シアリス 20代。 【医師監修】シアリスの価格帯相場とは?他のED薬との比較や通販やジェネリックについて|イースト駅前クリニックのED治療

【医師監修】シアリスの価格帯相場とは?他のED薬との比較や通販やジェネリックについて|イースト駅前クリニックのED治療

シアリス 20代

用法・用量 (主なもの)• 通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する• 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる• 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと• なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること• 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること• なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること• 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと• (用法及び用量に関連する注意)チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中の患者では、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、投与間隔を十分にあける(10mgを投与する場合は投与間隔を48時間以上)など注意して投与し、なお、投与量は10mgを超えないこと〔10. 病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 重度肝障害• 網膜色素変性症• 不安定狭心症• 心血管系障害• 硝酸剤投与中• 一酸化窒素<NO>供与剤投与中• 性行為が不適当• コントロール不良の不整脈• 性交中に狭心症• 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中• 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内• 脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内• 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内• 高血圧• 高脂血症• 消化性潰瘍• 多発性骨髄腫• 糖尿病• 白血病• Peyronie病• 陰茎屈曲• 陰茎構造上欠陥• 陰茎線維化• 鎌状赤血球性貧血• 持続勃起症の素因となり得る疾患• 出血性疾患• NAIONの危険因子を有していた• 冠動脈障害• アルコールを高用量<0. コントロールが十分でない高血圧• 勃起不全治療剤投与中• PDE5阻害剤投与中• チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中• 重度勃起不全• 投与に際する指示• 81及び5. 33mmHg下降 ドキサゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 33mmHg下降 テラゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。 なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと。 (用法及び用量に関連する注意) チトクロームP450 3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中の患者では、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、低用量(5mg)から開始し、投与間隔を十分にあける(10mgを投与する場合は投与間隔を48時間以上)など注意して投与し、なお、投与量は10mgを超えないこと〔10. 2参照〕。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 2参照〕]、失神、起立性低血圧。 2). 感覚器:(0. 4). 肝臓:(0. 5). 腎臓:(0. 2参照〕]、感覚鈍麻。 8). 泌尿・生殖器:(0. 10). 皮膚:(0. 11). その他:(0. 1.1参照〕。 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 1. 1. 本剤と硝酸剤又は一酸化窒素<NO>供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中及び投与後においても硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意すること〔2. 2、10. 1参照〕。 2. 死亡例を含む心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること〔2. 8、8. 1、11. 2参照〕。 (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 硝酸剤投与中又は一酸化窒素<NO>供与剤投与中(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)の患者〔1. 1、10. 1参照〕。 3. 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中(リオシグアト)の患者〔10. 1参照〕。 4. 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者〔1. 2、8. 1参照〕。 5. 不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 2、8. 1参照〕。 7. 心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 8. 脳梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内・脳出血の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者〔1. 2、8. 1参照〕。 9. 重度肝障害のある患者〔9. 3.1参照〕。 10. 網膜色素変性症患者[網膜色素変性症の患者にはホスホジエステラーゼ(PDE)の遺伝的障害を持つ症例が少数認められる]。 (重要な基本的注意) 8. 1. 性行為は心臓へのリスクを伴うため勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと〔1. 2、2. 8参照〕。 2. 4時間以上の勃起延長又は持続勃起<6時間以上持続する痛みを伴う勃起>が外国にてごくまれに報告されている。 持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診断を受けるよう指導すること。 3. 本剤投与後に急激な視力低下又は急激な視力喪失があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けるよう、患者に指導すること〔15. 1.1参照〕。 4. 臨床試験において、めまいや視覚障害が認められているので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意させること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 陰茎構造上欠陥(陰茎屈曲、陰茎線維化、Peyronie病等)のある患者:性行為が困難であり痛みを伴うおそれがある。 1.2. 持続勃起症の素因となり得る疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病等)のある患者。 1.3. PDE5阻害剤投与中又は他の勃起不全治療剤投与中の患者:併用使用の経験がない。 1.4. 出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者:in vitro試験でニトロプルシドナトリウム(NO供与剤)の血小板凝集抑制作用を増強することが認められている(出血性疾患又は消化性潰瘍のある患者に対する安全性は確立していない)。 1.5. 重度勃起不全患者:勃起不全の治療を開始する前に心血管系の状態に注意をはらうこと(心血管系イベントの危険因子を有する割合が高いと考えられる)。 1.6. コントロールが十分でない高血圧患者:本剤の血管拡張作用により血圧下降を生じる可能性があるので注意すること。 (肝機能障害患者) 9. 3.1. 重度肝障害患者:投与しないこと(これらの患者は臨床試験では除外されている)〔2. 9参照〕。 (高齢者) 一般に生理機能が低下している〔16. 6.3参照〕。 (相互作用) 本剤は主にCYP3A4により代謝される。 1. 併用禁忌: 1). 硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)〔1. 1、2. 2参照〕[併用により、降圧作用を増強するとの報告がある(NOはcGMPの産生を刺激し、一方、本剤はcGMPの分解を抑制することから、両剤の併用によりcGMPの増大を介するNOの降圧作用が増強する)]。 2). sGC刺激剤(リオシグアト<アデムパス>)〔2. 3参照〕[併用により、血圧低下を起こすおそれがある(併用により、細胞内cGMP濃度が増加し、全身血圧に相加的な影響を及ぼすおそれがある)]。 2. 併用注意: 1). CYP3A4阻害剤(ケトコナゾール、イトラコナゾール、クラリスロマイシン、テラプレビル、グレープフルーツジュース等)〔7.用法及び用量に関連する注意の項、16. 2). HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル、インジナビル、サキナビル、ダルナビル等)〔16. 7.3(1)参照〕[ドキサゾシンとの併用により、立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 5). 降圧剤(アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル、カンデサルタン等)[アンジオテンシン2受容体拮抗剤(単剤又は多剤)との併用により、自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降するとの報告がある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用を増強するおそれがある)]。 6). カルペリチド[併用により降圧作用が増強するおそれがある(本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用を増強するおそれがある)]。 (過量投与) 13. 1. 処置 過量投与時、特異的な解毒薬はない(なお、腎透析によるクリアランスの促進は期待できない)。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 14. 1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 1.2. 本剤は投与後36時間まで有効性が認められていることから、その期間は安全性について十分配慮すること。 1.3. 本剤は食事の有無にかかわらず投与できる〔16. 2.1参照〕。 1.4. 本剤には性行為感染症を防ぐ効果はない。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 3、11. 2参照〕。 1.2. 薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害剤投与後に、まれに、痙攣発作の発現が報告されている。 1.3. 薬剤との因果関係は明らかではないが、外国において本剤を含むPDE5阻害剤投与後に、まれに、急激な聴力低下又は突発性難聴が報告されている。 これらの患者では、耳鳴りやめまいを伴うことがある。 1.4. アルコール飲用時に本剤を投与した外国の臨床薬理試験において、アルコール血中濃度、本剤の血漿中濃度のいずれも相互に影響を受けなかったが、アルコールを高用量<0. ヒトにおける精子形成能に対する影響を検討した外国臨床試験の一部では平均精子濃度減少が認められたが、精子運動率、精子形態及び生殖ホルモン値はいずれの試験においても変化が認められなかった。 (保険給付上の注意) 本剤は保険給付の対象とならない(薬価基準未収載)。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

