」 画面上や枠に走る雷が太いとチャンス。 「風」 風の見える領域が増えるとチャンス。 風が右から吹くとプレミアム! 「龍爪」 画面の揺れ幅が大きいとチャンス。 「奥義」 最終的に五爪の龍と拳志郎が出現すると死合の刻を告知する。 「死合の刻告知演出」 五爪の龍が吠え、拳志郎が登場すると死合の刻を告知。 レバーON時に表示される宇宙が赤いと、プレミアム! ボス系の連続演出は、滞在ステージに対応したボスが登場。 宿命の刻ステージのみ、連続演出に発展することなく死合の刻を告知する。 「羅龍盤に運命を問え!」 1G完結(次BETでの復活はあり)の当否告知演出。 羅龍盤の表が出れば死合の刻濃厚! [タイトルの色] 青<赤 [羅龍盤の色] 通常<赤 「羅虎城バトル」 1G完結の死合の刻濃厚演出。 「飛燕連続演出」 [1G目・2G目] ・飛燕の攻撃 舞裂爪被弾<キック<パンチ ・拳志郎のジェスチャー 構える<タバコ+セリフ<オーラを纏う<北斗天帰掌(撃破濃厚) ・拳志郎の攻撃 パンチ<キック<北斗百裂拳<天破活殺(撃破濃厚) [3G目] ・セリフ 飛燕<拳志郎 ・オーラが出るキャラ 飛燕<拳志郎 「白凰連続演出」 [1G目・2G目] ・白凰の攻撃 瞑空爪舞<連撃<パンチ ・拳志郎のジェスチャー 構える<タバコ+セリフ<オーラを纏う<北斗天帰掌(撃破濃厚) ・拳志郎の攻撃 パンチ<キック<北斗百裂拳<天破活殺(撃破濃厚) [3G目] ・セリフ 白凰<拳志郎 ・オーラが出るキャラ 白凰<拳志郎 「烈山連続演出」 [1G目・2G目] ・烈山の攻撃 双釵突き<釵攻撃<パンチ ・拳志郎のジェスチャー 構える<タバコ+セリフ<オーラを纏う<北斗天帰掌(撃破濃厚) ・拳志郎の攻撃 パンチ<キック<北斗百裂拳<天破活殺(撃破濃厚) 「紅華会演出」 紅華会幹部を撃破できれば死合の刻濃厚となる、最大3Gの連続演出。 田学芳は、選ばれた時点で死合の刻濃厚だ。 [カットインの種類] 藩玉玲<潘光琳 2G目と3G目にカットインが発生すると期待度アップ! 「血塗られし遺恨」 タイトル画面が割れると、バトルに発展。 拳志郎が勝利すれば死合の刻濃厚だ。 [タイトルの色] 白<赤<金 おもにレア役成立時に七星カウンターの発動を抽選しており、弱スイカと強チェリーは発動濃厚。 50の倍数ゲームでは全役で抽選されるため、レア役を引かなくても発動する可能性がある(200G到達で発動確定)。 通常時(ボーナス終了後)のゲーム数ではなく、サブ液晶が閉まってからのゲーム数が表示されている。 【サブ液晶の七星カウンターに注目】 サブ液晶の扉が開くと、七星カウンターが出現する。 小役入賞で1個以上点灯し、ハズレで1個消灯。 カウンターがMAX(7個点灯)になると、強レア役を引いた時と同様の抽選が受けられる。 「七星カウンター発動契機」 ・レア役成立時の抽選 ・規定ゲーム数消化時 ・伝承試練終了後 レア役のほか、50G消化ごとに発動のチャンスがあり、200G消化で必ず発動。 伝承試練終了後も必ず発動する。 「死兆星が点灯することも!? 」 「サブ液晶タッチでシャッターが開閉」 七星カウンター発動中にサブ液晶をタッチすると、シャッターを開閉できる。 見た目が変わるだけでとくに何もないが、閉じておくとカウンターの貯まり具合が見えないのでドキドキできる!? 七星カウンターをMAXにすると、次ゲームのレバーON時にリールが逆回転し、強レア役が停止。 この時に発生するボイスの種類で、成立役などを示唆している。 [全役対応] ・子英 ・霞拳志郎 ・霊王 ・張太炎 ・ヤサカ ・劉宗武 ・ギーズ ・流飛燕 ・彪白鳳 ・章烈山 [強チェリーor強チャンス目対応] ・黄西飛 ・呉東来 ・田学芳 ・羅虎城 ・男性ナレーター [強チェリー対応] ・エリカ ・潘玉玲 ・レニー・ハート [高確滞在中+強チェリー対応] ・夏文麗 ・美福庵主 [宿命チェリー対応] ・葉 夏文麗と美福庵主のセリフは高確+強チェリー対応なので、死合の刻濃厚。 