讃岐 うどん 作り方。 簡単!ざるうどんつゆの作り方*讃岐うどんの味を自宅で完コピ!

讃岐うどんの作り方・中野うどん学校−ダイエット料理レシピ

讃岐 うどん 作り方

手打ちうどん(讃岐うどん)讃岐うどん(手打ちうどん)の作り方です。 カロリー:約 350Kcal• 脂肪分:約 1. うどん粉(うどん専用粉)=500g• 水=220~230cc(室温で若干変わります)• 生地が硬く感じる場合は若干水を加水してください。 【使用する道具】• まな板• 麺切り包丁(無ければ普通の包丁でも可)• 大き目のボウル• うどん粉は粉ふるいで2回ほど篩っておきます。 分量の塩を分量の水によく溶かしておきます。 うどん専用の打ち粉、またはうどんを作るときと同じ粉を用意します。 レシピ.

次の

「足踏み工程」をさらに掘り下げる

讃岐 うどん 作り方

【塩水を作る】 さかずきにあら塩をすりきれ一杯。 夏であればそれに対し、9杯の水を加える。 冬は15杯。 春、秋は11杯の水を加える。 さかずきの代わりに大さじでもいいです。 要は塩と水の基準となるものを同じ容器にするということ。 【塩水の量を計る】 季節によって塩水の量も42(夏)〜46(冬)%と異なります。 42=105gとなります。 46=115gとなります。 44=110gとなります。 【あわせ、こね】 小麦粉をボウルに入れる。 手を熊手のように広げ、粉と空気が十分に混ざり合うように粉を持ち上げては落とす動作を数回繰り返す。 手を熊手のように広げ、粉と食塩水と空気が十分に混ざり合うように粉を持ち上げては落とす動作を繰り返す。 残りの塩水を加えて同様にする。 一かたまりになるまで手でこねる。 (ある程度まとまればOK!ポロポロしていても大丈夫)• 【足踏み】 生地を丈夫なビニールに入れる。 足のかかとでくるくる回りながらまんべんなく踏む。 (5〜6分)• 途中、平たくなった生地を四つ折りにしてさらに踏む。 (3回くらい繰り返す)• 長方形になります。 平たくなった生地を三つ折りにし、さらに三つ折りにする。 ビニール袋に入れて空気を抜く。 【寝かし】 しばらく寝かせる。 夏は30分〜1時間、春と秋は1〜2時間、冬は2〜3時間。 生地の完成。 (これを練り玉という。 これは学校が準備したものなのできれいに成形されています。 実際にはこのようにはなりませんが、家庭ではかたまりを包丁で半分に切り、手打ちは2回に分けて行って下さい。 【手打ち】 まな板に軽くうち粉をし、練り玉を手の平で押さえて広げる。 生地の真中に麺棒を置き、押しながら先の方へ転がして延ばしていく。 生地の向こう端を持って手前にひっくり返す。 先ほどと同じ要領で生地の真中に麺棒を置き、向こう側に押し出すように延ばす。 17〜19を何回か繰り返す。 生地を手前から麺棒で巻きつけながら押し出すように延ばしていく。 巻いたら中ほどに手を置く。 やはり外側へ皮を押し出すつもりで圧力をかけながらゴロゴロと巻き延ばす。 20〜21を数回繰り返し、2〜3mmの厚さに均等に生地を延ばす。 十分に打ち粉をし、びょうぶ畳みにする。 ゆでると2倍になるので幅は2〜3mmに切る。 包丁は生地の折り線に直角に位置させ、そのまま垂直に切り進んでいく。 麺をバラバラにほぐしておく。 すぐに食べない場合はコーンスターチか片栗粉をまぶして常温で保存。 (涼しい時期なら三日位はもつ。 冷蔵庫に入れると固くなるので室内で保存。

