するする酵素 効果。 酵素の効果・効能

スルスル酵素はなぜ危険と言われるのか?本当の評判とは

するする酵素 効果

これから生酵素ダイエットを行おう!と調べていくと2つの生酵素サプリが良く見られ評価も高いです。 生酵素ダイエットで効果への評価が高いのが「 丸ごと熟成生酵素」と「 スルスル酵素」です。 他にもダイエット向けの生酵素サプリが販売されていますが、 今生酵素ダイエットで購入するなら正直この2つのどちらかで決まりです。 でも2つに絞れたけど、どちらの生酵素サプリを購入すればより効果的なの?と悩みますよね。 そこで、 「今生酵素サプリを買うならどっち!?」で情報をまとめてみました。 2つの生酵素サプリメントを3つの項目から比較・検討してみましょう。 また短期間で痩せるには?という問への答えもまとめてあります。 購入する際の 費用• 購入者の 口コミでの評価・効果• 生酵素サプリに使用されている 原材料と有効成分 上記の3つの比較ポイントを参考にあなたがどちらの生酵素サプリに惹かれたのか。 を考えれば購入も簡単! そして後悔もないです。 買った後にこの生酵素サプリの比較まとめを見てあっちの商品にしておけば良かった~とならないためにも 今しっかりと比較・検討しましょう。 実際はそこまで悩まなくてもいいです。 好みの問題です。 1.値段・価格で生酵素サプリを比較 生酵素サプリの丸ごと熟成生酵素とスルスル酵素を購入価格・値段からどちらがお得なのか? より安く生酵素ダイエットを行えるのか見てみましょう! 生酵素サプリを 初回購入費用と送料、そして継続の縛りを考慮した上での総合的な費用で比較しています。 まずは、 初回限定の購入費用の比較になります。 丸ごと熟成生酵素 スルスル酵素 初回価格 0円 990円 送料 500円 送料無料 分量 1ヶ月分 1ヶ月分 初回購入の総費用 500円 990円 各公式サイトを元に初回(1回目)費用を比較してみました。 この比較情報だけを見ると丸ごと熟成生酵素の方が 490円安い!と思われるかもしれませんが、 注意が必要です。 生酵素ダイエットを目的としているサプリメントは、大体 継続の縛りがあります。 この継続の縛りが曲者で、初回購入価格だけをみて、安いお得。 と飛びつくと予想外の出費を強いられます。 次に 継続の縛り(条件)をまとめました。 丸ごと熟成生酵素 スルスル酵素 継続期間 4回以上の購入が条件 3回以上の購入が条件 解約窓口 解約電話番号:0120-940-923 解約電話番号:0120-533-333 初回限定の価格に騙されて、よく読まずに購入してしまった!という方を口コミやレビューを見ていますといらっしゃいます。 そうならないためにも しっかり購入前に継続の縛りが無いか確認しましょう。 今回比較している2つの生酵素サプリ、丸ごと熟成生酵素とスルスル酵素は両方共継続の縛りがありますので、その回数買うことを知った上で購入しましょう。 最後に 結局価格面では、丸ごと熟成生酵素とスルスル酵素どっちが安いのか、最低継続期間で解約した場合の総費用で比較しました。 丸ごと熟成生酵素 スルスル酵素 12,380円(4回目で解約) 11,682円(3回目で解約) 継続まで考えると最終継続期間で解約した場合には、スルスル酵素の方が安く、お得に購入できます。 2回め以降の定期コースの商品価格は、丸ごと熟成生酵素が3,960円で、スルスル酵素が3,564円となります。 継続条件以上も続けて飲んでいこう。 と考えている方は、スルスル酵素の方が断然安くなります。 ただスルスル酵素も4回目で解約と考えると、4ヶ月分で15,246円となります。 両方半年(6ヶ月)続ける前提ですと、丸ごと熟成生酵素が20,300円でスルスル酵素が22,374円となります。 