児童 英語 教師 に なるには。 児童英語教師の仕事に有利な資格は3つ。資格がなくても働けるけど資格があった方が活躍できる

児童英語教師の仕事に有利な資格は3つ。資格がなくても働けるけど資格があった方が活躍できる

児童 英語 教師 に なるには

留学経験は強みに 教員免許は所定の単位を取得することで自動的に付与されます。 特別な試験が課されているわけではないので、取るだけであれば比較的容易であるというのが正直なところです。 その分、各々の実力差が出やすいのがこの職業の大きな特徴です。 中でも英語の教師は英語力という傍目からもはっきりと分かる物差しで実力を測られてしまいがちです。 授業内での発音一つとっても生徒は厳しい目で見ているのも事実です。 もちろん、教師の実力はこれだけで判断できるものではありません。 しかし、英語を専門として教壇に立つ以上、十分に努力を積んで実力をつけておくべきでしょう。 留学経験は英語力を高めるだけでなく、海外の文化を生徒に語ることができるという点で大きな武器になります。 チャンスがあれば経験しておくことを強く勧めます。 国内でも英会話教室に通ったり、英検やTOEICを受検したりするなどして英語力を高める努力は怠らないようにしましょう。 比較的門戸は広い 主要5教科に含まれる英語科は毎年一定数の採用があります。 公立での勤務を希望している人は採用試験の対策を十分にし万全を期して臨めば大いにチャンスはあるでしょう。 ただし自治体によっては中学校との一括採用制をとっているところもあるため、合格しても高校での採用とならないこともあります。 私立の求人も英語は比較的多めに出ているといえます。 各学校の募集要項に従って受験するか、私学適性検査を受けるかして採用を目指しましょう。 残念ながら正規の採用とならなかった場合でも、非常勤講師としてまずは現場に出ることがおすすめです。 年度のギリギリまで諦めずに試験を受けるようにしましょう。 指導方法は毎年改良を 世界的に見ると日本人の英語力は残念ながらあまり高くないと言わざるを得ません。 これを懸念し、度々見直されるのが学校での英語教育です。 最近では小学校でも英語の授業が行われるようになりました。 これに伴い、中学校、高校のカリキュラムもマイナーチェンジを重ねています。 他の科目に比べて、教える内容や教え方などが国家レベルで見直される科目であるといえます。 教師自身も時代の流れを敏感に察知し、常に学び続ける姿勢を持ち続けることが必要です。 進路指導でも実力を発揮 海外の大学や英語に力を入れている大学への進学を考える生徒にとって一番の相談相手は英語科の教師です。 試験対策はもちろん、入学後の心得など他の科目の教師にはできない助言ができるため、進路指導の際に大きな活躍を期待されるでしょう。 めでたく生徒が志望の大学に進学を決めた際には大きなやりがいを感じられるはずです。

次の

J

児童 英語 教師 に なるには

どんな 職種? 子どもに英語を教えながらともに成長していく仕事 小学校、幼稚園、民間の英語スクールなどで子どもに英語を教える仕事。 自宅で教室を開業する人も多く、働くスタイルはいろいろ。 英語力だけでなく、英語教育や児童教育の専門知識、指導方法など教育についての幅広い知識やスキルが必要なので、民間で英語教師を養成する専門学校もある。 指導者を求める小学校と英語の指導者を結び付けることを目的としたNPO法人では、小学校教員免許を持っていない人が英語教育をする上での必要な知識とスキルがあることを証明する「小学校英語指導者」資格を設けている。 こんな人に おすすめ! 英語のスキルはもちろん、子どもとのコミュニケーション能力や楽しく教える技術も必要 児童英語教師に必要とされる要素は、子どもの目線、子どもの英語のレベルに合わせて教えることだ。 そのためには人に指導ができる高い英語スキルが必要となる。 子どもに分かりやすく教えるために、絵や歌やゲームなどを取り入れて楽しく教えるアイデアも求められる職種だ。 適学・適職診断 無料!自分の性格も分かる! 「マイナビ進学 適学・適職診断」は将来進む道を決める時のヒント・道具として作られました。 あなたの興味や好みを導き出し、その結果からあなたの行動パターン、向いている仕事のタイプを判定します。 またその仕事を目指すために必要な学問や資格情報も調べることができます。

次の

小学校英語講師に資格や留学は必要?給料や求人もチェック!

