斉藤由貴 恋の記憶。 【世にも奇妙な物語 2019 秋】恋の記憶、止まらないでのネタバレあらすじ「斉藤由貴主演の宮島素子役イチキ游子が怖い」

斉藤由貴

斉藤由貴 恋の記憶

『恋の記憶、止まらないで』のあらすじ 売れなくなったシンガーソングライターの村瀬志保(斉藤由貴)は新曲を思うように作ることができす、誰の心にも響かない曲ばかり発表するうちに、ファンからも見放され、SNSには辛らつなコメントが書き込まれるようになってしまいました。 そんなある日、村瀬志保(斉藤由貴)は曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見てしまいます。 そして。 その夢の中に流れていたメロディーが気になり、記憶をたどりながらに新曲に作り上げ、その曲を披露したところ、今までの評価が嘘のように、あっという間にヒットチャートの仲間入りを果たし、SNSでも好意的なコメントが並び始めることとなります。 再び脚光を浴び始めた村瀬志保(斉藤由貴)は、自宅で子供の頃に出場したちびっこのど自慢大会のビデオを見つけ、懐かしながら、ビデオを再生して見ていると、夢で見た光景がテレビに流れ始めます。 なんと村瀬志保(斉藤由貴)が発表した作品は30年前にCMで流れていた曲は地元青森地酒琴篠のCMで、宮島素子が歌っていた曲だったのです。 とんでもないことをしてしまったと思った村瀬志保(斉藤由貴)は「地酒琴篠 CM 青森」で検索して調べると、最恐都市伝説というサイトに、呪いのCMとして紹介されていました。 地酒琴篠のCMは30年前に一度だけ放送されましたが、CMソングを歌っていた宮島素子が急死したため、一度しか放送されなかったのです。 そして、映像も音源も残っていないと書かれていたため、そのまま盗作だとは言わずに自分の曲として、ごまかすことにしますが、その後、次々に不思議な現象が起こり、宮島素子の声や姿まで見かけるようになってしまいます。 そんな中、村瀬志保(斉藤由貴)は、この曲でCM出演が決まりました。 村瀬志保(斉藤由貴)は宮島素子のことを調べ始め、宮島素子が何度も謝りながら亡くなったことを知ります。 怖くなった村瀬志保(斉藤由貴)は本当のことを言おうとしますが、次々に仕事が舞い込み、村瀬志保(斉藤由貴)は、この曲は自分の曲だと言い聞かせて、地酒琴篠のCMの映像が入ったビデオテープを切り刻んでしまうのでした。 その後、村瀬志保(斉藤由貴)はテレビ出演の収録中に幻覚や幻聴に悩まされ、現場から走って逃げると、そこには宮島素子の姿が!? 村瀬志保(斉藤由貴)は自宅に戻り「ごめんなさい。 ごめんんさい。 取るつもりはなかったの!」と謝ると、テレビから自分のCMが流れ、途中から宮島素子が現れ「この曲取らないで」と歌い出し、さらに「ごめんなさい」と謝り出します。 そこで村瀬志保(斉藤由貴)は宮島素子も、誰かの曲を盗んで、謝り続けたのだということに気付きます。 すると、村瀬志保(斉藤由貴)の背後に謎の女が現れ「この曲取らないで!私の曲よ!」と言われ、村瀬志保(斉藤由貴)は泣くように笑うのでした。

次の

斉藤由貴 『世にも奇妙な物語‘19 秋の特別編』出演決定!