なぜ生酵素ダイエット向けのサプリでは継続購入の縛りがあるの? ここでよく出てくる疑問なんですが、 なぜ、多くの生酵素サプリで継続が条件になっているのか。 不思議ですよね。 これにはきちんと訳があります。 それは、 『生酵素ダイエットを行う上で、 生酵素サプリにはダイエットへの即効性はない』 からなんです。 もし、 生酵素ダイエットで、3日で1キロ体重が減った。 1週間で3キロ痩せた!という口コミがあったら、嘘か、生酵素サプリを飲んでいる以外にも運動や食事制限といったダイエットを行っていた。 のどちらかになります。 生酵素ダイエットで痩せる方法は、基礎代謝を上げてだんだんと痩せやすい身体を健康的に作っていき、自然と体重が落ちていくダイエット方法になります。 この痩せやすい身体を作るのに時間が必要なのです。 生酵素サプリを飲んでスグに基礎代謝が上がるはずがありませんし、そんなサプリがあれば恐いですよね。 なのでスルスル酵素も丸ごと熟成生酵素も3ヶ月、四ヶ月の比較的長い継続期間を設けているのです。 そうしないと1ヶ月飲んで痩せなかった!効果なかったと口コミで言われてしまいますから。 「なら酵素ドリンクはどうなの!?あれは1週間で4キロとか痩せている人たくさんいるよ?」と思われますよね。 有名な酵素ドリンクは、摂取カロリーを減らしつつ必要な栄養分を摂り痩せていきます。 簡単に言えば置き換えダイエットです。 単純に摂取カロリーが落ちれば今までの基礎代謝量でも痩せていきます。 さらに酵素の効果で代謝も上がっていきます。 もしあなたが 短期間で痩せたい・・・!大事なイベントまでに痩せたい! と思っていた場合は、 生酵素ダイエットは今やるべきではないです。 今やるべきは、 短期間で痩せれるダイエットです。 短期間ダイエットを求める方へこちらもまとめておきましたので、参考にしてください。 現時点で最もオススメなダイエット方法です。 2.生酵素サプリを口コミ評価で比較 次に購入者の口コミ評価で生酵素ダイエットにはどちらの生酵素サプリが効果的か比較してみましょう。 口コミを見てみると丸ごと熟成生酵素もスルスル酵素もダイエット評価が高いことが分かりますし、実際に多くの方がダイエットに成功しています。 今回は口コミの中で特に多く見られた意見をそれぞれまとめてみました。 また各生酵素サプリの口コミは、ツイッターや知恵袋、通販サイトのレビュー、個人ブログからまとめています。 丸ごと熟成生酵素の口コミ・レビューでの評価 丸ごと熟成生酵素の口コミで書かれていた効果のまとめ。 以下のような口コミが多く見られます。 2日目から 便秘の悩みが消えた• 2ヶ月半ほどで 3キロちょいのダイエットに成功• ダイエット期間も同様です。 丸ごと熟成生酵素の口コミの平均的な数字になるのですが、 大体みなさん2ヶ月~3ヶ月で平均して3キロほどのダイエットに成功されています。 また丸ごと熟成生酵素を飲みだして スグに効果を実感するのは、便秘の解消のようです。 便秘の解消から肌の調子や身体の調子がよくなる人が多く見られたのが印象的でした。 丸ごと熟成生酵素はダイエットだけでなく、 便秘でも悩んでいる方におすすめなサプリのようです。 スルスル酵素の口コミ・レビューでの評価 スルスル酵素の口コミで書かれている効果のまとめです。 以下のような口コミが多く見られます。 痩せにくい期間でも少しづつ痩せていった• 便秘が2,3日で治った。 その後も2日間隔で便通がきた• ウエストがすっかり落ち、3ヶ月で3キロ痩せた スルスル酵素の口コミも丸ごと熟成生酵素と同じように、 まずは便秘解消が実感されています。 口コミや体験談をブログで書いている人の経験を参考にまとめた結果、ウエストが痩せやすいとのこと。 お腹周りを絞りたい方におすすめですね。 