20歳代・70歳代のED患者分析データ|統計データ【浜松町第一クリニック】

シアリス 20代

20代、30代の若者ED患者の増加 少し前の印象だと、EDは50代以上の高齢者が加齢の影響によって発症するというのが一般的な考え方でした。 しかし現在では考え方が少し変わってきています。 何故なら近年、20代や30代のED患者数がかなり増加してきているからです。 職場などでのストレスが原因になっている場合もありますし、プライベートやそれ以外の別の原因があるケースもあります。 シアリスは、ED治療薬としてかなり有名な存在です。 一般的な他のED治療薬では食前での服用でなければ効果が軽減してしまうという問題がありますが、シアリスはそんな問題をある程度克服しています。 食事のカロリー摂取が800kcal未満であれば、効果が軽減することはありません。 更に軽度ならアルコールを摂取しても問題ありません。 ED治療薬の主な使用時間帯は夜であるため、食事による効果の軽減は割と気になる問題です。 やはりED治療薬を服用してから食事や飲酒を楽しむ機会も出てきますので、ED治療薬を選ぶ際のメリットになるはずです。 シアリスは服用してから効果が緩やかに発揮され始めます。 効果が最大限に発揮されるのは、服用から約3時間後になります。 なので、夜の食事やお酒の席があって服用から時間が空いてしまっても全く問題がないです。 また、服用してからの効果の持続時間も長いというメリットがあります。 摂取した量が少量でも約5時間程度の効果を体感することができます。 規定量の服用の場合、約36時間もの効果の持続を体感していただけます。 20代や30代のED患者さんはEDになってしまったという事実を大変重く受け止めてしまいます。 ですが、あまり深く考えすぎると、それが精神的な負担になってしまい症状が悪化してしまいます。 日常生活で疲れを感じた時に栄養ドリンクを飲む人は多いと思いますが、そのくらいの軽い感覚で治療に向かっていただくくらいが丁度いいです。 ED治療薬を服用して勃起を体感して自信を取り戻し、正常な状態の日常生活を取り戻しましょう。 もしシアリスの服用を始めようと考えている場合、しっかりと医師の診断のもとで服用しましょう。 あなたがどのような症状なのかにより服用量など状況が変わってきますので、個人で判断して服用することだけは絶対に避けましょう。

次の

これはヤバい!20代がバイアグラを使うと危険な4つの理由!