激レアの葉は宿命チェリー対応のため、こちらも死合の刻濃厚だ。 出玉増加のメインとなる区間。 消化中はバトルが展開し、拳志郎が勝利することで次セットに継続する。 「演出バランス」 バトルボーナス(BB)の開始画面では、サブ液晶をタッチすることで演出バランスを変更可能。 長押しすると裏モードに変更できる。 [通常] ノーマル型…デフォルト 奥義重視型…対戦相手が弱攻撃だと期待度アップ、強攻撃は期待度ダウン(先制頻度もダウン) 先制重視型…拳志郎の先制頻度がアップ [裏モード] ノーマル型…パンチをシュケンで避けるなどの特殊パターンが発生しやすい 奥義重視型…対戦相手の攻撃がほぼ強攻撃となり、継続告知が拳志郎の立ち上がり煽りまで引っ張られやすい。 先制重視型…バトル1G目に特殊継続確定音が発生しやすい 「敵キャラ出現」 BBの1G目に、対戦相手が出現。 リール停止ごとに画面が揺れると、継続期待度の高いキャラが出現しやすい。 「継続をかけたバトル」 霊王、張太炎、ヤサカ、劉宗武のいずれかと、死合の刻継続をかけてバトル。 勝利すればBB終了後に再び死合の刻へ、敗北すると伝承試練へ移行する。 「敗北後のムービー」 バトル敗北後に流れるキャラ紹介ムービーは2Gごとに変化。 背景の色やキャラの種類で、設定を示唆している。 「終了画面」 画面の種類で逆転の期待度や設定を示唆。 キャラ出現はチャンス!? バトルボーナス(BB)開始後は、約8Gのバトルパートからスタート。 対戦相手は4人おり、バトルに勝利することで死合の刻が継続する。 「対戦相手の継続期待度序列」 霊王<張太炎<ヤサカ<劉宗武(継続以上濃厚) 「バトルの流れ」 劉宗武以外の3人は、基本的なバトルの流れはすべて共通。 バトルの展開で、継続期待度を示唆している。 [1・2G目] 拳志郎と対戦相手のどちらがしゃべるかに注目。 セリフ色(白<青<赤)もチェックしておこう。 [3G目] どちらが先制するかの煽りをおこない、拳志郎が先制すると継続濃厚。 背景に北斗七星や北斗七星+死兆星があると継続期待度アップ、強敵背景出現で継続濃厚!? [4G目] 3G目で先制した方が構えて次ゲームで攻撃。 オーラを纏うと強パターンだ。 拳志郎の背後に女人像が出現すると!? [5G目] 攻撃の種類で期待度を示唆する。 ・対戦相手の攻撃 必殺技<キック<パンチ ・拳志郎の攻撃 パンチ<キック<北斗百裂拳<北斗剛掌波 拳志郎が攻撃した時点で継続は濃厚。 攻撃の種類で継続率などを示唆している!? [6G目:対戦相手先制時] 拳志郎が攻撃を回避すれば継続濃厚。 シュケンで避けるや無想転生が発動すれば!? [6G目:拳志郎先制時] 対戦相手にヒットするかガードされるかのいずれかに分岐。 [7G目:対戦相手先制経由] 攻撃を受けた場合、対戦相手のセリフの色で次ゲームの立ち上がる期待度を示唆。 ガードした場合は、拳志郎のセリフの色が変化する。 セリフの色はどちらも白<青<赤<金の4種類。 [7G目:拳志郎先制経由] 拳志郎が先制した時点で、継続は濃厚。 対戦相手がガードした場合、セリフの色(白<青<赤<金)に注目しておこう。 [8G目] 拳志郎がタバコを咥えていると、立ち上がる(継続)期待度アップ。 倒れてしまった場合は、次BETでの復活に期待しよう。 [9G目のBET] 継続時はおなじみの+1画面が出現。 共闘が発生すると、次のバトルも継続濃厚だ。 特定条件を満たすと、スペシャルエピソードが発生!? 「注目ポイント」 ・劉宗武は継続濃厚 ・対戦相手や拳志郎のセリフの色 継続確定後は、白<青<赤<金の4パターンのセリフで継続率などを示唆している!? ・拳志郎の攻撃 拳志郎が攻撃した時点で継続濃厚。 パンチ<キック<北斗百裂拳<北斗剛掌波の順に高継続に期待!? バトルの勝敗に関わらず、終了後はムービーパートに移行。 