冷めきれないままの心で。 心が動かない

彼氏に冷めたサインとその理由!気持ちを持ち直すためにできることは? Moon

冷めきれないままの心で

<目次>• 諦めきれない時の考え方1:「もう無理なんだ」と理解する 恋愛は1人だけの気持ちではできないものです。 相手の気持ちが冷めてしまったときや、相手はもう他の人に心を奪われてしまっているときに、何をしても効果はないものです。 それでも、もし相手があなたのことをまだ気になっていたら、いつか必ず連絡がくるでしょう。 逆を言えば、「今、連絡が来ない」ということが、「今の相手の答え」でもあるのです。 ただし、「もう無理なんだ」と理解しつつも、自分を追い詰めないことも大切です。 実は、相手を振るときに、本当の理由を言わない人というのも意外と多くいます。 そんなときに徹底的に事実を追求して、心に深い傷を負ってしまう人もいます。 たとえ相手に他に好きな人ができたから別れたのだとしても、その事実を別れる直後に知るのと、別れて相手への気持ちが冷めてから知るのでは、心のダメージの大きさは変わります。 「物事に白黒をつけてスッキリしたい」という人は少なくありませんが、本当にその真実をどこまで知った方がいいのか、というと難しいものです。 例えば、信じ切っていたパートナーに他に好きな人ができてしまったから別れたのだとしたら、男性(女性)不信になるほどのショックを起こす人もいるでしょう。 逆に、パートナーが不治の病にかかって、「1人でひっそりと息絶えたい」という人生観から別れたがっているのだとしたら、その出来事は「最愛な人を失う悲劇」になります。 つまり、真実が分からないままだと、「最悪な出来事になる可能性」も「悲劇な出来事になる可能性」もあるわけです。 でも、相手が本当のことを言わない限り、結局は、どちらであれ日常生活を変わらず過ごしていくものです。 つまり、どちらであっても、相手は別れたがっていて、また自分自身の生活は変わらないのに、果たして、その真実を知って、トラウマを作ったり、悲しみに暮れたりといった状態にする必要は、本当にあるのでしょうか? 真実が分からないときは、わざわざ知らなくても毎日の生活は変わらないもの。 だったら、自分の都合のいい事実を作ってしまった方が、まだ幸せに生きられるとも言えます。 日常生活は変わらないのに、真実をわざわざ知って自分を追い込む必要はないのです。 もちろん知りたい気持ちは、誰にでもあるもの。 でも、グレーにしておく生き方も、またあるのです。 「だったら、別れてあげる(諦めてあげる)」と思えるくらいの広い心とプライドを持った方が、自分のためにもいいでしょう。 もう、自分を追いつめるのは、止めませんか? 中には、別れを切り出した相手から連絡が取れなくなると、相手の家や職場まで行ってしまう人もいます。 気持ちは分からなくはないのですが、そんな人が知っておいた方がいいことがあります。 諦めきれない時の考え方2:「関係を壊さないやり方」を選ぶ方がいい 待ち伏せしても、相手が怖がるだけ 相手に別れを切り出された後、ちゃんと話し合いもできていない状態で、音信不通になるパターンも意外と多いもの。 そんなやり方しかできない相手に誠意がないのは明らかですが、自分の感情に振り回されて、相手の家や職場に行ってしまうと、相手に恐怖心や怒りを抱かせることもあります。 そうすると、修復は不能になるほど、関係は壊れてしまいます。 そんな相手を追いつめるような行動をしてしまう人が、知っておいた方がいいことがあります。 それは、こんなときでも、「関係を壊すやり方と壊さないやり方がある」ということです。 もし、あわよくば「やり直したい」と思うのであれば、手段は択ばないといけないのです。 例えば、ある女性は、夫の浮気に頭にきて、彼の浮気相手もいる職場に乗り込んでいったそうです。 そこまでやってしまうと、修復可能だった場合であっても、関係は終わってしまう可能性は高いです。 男性にとって職場はある意味、戦場であり、聖地であることも多いもの。 そこを汚されることや、働きにくくされることは、許しがたいことなんですよね。 相手がどんなにひどいことをしたとしても、だからって、自分も相手にひどいことをしていい、という理由にはなりません。 仕返しとして、「こっちも相手を苦しめてやる!」なんて発想であれば、正直言って、子供っぽいですし、間違いなく関係は破たんします。 それと同じように、相手に連絡がつかないからといって、家まで押しかけていってしまうと、相手が恐怖を感じ、むしろ会いたくなくなってくるもの。 結局、あなただって、どうでもいい相手であれば、そんなことまではしないもの。 心の中に相手への愛情や執着があるからこそ、ここまでの行動をしてしまうわけですしね。 そうだとしたら、やはり相手の立場や状況をよく考えて動くことが大事です。 無理やり会おうとして、家や職場に待ち伏せをし、自分の要望を一方的に押し付けてしまっては、彼(彼女)はあなたをどんどん苦手になっていきます。 相手が会いたくないときに会っても、意味はありません。 相手が話したくないときに一方的に言葉を投げかけても、相手の心には響きません。 だからこそ、自分の感情に振り回されないで、相手が会ってもいいと思うときまで待つしかないんですよね。 