シアリス 20代

20代がバイアグラを使う4つの危険性 20代がバイアグラを使うと危険・・・って言われると、怖いですよね? ただ、一言言っておくと 「バイアグラは世界中の多くの人が利用している薬」なのでむやみやたらに危険だというわけではないんです。 20代だからこそ、危険だといわなければならない理由があるんですよ。 バイアグラ依存で普通にセックスできなくなる バイアグラは勃起薬としての効果が素晴らしく即効性もありEDの人でも飲めば8割程度が勃起に成功する薬です。 ただ、その効果が絶大過ぎて 「バイアグラ無しでは一生セックスできない体」になってしまいます。 機能的に一生バイアグラに頼らなければならないというわけではなく、精神的な依存が強くなって、バイアグラ無しでセックスをできる自信が無くなってしまうんです。 30代前半からシアリスを常用する男性(41)は、 「勃ちが悪い時があったので、クスリを服用してみたんです。 すると1錠で、何回イッても勃ちっ放しで、翌朝もギンギン! それからは、クスリがないと不安なんです」 出典: シアリスはバイアグラ同様仕組みで出来た勃起薬のことです。 41歳の男性の話ですが、 シアリス無しだと不安になってしまうという「依存症」の症状を発症してしまいました。 40代にもなればEDを発症するのは珍しくもないため、バイアグラなどの薬に頼ったセックスを繰り返すのも悪くないかもしれません。 でも、 20代でのEDは近年増えてきていますが、まだまだ少ないうえに40代や50代と違い薬に頼らなくても復活できるチャンスは8割以上もあるんです。 その チャンスをすべて捨てて、バイアグラに頼るということは本当にもったいないことですね。 彼女にバレたら正直引かれる 20代のEDはまだまだ少なく一般人には認知もされていません。 特に 女性の場合はEDという言葉すら知らない人も多いんですよ。 女性は自分の経験でしか男の体を知らないため、セックスの時勃起するのは当たり前と思っていますし 「女の裸を見れば勃起するのが普通」「おっぱいを触ったら勃起するのが普通」って思っています。 男の体のデリケートさなんて彼女には理解できません。 理解できないからドン引きされますし、ドン引きされた上に 「友達に相談」します。 女性は性について知識を得られる機会が少ないので、どうしても友達を頼るんです。 彼女の友達だってEDについて理解を示す人は早々いないので、はっきり言って 「別れ」を勧められますね。 20代で薬に頼らないとセックスが彼氏なんて誰もほしくないというのは、あなただって分かりますよね? 副作用に毎回悩まされる バイアグラは即効性もあり非常に効果的な薬ですが、ほとんどの人が副作用の症状を引き起こします。 バイアグラの効果を簡単に説明すると「血管を拡張して血の流れを良くする」効果です。 勃起するためには血管拡張効果のあるNO 一酸化窒素)を発生させペニス内の血管を広げて血をたくさん流して大きくしているのですが、EDの場合NOの発生を邪魔するPDE5という酵素が出て血管拡張できなくなっています。 バイアグラを飲むと「PDE5」という酵素の働きを無効にするため、血管拡張がスムーズにできるんですね。 ただ、バイアグラの血管拡張効果はペニスだけじゃなくて全身に影響するので、 血管が広がってしまい副作用を引き起こします。 【バイアグラの副作用の症状】• 顔のほてり・目の充血• 動悸・息切れ 9割以上の人は副作用を引き起こすので、セックスの度に毎回苦しむことにあるのは確実です。 快楽のために苦しみを生むのは・・・嫌ですよね。 財布に厳しい バイアグラは即効性のある薬ですが効果は5時間~6時間程度しか持ちません。 つまり毎回セックスの度に飲まなければならないのですが、 1回のセックスで必要なバイアグラは約1,300円です。 1,300円程度なら大したことないと思うのか、はあなた次第ですが、 普通の20代には不要なお金を出して、無理やり勃起させてセックスするのが気持ちいいですか? 特に20代は給料も安くてやりくりが厳しい時もあるので、セックスを我慢しようかな、なんて考えてしまいますよね? 20代でEDになってしまうのは何故?原因は? あなただって好きでEDになっているわけではないですよね? 本当はバイアグラなんて頼りたくないしEDだって解消したいはずです。 最初に言った通り20代はバイアグラなんてなくてもEDを解消できるんですが、何故なのか知るためにも 20代がEDになる原因を見ていきましょう。 