シトルリン 副作用。 運動や疲労に効果あり?L

シトルリンとは?エビデンスをもとに効果や副作用を解説

シトルリン 副作用

はじめに の1種であるは、健康と運動パフォーマンスを向上させてくれるサプリメントとして人気を集めています。 体内生成もされていますが、食品から摂取したり、サプリメントとしてシトルリンを摂取することで、体内のシトルリン含有量が増加させることができます。 健康と運動のパフォーマンスに対する効果を確信している方もいれば、少し疑問に感じている方もいるでしょう。 この記事では、シトルリンについて知っておくべき点、そしてどのようにして摂取するべきであるかについてお話していきたいと思います。 シトルリンとは シトルリンは、スイカから見つかったアミノ酸の1種です。 () しかし実際のところ、シトルリンは体内で日常的に生成されています。 ただし、体の生成だけに頼るのではなく、シトルリンを含む食品を摂取したり、栄養補助食品を利用して摂取することでその量を増やすことができます。 この記事の後半でお伝えするように、このようにシトルリンの摂取量を増やすことにより、健康や運動パフォーマンスに有益な効果をもたらすことができます。 シトルリンは体内で重要な役割を果たしていますが、一部のアミノ酸とは異なり、タンパク質の構築には使用されていません。 () しかし、シトルリンは有害な化合物を私たちの体内から取り除く尿素サイクルの中で必要不可欠な存在です。 具体的には体内からアンモニアを除去してくれます。 このサイクルで最終的に尿素となり、尿として体外へ排出されます。 また、シトルリンは血管を拡張させる作用もあり、筋肉の構築を助けてくれます。 (、) Point: シトルリンは体内で日常的に生成されるアミノ酸の1種です。 食品または栄養補助食品からも摂取することが可能であり、摂取量を増やすと健康や運動パフォーマンスの向上を助けてくれます。 シトルリンが作用する仕組み シトルリンは、体内にいくつかの重要な効果をもたらします。 まず1つ目の作用は、血管の拡張を促します。 血管の拡張とは、動脈または静脈の拡張を指します。 これは、血圧の低下と血流の増加に関連しています。 () シトルリンが体内で消費された後、一部はと呼ばれる別のアミノ酸に変換されます。 アルギニンは一酸化窒素と呼ばれる分子に変換され、血管を収縮させる平滑筋細胞を緩めさせることで血管の拡張を引き起こさせます。 () ここで興味深い点は、シトルリンの摂取は、アルギニンそのものの摂取よりも体内のアルギニンを増加させる作用があります。 () これは、私たちの体がアルギニンとシトルリンを処理、そして吸収する方法の違いによることが分かっています。 () 一酸化窒素と血流量の増加は、運動パフォーマンスに対するシトルリンの有益な効果に関与するプロセスの1つである可能性があります。 シトルリンはタンパク質の構築に直接使用されるアミノ酸ではありませんが、筋肉の構築に関与する重要なシグナル伝達経路を刺激することで、タンパク質合成を増加させることが分かっています。 ( 、) シトルリンは、肝臓の特定のアミノ酸の分解を減らし、その分解を防ぐ作用もあります。 () タンパク質合成およびアミノ酸分解に対するこれらの二重の効果により、筋肉量の維持または増加を助けてくれるようです。 Point: シトルリンは、一酸化窒素の生成を増加させることにより、血流量を増加させる作用があります。 また、タンパク質合成を刺激して、アミノ酸分解を減少させることにより、筋肉量の維持または増加にプラスの効果をもたらすこうかがあることが分かっています。 シトルリンが含まれている食品 体内で生成されることに加えて、シトルリンはいくつかの食品に含まれています。 しかし、ほとんどの食品は、このアミノ酸の含有量について分析されていません。 シトルリンを含むことが知られている食品は次のとおりです。 (、)• スイカ• かぼちゃ• きゅうり• ゴーヤ• ひょうたん Point: シトルリンはいくつかの食品に含まれていることが分かっており、特にスイカに含まれているようです。 しかし、現在はシトルリン含有量について詳しく分析されていません。 