歌舞伎町 居酒屋。 片山鳥肉店(新宿東口/歌舞伎町 居酒屋)のグルメ情報

歌舞伎町の「キャッチ」について行ってみた! 居酒屋・キャバクラ・風俗店……ボッタクリの現在(久田 将義)

歌舞伎町 居酒屋

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の

【週末特集】ホーチミンに歌舞伎町が登場?! 話題の居酒屋「チルタウン」へ行ってみた

歌舞伎町 居酒屋

焼き鳥屋なのに注文はすべてレジカウンターで! 人手不足に悩む飲食業界。 その解決策として、サービスの一部に「セルフサービス」を導入する店舗が増えている。 今回は居酒屋でありながら大胆にもファストフード店さながらのセルフサービスを導入している『やきとり魁』を取材。 代表取締役の坂井英也さんに、導入のきっかけやセルフサービスのメリットを詳しく聞いた。 全面的にセルフサービスを導入しており、注文や会計、配膳、食器の片付けまで、すべて客自身が行うシステムになっている。 居酒屋でありながら、ここまで徹底したセルフサービスを導入したのはなぜか? まずはその理由を聞いた。 お話を伺った代表取締役の坂井英也さん 「以前、藤田田さんの著書を読んで『これからは飲食店のほとんどが、生産性を高めるためにファストフード化される』と書かれておりまして。 まあ、その通りの未来にはなってはいないのですが、今の時代にマッチしているなと影響を受けた部分はあります。 このシステムにしたことで、人件費や食材費の高騰、人手不足、消費者の節約志向といった飲食業界が抱える悩みがすべて解消されると坂井氏は語る。 ところで、この歌舞伎町店は50席。 一般的な居酒屋だと従業員5~6人で回すところだが、この店では何人体制なのだろうか。 「基本、3人ですね。 いわゆるFLコストは50%以下に収まるように努力しています」 オシャレな店内で女性の一人客も入りやすい 20代女性の一人客も来店 店頭で「セルフサービス」「ファストフード居酒屋」と謳っているわけではない。 しかし、噂を聞きつけて来たと思われる人、知らずに入ってきた人たちも、まずは物珍らしさを楽しんでいるようだ。 「20代の女性一人で気軽に入ってくるケースも多いです。 レジカウンターではiPadによる注文システムを利用していますが、これは我ながら画期的だと思いますね。 ドリンクや簡単なおつまみはその場ですぐに提供され、焼き物や揚げ物は、フードコートのように出来上がり次第、呼出しブザーを鳴らし、取りにきてもらうシステムです。 会計もレジカウンターでその都度行っていただいています」 料理の注文はレジカウンターのiPadで行う まさに完全なるファストフードシステムと言えよう。 客単価2,000円前後のチェーン居酒屋の市場に、客単価1,000円を打ち出し勝負を挑む。 あらゆる面でメリットが多いように感じるが、逆にデメリットはないのだろうか。 「デメリットとは考えていないですが、当然、予約や大人数のお客様は受け付けておりません。 そこも、従来の居酒屋とは大きく違うところでしょう。 また、お客様とのコミュニケーションが従来の店舗より減ってしまいますが、それを前提としたシステムなので、デメリットではなく、接客が簡略されたことでメリットにつながっていると捉えています」 客の満足度を上げクレームを軽減させる意味でも、居酒屋のファストフード化は理にかなったシステムだと、坂井氏は自負する。 名物『大きいねぎま串』 2月には2号店、フランチャイズ化も 今後の展望を尋ねると、とにかく商品のスピード提供、クイックネス化をさらに充実していきたいとのことだ。 しかし、そのためにはメインメニューである焼き鳥を早く焼かなければいけないが、そこには秘策があるという。 「鶏肉を両面焼きにするシステムを導入して、10分かかったところを、5分に短縮します」と坂井氏。 もちろん細かいシステムは企業秘密らしいが、帰宅前や飲み会の前にサクッと一杯飲みたい人には朗報である。 また、2月には2号店をオープンし、さらにフランチャイズ展開もしていきたいと意気込みを語る。 「スピーディーな商品提供だけでなく、商品自体のブラッシュアップもそもそも大事だと思っています。 業界一のコスパを誇る70グラムで99円(税抜き)の『大きなねぎ間』も、さらに良質な鶏肉を吟味して仕入れていきますよ。 我々の挑戦と気概を体感していただきたいです!」 一見、システム化され温かみがないと思われがちなセルフサービスだが、その中に、熱き魂と優しい真心が感じられる『やきとり魁』。 果たして居酒屋業態の新しいスタンダードとなるのか!? 今後の展開が楽しみだ。

次の

歌舞伎町の「キャッチ」について行ってみた! 居酒屋・キャバクラ・風俗店……ボッタクリの現在(久田 将義)

歌舞伎町 居酒屋

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の