環境の変化によるストレス 20代は社会人になりたて・将来を真剣に考える時期でもあり、環境の変化が大きい時期ですよね。 会社員生活が始まれば、今までのように決められた勉強だけをしておけばよいというわけではありません。 自分で考えて仕事をして、成果が出なくても慣れるまではひたすら下積みを重ねなければなりません。 学校だったら嫌いな奴なら話さなくてもよかったけど、仕事だと嫌いな奴でも付き合わなければならなくて、物凄いストレスを抱えますよね。 上司のパワハラもウザいし仕事も慣れないし、面倒な付き合いも多いしでストレスの連続なのが20代です。 ストレスが溜まれば自律神経が乱れホルモンバランスが崩れてしまいます。 ホルモンは男性機能を支える根幹の物質なので、精力減退を招きEDになってしまっても不思議じゃないんです。 おかずが豊富なネット 20代はネットがめちゃめちゃ身近なところにあった世代なので、 ネットでAV見るのは当たり前です。 ネットのAVは、多種多様に自分の趣味に合わせた動画だらけで、かなり刺激が強いものも見てきましたよね? 「痴漢もの」 「家庭教師もの」 「SMもの」 「レイプもの」 過激なプレーのAVをたくさん見ていると、過激なプレーが当たり前になってきて、現実の 「ノーマルなセックス」に興奮しなくなってしまいます。 30代40代に比べて女の裸の価値がはるかに低いのが20代の特徴です。 だって、おっぱいなんて見ても大して興奮しないですよね?スマホゲームのまとめサイトとか見てると、嫌でもアダルト広告で女の裸が出てくるような時代ですし。 アダルトへの耐性が強くなりすぎたことも20代をEDにしてしまう原因だったんです。 男性の草食化による恋愛下手 最近の男は草食化が進んでいるといいますが、 恋愛をしてこないことも男性ホルモン(テストステロン)の分泌量を減らす要因です。 恋愛にめんどくささを感じるのは分かりますし、今はネットがあると何でもできるので、面倒な恋愛よりも楽しいことが手軽に手に入るんですよね。 恋愛をしてこないと男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減るのはもちろん、 セックスをする機会も少なくなってセックスに対する自信が無くなります。 自信がないことってやりたくないですよね?自信がなくなると、いざ本番のセックスで緊張してしまいEDになるというのは、本当によくある話です。 私も、童貞を捨てたときは緊張して勃たなかったですからね(笑) 恋愛をしないと男性ホルモン(テストステロン)も分泌しないしセックスに自信はなくなるしで、EDなるのは当然です。 ゆとり教育による男らしさの欠如 これだから「ゆとり世代は」という気はありませんが、 ゆとり教育の考え方が「男性ホルモン(テストステロン)の分泌には悪影響」というのは否定できな事実です。 ゆとり教育では「競争心」というのを出来るだけ排除し、NO1じゃなくてオンリーワンを目指そうと考えられた教育方法でしたね。 ただ、 男性ホルモン(テストステロン)は「競争心」に関連するホルモンです。 男らしさのイメージって「競争大好き」「チャレンジ精神が旺盛」「負けず嫌い」ってイメージありますよね? いわゆる男らしさを作るのが男性ホルモン(テストステロン)の役割なので、 ゆとり教育の考え方だとどうしても男性ホルモン(テストステロン)を使わない生活になってしまうんです。 男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が低下すればもちろん精力も落ちてEDになりやすくなるので、日本の少子化に貢献する教育方針でしたね。 手軽に手に入るジャンクフード 20代はジャンクフードやファストフードが凄く身近になっている世代で、 手軽に食べられる食品で簡単に食事をすることが増えています。 ジャンクフードは早いのにおいしいから、はまっちゃうのは分かるんですよね。 ただ、ジャンクフードばかり食べていると、月並みですが 栄養の偏りがどうしても気になります。 勃起の根源でもある精力は「男性ホルモン(テストステロン)」がないと湧いてきません。 ホルモンってちょっと変わったものなんだろうな、と思っているかもしれませんが体内で生成される物質なので「栄養」がなければ作ることなんてできないんですよ。 偏ったジャンクフードばかりの生活をしていると男性ホルモン(テストステロン)の分泌量は落ちてEDを発症してしまうんです。 