シトルリンの種類 シトルリンを含む栄養補助食品には主に2つの種類があります。 L-シトルリン:何も付加されていない、シトルリン単体を指す• シトルリンリンゴ酸塩:シトルリンとエネルギー生産に重要なリンゴ酸塩と呼ばれる別の化合物の組み合わせたもの() この2つの形態はいくつかの同様の効果をもたらしますが、シトルリンリンゴ酸塩については主にスポーツサプリメントへ使用されています。 しかし、シトルリンリンゴ酸塩を使用する場合、その作用がシトルリンによるものなのか、リンゴ酸塩によるものであるのかは明確ではありません。 Point: L-シトルリンとシトルリンリンゴ酸塩は、栄養補助食品に一般的に見られる2つシトルリンの形態です。 シトルリンとリンゴ酸塩はそれぞれ体内で効果を発揮します。 シトルリンのメリット とある研究者は、血管、勃起不全、運動パフォーマンスへの影響を含む、シトルリンの健康への影響を調査しました。 (、) その結果、シトルリンは私たちの血管の拡張を助ける作用があることがわかりました。 そして血管の拡張能力を改善することで、血圧と組織への血流を改善させることができます。 この研究では、1回のL-シトルリンの摂取において、健常者または患者個人のいずれにおいても動脈の拡張能力を改善がみられなかったことが分かっています。 (、) しかし、心臓病を患っている患者やまたは心臓病のリスクがある患者が7日以上L-シトルリンを摂取した場合、動脈の拡張能力が向上したことが分かっています。 (、) したがって、血管の拡張能力を改善するのに1度の摂取では効果を感じることはできないでしょう。 しかし、長期的にサプリメントなどを使用して摂取すればその効果を感じることができるかもしれません。 血圧を下げる シトルリンサプリメントは、特に高血圧の方の血圧を下げる作用があることが分かっています。 30〜40人の被験者を対象とした研究では、高血圧または心臓病を患う患者へのシトルリンサプリメントの効果を調べました。 この研究で、被験者の血圧が8週間後に4〜15%低下したことが分かりました。 (、) さらに、血圧が正常な成人12人を対象とした小規模な研究を行った際、研究者たちは7日後にシトルリンが血圧を6〜16%低下させたことを発見しました。 () しかし、他の研究では1〜4週間の期間にわたって調査した場合、シトルリンの効果を検証することができなかったため(、)、これは決定的な証拠ではありません。 そのため全体として、健康な方の血圧にシトルリンが実質的に影響するかどうかはまだ不明です。 その他の健康上の利点 シトルリンは、運動後に見られる成長ホルモン(GH)の上昇を増加させる作用があります。 ( ) 運動後のGHや他のホルモンの上昇は、運動後私たちの体に良い影響を与えます。 () アミノ酸は血流量を増加させる機能によって、勃起不全の男性の勃起も改善する効果があります。 () Point: シトルリンのサプリメントを摂取すると、血圧が低下し、動脈の拡張能力が向上する場合があります。 これらの影響は、高血圧またはその他心臓病などを患う方にも一貫して効果を得るようです。 シトルリンの運動パフォーマンスへの影響 ある調査では、シトルリンが運動パフォーマンスをサポートする効果があることが分かっています。 シトルリンは血流量を増加させる作用があるため、持久力運動とウエイトトレーニングに基づく両方の視点で研究されてきました。 持久力運動のいくつかの研究ではL-シトルリンが使用されていますが、強度ベースの研究の多くはシトルリンリンゴ酸塩が使用されています。 持久力運動 一般的に、一度のシトルリンの摂取だけでは運動パフォーマンスの向上は期待できないようです。 () また、サプリメントとして1〜2週間摂取した場合も、酸素消費量に変化はありません。 () ただし、筋肉組織の酸素含有量を増加させる作用があることが分かっています。 (、) これは、アミノ酸が体全体でより多くの酸素を使用しないようにしているせいかもしれませんが、これは運動中の筋肉の酸素使用量に対しては対象であるということを意味します。 これにより、最終的に運動パフォーマンスを向上させる作用につながります。 