ティール アンド オレンジ。 フルサイズミラーレス「SIGMA fp」の新カラーモードがQuattroシリーズでも使える!

【SIGMAfp(シグマエフピー) 京都散歩】ティールアンドオレンジでスナップ!紅葉風の写真も撮れました。

ティール アンド オレンジ

ご存知、映画「トランスフォーマー2」の一コマですが、ティールの背景をバックに、オレンジ色の主人公が立っています。 同映画はここに抜き出したシーンに限らず、全篇すべてがこのティール&オレンジで彩られているようです。 …ふ〜ん。 でも、このティールとオレンジってどこから出てきたわけ? こちらは、Adobeがweb上で提供しているカラーテーマ作成ツール「」のスクリーンショットです。 そして色彩学的に、基色と補色を隣り合わせに並べると、基色が引き立つ(目立つ、浮き立つ)ことが知られています。 ところが、この「トランスフォーマー2」の補色グレーディング術は、またたく間にハリウッド中のカラリスト達の間で大流行!以来、テレビといわず、映画といわず、ハリウッド発の映像作品は、いつの間にかそのほとんどがこのティール&オレンジ一色(いや二色か)になってしまいましたとさ(今なお増殖中だそうです)。 視聴者としての僕らは映画やドラマを見る時に、いちいち「う〜ん。 この色調の組み合わせは…?」などと考えながら見ることはありません(…よね?)。 でも、プロ、セミプロを問わず、自身が映像を作っている多くの人たちの間では、いつしかこの補色グレーディングが広く知られるようになり、「Magic Bullet」シリーズを開発・販売している からは、定番の「」とは別に、昨年この補色グレーディングに特化した「」が登場するほど浸透してきています。 「Sin City」など、色彩の特異さが際立つ映画のビジュアルFXアドバイザーを務めた、Stu Maschwitz(スチュー・マシューウィッツ)さんという人がいます。 この人、元々は特殊効果アーティストとして、あのILMに勤務されていたそうですが、一般には Red Giant Software社の「Magic Bullet Looks」や「」など、業界定番ツール群の開発者として有名で、上記「Mojo」も、そしてこのところ何度か投稿のネタにしている「」も同じくStuさんプロデュースの製品です。 そのStuさん自らが「Looks」や「Mojo」を駆使して、上記「トランスフォーマー2」や「ターミネーター4」、「サブウェイ123」などに見られる補色グレーディングを実践的に教えてくれる動画がこちらに公開されています。 その急先鋒が編集者であり映像クリエイターでもある、Todd Miroさん。 You see, in order to get flesh tones to look that warm and orangey, the entire image would look warm and orangey — like golden hour, just before sunset. And in order to get teals to look that blue and tealey, the entire image would look cold and blue — like at night. 肌の色を暖かみのあるオレンジ系にしようと思ったら、当然、画面全体が日暮れ時のような暖かい色味になる。 逆にティールの暗緑色を強調しようと思ったら、画面全体が夜のとばりのように青味がかる。 つまり、現実の世界では[ここ最近の映画のように]ティールとオレンジが等しく強調されて目に入ってくることなど、あり得ない話なのだ) 特段、有名でもなかったToddさんでしたが、この投稿がクチコミで拡がり、補色グレーディングの流行を苦々しく眺めていた人たちがこぞって彼のブログに押し寄せて賛同コメントを書き込むようになり、一躍、彼と彼のブログは有名に。 ついでに、ティール&オレンジを嫌っている人が、実はこんなに大勢いたんだ!ということも明らかになりました。 流行の補色グレーディング術の仕組みを教え、あまつさえ専用ツールを開発・販売する Stuさん。 この流行が一日も早く終焉することを願って止まない Toddさん。 好対照のお二人です。 …が、いち早く Toddさんの投稿を読み「素晴らしい分析だね!」と自らのTwitterにリンクを書き込んで人々に知らしめ、今なお続くグレーディング論争を表に引っぱり出す口火を切ったのが、他ならぬ Stu さんであったことも記しておきます(なんだかちょっとイイ話?)。 Social• Archives•

次の

Lightroomに使えるプリセット「ティールオレンジ」の無料配布を開始!