継続時、敗北時のいずれの場合でも設定推測ポイントがあるので、しっかりとチェックしておこう。 「バトル継続時のムービー」 継続時、共闘発生時、昇天時のそれぞれで専用のムービーが流れる。 [継続ムービー中の設定推測ポイント] レバーON時に予告音が発生し、リール上のLEDが光ると左リール上中段に羅龍盤を目押し。 目押し成功時に発生するボイスの種類とLEDの色で、設定を示唆する。 羅虎城(紫背景)や道士(キリン柄背景)が出現すれば、要注目だ。 [逆転煽り演出] レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に画面にひび割れが発生。 ひび割れが第3停止まで続き、最終的にカットインが出現すると逆転となり再び死合の刻へ移行する。 バトルボーナス敗北後に移行する引き戻しゾーン。 規定ゲーム数以内に伝承者を全員(4人)倒せば、死合の刻(天授の儀)へと復帰する。 規定を超えて獲得したへぷぽは、バトル後に持ち越しが可能だ。 「伝承勝舞」 毎ゲーム勝利抽選をおこない、ベルでバトル勝利のチャンス、レア役は撃破濃厚! バトル中は全員まとめて撃破する抽選をおこなっているので、レア役を立て続けに引いたとしてもムダにはならない。 [バトルは敗北するまで連続して発生] バトルに勝利すると、次の伝承者と連戦。 敗北時は32Gが再セットされて伝承試練へと戻るので、再び規定へぷぽを獲得してバトル発展を目指す。 伝承試練と伝承勝舞を繰り返して、引き戻しを狙おう。 「バトル図柄揃いで復帰確定!? 」 伝承者を全員撃破する以外に、バトル図柄が揃って復帰することもある。 カットイン発生時は要注目だ。 「伝承試練中のストック獲得」 へぷぽの獲得抽選とは別に、死合の刻ストックを獲得できる可能性あり。 ストック獲得時は死合の刻へ復帰するだけでなく、次回バトルボーナスの継続も濃厚となる。 「終了条件」 規定ゲーム数以内に伝承者を撃破できないと終了。 「伝承試練終了後の内部状態」 伝承試練終了後は内部状態の移行抽選をおこなう。 低確〜高確だけでなく、即前兆に移行することも…? 消化中は、毎ゲームの成立役に応じてへぷぽを抽選。 発生する演出やパターンになどで、各種期待度を示唆している。 「へぷぽ獲得の可能性がある演出」 ・押し順ナビ演出 ・オーラ演出 ・会話ウインドウ演出 ・敵出現演出 ・敵強襲演出 ・葉演出 ・救出演出 ・お祈り演出 「伝承勝舞移行の可能性がある演出」 ・押し順ナビ演出 ・オーラ演出 ・消灯演出 ・キャラクター登場演出 ・敵出現演出 ・敵強襲演出 ・葉演出 ・救出演出 ・お祈り演出 ・画面割れ(こぶし) ・画面割れ(北斗七星) ・異次元の穴 各演出発生ゲームの全リール停止後に、道士が出現すると伝承勝舞! 「へぷぽ乱舞移行の可能性がある演出」 ・押し順ナビ演出 ・オーラ演出 ・消灯演出 ・会話ウインドウ演出 ・敵出現演出 ・敵強襲演出 ・葉演出 ・救出演出 ・お祈り演出 「死合の刻当選告知の可能性がある演出」 ・オーラ演出 ・消灯演出 ・キャラクター登場演出 ・敵出現演出 ・敵強襲演出 ・葉演出 ・救出演出 ・お祈り演出 「バトルを狙えカットイン」 発生した時点でバトルボーナス濃厚。 青<赤<虹の順に、バトル継続や蒼天乱舞の期待度が高い。 「消灯演出」 レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に音声発生&リールのバックランプが消灯。 画面にヒビが入るとチャンス、予告音なしのパターンなら死合の刻濃厚だ。 「敵出現演出」 出現する敵の種類や拳志郎の攻撃パターンで期待度を示唆する。 [敵出現時] 強雑魚<看護婦=拳志郎のアップ<拳志郎が演武 [拳志郎の攻撃] パンチ<キック<北斗百裂拳 「敵強襲演出」 レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に敵が拳志郎に襲いかかる。 敵の色で小役の種類、敵の種類や拳志郎の攻撃で期待度を示唆する。 [敵の種類] 弱雑魚<強雑魚 [拳志郎の攻撃] 裏拳<旋風脚<北斗百裂拳 「葉演出」 出現する敵の種類で期待度を示唆する。 [敵の種類] 弱紅華会のみ<弱+強紅華会 「救出演出」 逃げている女性の人数や拳志郎の登場パターンで期待度を示唆する。 [女性の人数] 1人<3人<5人 [拳志郎の登場パターン] 通常<バイクで登場 「お祈り演出」 エリカ、玉玲、美福庵主の3パターンが存在。 祈りの種類で期待度を示唆する。 [祈りの種類] 通常<チャンス<激熱 「レバーPUSH演出」 レバーON時にPUSHボタンが出現。 PUSHボタンを押すと、蒼天を思え 蒼天に願えカットインが発生する。 「会話ウインドウ演出」 枠の色、出現するキャラ、会話の内容で期待度を示唆する。 「キャラクター登場演出」 出現するキャラの種類やセリフのパターンで期待度を示唆する。 [拳志郎の気づきパターン] 立ち止まる<激しく気づく [エリカのセリフ] おじちゃん頑張って<いい感じみたい!<伝承者の気配がするわ! [子英のセリフ] 拳さん頑張ってくれよ<いい雰囲気だよ拳さん!<伝承者の気配がするぜ! [玉玲のセリフ] 拳志郎油断しないで!<いい感じよ! 拳志郎<伝承者の気配がするわ! [美福庵主のセリフ] 伝承者の気配がします<天に感謝せなばなりませんね 「オーラ演出」 拳志郎が纏うオーラの色で小役、大きさで期待度を示唆する。 [オーラの大きさ] 小<大 「へぷぽ明滅煽り演出」 特定数のへぷぽを獲得(100刻み)すると、次BETから筐体上部のセグ周辺が点滅し、伝承勝舞の前兆状態へ移行。 白<赤<紫の順で期待度が高く、点滅が終了すると前兆状態も終了する。 「枠発光」 発光した時点でへぷぽ獲得、へぷぽ乱舞、伝承勝舞のいずれかに当選。 発光しているゲーム数が長いほど、期待度が高い。 [発光時の小役に注目] ・非レア役で発光すると100へぷぽ以上濃厚 ・レア役での発光は、100へぷぽ以上orへぷぽ乱舞(特化ゾーン)発展のいずれかが濃厚 ・レア役での発光から伝承勝舞に発展すれば大チャンス!? 「リールバックランプのフラッシュ」 小役入賞時に発生すると、枠発光状態へ移行。 枠発光中に再びフラッシュが発生すると、上位の特典獲得に期待できる。 「伝承勝舞への移行を煽る演出」 おもに伝承勝舞の前兆として発生。 期待度の異なる3つのパターンが存在し、いずれもレバーON時に特殊な予告音が発生する。 演出ごとでは、こぶし<北斗七星<異次元の穴の順に期待できる。 [画面割れ(こぶし)] 画面に入るヒビが増えるほど、期待度が高い。 1つ<2つ<大量の3パターンが存在。 [画面割れ(北斗七星)] 第3停止時に道士が出現すると、伝承勝舞へ移行する。 [異次元の穴] 出現する穴が大きいほど期待度が高い。 小<中<大の3パターンが存在。 「伝承勝舞チャレンジ」 伝承試練の残りゲーム数が0になると発生し、所持しているへぷぽを使用して伝承勝舞の抽選をおこなう。 タイトルの色や出現するPUSHボタンの種類で期待度を示唆しており、ボタンを押して扉が開けば伝承勝舞or死合の刻へ復帰する。 「伝承勝舞の流れ」 [導入ゲーム(突入時のみ)] 道士のセリフで初戦の相手を示唆する。 [バトル1G目] 成立役に応じた抽選の結果、次ゲームへ継続もしくは、勝利を告知。 全撃破時は死合の刻へ、1〜3人目撃破時はボタンPUSHで次の伝承者が登場する。 [バトル2G目] 基本的には2G目までに勝舞が決着するので、3G目は逆転での勝利時のみ移行する可能性あり。 伝承者を撃破できればバトル継続or死合の刻へ復帰、撃破できないと伝承試練へと戻る。 「勝舞中の演出」 [予告音&LED点滅] レバーON時に発生し、成立役を示唆。 弱<強の2パターンが存在する。 [カットイン] ベル入賞時の全リール停止後に発生。 弱<強の2種類がある。 