もしかしたら、それが一生来ないこともあるかもしれません。 でも、たとえそうであっても、自分自身に聞いてみた方がいいでしょう。 「今、相手に無理やり会って、思いを一方的にぶつけて、嫌われて終わらせたいのか?」ということを。 本音を言えば、嫌われたいわけがないでしょう。 だからこそ、この別れに対して苦しみ、取り乱しながらも、心のどこかでやり直せることを期待してしまっているわけですしね。 さらに言うと、徹底的に相手を追いつめたところで、「スッキリした!」なんて人は、意外と少ないものです。 一時的にスッキリすることはあっても、あとから虚しい気持ちがこみ上げることも少なくありません。 そんな惨めな行為をしてしまったら、自分のことだって誇れないでしょう。 相手を手放すことが、相手にできる唯一の愛情行為なら、そんな愛情を出せる人になるのです。 それくらいのプライドを持てるようになった方が、自分も幸せになれます。 諦めきれない時の考え方3:幸せになって、執着を捨てる 幸せになったら、古い恋はどうでもよくなるもの 実は、諦めきれない恋から抜け出せない人は、「今、幸せでないから、相手に執着してしまっている」ことが多いのです。 相手うんぬんよりも、自分自身が今、自分を幸せにする力がないから、こんな心境になっているのです。 当たり前ですが、好きだった相手よりも素敵な人と出会い、相思相愛になったら、そんな過去の相手なんてどうでもよくなる人は多いもの。 それこそ、相手に何が何でも会うために、家や職場に押しかけるなんてことは、したくなくなるでしょう。 色々と探せば、そんな相手よりもあなたにとって素敵な人はごまんといるものです。 ウジウジと過去にばかり引きずられないで、今、そして未来に向かって歩き始めましょう。 いくつになっても、同世代の独身者はいます。 結婚をしたいのであれば、できないわけではありません。 どうせなら、あなたを振った相手が後悔するくらいに、幸せになりましょう! 「別れたい(付き合いたくない)」と言っている相手への思いを引きずったところで、自分も相手も不幸なだけです。 そんな誰も幸せにしない恋は、今年中に手放して、新しい年と共に、新たな幸せを手に入れるようにしましょうね! 【関連記事】• [お知らせ] ・が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読! 毎週金曜日23時に更新! を毎日更新中!.

次の

冷めてきた彼氏の心を取り戻す!誰でもできる効果的な8つの方法

冷めきれないままの心で

好きだったはずの彼。 一緒にいてもドキドキしないし、一緒にいる時間を「つまらない」と感じることが多くなったとき。 『もしかして冷めた?』と自分の気持ちがどこにいっているのか分からなくなってしまうことも。 本当に彼への気持ちが冷めたのかどうか、自分の中できちんと見極めて対処しければ、その先に待っているのは「何もせずに過ぎた時間への後悔」かもしれません。 今回は「これは彼氏に冷めたサイン!」となるポイントと、気持ちの持ち直し方について解説していきます。 後で大きな後悔に繋がるリスクを避けるためには、ちょっとした心の変化をスルーしないで「見つめる」ことが大切になってきます。 現状には満足していないけれど、限定する原因も分からないときに出てくる状態です。 自分の気持ちが分からなくなることで、色んなことへの「決断」が鈍ってしまい、よくない結果を導いてしまうこともあります。 少しでも後悔の少ない人生にするためには、「自分がどう思っているのか」をきちんと把握し、「自分がどうしたいのか」を判断できる力が必要になってくるのです。 彼氏に冷めた感情があることを自覚できるか、できないかで、自分の気持ちを知ることができるようになります。 これから彼氏に気持ちが冷めたときの5つのサインをご紹介するので、判断材料の参考にしてみましょう。 一緒にいるのに楽しいと感じられない、つまり「一緒にいる意味を感じられない」瞬間を経験することが増える度、「どうしてこの人と一緒にいるのだろう」という不満に近い感情が出やすくなります。 好きだからこそ許せてしまうのですよね。 ウザいと感じる瞬間が増えるということは、それだけ余裕がなくなり許せない気持ちになっている証拠。 好きの度合いが激減している状態です。 それがあるときから一切なくなったら……彼への気持ちがなくなっていると判断できるひとつの材料になるでしょう。 何をしても何をされてもイライラするようになったら、好きな気持ちはどこかにいってしまっている状態。 一緒にいることに限界を感じているサインになるでしょう。 どうでもいいと思ってしまった これは気持ちが冷めたどころか、完全に気持ちがなくなっているとき。 彼に対してなんも要求がないからこそ、怒りも悲しみも感じることなく、「どうでもいい」と思ってしまうのです。 しかし、思い返して自分の気持ちを追求していくことで、必ず「冷める理由」があることの気付くでしょう。 一緒にいる時間が長くなるほどに「冷める」ことへの感覚が鈍くなりがちなのは、一緒にいることで少しずつ積み重なっていく「彼から心が離れる」気持ちが原因。 少しずつ積み重なる7つ事柄が原因です。 自分の元に戻ってきてくれたとしても、彼への不信を消すことはできず、気持ちはどんどん冷めていきます。 