また 痩せる量は3ヶ月で3キロほどのようです。 スルスル酵素の口コミでは、 ウエストまわりは3ヶ月で-6cmくらいでした。 口コミでは、どちらの生酵素サプリも高評価で書かれているのでダイエット効果としては優劣を付けれません。 なので正直丸ごと熟成生酵素でもスルスル酵素でも口コミを見る限り問題ないと思います。 ただ口コミをかなりの数読んだ私の感想としては丸ごと熟成生酵素を購入したいなっと思いました。 この後紹介する生酵素サプリの材料やプラスされている成分も参考にしてみましょう。 3.生酵素サプリの中身、原材料と配合されている成分で比較 生酵素サプリの中身は当然、各社で全然違います。 使用している原材料が多いほど栄養成分も多く、酵素も多く摂れます。 また、商品によっては、果物や野菜、野草などから作る酵素以外にも乳酸菌やスーパーフルーツといったものも配合しています。 丸ごと熟成生酵素 スルスル酵素 原材料の数 104種類 80種類 プラスアルファ 16種のスーパーフルーツ 5つの消化酵素と 500億個の乳酸菌 丸ごと熟成生酵素に含まれているスーパーフルーツは、ビタミンやミネラルが非常に豊富で、1粒あたりの栄養価を格段に高めてくれます。 スルスル酵素の5つの消化酵素は、食べた物の消化を助けてくれ、代謝を増やすのに有効です。 また500億個の乳酸菌はヨーグルト5個分になり腸内環境を整えるのに効果的です。 結局生酵素サプリはどっちを購入すべき? 今購入すべき生酵素サプリは、私個人も ダイエットを試し成功した経験がある「丸ごと熟成生酵素」をオススメします。 ただスルスル酵素も凄くよい生酵素サプリなので、両方の公式サイトを見て、あとは直感で選んでも良いと思います。 どちらも口コミで多くの方が痩せていますし、間違いのない商品です。 翌月からは、次の価格になります。 毎日継続して生酵素サプリを飲むこと• あなたの身体の 状態によって体重が落ちるまでに時間が掛かることを知っている• ダイエットサプリを飲んでいる その安心感から食事を増やしたり、日中の行動をサボらないこと 生酵素は痩せない。 効果なし!とならないために 口コミやレビューで 生酵素サプリは痩せない!効果なし!という意見も見られますが、そのような方は、上の3つの約束事を守っていない人が多いです。 生酵素サプリは、 痩せやすい身体つくりが主な効果となります。 その為、毎日飲む必要があります。 毎日飲むことで、食べ物の消化に使われていたエネルギーが代謝に回るようになり少しづつ痩せやすい身体に近づいていきます。 なので、なるべく忘れないように毎日飲むことが大事になります。 また身体の状態は人それぞれで、 ダイエットを始めるスタートラインが違います。 口コミで3ヶ月で3キロ痩せた!と言っていたのに 私はまだ1キロしか痩せていない!辞める!と諦めないようにしましょう。 時間が掛かるダイエットなので、 継続が重要ですよ。 どうしても継続出来ない人は、で痩せましょう。 最後に、ダイエットサプリに限らず、ダイエット食を食べている人にも多いのですが、ダイエットを行っている安心感から、普段より間食が多くなったり、普段の行動、階段の登り降りや移動でラクをしようとする心の甘い方がいらっしゃいます。 そのような心ですと、やはり効果なし!痩せない!という結果しか出てきません。 生酵素サプリに甘える事無く生活していきましょう。 <<ダイエットに甘えは厳禁!!>> 生酵素サプリだけではダイエット中お腹が減ってしまう!そんな時はスムージーがベスト さて、普段間食をしている人って結構いますよね。 そんな方が生酵素ダイエットを始めたからといって 急に間食やジュースも辞めると当然お腹が減りますし、イライラします。 お腹が減るとほんとツラいですよね。。。 気持ち凄く分かります。 