児童 英語 教師 に なるには

児童英語教師 (児童英語講師)になるにはどうしたらよいのでしょうか。 具体的な働き方は5通りあります。 1)大手の子供英会話スクールに就職、勤める (正社員) 2)近所の英語教室に勤める (パート・アルバイト) 3)自分で英語教室をひらく (自営 or フランチャイズ) 4)英語サークルをつくる 5)小学校で教える では詳しくみていきましょう! (1)子供英会話スクールに就職、勤める 新卒や独身の方で、先生になりたい人にお勧めの方法です 全国になる大きな英会話スクールで、子供向け教室があるところでは「英会話のイオン」「ジオス」「NOVA」といったところがあります。 求められる英語レベルはわりと高めな印象ですよね。 その代わりティーチング研修は充実しているようです。 保育士の資格が必要なところもあります。 もしあなたが、幼稚園教諭資格をもっているなら、プリスクール(英語幼稚園)の求人もさがしてみるとよさそうです。 (2)近所の英語教室に勤める 独身、既婚の方どちらにもおすすめです。 大手ではなく個人営業の英語教室に勤める方法です。 公文教室でも英語を教えています。 ほとんどがパートかアルバイトの勤務になると思います。 (3)自分で英語教室をひらく 独身、既婚の方どちらにもおすすめです。 自分で英語教室を主催するほうほうです。 場所は自宅の1室を使ったり、公民館や集会所の1室を借りることになります。 経営が安定するまでに時間がかかる場合がほとんど。 すぐに安定した収入が欲しい!という人には向きません。 逆に「夫の扶養範囲内で働きたい」という既婚者にはオススメです。 (4)英語サークルをつくる 独身、既婚の方どちらにもおすすめです。 生徒を集めるには、個人的な信頼が必要です。 無料ボランティアで教える場合もあり、あまり収入には結びつかない方法です。 「英語を教えたという実績が欲しい」「自分に自信をつけたい」という方にオススメです。 (5)小学校で教える 今、注目されている働き方です! 2011年から公立小学校で英語必修が決まり、注目を集めています。 小学校での直接雇用、派遣といったさまざまな働き方があります。 これまで紹介してきた(1)~(4)までよりも、生徒の対象年齢が高いのでレッスン時にはより教えるテクニックが必要となるので注意が必要です。 これまではネイティブの先生に注目が集まっていました。 しかし実際に授業をスタートさせてみると「日本語が上手でないため、生徒とコミュニケーションが上手にとれない」という問題点がでてきてしまいました。 小学生ですから、赤ちゃんや幼児と違い、ある程度は理屈でわからないと英語レッスンそのものに拒否反応がでやすい時期なのです。 そういったこともあり、どうしても授業が進まないときには日本語でケアできる日本人の先生への求人が徐々に多くなってきています。 小学校で働くには、「小学校英語指導者資格」「小学校教諭資格」を持っていると有利になることがあります。 児童英語教師と 資格 医者や弁護士として働くには国が認めた資格が必要です。 しかし児童英語教師になるために、特別な資格というのは必要ありません。 ですがどんなに英語力があってもいきなり「子供に教える」ということは難しいでしょう。 まず年間レッスンの予定をつくったり、子供はどんなことに興味をもつのか、といったことなども学ばなければなりません。 そこでそういった事をクリアするために通信教育、通学ともに「児童英語教師養成コース」というものがあります。 もしくは大手英会話スクールなどに直接就職すれば入社研修として教えてくれるはずです。 児童英語教師に必要な 英語力レベル 「児童英語教師養成コース」を受けることを前提とするなら、英検2級、TOIEC600点以上を目安としてください。 こういった養成コースを受講せずに、直接勤務するのならば最低でも英検準1級、TOEIC800点レベルが必要です。 また、赤ちゃんや幼児に英語を教えるときには、文法や構文といった難しいものよりも、「きれいな発音」「ネイティブに近い発音」が一番求められている気がします。 (もちろん先生には文法の知識が絶対必要です) なぜなら赤ちゃんや子供に教える場合はまずは、楽しく遊べるリトミックや歌などからスタートするからです。 もしあなたが英語歌が得意だったり、留学経験がある場合にはプラスとなるでしょう。 もし発音に自信がないならば、発音の矯正を意識しておこなっておくべきです。 毎日コツコツと英語をヒアリングし続けることが重要なので通信講座や書籍の矯正プログラムで十分だとおもいます。 (もちろん毎日通学&ネイティブにマンツーマン指導してもらえるなら、そのほうがベストです).

次の