そこを努力で改善しあいながら関係は作り上げていくもの。 それにも関わらず、何度注意しても直らない欠点があるときには、「改善のない関係」に対しての不満が募り、気持ちも冷めていってしまうでしょう。 しかし、度の超えた監視のような激しい束縛をされると「人生を監禁」されているような気持ちに追い込まれてしまい、自由と解放を求める気持ちと比例して、愛情が消えていくのは、ある意味自然な感情です。 ここで気持ちが冷めないままだと、危険な恋愛関係に発展していく大きなリスクが生まれます。 モラハラの最も怖いところは「人格否定」モラハラを受けることで傷ついていくうえに、自分がダメな人間だと思い込んでしまうことが怖いのです。 モラハラの度合いにも個人差がありますが、モラハラ的な言葉を言われて気持ちが冷めるのは、「自己防衛本能」でもあります。 積み重なる言葉の暴力は「好き」だけの気持ちじゃ太刀打ちできなくなるでしょう。 なんとなくつまらないと感じ始めたら、その気持ちは大きくなり、いつしか「一緒にいてつまらない相手」を作り上げてしまいます。 気持ちの回復には刺激が必須の状態になり、彼が刺激を与えてくれなければ、ほかの男性に刺激を求めたくなるのも「彼氏に気持ちが冷めていく」理由になります。 恋愛は少しでも自分がポジティブな気持ちを維持できなければ成り立たないものです。 気持ちが冷めてしまうのは時間の問題の関係ですね。 付き合っているのに片思いのような日常に、心が疲れてしまうこともよくあるパターン。 想われている実感がないことは、彼への気持ちを少しずつ削り取ってしまいます。 たったひと言、傷つく言葉、ありえないと思う言葉を言われることで気持ちが冷めてしまうと感じることもあるかと思いますが、その言葉の背景には「積み重なった愛情を感じない日々」があるもの。 決定的に冷める言葉を言われることで、無意識に積み重なった感情が爆発し、「彼氏への気持ちが一気に冷める」瞬間ともなるのです。 傷つくワードのポイントは人によって異なりますが、特に多いとされる「彼氏に冷める瞬間ワード5選」をご紹介します。 ここはほんとに言葉を選んでほしい場所ですよね。 実際に太っていたとしても、彼女なんですから直接、笑いながら言うものではありません。 馬鹿にされている気持ちが惨めさを呼び、デリカシーのない彼氏に対して一気に気持ちが冷めてしまうでしょう。 このひと言で、この先の関係が一気に見えてしまいますよね。 何をするにも「彼のお母さん」が出てくる関係を想像したとき、彼女の気持ちが急激に減少していく姿が見えます。 近年マザコン男子が増えつつあり、この言葉にゲンナリして気持ちが冷めた女性は決して少なくありません。 女性はこうあるべき!というスタイルはもういまの時代古すぎます。 偉そうに意見を押しつけてくるその姿に気持ちが冷める女性は少なくないはず。 自分のモノサシで物事を図り、それにあわない相手に対して否定をするだけではなく、「普通は……」という一般論を入れてくることで「お前は普通じゃない」と人格否定をする人もいます。 自分を否定されたとき、気持ちが一気に冷めてしまうのは人として当たり前の感情ですよね。 思いやりを感じられないこのひと言に、一緒にいても楽しいと感じられるような未来は見えなくなってしまうでしょう。 自分の気持ちを押し込めて無理に「現状維持」をしたくなる人も多いでしょう。 ただし、心の中に感じる「冷めたという事実」を隠してもいつか必ず表に出てきてしまうもの。 常に「楽しい」と感じられないつまらない付き合いになってしまいます。 これって人生における「無駄な時間」ですよね。 彼氏に冷めたときには、自分の心と向き合うためにお進めな4つの方法を試してみてください。 自分の心を見つめなおす時間を意識して作ることで、人生における「自分にとって正しい決断」をすることができるようになるはずです。 彼と会ってしまうことで、目の前にいる彼の態度や雰囲気に飲まれ、自分の気持ちがより分からなくなることも多いもの。 少し冷めたと感じてきたら、少しずつ会う回数を減らして「自分だけの時間」を作ってみましょう。 彼に対しても「いままでとは気持ちの変化があった」というサインを送ることもでき、自分だけではなく、彼の方にも「ふたりの関係」について考えるきっかけを与える可能性が期待できます。 お互いに「しっかりとふたりの今後」について考える時間を作るのです。 別れるまでの決心はつかないけど、モヤモヤする気持ちが耐えられないという人におすすめです。 離れてから初めて気付く「本当の自分の気持ち」もあるものです。 こんな状態が続くなら、思い切って別れることを選択するのもアリです。 気持ちは「変えられるもの」と「変えられないもの」の2パターンがありますが、ここまでの状態になっている場合は「変えられない気持ち」になっているもの。 新しい出会いに向けて気持ちを切り替えるタイミングでしょう。 それでも一緒にいたい気持ちや、好きな気持ちが残っているのであれば、いま感じている気持ちは一時のものとしてなんとか気持ちを持ち直したいと思いますよね。 冷めてしまった気持ちを持ち直すためには「自分と向き合い、彼にも現状に向き合ってもらう」という2つの工程が必須となります。 どちらかひとつだけではダメなのです。 