これは、シトルリンサプリメントを摂取することでパフォーマンスを向上することが実証されています。 ある研究では、シトルリンを摂取している自転車競技の選手は、プラセボ 偽薬 を服用している選手()に比べ、疲労が達するまでに12%も距離をより走行したことが分かっています。 シトルリンサプリメントを7日間摂取することで、サイクリング中のパフォーマンス向上も見受けられます。 これは一定の期間内にどれだけの力を生み出すことができるかという研究です。 () 全体として、シトルリンサプリメントは筋肉の酸素使用量に良い影響を与え、持久力を高める効果があります。 ウエイトトレーニング いくつかの研究により、シトルリンリンゴ酸塩はウエイトトレーニングのパフォーマンスを向上させることが分かっています。 男性41人を対象としたとある研究では、上半身の運動中に反復を行う能力に対するシトルリンリンゴ酸塩の効果を発見しました。 参加者は、プラセボ服用者()と比較した場合、シトルリンリンゴ酸塩を摂取した後、53%多く繰り返し行うことができました。 さらに、運動後2日間のシトルリンリンゴ酸塩を摂取した被験者の筋肉痛の発症は、摂取していない被験者に比べ40%低くいことが分かりました。 他の研究では、シトルリンリンゴ酸塩が運動による疲労を軽減させ、低重量トレーニングのパフォーマンスを向上させることを発見しました。 () これらの研究の多くは、被験者に運動の1時間前にシトルリンリンゴ酸塩サプリメントを摂取させています。 筋力に関する成分については、『』でも解説しています。 Point: シトルリンは筋肉の酸素含有量を増加させ、運動パフォーマンスを改善する効果があります。 持久力パフォーマンスとウェイトトレーニングパフォーマンスにおいて、サプリメントを摂取することで運動パフォーマンスの向上が見受けられます。 シトルリンの摂取量 現在の研究に基づいて推奨される用量は、1日あたり3〜6gのL-シトルリンまたは1日あたり約8gのシトルリンリンゴ酸塩です。 75gのシトルリンリンゴ酸塩が1gのL-シトルリンを供給するため、用量は形態によって異なります。 (残りの0. 75gはリンゴ酸塩 以下は、特定の用途に関する推奨事項です。 ウエイトトレーニング:8gのシトルリンリンゴ酸塩は、ウエイトトレーニングのパフォーマンスに有効な用量である約4. 5gのシトルリンを供給します。 (、)• 筋肉内の酸素:筋肉の酸素含有量を改善するには、1日あたり6g以上のL-シトルリンを7日間摂取することが効果的です。 血圧の改善:血圧を良好にするために研究で使用されたL-シトルリンの量は1日あたり3〜6gです。 さらに、10gまたはそれ以上の摂取は、他のアミノ酸とは異なり、胃のむかつきを引き起こす要因はありません。 () 胃のむかつきは、トレーニングにとってマイナスな効果です。 したがって、運動パフォーマンスを高めるためにこのサプリメントを摂取することはおすすめでしょう。 またシトルリンは、他のアミノ酸と比較して吸収および処理の方法が異なるため、副作用を起こしにくいでしょう。 () Point: 3〜6gのL-シトルリンまたは8gのシトルリンリンゴ酸塩の摂取が最適でしょう。 少なくとも10g以上の摂取の場合の副作用は現在、報告されていません。 シトルリンの安全性 多くのサプリメントとは異なり、高用量の使用でのシトルリンの安全性に関する情報があります。 とある小規模な研究では、8人の健康な男性に日に分けてそれぞれ異なる用量(2、5、10、および15gのL-シトルリン)を摂取してもらいました。 最も高用量であった15gの場合でも、参加者への副作用は見受けられませんでした。 () しかし、最高用量の使用の場合、血中のアルギニンがさらに増加することはありませんでした。 つまり、この研究を通してサプリメントで体内へシトルリンを供給できる量には制限があることがわかりました。 全体として、この研究では、10gを超える摂取の場合、アルギニンの量のそれ以上の増加は見受けられませんでした。 シトルリンサプリメントを摂取した後に行われた被験者の血液分析では、正常な身体機能や血圧にマイナスの変化は見受けられませんでした。 