次の

【知識】讃岐うどんの食べ方いろいろ。

讃岐 うどん 作り方

うどんの知識がついたら、今度は美味しいうどん作りにチャレンジ! あなたにもできる『本場』の味。 店主直伝のレシピ集です。 そして 沸騰する直前に、だし昆布といりこを取り除きます。 【2】沸騰したらかつお節をできるだけたっぷりと入れ、中火で徐々に火加減を弱めながら1〜2分ほど煮込み、アクが出てきたらその都度、アクを完全に取り除きます。 (*とにかくアクをこまめにとる事がポイント) 【3】火を止めたら、ふきんやキッチンペーパを使ってだしをこし、最後に味見をしながらお塩で味を引き締めます。 の出来上がり!・・・一度に沢山作っておき、小分けして冷凍しておくといつでも使えて重宝しますよヨ。 【2】麺の固さをみながら、15分ぐらい麺をゆでます。 その間、箸で麺を泳がせるように麺全体をかきまぜ、途中、沸騰したらさし水を行ないます。 【3】茹であがった麺をざるにあげ、冷たい水(氷水でもOK)で洗いながら麺を引き締めます。 【4】ざるに冷たくさました麺を置き、つけだしに(添付のつゆをお使いの際は、お好みの味になるようお水で薄めてお使いください。 )お好みの薬味を入れ、つけだしにつけながら頂きます。 【2】 軽く麺をほぐしながら約12〜13分たった頃、少量を取り出し冷水につけてご試食いただきつつ、お好みのゆで加減にゆで上げてください。 【3】ゆであがった麺を水でよく洗い麺を引き締めた後に、麺をもう一度温めます。 【4】麺を器に入れ、あらかじめ別に用意しただしをかけ、お好みの具を入れてお召しあがりください。 【2】麺の固さをみながら、7〜8分麺をゆでます。 (釜上げの場合は短めの茹で時間になります。 )途中、沸騰したらさし水を数回繰り返します。 【3】茹で上がった麺を水洗いせずに、鍋からゆで湯と共に麺をどんぶりに移します。 【4】つけだしにお好みの薬味をいれ、つけだしにつけながら頂きます。 【2】お湯がふきこぼれそうになったら、少しさし水をします。 それを3〜4回繰り返し、約11分〜12分麺をゆがきます。 【3】茹であがった麺を 水洗いをせずにどんぶりに入れ、薬味、生卵をのせ、その上からかけだしをかけて頂きます。 (添付のだしを使う場合は薄めずにそのままの状態で使用、また、だしの代わりに生醤油でもOK.。 麺がほぐれたらOK! 【2】釜上げのだしを温めてください。 【3】茹であがった麺を器に入れ、薬味をお好みの分量だけのせ、その上から温めただしをかけて頂きます。 お好みによってその上からすだち等を絞って頂いても、大変美味しいです。 また、夏場など、茹で上げた麺を冷たい水(氷水でもOK)で洗いながら麺を引き締め冷ました麺に、冷たく冷やした釜上げのだしをかけて頂いても美味しく頂けますヨ。 【2】沸騰したら、人参、ごぼう、大根等のお野菜を煮えにくい順にいれ、最後に 打ち粉をよく払った本生うどんをほぐしながら入れます。 【3】それぞれの固さをみながら、煮え立ったら油あげをいれ、味噌で味付けをし、ネギを加えて出来上がりです。 【2】うどんが浮き上がると、ふたをとりうどんがクルクル回る程度に火を調整します。 【3】ゆで時間の目安は約 4〜5分。 【4】ゆで上った麺を洗わずに鍋の中に入れ、約 4〜5分煮込み味噌などで味付けをして頂きます。 【2】その後、麺をほぐしながら入れ3分から4分煮込みます。 (それ以上煮込むと麺が辛くなるのでご注意!) 【3】そして最後に、お好みで生卵を入れると一層美味しく召し上がれます。 (3〜5リットルのお湯が沸かせる鍋)袋から生うどんを取り出し、ほぐします。 (余分な粉を落とします。 ) 【2】お湯が沸いたら、生うどんを入れます。 八の字を書くように箸で軽くうどんを泳がせて、うどんが浮き上がったら自然に泳がせて下さい。 【3】うどんが茹がけたら、ざるに上げて下さい。 (茹がき時間は13分〜15分です。 )水を一気にかけて表面を急激にさましてから流水でよく洗って下さい。 (出来れば氷水でキュッ! としめれば本場讃岐うどんのできあがり) 【4】かいわれ大根を食べやすい大きさに切ります。 【5】器に適量のおうどんをのせ、ゴマだれをかけ、その上からかいわれ大根をのせ、すべてを絡み合わせながら頂きます。 (3〜5リットルのお湯が沸かせる鍋)袋から生うどんを取り出し、ほぐします。 (余分な粉を落とします。 ) 【2】お湯が沸いたら、生うどんを入れます。 八の字を書くように箸で軽くうどんを泳がせて、うどんが浮き上がったら自然に泳がせて下さい。 【3】肉味噌を別の鍋で温めてください。 【4】ゆで上ったうどんを器にもり、その上から肉味噌をかけます。 そこに刻んだネギと温泉卵をのせ、すべてを絡み合わせながら頂きます。 間違っても温泉卵は温めないでくださいね。 吹きこぼれない程度に火加減を調節し、さし水を差しながらゆで時間10分〜12分を目安に麺をゆがきます。 【2】茹で上がったら、すばやく冷水でよく洗い、麺を引き締めます。 【3】具材入りスープを別の鍋で温めておきます。 【4】麺を軽く湯通しして温めた後に器にもり、その上から温めた具材入りスープをかけます。 ネギ、かまぼこなどをお好みでのせてもさらに美味しくいただけますよ。 【2】軽くうどんをかき混ぜながら再度沸騰してきたら中火にします。 【3】吹きこぼれない程度沸騰させながら 15分から18分茹で冷水でもみ洗いしながら素早く冷やします。 (茹で加減はお好みで調整してください) 【4】冷やしたうどんをどんぶりに盛り付けお召し上がり下さい。 【2】軽くうどんをかき混ぜながら再度沸騰してきたら中火にします。 【3】ふきこぼれない程度沸騰させながら 12分から15分茹で水洗いせずそのままどんぶりに入れお召し上がり下さい。 (茹で加減はお好みで調整してください 【4】釜玉の場合は素早く卵を絡めお好みで醤油をかけてお召し上がり下さい。 カラット揚げたうどんに、好みによって岩塩などミネラルの多い塩をかけ、酢だちやカボスやレモンなどを絞って掛けながらいただくととってもおいしいです。 また応用ですが、中華料理の揚げそばの様に、揚げたうどんの上に,きのこや季節の野菜などを、八宝菜のように、少し濃い目のうどんの出汁で片栗粉を使ってあん掛けにしても、おいしく食べられます。

次の