自分と彼との「現状把握と意識改革」がなければ、冷めた気持ちを持ち直すことはできません。 気持ちが冷めてしまうということは、お互いに何かしらの原因があり、どちらかといえば「彼の方に改革」が必要な状態なのです。 原因が分からなくては改善しようがありませんからね。 この追求を面倒くさがってしまうことで冷めた理由もはっきり分からないまま、終わってしまうパターンは案外多いものです。 冷めたから次の恋愛探しではなく、まずは冷めたその理由を明確にしてみましょう。 彼との関係回復のためには大切なことです。 また、新しい恋人を探すにしても「自分がどこで気持ちが冷めるか」を把握しておかなければ、また同じことの繰り返しになってしまうリスクも。 自分の気持ちに変化があったときには、「自分の気持ちとその原因に向き合う」ことが、人生開拓の大きなポイントになってくるでしょう。 彼氏に気持ちがあるのであれば、一緒にいる時間を失わないために改善への努力をしてくれるはず。 ここで努力ができないというのであればそれこそ「それまでの関係」ですね。 彼にとっても「恋人に冷められてしまう理由」が分かることは自分の人生のおいて必要なものなので、『こんなこと言ったら彼氏に悪い……』なんて下手な罪悪感は必要ありません。 気持ちが冷めたときに、その理由について話し合いをすることは、お互いのためになることだと自信を持ってふたりの未来をよりよい方向へ運ぶためのターニングポイントとして活用してください。 次の恋愛に意識を向けるしか明るい未来を見る方法はないでしょう。 しかし、ほんの少しでも好きが感じられる状態なら、まだ気持ちを取り戻すことができる可能性は残っています。 彼の気持ちが冷めたと感じて、そのまま終わらせてしまうのは簡単なこと。 しかし、可能性を捨てることなく「努力してみる」ことは、付き合っている「今」しかできません。 後悔の少ない人生にするためには、ひとつの物事に対して「やり残したこと」を少しでも排除することも大きなポイントになってきます。 冷めた気持ちを本当に取り戻すことができないのかは、最後に「取り戻す努力」をしてみない限りわからないこと。 終わってしまうその前に、最後の悪あがきではありませんが、「本当に現状は変わらないのか」を見極めるために3つの気持ちを盛り返すポイントを試してみましょう。 これでも気持ちが変わらなければそれまでの縁という話。 一緒にいて楽しいと感じたこと、嬉しいと感じたことというように、彼氏へ付き合っていたときの「ポジティブな感情」を思い出させてみましょう。 彼女に対してドキドキした時間、楽しかった時間、安心できた時間などをひとつひとつ思い出していくことで、彼女の好きなところを必然的に思い出すことができます。 好きだった気持ちを再確認することができ、その場の感情での思いつきの判断ではなく、冷静に「失いたくない存在なのかどうか」を見極めることができるでしょう。 付き合いが長くなるにつれてお互いに開拓精神が減少し、デートも同じことの繰り返しとなることもあるあるでしょう。 誰だって同じルーティーンを繰り返すだけでは飽きてしまいます。 この「飽き」が気持ちを冷めさせていく原因にもなることもあるのです。 少しつまらないと感じる時間が出てくるのであれば、普段とは違うデートをすることがおすすめ。 付き合い始めのころのようにデートスポット探しをしたり、旅行に行ってみたり、いつもとは違うデートプランを実行してみましょう。 ちょっと普段とは違う風を拭かせてみるだけでも、気持ちを取り戻す効果を期待できます。 何か心の中にひっかかることがあるからこそ、その不満が消化しきれない状態に嫌気がさしてしまい「気持ちが冷める」という結果に結びついていくものなのです。 普段、言いにくいと思っていたことを思い切って「きちんと話し合う」時間を作るのも、気持ちの立て直しには効果的。 解決してもしなくても、「話し合いができた」という達成感によって気持ちが前向きになってきます。 少しでもふたりの関係に対してポジティブな感情を持つことができれば、気持ちの立て直しとともによりよい関係へ繋げることができるきっかけにもなるでしょう。 付き合いが長くなればなるほど、気持ちは冷めることもありますし、再燃することもあるものです。 本当に冷めた気持ちを実感しても、その気持ちがちょっとしたきっかけで溶けていくこともよくある話。 一緒にいればいるほどに冷めたと感じることが多くなり、気持ちを持ち直そうと努力しても変えられない気持ちになるまでは「やり直すチャンス」はいくらでもあるのです。 恋人に対して冷める瞬間があるのは当たり前のことである自覚を持つことも大切です。 しかし、そこに甘んじて「わずかな可能性を期待しながら自分の気持ちを誤魔化す」ようになっては危険サイン。 恋人同士の心のつながりはとても複雑なので、判断を間違えないようにしましょう。 そのときの感情に捕らわれたり下手な願望を持ったりと、どちらかをオブラートに包んで見えにくくすることで間違った判断をしやすくなります。 後悔の少ない結果を導き出すためのポイントは「自分の気持ちと事実に向き合うこと」 このことをしっかりと胸に刻んで、彼との付き合い方に向き合っていきましょう。 (沢田七海/ライター) (ハウコレ編集部) コラム提供: 外部リンク.