Point: 現在の情報に基づいて、シトルリンは安全で副作用の発症は低いことが分かっています。 ただし、1日当たり10gを超える摂取はそれ以上の効果を得ることはないようです。 編集部が厳選!特におすすめのシトルリンサプリ3選 ここからは、ALLOEH編集部が選んだ3種類のシトルリンサプリメントをそれぞれの特徴とともにご紹介していきます。 サプリメントとの相性は個人差が大きいため一概に言うことはできませんが、効果や評判などの点において高い水準にあり、迷った際にもこの中から選べば後悔することは少ないと思います。 もしシトルリンをサプリメントで摂取する場合には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 L-シトルリン(NOW Foods) 「」は、国内ではおなじみの大手メーカーDHCが販売するサプリメントです。 品質に信頼性があるのはもちろんのこと、コストパフォーマンスが高く継続して摂取しやすい点がおすすめのポイントです。 最後に シトルリンは、健康への利点を持つアミノ酸の1種です。 また、安全かつ、現時点での副作用の発症は認められていません。 このサプリメントは、健康な方はもちろん特に心臓病は高血圧の方の血管の拡張を促進し、血圧を下げる作用があります。 ウエイトトレーニングでは、シトルリンリンゴ酸塩が最もよく使用されています。 8gのシトルリンを摂取した場合、トレーニングによる疲労を軽減し、運動パフォーマンスを良好にする作用があります。 心臓病や高血圧の方への健康促進、運動パフォーマンスの向上を促したい場合は、シトルリンサプリメントがおすすめです。 また、alloehではサプリユーザーのクチコミから、シトルリンサプリのランキングも作成しています。 ぜひ参考にしてください。

次の

協和発酵バイオ「シトルリンZN」?成分と効果と口コミを調査

シトルリン 副作用

色々な効果が期待できるシトルリンだけど・・・ 運動機能を向上させるために シトルリンを摂取しようと思っている人もいるかもしれません。 シトルリンといえばアミノ酸の一種で 血流量の増大を促すことができるため、確かにそれによって運動機能を向上させることは十分可能です。 また血流量を増加できることから、新陳代謝の向上を促したり、疲労回復効果を得ることもできるのです。 ただし血流量に影響を及ぼす力があることから、 服用においては血圧に注意してかなければなりません。 シトルリンは血圧にも影響があるってほんと? シトルリンの摂取に際して、なぜ血圧のことを気にかけなければならないのかといえば、シトルリンには血管を拡張させる作用があること、そして 降圧作用があるからです。 そのため、もし高血圧で降圧剤を服用していたら、シトルリンを飲むことによってさらに血圧を低下させてしまうことになりかねないのです。 極端な高血圧も危険ですが、極端な低血圧も危険であるため、この点にはくれぐれも注意しなければなりません。 また、シトルリンが配合された 田七人参を摂取する場合の注意点ですが、この場合、もし必要以上に摂取してしまうと、不眠や動悸といった症状が現れる可能性があります。 この点では エゾウコギエキスも同様で、やはり副作用として、憂鬱、不安、眠気などを感じることがあります。 このように、シトルリンは血圧にも影響を及ぼすものであり、副作用が出る場合もあり、摂取する際には注意しなければなりません。 適量を守れば副作用については問題ありませんが、血圧の不調で病院にかかっている人が服用する場合は、あらかじめ医師に相談しておくようにしてください。

次の

協和発酵バイオ「シトルリンZn」の効果を調べてみた!サプリの評価&レビュー:突撃口コミ体験レポート File.107

シトルリン 副作用