そこで生酵素ダイエット中の間食におすすめなのがスムージー そんな生酵素ダイエット中で、間食やジュースを辞めて頑張っている方に オススメな間食が酵素スムージーです。 酵素スムージーは、通常のスムージーにプラスして酵素も含まれているため消化を助けてくれる効果があります。 そして何より 満腹感、満足感がしっかりあります。 お腹が膨らんで低カロリーな酵素スムージー 間食にオススメの酵素スムージーですが、たくさん商品が出ています。 中でもオススメは「ミネラル酵素グリーンスムージー」 このミネラル酵素グリーンスムージーは、 1杯あたりのカロリーがたったの22.9Kcalなのです。 すっごく低カロリー。 カロリーが低いと不味いイメージですが美味しいですし、満腹感があります。 たったの22.9キロカロリーなので、お腹がすいたな。 気分転換に飲もう!と気軽に摂ることができます。 もちろん、 朝食をミネラル酵素グリーンスムージーに置き換えれば、より早く痩せれます。 またミネラル酵素グリーンスムージーには厚生労働省でトクホ食品として認可されている 難消化性デキストリンが含まれています。 難消化性デキストリンには血糖値上昇抑制と整腸作用、中性脂肪の上昇抑制、内臓脂肪の低減効果、ミネラルの吸収促進作用と凄く魅力的な効果がたくさん。 お値段も1ヶ月あたり 1966円送料無料とお財布にも優しいです。 更にミネラル酵素グリーンスムージーは楽天、アマゾン、Yahooのランキングで1位を獲得している超人気酵素スムージーになります。 生酵素ダイエット最強の組み合わせはコレ! 生酵素ダイエットの最強の組み合わせは、 「丸ごと熟成生酵素+ミネラル酵素グリーンスムージー」となります。 1日の理想的なスケジュール 朝食 ミネラル酵素グリーンスムージー 昼食 普段通りの昼食 間食・ジュース ミネラル酵素グリーンスムージー 夕食 普段通りの夕食+丸ごと熟成生酵素 このダイエット生活が生酵素ダイエットで1番理想的かつ効果的です。 当然痩せる速度も段違いです。 ただダイエットにかける費用も少し上がります。。。 丸ごと熟成生酵素の2回め以降からの1ヶ月の値段が、3,960円でミネラル酵素グリーンスムージーが1,966円となります。 合わせて5,926円かかります。 1日あたり198円です。 1ヶ月で見ると高いな。。。 と思いますが、1日あたりで考えれば凄く安いです。 しかも、お腹もすきませんし、ダイエット効果もバッチリなのでそこまで高いお値段ではないと思います。 短期間で痩せる方法が知りたい方へ<短期間ダイエットなら酵素ドリンク> 生酵素サプリでのダイエットでは 痩せるまでに時間がかかって、私には向いていない!もっと 短時間で効率的に痩せたい!大事なイベントまでに痩せたい!という方には違う痩せる方法をご紹介します。 短期間で痩せるには酵素ドリンクの置き換えダイエットがベスト 短期間ダイエットなら、 酵素ドリンクを使った置き換えダイエットが間違いなくベストです。 置き換えダイエットは、日々の摂取カロリーをグーンと落とすことが出来ます。 それに加えて 酵素の効果で基礎代謝を上げます。 その為、置き換えに酵素ドリンクを用いれば 3日で4キロと言った減量結果を出せます。 これは口コミを見ればすぐに多くの方が成功している・実感しているダイエット効果であることが分かります。 この酵素ドリンクには、 第三者機関にも認められたベルタ酵素ドリンクがオススメ。 ベルタ酵素ドリンクは 日本臨床試験協会で医師の管理の元本当に飲むだけでダイエット効果があるのか?検査を受けた酵素ドリンクになります。 その検査結果は、 平均で4.4キロの減量に成功し、体脂肪も2%落とすことがベルタ酵素の効果として分かりました。 きちんと 第三者の検査機関でダイエット効果が認められた酵素ドリンクであるベルタ酵素は今最もオススメと言えます。 