次の

熱しやすく冷めやすい…双子座女子の恋がうまくいかない原因とは

冷めきれないままの心で

1.彼女に冷めた彼氏の15の言動 まず始めに、男性は彼女に冷めるとどのような言動になるのか15の言動を紹介します。 それぞれ当てはまっているか確認してみましょう。 LINEの場合、既読スルーや未読スルーをする回数が増え、彼女から連絡しない限り、連絡を取り合うことができなくなるのです。 これは、 彼女に連絡するのが面倒になることが原因でしょう。 そもそも男性の多くは、メールやLINEなどを単なる連絡手段と考えているので、特別な用件がなければメッセージのやりとりをしようとしません。 気持ちが盛り上がっている時なら積極的に繋がりを持とうとしますが、気持ちが冷めてくると消極的になってしまうのです。 例えば、彼氏に質問をした時、「うん」と、ひと言だけのメッセージやスタンプだけになるなど、簡易的な返信をされことが多いのであれば、相手は彼女と必要最低限の会話しかする気が起きなくなっていると言えます。 彼女への気持ちが強い男性であれば、そっけない返信にはならないものです。 単純に、男性が忙しい時もこのようなメッセージになることがありますが、 淡白な内容が次第に増えていく場合は要注意ですよ。 なんか最近LINEで彼氏が冷たい。 電話ではふつうなのに。 ちょっと冷め期来ちゃったのかな。 付き合いたての頃に戻りたい。 何気あの頃がいちばん楽しかった。 この場合、彼女がデートに誘っても断ることが増えていったり、会っている時もすぐに帰ろうとします。 彼女と過ごす時間よりも、自分の時間や友人との付き合いの方を優先させてしまうのです。 男性は気持ちが冷めてきた時、デートすることは労力を使うことに思え、億劫に感じてしまいます。 誰でも好きな人には、自分のことを知ってもらいたいと思うものですよね。 普段から口数が少ない人でも、多少なりとも自分の話をして、彼女の関心を自分に向けようとするものですし、聞かれたことに対しても素直に答えます。 その反対に、 気持ちが冷めてくると自分のことを知られたくないという気持ちが次第に強くなってくるのです。 日常の話以外でも休みの日など、 スケジュールを隠すようになった時は気持ちに変化があったと疑った方がよさそうです。 気持ちが無くなるにつれて、彼女に興味がわかなくなってしまうのです。 そのため、話しかけても空返事をしたり、彼女が話していたことを覚えていないという状態になります。 好きだという気持ちは相手に関心があるのと同じことなので、冷めてくると相手を知ろうとする意欲が無くなります。 愛情が減ると、彼女を喜ばせたいとは思えなくなるのです。 それに、お祝いを欠かさない男性は、当日に一緒に過ごすことができなくても他の日で穴埋めをしようとします。 それすらしなくなってきた時は、気持ちに変化があったと言わざるを得ません。 彼女に触れたいと思えなくなってしまうのです。 マンネリにより、性の対象として見られなくなっていることが原因のひとつでしょう。 そしてこの場合、彼女側は彼氏とスキンシップをとりたくても彼氏から拒否されることが多いのです。 彼女としては愛情確認のためにスキンシップを求めているのですが、彼氏はそれが面倒に思えてますます気持ちが冷え切ってしまいます。 彼女を性の対象でしか、見られなくなるのです。 この場合は肉体関係があっても、残念ながら彼氏から愛されているとは言えません。 愛情が減っている時はキスやハグをせずに、体の関係だけを結ぼうとしたり、行為が終わったら関心がなくなってしまうのです。 このようにスキンシップの頻度や仕方に極端な変化があった場合は、彼氏の気持ちが冷めていることが多いでしょう。 気持ちが冷めてしまうと今まで気にしなかったことを意識するようになり、些細なことでもイライラしてしまいます。 最近、彼氏があなたに攻撃的な態度をとることが多かったり怒りっぽいというのであれば気持ちが冷めている可能性があります。 しかし、ごく普通の日常で連絡が遅くなるのであれば、あなたへのメール返信の優先度が下がっているということ。 もともと返信が遅い人であれば気にすることはありませんが、そうでない場合あなたへの気持ちが冷めてしまっている可能性があります。 今まであなたの予定を聞いてくれた彼氏が予定を聞いてくれなくなったり、彼氏の予定も教えてくれなくなったのであれば、 デートをする気持ちが薄れてしまったということが考えられます。 わざわざ、あなたと会う日に限って友達との予定を入れるのは、あなたへの気持ちが冷めていることが考えられます。 しかし、言葉での愛情表現はなくても、相手への気配りを忘れないといった行動で愛情表現を示しているカップルや夫婦は多いです。 言葉や行動での愛情表現がなくなっているのであれば、あなたへの気持ちが冷めている可能性が高いです。 また、あなたが発言することにイライラするようになり喧嘩腰の口調になることも。 あからさまに態度が変わったり、あなたと一緒にいてつまらなそうだったりする場合は、別れが近づいていると思って間違いありません。 一緒にお風呂に入らなくなったり、ちょっとしたスキンシップが減ると彼氏の気持ちが冷めているサインだと思って間違いありません。 2.彼氏の気持ちが冷めた原因って? 