この アルギニン、そしてアルギニンのパートナーである、 「シトルリン」を同時に摂取することにより、 より早く確実な精力増強効果を実感することができるのです。 この記事では、 「アルギニンやシトルリンとは具体的に何か?」そして 「アルギニンやシトルリンの効果、摂取量、そして副作用」などについて紹介をして行きます。 また、効率の良いアルギニンとシトルリンの摂取方法は食事によっての摂取なのか、それともサプリメントによる摂取なのかについても、このページでは詳しく解説していきます。 このページを最後まで読むことで、 トンカットアリやクラチャイダムだけでは、なぜ精力増強やペニス増大効果が不十分な理由がわかります。 ぜひ最後までお付き合い下さい。 アルギニンとはなにか? トンカットアリとクラチャイダムの両方に含まれている成分であるアルギニンは、 非必須アミノ酸もしくは 準必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一種です。 非必須アミノ酸ですから、 アルギニンは人間の体内で生成することのできるアミノ酸です。 しかし、年齢を重ねるごとに体内での生成量が減少するほか、第二次性徴期には体内で作れるアルギニンだけでは足らないので、 食事によって補う必要があるアミノ酸です。 そのため、 第二次性徴期の方や大人は食事により補う必要があり、準必須アミノ酸と呼ばれるわけです。 準必須アミノ酸と呼ばれているくらいですから、アンチエイジングという面においても効果を発揮して、 健康維持のためには摂取すべきアミノ酸です。 ドイツで1886年にマメ科の植物の芽から発見されたもので、名前の由来はギリシャ語の「綺麗な銀色の輝き」を意味する「アルギュロス」から名付けられました。 ただ、漢方の世界では古くから強壮の強化や婦人病・肝炎の治療に用いられているなど、実は古くから馴染みのあるものです。 アルギニンの効果効能 アルギニンの効果効能としては、下記のものがあります。 ・成長ホルモンの合成促進(身長を伸ばす効果) ・疲労回復 ・ED改善(勃起力アップ) ・動脈硬化の予防 成長ホルモン合成促進 成長ホルモンは、脳下垂体から分泌されるホルモンですが、 アルギニンは成長ホルモンの合成・分泌の促進することが知られています。 成長ホルモンは、成長期の子供の骨や筋肉の成長を促し、 特に身長を伸ばすのには欠かすことができないホルモンです。 前述しましたが、アルギニンは体内で合成できる非必須アミノ酸です。 つまり、 寝る時間帯ではなく 質の良い睡眠をいかにしてとるかが、成長ホルモン分泌促進の鍵となります。 また、 アルギニンを摂取する時間としては、寝る前というのがベストタイミングであるといえます。 疲労回復 アルギニンは、エネルギー不足で起きる 身体疲労の改善や脳疲労と呼ばれる認知力の低下による疲労に対しても効果を発揮することがわかっています。 その原因となるのが 一酸化窒素(NO)です。 この一酸化窒素は後々重要になりますので、覚えておいてください。 一酸化窒素には 血管を拡張する働きがあります。 そのため、大量の血液が体を循環しやすくなります。 結果として細胞の隅々まで ビタミンや糖分、アミノ酸という栄養素を早くそして大量に届けることが可能になります。 また、疲労がたまってくると体臭が強くなる人がいますが、その原因がアンモニアです。 本来、アンモニアは肝臓内の尿素回路(オルニチン回路)にて無害な尿素に代えられ、腎臓によりおしっことして体外に排出されます。 しかし、疲労がたまりすぎると尿素回路での処理が追い付かなくなり、体のだるさに繋がるのです。 アルギニンは尿素回路に働きかけ、アンモニアを尿素に変換し体外へ排出するのをサポートします。 ED改善(勃起力アップ) アルギニンは、一酸化窒素の産生には不可欠なアミノ酸であり、結果 、 勃起するためには欠かすことのできないアミノ酸の一つであると言えます。 アルギニンは一酸化窒素の産生のみならず、 EDの原因となる血管障害の改善にも効果を発揮します。 また、男性が男性らしくあるための性ホルモンである「テストステロン」の生成には欠かすことのできないアミノ酸であり、 精子の数や運動性を高める効果があります。 そのため、 アルギニンは男性不妊症の改善にも利用されています。 動脈硬化の危険因子として挙げられるものは、高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙習慣・肥満・運動不足・加齢などにより、 一酸化窒素の産生量の減少が起こり動脈硬化は進行します。 動脈硬化は、即死する病気の原因になります。 