短期なら酵素ドリンクと酵素スムージーが最強のダイエット方法 更にこのベルタ酵素と合わせたいのが、酵素スムージー 酵素スムージーにはミネラル酵素グリーンスムージーがオススメで、1杯あたりのカロリーが たったの22.9キロカロリー。 美味しいですし、栄養素や食物繊維も豊富でおすすめです。 1ヶ月飲んでも1966円というコスパの良さもオススメの理由です。 短期間ダイエット最強の組み合わせ ベルタ酵素単品の場合は、5020円+送料648円の合計 5668円 ベルタ酵素は高い!お金が厳しいという方は、 ミネラル酵素グリーンスムージー 単品購入2458円+送料無料、定期なら1966円 最強のダイエット方法で早く痩せたい!という方は、ベルタ酵素の5668円+ミネラル酵素グリーンスムージーの1966円で 合計7634円となります。 3つの組み合わせの中からあなたに合ったダイエットプランを選びましょう。 生酵素サプリで良くある質問・疑問 購入前によく出てくる疑問や質問をまとめました。 各記事を参考にしてみてください。 生酵素は妊娠中・授乳中のママでも飲んでいい? 妊娠中や授乳中のママは、生酵素サプリを摂っても大丈夫なのかな?と心配ですよね。 各生酵素サプリの公式サイトを見ても、生酵素サプリを妊娠中に飲んでも大丈夫!とは書いてありません。 そこで、各サポート窓口に実際に飲んでも大丈夫ですか?と質問してみました。 酵素不足ってよく言われてるけど、不足するとどうなる? 現代人は酵素不足です!とよく見ますし、言われてますよね。 でも実際酵素不足になると私達の生活になにか影響があるの?と思いませんか? こちらの記事を参考にしてみてください。

次の

するする酵素の効果口コミ

するする酵素 効果

新年を迎えて、早1ヶ月を過ぎようとしていますね。 さすがに、生活のリズムは元の働けモードに突入の頃だと思います。 まだまだ、寒い日が続く中、この時期一番欲しい食べ物は、 何と言っても、暖かい鍋もの。 寒い時期には最高のごちそうになるのは間違いありません。 そして、ついつい暖かい鍋を囲みながら、 美味しいビールに、体が温まる日本酒へと、 寒さを忘れる様に、お酒の量もかさむ時期でもあります。 寒さ=寒さをを忘れる様な、暖かい食べ物、 そして、囲んでの皆で飲むお酒と、さらに〆の物と・・・。 やはり、寒い時期には食欲が弾むものです。 油断をしていると、あっと云う間に、 体に脂肪が溜まる様になりますね・・・。 寒いから、暖かくなる様にと・・・、 もちろん、あなたには何の罪もありません。 しかし、冬の時期は新陳代謝が旺盛になるじきでもなく、 どうしても、太り気味に時期なのです。 あなたは、今、自分の体が、 ポッチャリとしてきて、気になっていませんか? もし、そう思っているのなら、痩せやすい体してみませんか? それには、消化を良くする事がとても大事になってきます。 それは、体内での酵素の働きを借りるのが一番。 ものを食べることでエネルギーを蓄え、それを燃料として、 生きていますね。 このエネルギーに代謝するのに必要不可欠なのが、 酵素なのです。 代謝とはすなわち、古くなった細胞を新しく気が得るようなもの。 実は、この代謝(基礎代謝)にとって、 日々の摂取カロリーの大部分を消費しているのです。 この代謝が上がると。 基本的なカロリーの消費量が増えます。 つまり、しっかりと代謝をする事が、自然と痩せる体になるのです。 この手助けをするのが、【おかゆがとける!?するするこうそ】なのです。 本物の酵素で脂肪を溶かすのは非常に効率の良い、 ダイエット方法になりますね・・・。 >>> 詳しくは、こちらから中をご覧ください・・・。

次の

スルスル酵素でダイエット!効果的な飲み方は?