次に、彼氏の気持ち冷めた原因は一体どのようなことなのか、その理由7つご紹介します。 2-1.彼女に飽きた 冷めてきたのは、彼女に飽きていることが原因かもしれません。 そのため、連絡の頻度や会う回数が減ったり、スキンシップをとろうとしなくなるのです。 付き合いが長くなると、多くのカップルにマンネリする時期が訪れるものですが、気持ちが冷めてきている男性は、単調な付き合い方に新鮮味を感じなくなり、退屈だと感じてしまいます。 そして彼女に興味が持てなくなるのです。 デートの頻度にもよりますが、 一般的には1年以上付き合っているカップルにはこのような傾向が見られます。 2-2.彼女の言動に幻滅してきた 彼女の言動に幻滅してきている時も、気持ちは冷めていきます。 男性が特に気にするのは、 食事のマナーや人に対する態度などです。 付き合い始めは好きだという気持ちが強いので彼女の短所は気にならなかったのですが、交際が続くにつれて短所ばかりが目につくようになってしまったのでしょう。 愛情フィルターがかかっていたのが外れ、彼女の欠点が鮮明に見えてきてしまい、交際を続ける気が失われているのです。 2-3.彼女の気持ちが重い 彼女の気持ちが重いと感じるのも、気持ちが冷める原因のひとつでしょう。 さきほどお話をした彼女の言動に幻滅してきたのと同じように、交際当初は彼女から愛されていることが嬉しかったはずです。 けれども、 愛情確認や束縛をされているうちに付き合いが息苦しく思えてしまい、彼女の存在が重く感じてしまいます。 ほとんどのカップルが倦怠期を経験します。 彼女と過ごす時間に慣れてくると、付き合った当初のドキドキ感などといった刺激が減ってきますよね。 それをきっかけに、だんだん気持ちが冷めていってしまうことも多いよう。 最近、好きとか言われなくなったけど、調べてみたら倦怠期か 彼女が日常的存在になってる安心感からだってかいてあった 距離おきたいわけじゃないって言われたから、後者だと思い込んどく… 何が一番不安かって、彼氏さんが大学入ること!可愛い子沢山だろうな… — yui🦊 yui39250605 さらにある程度お互いのことを深く知るようになると、 今までは気にしてなかった小さな不満や、値観のズレなどが気になるようになります。 放っておくと些細な喧嘩、すれ違いから、お互いの心の溝がどんどん大きくなってゆき、別れてしまう可能性も。 2-5.他に好きな人ができた 彼女に気持ちが冷めてきた彼氏には、他に好きな人ができた可能性も考えられます。 彼女よりも魅力的な女性が現れたことで、関心がそちらに向いているのでしょう。 そのため、彼女と連絡をとりあったり、会ったりすることが減り、女性との繋がりを優先させてしまいます。 これは、 彼女とのマンネリによる一時的なものである可能性もありますが、女性に対して本気度が強くなってしまう危険性もあるので注意が必要です。 2-6.彼女との将来が見えなかった たとえば、あなたがバイトだったり定職についていない、といったように二人の将来に不安を感じさせているなら彼氏の気持ちが冷めてしまうかもしれません。 結婚を前提に考えると、こういった問題は真剣に考えることになるので、一度彼氏と将来のことについてしっかり話し合って考えましょう。 2-7.「当たり前の存在」になってしまった 交際期間が長くなると相手を家族のように考えてしまい、付き合った時のような新鮮な気持ちがなくなってしまいます。 相手に対して特別感がなくなると今までの気遣いを忘れてしまいます。 彼氏があなたに対して大事にしている様子を感じられないのであれば、彼と一度距離を置いて見つめなおしても良いかもしれません。 3.彼氏の心を取り戻す8つのステップ ここまで、なぜ彼氏があなたに冷めてしまったのかの理由をお伝えしてきました。 ここからは、彼氏の心を取り戻すための8つのステップをご紹介します。 復縁するコツは長期戦を覚悟することです。 焦りは禁物ですよ。 1つ1つ確実に行動していきましょう。 ステップ1.一旦距離を置く 彼氏の気持ちが冷めてきたと確信した時は、あえて一旦距離を置きましょう。 こうすることにより、お互いが冷静な気持ちになることができます。 具体的には、 彼氏の心変わりに対して不安感を持っている時の彼女は相手に依存してしまいがちです。 そのため、彼氏のことが頭から離れなくなり、逆効果になる言動を繰りかえしてしまいます。 彼氏側としても、 気持ちが冷めている時に彼女から愛情を向けられると重く感じたり、面倒になってしまうでしょう。 大好きな人と距離を置くことは「このまま自然消滅してしまうかもしれない…」という怖さがあるはずです。 けれども、冷めてきている時に積極的にアプローチしてしまうと、ますます関係がこじれてしまうので 冷却期間を置くことが大切なのです。 ステップ2.自分の言動を振り返る 冷却期間には、交際中の自分の言動を振り返ってみましょう。 自分でも気がつかないうちに、彼氏が不快に思う言動をしていたかもしれません。 付き合いが長くなると、どうしても甘えが出てしまいます。 「愛されているから何をしても大丈夫」という油断が言動に表れ、彼氏の気持ちを冷めさせてしまうのです。 もしかしたら、彼氏は彼女に対して何かしらのサインを出していた可能性もあるでしょう。 冷却期間は、ただ時間が過ぎるのを待つのではありません。 