死合の刻中に蓄積していくポイントで、内部的に100pt獲得かつ、当該バトルボーナスが継続だった場合、スペシャルエピソードが発生して天授の儀へ移行する。 「ポイント加算契機」 成立役に応じた抽選とバトルボーナス移行時に獲得。 死合の刻の消化ゲーム数が長くなるほど、ポイントが加算されやすい。 死合の刻(バトルボーナス高確中)中の成立役] 1G〜20G…ハズレ、レア役で必ず1pt以上獲得 21G〜39G…ハズレ、1枚役、レア役で必ず1pt以上獲得 40G以降…全役でポイントを獲得 [画面にエフェクトが発生するとポイント獲得確定] 画面下から上に向かってエフェクトが発生。 大きいほど大量ポイントを獲得!? バトルボーナス移行時] バトル図柄が入賞したタイミングでもポイントを獲得する。 「所持ポイントの確認法」 バトルボーナス継続が確定した後に流れる継続ムービー中の全リール停止後にPUSHボタンを押すと、現在の所持ポイントを確認できる。 「ポイントのクリアタイミング」 バトルボーナスで敗北し、伝承試練での引き戻しに失敗したタイミングでポイントがクリア。 引き戻し成功時はポイントを引き継ぐ。 「狙えカットイン」 カットイン発生時は基本的にバトル図柄が揃うが、まれに図柄が揃わず継続ストックを告知することがある。 通常<特殊パターン(原画)の2種類があり、特殊パターンはバトル継続濃厚だ。 「天授の儀ロゴ出現」 全リール停止後にロゴが出現すると、継続ストックを獲得。 獲得のたびに画面右下にあるロゴの色が変化していく。 ロゴの色は白<青<黄<緑<赤<紫<虹の7種類。 「敵出現演出」 弱雑魚<強雑魚<看護婦の順に、継続ストック期待度がアップ。 「画面割り」 拳志郎が画面を割れば継続ストックを獲得。 拳志郎がオーラを纏っているとチャンスアップだ。 [攻撃の種類] パンチ<キック<北斗百裂拳 「幻影撃破」 拳志郎が宗武の幻影を倒せば継続ストックを獲得。 拳志郎が優勢なパターンならチャンス! 「継続ストック獲得濃厚の演出」 ・雷 ・ロゴ出現 基本的にはバトルボーナス高確中からスタートし、狙えカットイン発生時にバトル絵柄を揃えることで開始。 バトルボーナスはシリーズ伝統のバトルを継承しており、拳志郎が負けない限り高確中とループする。 バトルに負けても伝承試練(引き戻しゾーン)に突入するので、まだまだ継続に期待できるぞ。 レア役成立時は、継続ストック獲得に期待しよう。 スペシャルエピソードが発生すれば、天授の儀突入!? 「バトルボーナス」 対戦相手は4人。 劉宗武とのバトルが、もっとも期待度が高い。 [対戦相手] 霊王<張太炎<ヤサカ<劉宗武 「バトルボーナス中のポイント」 [朋友共闘] 発生すれば継続ストックを1つ以上獲得!? ヤサカ<張太炎<霊王の順に大量ストックに期待! [蒼天乱舞] 継続ストックを平均4個獲得できる特化ゾーン。 初当り時は突入しやすい!? [演出バランス選択] バトルの演出バランスを任意で選択可能。 ノーマル、奥義重視、先制重視のほかに、裏モードも存在!? 「狙えカットイン」 カットインが発生した時点で、バトルボーナス(BB)への移行が確定。 青<緑<赤<虹の順で継続や蒼天乱舞突入に期待できる。 「死合の刻ロゴ出現」 全リール停止後にロゴが出現すると、継続ストックを獲得。 獲得のたびに画面右下にあるロゴの色が変化していく。 ロゴの色は白<青<黄<緑<赤<紫<虹の7種類。 「消灯演出」 レバーON時に予告音が発生し、リール停止時に音声発生とともにリールのバックランプが消灯。 画面にヒビが入るパターンが複合するとチャンス、予告音なしで発生すると継続ストック獲得濃厚だ。 「敵出現演出」 レバーON時に出現する敵の種類や味方の攻撃パターンで、継続ストック期待度を示唆する。 基本的には拳志郎が攻撃をおこなうが、共闘中は共闘しているキャラが攻撃をおこなう。 [敵出現時] 強雑魚<看護婦=味方のアップ<味方が演武 [味方の攻撃] パンチ<キック<必殺技 「敵強襲演出」 レバーON時に予告音発生や画面のカットが切り替わり、リール停止時に敵キャラが拳志郎に襲いかかる。 