するする酵素 効果

「ローフード」 「酵素食品」 …これらは食品の酵素による助けを借りた健康法として、 ダイエットにも利用されてきました。 でも、これは 全部ウソ! ぜーんぶ嘘なんです。 これが酵素のウソのネタ元だっ! 多くの酵素食品(以下、サプリメントを含む)の販売サイトなどで、冒頭の理論を良く見かけませんか? これは、エドワード・ハウエル氏が執筆した 『酵素栄養学』(1946年)をもとに、1980年代に一般向けに編集・発行された書籍によって知られるようになったものです。 (エドワードさん) これらの本では、 「酵素を生命の維持に不可欠な栄養素の一つ」として捉え 「 一生で使える酵素の量には上限があるため、酵素が消耗されすぎると 病気の原因となり、寿命は縮む」とされています。 この理論に基づき、食品から酵素を得るためにできるだけ 生で食べること(ローフード)が推奨され 現在では食品を発酵させて酵素が豊富になった状態のドリンクや、それを粉末または液状にしてサプリメントにしたものが各種販売されています。 この理論には多くの誤解と誤りがあるのです。 そもそも『酵素栄養学』はハウエル氏自身の実験や検証によるものではなく 他の研究からの引用と考察から構成されたもので、 恣意的な解釈や論理の破綻などがみられると指摘されています。 『酵素栄養学』に基づく理論のココがウソ! 酵素栄養学に基づく理論により、多くのHPで宣伝されている記述をあげてみましょう。 現在の分子生物学を中心に、科学的見解を併記しておきますね。 絶対量は決まっていない(再利用・再合成可能)。 老化による減少はある。 食品からは不可能。 あれれ?大きく食い違っていますよね。 そうなんです、ハウエル氏が執筆した時代から、 科学は大きく進歩しているのです。 1980年代に出版された本には、新しい事実を載せるべきだったと思うのですが…。 わかりやすく解説しましょう。 高校の化学・生物で習ったことも出てくるので、 「そういえば、そうだよね…」と思い当たることもあると思います。 でも、酵素は栄養素ではありません。 栄養素とは 「炭水化物(糖質・食物繊維)」「タンパク質」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」です。 栄養学的に言えば、酵素はタンパク質の一種に含むことができますが ビタミンやミネラルのように独自の機能性をもったものではないのです。 では何なのか…と言いますと、生体内で合成された 「触媒」なんです。 ん?なんだか化学っぽくなってきましたね。 また、一部のサイトには、酵素の総量が決まっているため、 「消化に酵素を使ってしまうと代謝に使える酵素の量が減ってしまい、太りやすくなる」と書かれています。 でも、 これには科学的根拠が全くありません。 酵素は消費するものではなく、使い回しができるものです。 酵素は 酸素や ミネラルなどの原子・分子を別の物質に供給することで触媒として働きますが、なくなるわけでなく、使われた酵素に血液などから再び原子・分子が供給されると、また触媒として機能できるのです。 永久不滅…とはいきませんが、 何度でも繰り返し使える物質なのです。 また、劣化などにより酵素が少なくなると、遺伝情報に基づき再合成されます。 最新の分子生物学によると、酵素の合成はその種類ごとに遺伝子によって個別にコントロールされていることがわかっています。 なので、 「消化酵素を使ってしまうと代謝酵素が足りなくなる」というのは完全に否定できますね。 誤解を招く表現なのではっきり言っておきますが、酵素は微生物のような生き物ではありません。 酵素には反応性が最も高まる温度等の条件があります。 動物の体温と一緒ですね。 酵素は体内で一番機能しやすいように生成されているのです。 この温度外では 活性が失われるため、化学反応が進みにくくなります。 この酵素の状態を 失活と言います。 このように、酵素は生命体ではないので、 存在して(生きて)いる状態でも活性化していたり失活していたりするわけです。 前述しましたが、 酵素はタンパク質でもあるので、一度高温にさらしてしまうと温度を下げても元に戻りません。 卵と一緒ですね。 生卵を茹でたり焼いたりすると固まって、 冷やしても元の状態には戻りませんね。 