たとえば、 脳梗塞や脳卒中、心疾患などです。 また、 EDなどの原因の一つに動脈硬化があります。 動脈硬化は自覚症状がほとんどなく、少ない自覚症状の一つがEDなのです。 シトルリンとは? シトルリンは、1930年に日本の研究者がスイカから発見した アミノ酸の一種です。 スイカの学名である「シトラスブルガリス(Citrullus vulgaris)」から、シトルリンという名前になりました。 スイカ以外には メロンや キュウリといった ウリ科の野菜に多く含まれています。 「L-シトルリン」と「シトルリン」という表記がありますが、アミノ酸はL型とD型の2種類が存在します。 D型は合成体であり、 L型は天然体と呼ばれています。 そして、 人間の体内で働くアミノ酸はL型のみです。 アルギニンも同様の効果がありますが、この 一酸化窒素で血管が拡張され柔軟性がアップする事実は、1998年ノーベル医学・生理学賞を受賞した米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)医学部薬理学教授のルイス・J・イグナロ博士の研究チームが発見しています。 一酸化窒素といえば、排気ガスやスモッグ・酸性雨といった環境破壊の原因物質ですが、これが 人間の体内に入ると動脈硬化などの予防や勃起力アップに効果を発揮するのです。 ちなみに、 ルイス・J・イグナロ博士は、世界初の勃起薬である バイアグラ も博士の研究をもとにして開発されています。 血管の拡張効果 シトルリンを摂取することにより、一酸化窒素が生み出されます。 その結果、 血管が拡張して血流促進の作用があります。 アルギニンとシトルリンを摂取することで、血管内に一酸化窒素が分泌され、 血管が拡張されます。 そして、血液の流れが促進されて、 ペニスへ流れる血流がアップして勃起力がアップするというわけです。 勃起のメカニズムですが、簡単に説明をすると、性的刺激を受けると脳へ性的な刺激が伝達されます。 そして脳から勃起中枢へ勃起するように命令が発令されると、動脈の内皮細胞から一酸化窒素が大量に産生されます。 この一酸化窒素の働きにより、サイクリックグアノシン1リン酸(cGMP)という酵素が作り出されるのです。 cGMPによって血管平滑筋と海綿体平滑筋を弛緩させられることにより、ペニスに血液が大量に流れ、海綿体が血液を吸収することでペニスの勃起が始まるわけです。 また、 協和発酵バイオ株式会社の「健康成分研究所」にも、 アルギニンとシトルリンを同時摂取することにより、 単独で摂取した場合より血中アルギニン濃度上昇促進効果があるということが認められています。 相乗効果のメカニズムですが、アルギニンが一酸化窒素を作る過程でシトルリンも産生されます。 産生されたシトルリンは、アルギニンにリサイクルされ、アルギニンとなります。 このリサイクルされたアルギニンから再度一酸化窒素とシトルリンが作られるのです。 この変換のサイクルを何回も繰り返すことにより、吸収率がアップし、血中アルギニン濃度上昇に繋がり、一酸化窒素の体内産生を劇的に増やすことができるわけです。 アルギニンとシトルリンの摂取目安量 アルギニンとシトルリンの 1日摂取量について紹介します。 アルギニンの1日の摂取量 アルギニンの1日の摂取量ですが、実は専門家の間でも数値がかなりバラバラです。 ルイス・J・イグナロ博士は、 1日 3000~6000mgの摂取をすすめていますが、日本の メンズクリニックでは 1日 500mgの摂取をすすめています。 また、海外の論文では 5000mgの摂取が良いとしています。 ここまで専門家の間で意見が割れると混乱してしまいますね^^; そのため 、当サイトでは、 ルイス・J・イグナロ博士の提言する 3000~6000mg程度をおすすめをします。 ただし、後述しますが アルギニンは副作用があります。 そのため、柔軟に対応してください。 ちなみに、 1日15,000~21,000mgが上限量となっています。 サプリメントや食事では、ちょっとこの量を摂ることはできないでしょう。 シトルリンの1日摂取量 シトルリンの1日摂取量は 800mgが推奨されています。 これは、シトルリン研究会が推奨している量になります。 