彼氏との関係を よくする為に、自分を見つめなおす期間なのです。 ステップ3.自分の時間を充実させる 冷めてきた彼氏の心を取り戻すには、自分の時間を楽しむことが大切です。 彼氏の気持ちの変化に悩む時は、相手のことばかりを考えてしまい、ネガティブ思考になりがちです。 これでは悪い方向ばかりが頭に浮かび、気持ちが滅入ってしまうでしょう。 そして 依存心が強くなって、彼氏の重荷になるような行動をとってしまうのです。 そうならないためにも、新しい趣味や資格取得を目指したり、友達との時間増やすなど 彼氏以外と過ごす時間を充実させましょう。 少しずつ前向きに考えることができるようになるので、悩んでいる自分から解放されます。 ステップ4.自分磨きをする 彼氏から魅力的な女性だと思われるためにも、 自分磨きを欠かさないようにしましょう。 内面を磨くことは大切なことですが、まずは外見を変えることをおすすめします。 お肌のお手入れやダイエット、メイクやヘアアレンジを研究し実践していくと、 美しくなっていく自分に自信が持てるようになるからです。 人から魅力的だと思われる女性は、自分のことを大切に思うことができます。 内面から溢れる自信は女性を輝かせるので、ぜひ自分磨きに励んでみてくださいね。 彼氏もキラキラと輝く彼女の変化に驚き、また惹かれていくはずです。 ステップ5.あなたの気持ちを冷静に伝える 冷却期間が終わった時は、彼氏に自分の気持ちを伝えましょう。 彼氏のことを大切に思っていること、これまで間違った行動をしていたこと、これからは自分の欠点を直してやり直していきたいことなど、素直に伝えてください。 この時のポイントは、 感情的にならずに冷静になることです。 好きな人を目の前にすると感情が溢れていまい、冷静ではいられないかもしれません。 けれども、 多くの男性は感情的になった女性に苦手意識を持つものです。 自分の気持ちを伝え、彼氏に受け止めてもらうために落ち着いて話しましょう。 ステップ6.彼氏と新しい関係を始める ヒビが入った関係を修復させるには、 彼氏と新しい関係を作っていくことが必要です。 好かれようとして我慢していた女性ならもっと素直になり、自分の気持ちを押し付けていた女性なら、彼氏の気持ちを尊重するように努めましょう。 また、マンネリから抜け出すために、 彼氏と2人で趣味を始めるのもおすすめです。 このように、これまでの関係を見直して新しい交際を始めることで、 彼氏の気持ちを取り戻すことができるでしょう。 ステップ7.2人の思い出の場所にデートする 彼氏の心を取り戻してもらうためには、関係が新鮮な頃の気持ちを感じてもらうのも必要です。 無理に言葉や態度で伝えるよりは、二人で有意義な時間を過ごすことで改めて女性の魅力に気が付くという場合もあります。 「思い出の場所」は二人にとって特別な場所でもあるので、関係修復には絶好のデートスポットです。 とくに 初デートの場所に出向いてみるのがおすすめ。 「ここ初デートにきたね!」なんて会話をしてみれば、付き合いたての思い出が蘇り、冷めた関係を見直してくれるかもしれませんね。 デート先が定番化しないように工夫するのも大切ですよ。 ステップ8.いつもと違う場所にデートする 二人で思い出の場所にデートをして気持ちを取り戻せてきたら、いつもと違う場所へデートに行きましょう。 せっかく気持ちが取り戻せたのに今までと同じデートに戻すと、また彼氏の気持ちが薄れてしまうかもしれません。 二人ではなかなか行けなかった場所へ行くのもいいですし、旅行をするのもアリです。 4.彼氏の気持ちがますます離れる危険な彼女の行動3つ 女性の中には、彼氏の心を取り戻そうとして間違った行動をしている人がいます。 彼氏の気持ちを冷めさせる間違った行動とはどのようなものなのか、3つご紹介します。 4-1.連絡の頻度を増やす 繋がりを持とうとして頻繁に連絡したり、しつこく返信を催促することは控えましょう。 彼氏の気持ちが冷めてきたと感じると不安になるものですが、いくら不安でもしつこく連絡するのは嫌がられるだけです。 彼氏からすると、気持ちが冷めてきている女性から何度も連絡がくると重いと感じ、ますます気持ちは離れていきます。 着信履歴が彼女で埋まると、恐怖感すら持つものです。 彼氏のことが好きだと連絡が待ち遠しくなり、携帯が手放せなくなるものですが、センチメンタルな気持ちになる夜は特に携帯を触らないようにしましょうね。 しつこく連絡する度に、彼氏の心が離れていくことを忘れてはいけません。 4-2.これまで以上に尽くす 尽くし過ぎは、彼氏に重いと感じさせてしまいます。 お世話をすることで彼氏の気持ちを取り戻そうとしているのかもしれませんが、これは間違った行動です。 彼氏からすると尽くし過ぎる彼女をうっとうしく感じたり、母親のように思えて彼女としての愛情が持てなくなったりするでしょう。 例えば、彼氏が頼んでもいないのに食事やお弁当を作り、食べることを強制したり、健康を気遣いすぎて口うるさくなってしまうなど、お世話をしすぎには気をつけましょうね。 それに、尽くし過ぎる女性は 彼氏の気持ちを考えずに押し付けがましくなりがちです。 遠恋なうの彼女が友達にベタ惚れで、常になにもかも把握してないとダメらしい。 しかも友達と飯に行くのもダメって束縛強め。 