肉や魚も同様です。 このタンパク質の性質を不可逆的変化といい、同様の意味で簡易的に 「変性」という場合もあります。 でも、これが酵素にまつわる 一番の間違いかもしれません。 私たちが口から食品として酵素を摂取しても、それはタンパク質として受け入れられます。 つまり、肉や魚と同様に消化器官でアミノ酸に分解されるわけです。 酵素を摂取したからと言って、体内の酵素生成量に変化が起きることは確認されていません。 酵素は必要な時に必要なだけ生成されているからです。 そもそも、 代謝を行う酵素よりも消化のための酵素が優先されるという点も科学的に証明されていません。 これらの誤解を与える表現を行った酵素サプリメントの販売者に対し、アメリカのFDA(食品医薬品局)は科学的根拠に乏しいとして警告を与えたという事実もあります。 酵素を摂る正しい意義 酵素に関して間違った記述が溢れているのは事実です。 ここまで述べてきたように、酵素の生成量が決まっているので、消費してしまうと病気や寿命にあるというのは大きな間違いです。 では、酵素を摂る意味は全くないのでしょうか? いいえ、そうではありません。 酵素入りの食品を摂る意義は 別のところにあるのです。 酵素は一生を通じて生成され続けます。 でも、老化と共に生成量が減少していくのは事実です。 このことが化学反応を滞らせ、それが体調不良や病気に関係しているのは間違いないからです。 では、具体的に酵素を摂るとどのようなメリットがあるのでしょうか? 酵素の本当のメリットはこれだ• 酵素食品には栄養素が豊富• 酵素食品の原材料が消化・吸収しやすい状態になっている• 体内で生成される酵素の材料となる可能性がある それでは、これらの メリットについても少し補足して説明しましょう。 酵素食品はドリンクやサプリメントなど形態は様々ですが、多くは微生物の発酵の過程で生成された酵素を含んだものです。 「生」タイプを除き、この酵素は製品化されるときに 微生物を殺菌するために、熱処理を受けます。 ただ、この中には 発酵によって生成された栄養素(アミノ酸やタンパク質など) が豊富に含まれています。 また、元の原材料が発酵によってある程度分解されており、非常に吸収しやすい状態になっています。 熱処理前の酵素の働きによって分解もされているので、途中まで消化された状態で摂取することになり、 私たちの消化の負担を助ける効果もあります。 さらに、口から摂取した酵素食品は、消化器官でアミノ酸に分解されますが このアミノ酸が血液を介して細胞に届けば、 私たちが生成する酵素の元になる可能性もあります。 つまり、酵素の触媒機能は失われていても、豊富な栄養素が摂取でき、酵素を生成する際の材料となり、予め分解されていることで私たちの 胃腸の負担を和らげるという大きなメリットを得られるのです。 これらのことが私たちの健康維持に関連して、 「酵素を摂ると身体の調子が良くなる」と感じているわけです。 酵素はサプリメントで摂ろう! では、 酵素を効率よく摂取するにはどうすれば良いでしょうか? ここまでの酵素の特徴と科学的事実を元に考えると、次のような製品を選ぶのが良いでしょう。 製造に使われた微生物・原材料の種類が多いもの• 発酵期間が長いもの(熟成されたもの)• 原材料の安全性(農薬・品質など)• 手間がかからず、毎日続けられること どういうことなのか、説明しましょう。 微生物はそれぞれ発酵で生成できる物質が決まっています。 なので、 微生物の種類が多い方が生成される物質の種類も増えるわけです。 同様に発酵される物質が違えば、精製される物質も異なってきますので、原材料の種類も多い方がいいでしょう。 そして、その 発酵期間が長いほど分解は進み、私たちが消化・吸収しやすい状態になります。 また、酵素食品の多くは 野菜・果物・野草などの植物素材を発酵したものです。 よって、これらの安全性が確かなものが良いでしょう。 濃縮された製品が大部分ですので、特に 農薬などには気をつけたいものです。 前述の通り、口から摂取すれば酵素も普通の食品同様に消化・吸収されるので、 「生」かどうかはあまり問題ではありません。 それよりも長くのみ続けられることの方が大切です。 酵素食品は発酵によって、ちょっと飲みにくい風味をしているものもあります。 