ただし、 目安となる摂取量というのは公式には決まっていません。 アルギニンとシトルリンの大量摂取について アルギニンとシトルリンは、それぞれサプリメントが販売されていますので、大量に摂取することは可能です。 しかしアルギニンとシトルリンを大量に摂取すれば、より多くの一酸化窒素が産生されるのでは? と思うかもしれません。 アルギニンはアルカリ性なので、大量に摂取してしまうと 胃腸への負担が大きくなります。 結果、 下痢や胃のむかつきなどの副作用が出るケースが考えられます。 もちろん、 市販のサプリメントのアルギニンを摂取したとしても、胃腸が弱くない限り、特に副作用を心配する必要はありません。 もし心配であるという方は、アルカリ性を中和する クエン酸が含まれた食べ物やサプリとあわせて摂取するといいでしょう。 また、 オレンジジュースなどの酸性の物と一緒にアルギニンを飲むというのも副作用予防の手段の一つです。 アルギニンとシトルリンが多く含まれる食材は? アルギニン アルギニンは、食材から摂取するのは比較的簡単です。 100gあたり、 ・スイカ:180mg ・メロン:50mg ・きゅうり:9. 6mg ・ニンニク:3. 9mg シトルリンの1日推奨摂取量は 800mg になりますので、 かなりの量のスイカやニンニク、きゅうりを食べることになります。 そのため、 シトルリンに限って言えば、食べ物ではなくサプリメントでの摂取がいいでしょう。 アルギニンとシトルリンが含まれているサプリメント アルギニンやシトルリンが含まれているサプリメントとしては、 ファインやNow Foods、DHCなどが、薬局や楽天市場、Amazonで販売されています。 薬局を回ってなかった場合は、楽天市場やAmazonを使って購入するのが現実的でしょう。 Now Foodsのみ、アルギニンとシトルリンが混ざったサプリメントを販売していますが、 あなたがもし精力増強のための購入を考えている場合、 最初から精力増強を目的として作られた、専用サプリを購入する方が、当然効果は高いです。 精力増強専用サプリには、当然 アルギニンと シトルリンが含まれており、そのほかに男性ホルモンのテストステロンの生成には欠かすことのできない 亜鉛をはじめとして、 ビタミンB1 や マカ・トンカットアリなどの有効成分が含まれています。 ただし、 ネット通販で販売されている精力増強サプリは、成分をごまかすなど、中身の無い粗悪品が多いのも事実です。 そのため購入前に 「その商品は本当に効果があるのか?」を可能な限り調査する事が重要です。 参考までに当サイトでは、以下別記事にて 「シトルリン」と「アルギニン」が含まれた精力サプリの、調査分析特集を行っていますので、こちらを参考にされて下さい。 少なくとも「効果の無いサプリメントにお金だけ払って泣き寝入り」という自体は避けられます。 まとめ アルギニンとシトルリンですが、摂取することで ・成長ホルモンの合成促進(身長を伸ばす効果) ・疲労回復 ・ED改善(勃起力アップ) ・動脈硬化の予防 ・血管の拡張効果 などの効果効能を得ることができます。 特に 精力増強やペニス増大目的の場合、アルギニンとシトルリンを摂取することで体内に一酸化窒素が生成され、 血管の柔軟性がアップしたり、血流が良くなったりする効果が期待できます。 そして、 アルギニンとシトルリンは同時に摂取することにより、相乗効果が生まれてより多くの一酸化窒素を生成することができるのです。 しかし、アルカリ性のアルギニンの摂取には副作用もあり、一度に大量のアルギニンを摂取してしまうと、胃腸系に負荷がかかり下痢や胃のむかつきの原因になります。 それを予防するためにクエン酸と一緒に摂取や、オレンジジュースなどと一緒に摂取をしましょう。 アルギニンに関しては食事での摂取が不可能ではありませんが、 シトルリンに関しては食事のみでの1日の推奨摂取量に到達することは不可能なので食品での摂取は諦めて、 サプリメントでの摂取をおすすめします。 特に普通に薬局で販売されているサプリメントではなく、精力増強を目的として製造された専用のサプリを摂取することにより、確実な精力増強結果が得られるでしょう。

次の