メールの返信は10分以内。 でもとにかく尽くす彼女。 このような女性は、果たして魅力的でしょうか。 4-3.愛情確認しようとする 彼氏に愛情確認するということは、 自分の欲求を満たすためだけの自己中な行為であり、彼氏の気持ちを考えていないとも言えるでしょう。 彼氏の態度が冷たくなると、不安を解消させるために愛情確認をする女性が多くいます。 けれども、しつこく「私のこと好き?」と聞かれることを面倒に感じる男性が少なくありません。 中には、 わざと心配させるような言動をとり、彼氏の愛情を図ろうとする人もいます。 本気で復縁をしたいのであれば、彼氏に対し、しつこく愛情確認をしてはいけません。 5.付き合って1ヶ月で彼氏に冷められた場合の原因と対処方法 「彼氏が出来てもたった1ヶ月で冷められてしまう…」 そんな女性に共通する原因は一体何なのでしょうか。 1ヶ月で冷められた場合の対処法についても紹介していきます。 5-1.1ヶ月で冷められた原因 なぜ短期間で冷められてしまうのでしょうか? 人によって理由はざまざまですが、 原因として多いのは彼との「距離感」です。 恋人同士の距離感は、良好な関係を保つのにとても重要になってきます。 とくに最初からお互いの距離が近すぎると、後に飽きられてしまいやすいのです。 付き合って1ヶ月は、とにかくたくさん会いたいですし、彼をもっと知りたいと思いますよね。 ですが、 多くの男性は過度に干渉されるのを嫌う傾向にあります。 一人で過ごす時間や友達との時間、パーソナルスペースも大切にしたい人が多いでしょう。 初めは彼女に関心を持ってもらえて嬉しいと思うかもしれませんが、次第にそれが重荷になってきてしまいます。 今付き合っている彼女の束縛が重すぎて泣いてる。 彼女の名前はマイケルソン干渉計です。 頻繁にメールやLINE、通話のやりとりをしてしまうと、それが面倒になってくる男性も。 彼の行動パターンやスケジュールを考慮して連絡することが必要です。 体の関係を持ちすぎることも冷められやすい原因になることもあります。 付き合いたての頃はお互いに触れたいと思いますが、最初の1ヶ月で回数が多すぎると飽きられる可能性も。 ある程度は、お互いに会えなかったり、触れられない期間があるほうがいいでしょう。 そうすることで逆に気持ちが盛り上がり、付き合いたてのドキドキ感が保てます。 毎回体を許してしまうのではなく、自分のガードを固くするなど駆け引きも重要ですね。 5-2.短期間で冷めた彼氏を振り向かせる方法 まだ付き合って間もないのに冷められた!?と感じたら、どうしたらいいのでしょうか。 まず第一にすべきことは彼に優しく寄り添うことです。 もしかすると彼は、なにか悩みを抱えているのかもしれません。 そんな時は、彼が冷めてしまっている原因を追求するのはもちろん大事ですが、 彼にとってあなたが必要であることを感じてもらうことのほうが優先です。 まずはある程度の距離を置きつつ、いつもより彼を喜ばせることをしてみましょう。 料理やプレゼントでサプライズをしてみるのもいいですね。 彼女のそんな行動から、またあなたの魅力に気が付くかもしれませんよ! それでも態度や言動が変わらない場合は、やはりあなた自身に原因がある、またはもう冷め切ってしまっている可能性が高いでしょう。 何か二人の関係に不満があるのか直接聞いてみるといいですよ。 まだ付き合って短いと、普段からお互いに思っていることを素直に言えていない場合も多いです。 若い時って付き合いはじめは楽しいけど、若い分まだ自分に自信がなくて相手を信じきれないで、嫉妬してケンカしてすれ違うんだよね。 だから恥ずかしいかもだけど、素直にありがとうや、ごめんや好きって言葉にしなによりも相手を信じよう。 — トレーズ wdhss5 まだ信頼関係を築いている途中ですから仕方がないことです。 もう完全に彼が冷め切ってしまっている場合は、それ以上関わろうとするのはNG。 都合のいい相手にされることもあるので思い切って別れを決意しましょう。 彼が冷めてしまう原因は全てあなたにあると限りません。 恋人同士、相性が合う合わないは絶対にあるからです。 そういうときは、自分磨きをする絶好のチャンスだったりしますよ。 6.それでも彼氏の心が戻らなければお別れする選択肢を 彼氏の心が戻らないときには、別れを覚悟しましょう。 悲しいことですが、どれだけ努力しても彼氏の心が戻らないこともあります。 それほど、彼女に対する愛情が無くなっているのでしょう。 大好きな人と別れることは胸が締め付けられるほど辛いことです。 けれども、 別れは新しい恋愛のチャンスでもあります。 世の中には星の数ほどの男性がいると例えられるように、出会いはすぐそこにあるかもしれませんよ。 例えば、習い事を始めたり、趣味のオフ会に参加してみたりするのはいかがでしょうか。 自分の時間を充実させることができるだけではなく、共通の目的や趣味を持った男性との出会いも期待できます。 もしくは、近年出会いの場として主流となりつるあるマッチングアプリやを利用するのもおすすめです。 もしかすると、彼氏以上に素敵な男性と巡り合うかもしれません。 もし彼氏と別れると決めたのであれば、お互いができるだけ傷つかないようにスムーズに別れの準備を進めましょう。 こちらの記事もご参考にどうぞ。

次の