モック アップ 意味。 スタブとモックの違い

ブラッシュアップの意味とは?ビジネスでの例文と使い方

モック アップ 意味

モックアップ(mock-up)というものは、本来「実物大の模型」です。 外装部品だけが製品と同等に仕上げたもの、それ以外の内部基盤や液晶画面はなくウエイト(重り)が入ってます。 だから、SIMカードを装着することはできません。 その反対語でホットモック(アップ)または店頭デモ機というのがあります。 電源が入りスタンバイしている場合、(iPhone 展示品など)本物です。 ただし、ファームウェアが最新になっておらず、工場出荷状態のまま提供されていることが多いです。 これらにはSIMカードは装着済みのものと抜いているものの両方があり、店舗の自由裁量です。 挿入されているかは、アンテナピクト横のキャリア名の有無で判別できますよね? 多くが、データ通信の一部、通話はほぼ制限されています。 使い勝手を確かめるために置かれているので、手放しで使える状態にはなってません。 そうしておかないと、世の中には目を離したスキにに盗む人がいるので、予防措置はとられてます。

次の

モックアップの製作・試作塗装|神奈川の有限会社フェア・トラオエンス 3Dプリンターによる制作後の塗装・仕上げにも対応

モック アップ 意味

モックアップとは、工業製品の設計・デザイン段階で試作される、外見を実物そっくりに似せて作られた実物大の模型のこと。 ソフトウェアやWebサイト、印刷物などのデザインを確認するための試作品のこともこのように呼ばれることがある。 工業製品のモックアップは製品の外観や構造、部品間の干渉などを確認・評価するために作られるもので、実際の素材が金属であっても安価で加工の容易な木材やプラスチック、板紙などで作られる場合もある。 形状やサイズを確認する段階で制作されるものは塗装などは省略されるが、デザインの最終段階で検証を行う場合や営業や販売促進のためのサンプルとして製造されるものは本物そっくりに塗装や装飾などが行われる(逆に内部構造などは省略される)。 Webサイトやソフトウェアの画面設計などについて作成する場合は、完成後に実際に表示される状態を模した実物そっくりの画像などのことを意味する。 一方、ページやサイトの構成や遷移関係、ページ内のレイアウトなどを大雑把に示した簡易な図のことは「」(wireframe)、実際に操作して動作を確認できる部分的な試作品を「」(prototype)という。 前者はモックアップより前に、後者は後に作成される。 デジタルモックアップ DMU:Digital Mock-Up 製図データなどから製品の外観や構造などを3次元()として作成し、画面上に映し出す手法を「デジタルモックアップ」(DMU:Digital Mock-Up)という。 物理的なモックアップでは手間のかかる彩色や細部のの変更などが短期間でできたり、可動部の動きや内部構造などを実物を制作する前にに再現して確認できる。 物理的なモックアップの作成に多額のコストや長い期間が必要な工業製品の場合には、DMUによってコスト低減や試作工程の期間短縮、試作回数の増加などが見込める。 モックアップとDMUを併用し、DMUでの検証後に最終段階としてモックアップを作成する場合もある。 デジタルモックアップを作成・評価する専門のソフトウェアをDMUツールという。 設計工程で使われると連携したり、利用者を模した人体模型により使用時の操作性や視認性などを確認したり、組み立てや修理などの作業のしやすさを調べるといった高度な機能を提供する製品もある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

スタブとモックの違い

モック アップ 意味

[生]1893. [没]1985. グラース フランスの政治家。 1928~36,37~40年社会主義陣営の下院議員。 この間 36年にはブルム人民戦線内閣の,38年には公共事業相をつとめた。 40年反ペタン運動で投獄され,43年ロンドンのドゴール亡命政権下で自由フランス海軍幕僚。 44年アルジェリア顧問議会議員,45~46年憲法制定議会議員,46~58年国民議会議員などを。 52年創設の,のちに十ヵ国のフランス代表をつとめ 1953~60 ,52年6月 24日の軍縮委員会における「三段階軍縮構想」のは,その後のにおける軍縮案作成に大きな影響を与えた。 75年フランス社会党脱党。 『共産主義反対』 Le Communisme,jamais 1978 など著書多数。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の