ローフードならともかく、酵素ドリンクやそのペーストなどは独特なニオイがあるため、苦手な人も多いのではないでしょうか? 以上のことを考えると、 酵素はサプリメントで摂る方が栄養的・健康的な価値が高く、手軽で持続性があるのでおすすめと言えます。 そもそも野菜を食べるよりも はるかにお財布に優しいです 笑 酵素サプリメントの効果的な摂り方 酵素サプリメントは基本的にいつ摂っても問題ありません。 消化を促すために、 多めの水と一緒に飲みましょう。 ただし、「生」タイプの場合は食事の前が良いでしょう。 この効果を少しでも求めるなら、食べ物が消化され始める直前に飲むのがベストです。 このとき、熱いものを一緒に摂ると酵素が変性してしまうので、気をつけてくださいね。 さいごに さてさて酵素食品の真実の姿、いかがでしたか? 酵素サプリメントは とても有意義な健康食品です。 なぜなら、酵素サプリメントは酵素を補給するものではなく、体内のバランスを整える栄養素を含み、酵素の生成を促すものだからです。 解釈が間違っていても酵素が健康に影響を与えることに変わりはありませんが、サプリメントの選び方には大きく影響してしまいます。 この記事を読んで、正しくサプリメントを選んでいただけたら嬉しいです。 酵素サプリの真偽を知りたく、このブログにたどり着きました。 様々な酵素の文献、エドワード氏の本も読み、氏の書かれた物にはだいぶ都合の良いバイアスがかけられているとも感じているところでした。 2つの点に関して、ソースを教えていただきたくコメントをしました。 1点目は、文中の「酵素を摂取したからといって、体内での酵素産生量が増えることはない」というのは、具体的に、どの研究機関の調査によるものでしょうか? 2点目は、「消化酵素を節約する事で代謝酵素への移行がなされることに対してアメリカFDAがサプリメント会社に注意勧告した」とありますが、具体的にいつのことでしょうか?また、FDAのサイトに行けばそれを見つける、確認する事は可能でしょうか? 以上2点、さらに酵素サプリのことについて勉強したく、教えていただけるとたすかります。 お正月間でご質問に気づきませんでしたため、遅くなってしまいました。 すみません。 ご返答をしていきますのでご参考にしてください。 1点目: 文中の「酵素を摂取したからといって、体内での酵素産生量が増えることはない」というのは、具体的に、どの研究機関の調査によるものでしょうか? 〈回答〉 これはサイト内でも触れていますが、酵素生産量が増えない理由は、体内では酵素がただのタンパク質と認識され、消化の結果、アミノ酸に分解されてしまうからです。 研究機関の調査というよりは生化学の基本原理ですので、敢えて研究の対象にはされていません。 予防接種で利用する抗原抗体反応も同じですね。 酵素の場合、例えばペプシンやトリプシンといった酵素は、タンパク質やペプチド、アミノ酸(いずれもタンパク質の分解物)が有する特異的なアミノ酸残基と呼ばれる部分の結合を切断(加水分解)しますが、糖質や脂質にはアミノ酸残基がないので分解できません。 このように、酵素は特定の部分を持つ物質を基質として認識し、作用する触媒です。 タンパク質を分解する酵素ならば、基質が牛肉であれ魚であれ酵素であれ、アミノ酸残基をもつタンパク質であるならば分解してしまうのです。 この分解されたタンパク質(=アミノ酸)を用いて酵素が再合成されている可能性はありますが、原料となる特定のアミノ酸を選択的に用いて酵素を合成することは不可能でしょう。 もしできるのであれば、多くの疾患がこの世から消えてなくなるはずです。 「選択的な再合成」は不可能ですが、酵素は栄養的に価値の高いアミノ酸に分解されるわけですから、健康には寄与していると考えられるでしょう。 2点目: 「消化酵素を節約する事で代謝酵素への移行がなされることに対してアメリカFDAがサプリメント会社に注意勧告した」とありますが、具体的にいつのことでしょうか?また、FDAのサイトに行けばそれを見つける、確認する事は可能でしょうか? 〈回答〉 補足させていただきます。 具体的な内容については下記サイトをご覧ください。 具体的な広告内容が掲載されておりますので、併せてご覧いただくとよろしいかと思います。

次の