敵キャラの色で小役、種類と拳志郎の攻撃の種類で継続ストック期待度を示唆する。 [拳志郎の動作] 拳志郎立ち止まる<拳志郎が激しく気づく [敵の種類] 弱雑魚<強雑魚 [拳志郎の攻撃] 裏拳<旋風脚<北斗百裂拳 「葉演出」 葉たちと対峙する敵の種類で、継続ストック期待度を示唆する。 [敵の種類] 弱紅華会のみ<弱+強紅華会 「救出演出」 襲われている女性の人数が多いほど、継続ストック期待度がアップ。 [女性の人数] 1人<3人<5人 「お祈り演出」 祈る内容で継続ストック期待度が変化。 エリカ、玉玲、美福庵主の3パターンが存在する。 [祈る内容] 通常<チャンス<激熱 「レバーPUSH演出」 PUSHボタンを押すと、蒼天を思え 蒼天に願えのカットインが出現する。 「穢れ演出」 天授ポイントの加算が確定する演出。 エフェクトが大きいほど、加算したポイントが多い。 対戦相手やバトル中の演出などで、朋友共闘やスペシャルエピソード(天授の儀)発生を示唆している。 【朋友共闘後の対戦相手】 朋友共闘後の対戦相手が同一の相手(ヤサカ共闘なら次戦もヤサカ)だった場合、再び朋友共闘発生が濃厚。 【対戦相手が劉宗武】 出現した時点で継続orスペシャルエピソード発生濃厚。 天授ポイントを内部的に80pt以上持っている場合に出現するので、スペシャルエピソードが発生しなかったとしても天授の儀は近い。 【朋友共闘・スペシャルエピソード濃厚パターン】 [継続告知後の対戦相手先制] 死合の刻中に継続ストック獲得を告知したセットは、基本的に拳志郎が先制する。 [拳志郎の赤セリフ] 対峙中の拳志郎のセリフが赤(北斗の文句は俺に言え!)。 [死兆星出現] 対戦相手がアップになった時の背後に出現する可能性あり。 [特殊文字] 拳志郎先制時に出現する可能性あり! [強敵背景] 特殊文字同様、拳志郎先制時に発生する可能性あり! [北斗天帰掌] [無想転生] [北斗百裂拳がヒット] [北斗剛掌波] 北斗百裂拳はヒットするのが条件だが、北斗剛掌波は発生した時点で対象となる。 [対戦相手の赤セリフ] 拳志郎攻撃後のセリフ色をチェック! 【朋友共闘・スペシャルエピソード発生に期待できるパターン】 [女人像攻撃] [パンチやキックが相手にヒット] 伝承試練開始時にA〜Fの中から試練状態を決定。 状態に応じて試練モード(低確、通常、高確の3種類)や規定へぷぽ数などを抽選する。 「規定へぷぽ数」 伝承勝舞に当選する規定のへぷぽ数は、試練状態と倒した伝承者の人数で変化。 1人も倒していない状態なら、300へぷぽ以内に勝舞が発生する。 レア役は50へぷぽ以上獲得濃厚だ。 100へぷぽ以上獲得時は最大4Gの前兆を経由するので、当該ゲームで告知されないこともある。 「伝承勝舞の前兆」 規定のへぷぽを獲得すると、最大4Gの前兆を経由して勝舞へ移行する。 カットインの発生率は伝承試練のゲーム数が少ないほど高い。 すべての演出パターンにおいて、龍が炎を吐くと複数ストック濃厚だ。 [ストック告知演出一覧] ・またたき告知 レバーON時に龍の目がまたたく! ・ブラックアウト告知 レバーON時から第3停止までのいずれかで、画面がブラックアウト! ・雷告知 レバーON時に龍に雷が走る。 ・1秒後告知 全リール停止から1秒後に告知が発生する特殊パターン! 「転落煽り」 レバーON時に暗闇が発生し、リール停止ごとに画面を覆っていく。 全画面が暗闇に覆われると蒼天乱舞終了。 龍が吠える(炎を吐く)と継続ストックを獲得する。 ユーザー口コミ・評価詳細 パチスロ蒼天の拳 朋友• ペナルティ放置...

次の

北斗の拳 修羅の国(しゅらのくに)解析とスペック天井

パチスロ 北斗 の 拳

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の