20代でのEDは年々増加傾向 20代でEDになるのは珍しいことだし、かなり恥ずかしいことだと思っていますよね?確かに、20代でEDなんて普通の人は心配しません。 ただ・・・ 近年増えているのは事実です。 浜松町第一クリニックで20代のED初診率を公開していますが 2006年 4. 20代のうち約10人に1人がEDの時代に突入しました。 参考: ただ、 増えているといっても10人に1人です。 あなたはこのうちの一人になりたいですか? 病院にEDの相談をしているということは「バイアグラの処方をしてもらいに来た」ということです。 バイアグラは病院に行く以外手に入れる方法はない(海外製の危険なもの以外)ですからね。 でも、バイアグラに頼らなくてもEDは改善できると知ったら、それでも恥ずかしい思いをしてまで病院でバイアグラを貰いますか? 20代に勧めたい!バイアグラに頼らないED改善 20代なら 余裕でEDを改善できます。 まだ若いですからね! いや、本当に! 趣味を見つけること 趣味を見つけることの目的は 「ストレス発散」と「男性ホルモン(テストステロン)分泌量アップ」です。 趣味があるとやっぱりストレスはたまりにくくなります。 さらに、何かいつもと違うことに興味関心を抱くことが男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップにも効果的なので、一石二鳥なんですよ。 正直言って、20代は環境変化で趣味が続けられなくなっている人も多いのですが、自分の行動力次第で趣味を見つけることもできます。 20代なら例えば大学時代の友人と新しいことを始めたり、会社の同期と新しいことを始めたりというチャンスが多くあります。 30代にもなると「友達は結婚して子育てに忙しい」「仕事が忙しくて趣味どころじゃない」など、周りの友人もあなたの趣味に付き合ってくれることが少なくなり、新たなことに挑戦しにくくなります。 私自身も、20代のころは大学の友人と定期的にテニスや冬はスキー・スノボをしていたのですが、いつの間にか結婚や子供ができたりで趣味のようなことをしなくなってしまいました。 20代はチャンスなので、よく遊んでください。 ED解消にも効果的ですから! 週に1回でもいいから運動すること 運動をすることも ストレス発散効果と男性ホルモン(テストステロン)の分泌に効果的なことに加え、 生活習慣病の予防にもつながります。 生活習慣病、特に糖尿病からEDを発症する人が本当に多いです。 糖尿病になると血液がドロドロになったり血管が狭くなったりして血行不良になってしまうからですね。 勃起と血行の関係はお話した通りなので、EDに関連するのはよく理解できると思います。 趣味として運動をするのもいいですし、趣味は趣味、運動は運動で分けてもいいですが 意識的に運動する機会を設けるのがED解消に効果的です。 筋トレをすること 筋トレも 男性ホルモン(テストステロン)の分泌量アップに貢献するためED解消に効果的です。 筋肉といえば男の象徴なので、男性ホルモン(テストステロン)の分泌が大きく関連しているんです。 特に下半身強化が勃起力向上にはうってつけですね。 AV男優も精力アップのために毎日スクワットを行っているくらいなので、自宅でスクワットをしてみるのもありです。 参考: 精力アップする栄養補給の習慣をつける ED解消のためには栄養も大切なのは説明した通りです。 じゃあ、どんな栄養を摂ればいいのかというと 「男性ホルモン(テストステロン)の分泌を助ける亜鉛」と「血管拡張効果を高めるアルギニン」がEDにはよいですね。 亜鉛は牡蠣に多く含まれていますが、正直に言って牡蠣なんて毎日たくさん食べれませんよね。 じゃあ、アルギニンはどうかというとアルギニンはアミノ酸の一種なのでタンパク質を多く摂取すれば補給できるのですが、ED気味のあなたにとって 必要なアルギニンをとろうと思ったら毎食焼肉でも足りるかどうか・・・。 そうなるともっと効率的に亜鉛やアルギニンを摂取する必要があり 精力剤を使って効率よく摂取するのがおすすめなんです。 はっきり言えば、20代の男性で精力剤で栄養補給する人は少数派ですが、みんなと同じことをしていてはEDは解消できません。 20代であれば栄養さえ取れれば、他の対策をしなくてもED解消できる確率はかなり高くなります。 30代40代になると根本的な勢力を作り出す機能が低下しているため、栄養だけじゃ足りないかもしれないですが、20代なら余裕です。 参考: まとめ.

次の