斉藤由貴 恋の記憶

『恋の記憶、止まらないで』のあらすじ 売れなくなったシンガーソングライターの村瀬志保(斉藤由貴)は新曲を思うように作ることができす、誰の心にも響かない曲ばかり発表するうちに、ファンからも見放され、SNSには辛らつなコメントが書き込まれるようになってしまいました。 そんなある日、村瀬志保(斉藤由貴)は曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見てしまいます。 そして。 その夢の中に流れていたメロディーが気になり、記憶をたどりながらに新曲に作り上げ、その曲を披露したところ、今までの評価が嘘のように、あっという間にヒットチャートの仲間入りを果たし、SNSでも好意的なコメントが並び始めることとなります。 再び脚光を浴び始めた村瀬志保(斉藤由貴)は、自宅で子供の頃に出場したちびっこのど自慢大会のビデオを見つけ、懐かしながら、ビデオを再生して見ていると、夢で見た光景がテレビに流れ始めます。 なんと村瀬志保(斉藤由貴)が発表した作品は30年前にCMで流れていた曲は地元青森地酒琴篠のCMで、宮島素子が歌っていた曲だったのです。 とんでもないことをしてしまったと思った村瀬志保(斉藤由貴)は「地酒琴篠 CM 青森」で検索して調べると、最恐都市伝説というサイトに、呪いのCMとして紹介されていました。 地酒琴篠のCMは30年前に一度だけ放送されましたが、CMソングを歌っていた宮島素子が急死したため、一度しか放送されなかったのです。 そして、映像も音源も残っていないと書かれていたため、そのまま盗作だとは言わずに自分の曲として、ごまかすことにしますが、その後、次々に不思議な現象が起こり、宮島素子の声や姿まで見かけるようになってしまいます。 そんな中、村瀬志保(斉藤由貴)は、この曲でCM出演が決まりました。 村瀬志保(斉藤由貴)は宮島素子のことを調べ始め、宮島素子が何度も謝りながら亡くなったことを知ります。 怖くなった村瀬志保(斉藤由貴)は本当のことを言おうとしますが、次々に仕事が舞い込み、村瀬志保(斉藤由貴)は、この曲は自分の曲だと言い聞かせて、地酒琴篠のCMの映像が入ったビデオテープを切り刻んでしまうのでした。 その後、村瀬志保(斉藤由貴)はテレビ出演の収録中に幻覚や幻聴に悩まされ、現場から走って逃げると、そこには宮島素子の姿が!? 村瀬志保(斉藤由貴)は自宅に戻り「ごめんなさい。 ごめんんさい。 取るつもりはなかったの!」と謝ると、テレビから自分のCMが流れ、途中から宮島素子が現れ「この曲取らないで」と歌い出し、さらに「ごめんなさい」と謝り出します。 そこで村瀬志保(斉藤由貴)は宮島素子も、誰かの曲を盗んで、謝り続けたのだということに気付きます。 すると、村瀬志保(斉藤由貴)の背後に謎の女が現れ「この曲取らないで!私の曲よ!」と言われ、村瀬志保(斉藤由貴)は泣くように笑うのでした。

次の

「恋の記憶止まらないで」ネタバレ!ラスト結末の意味は?原作はある?【世にも奇妙な物語2019秋の特別編】

斉藤由貴 恋の記憶

斉藤が同シリーズに出演するのは実に25年ぶり。 初のホラー作品で売れないシンガーソングライター役を務める。 斉藤のシリーズ初出演は、番組がスタートした年である1990年10月放送の『〜 秋の特別編』。 「絶対イヤ!」というストーリーに主演し、映画翻訳家を目指す女性を熱演した。 2回目は94年10月放送の『〜 秋の特別編』。 「出られない」というストーリーで、電話ボックスに閉じ込められた女性を演じた。 3回目となる今回「恋の記憶、止まらないで」というストーリーで斉藤が演じるのは、売れなくなったシンガーソングライター・村瀬志保。 新曲を思うように作る事が出来ず、ファンからも見放され、SNSには辛らつなコメントが書き込まれていた。 ある日、志保は曲作りをしながらうたた寝をしてしまい、不思議な夢を見る。 そして夢の中に流れていたメロディーが気になり、記憶をたどりながらに新曲に作り上げていった。 早速その曲を披露したところ、みんなが志保の歌に聞きほれ、あっという間にヒットチャートの仲間入りを果たし、SNSにも好意的なコメントが並び始めた。 そんなある夜、自宅で曲作りをしていた志保は、背後に不穏な空気を感じてしまう…、というストーリー。 過去2作とは違い、今回は初のホラーテイストにチャレンジした斉藤。 「ある意味、最も『世にも奇妙な物語』らしい、王道をいく作品なので、新しいジャンルの作品に挑める事もうれしいです。 どちらかというと私は、コミカルな作品の方が演じやすいので、叫んだり、怖がるという表現は難しく、チャレンジングな作品になると思います」と意気込んだ。 役柄にも共感を覚えるようで「私自身が、この仕事を始めてもう34年位でして…もう人生の半分以上、この仕事をしているのですが、その間にはお仕事がうまくいく時もあればいかない時もありました。 仕事をする上で迷う気持ちには共鳴でき、役柄に寄り添う事ができたのは確かです。 だからといって、私の素の部分を作品に感じさせすぎるのは良くないと思うので、そのバランスが難しかったです」と振り返っている。

次の