ティール アンド オレンジ

カラーコレクション(Color Correction、カラコレ)とは、映画などの映像作品において、映像の色彩を補正する作業である。 フィルム時代には、原版のフィルムに切れ込みを入れそのタイミングにあわせてフィルタを入れ替えることによって実現していたため、「タイミング」とも呼ぶ。 作品全体を通してのトーンを決めたり、前後のカットの色味を合わせたりする。 また、1カットを合成する際、それぞれの素材の色味を統一させることもカラーコレクションと呼ぶ。 昼間撮影したシーンを夕暮れ時のように見せかけることもできる。 この作業を専門に行うオペレーターは「カラリスト」と呼ばれる。 (表記は「カラリスト」であるが、発音は「カラーリスト」という場合が多い)また、色変更を専門に行う機械のことをカラーコレクタという。 近年は映像制作のデジタルにともない、デジタルで撮影した映像をクリエイターが意図的にフィルム調の色合いや24fpsのフレームレートに改めるなど、単なる「補正(コレクション)」の範疇を超える処理が一般的に行なわれるようになった。 そのため、それら様々な色調調整を総称して カラーグレーディング Color grading と言うことが多くなった。 しかし日本においては、それらも含めてカラーコレクション(カラコレ)と呼ばれることがある。 オレンジとブルーは色相環で正反対の位置にあり、補色の関係にある。 補色による配色はコントラストが最も強く出るため、人間(俳優や女優)の肌の色をオレンジ系でカラーグレーディングし、背景をブルー系にすることで鮮やかな配色を表現する。 つまり、海外では何かと多用される色調というわけです。 今回はデジカメで撮影した写真を映画風に加工する方法を紹介します。 加工の大きなポイントはシャドウのカラーをブルーではなく別の色に寄せることです。 その他、カラーごとの彩度調整やコントラストなどを調整することで、写真の雰囲気を大きく変えることができます。 【古い映画風に編集するコツ】 古い映画の映像のように加工したい場合には、フィルム感を表現する手段として粒子(ノイズ)を追加するとザラついたアナログっぽさを演出することができます。 粒子(ノイズ)は ・大きめ ・荒め がポイントです。 フィルムカメラの撮り方BOOK 玄光社MOOK いますぐ35mmフィルムカメラがはじめられる! 【内容紹介】 フィルムならではの優しい描写や、プリントという「物」が手元に残ること、 撮ってすぐに見ることはできませんが、大切な1枚をじっくり作っていくことなど、 フィルム写真にはデジタルにはない魅力がたくさん詰まっています。 この本は、フィルムで撮ることが特別なことになったいま、フィルム写真に心を 奪われた方々に向けて、35mmフィルムカメラの使い方、フィルムの基本、 プリントにこだわる楽しさなどをお伝えします。 周囲にフィルム写真を教えて くれる人がいなくても、この本を見ればフィルム写真をすぐにはじめることができる1冊です。 フィルムカメラの楽しみ方 -カメラの知識、撮影から現像・引き伸ばしまで- やっぱり大好き! フィルムカメラ 有名なフォトグラファーが、まだまだフィルムカメラのいいところを生かして作品や仕事に使用していることをご存知でしたか? フィルムから作ったプリント 紙焼き が表現するあたたかさ、階調のよさ。 本書は有名フォトグラファーにフィルムカメラでの作品についてインタビューするとともに、35mmフィルムカメラ、二眼レフ、中判、大判のカメラの使い方、現像・プリントのしかたについてレクチャーします。 みなさんもこの本をお読みになって、フィルムカメラをぜひ使ってみてください。 なお、本書はカバー写真をはじめ多くの写真が実際にフィルムカメラで撮影したプリントを使用しています。

次の

Lightroomに使えるプリセット「ティールオレンジ」の無料配布を開始!

ティール アンド オレンジ

2015年05月08日 21時00分 なぜ映画にはオレンジとブルーが多用されているのか? 1990年頃から映画業界のトレンドとなっているのがカラースキームにオレンジとブルーを多用することです。 時には映画評論家から批判されることもある色使いのトレンドですが、一体いつからどんな理由でオレンジとブルーを多用するようになったのか、その詳細を が公開しています。 Why Every Movie Looks Sort of Orange and Blue 2015年3月に日本で公開された「 」の1シーン。 薄暗い場面ながらも、全体に青みがかかっているのがわかります。 2013年に公開された「 」でもブルーの配色が目立ちます。 2015年6月20日公開予定の「 」は少し黄色がかっているものの、ブルーとオレンジが使われていることは否定できません。 Priceonomicsが最もオレンジとブルーを多用する映画としてあげたのが「 」シリーズ。 トランスフォーマーはシリーズを通してブルーとオレンジを多用しているとのこと。 映画のポスターを見ると、ブルーとオレンジがあえて使われているのは明白。 爆発物や光はオレンジで、空や影をブルーで表現するというのが昨今のトレンドのようです。 映画データベースの で公開されている映画の予告編を分析したところ、オレンジとブルーの配色が多く使われているのは明白。 特にオレンジに関しては他の色を圧倒しているのがわかります。 しかしながら、1939年に公開された「 」の1シーンを見ると、昨今の映画とは色使いが全く異なります。 どうして昔の映画と昨今の映画で色使いの差がでるのか非常に気になるところです。 実は、映画における色使いの違いが生まれた理由には、撮影方法が深く関わっています。 1990年頃まで映画の撮影方法として主流だったのは、銀塩式フィルムを用いるフィルム撮影ですが、デジタルビデオを撮影に用いて磁気テープやハードディスクに保存するデジタル撮影が1990年代に登場。 2002年に公開された「 」では初めて全編がデジタル撮影され、2014年に するなど、2015年現在ではほとんどの映画がデジタル撮影で撮られています。 フィルムからデジタル撮影へ移行したことで影響を受けたのが、色味やトーンを整えて作品の世界観を作り上げていくカラー・グレーディングという作業です。 デジタルへの移行により、ソフトウェアを使ってさまざまなシーンに「単色のカラースキーム」を適用させることが簡単にできるようになったとのこと。 単色のカラースキームの中でも多く使われることになったのがオレンジ。 1本の映画で最も多く登場するのは俳優や女優といった人間、ということは肌の色が最も多く映画に登場する色になります。 肌は淡い肌色のペールピーチや焦げ茶といった色が多く、こういった色はオレンジを構成する色に含まれているため、単色のカラースキームでオレンジが選ばれるようになったそうです。 色相環で見るとオレンジとブルーは正反対の位置に存在し、2つは「 」の関係にあります。 補色による配色はコントラストが最も強く出る組み合わせなので、オレンジとブルーを1つのシーンで使うとパキッとしたコントラストを表現できるということです。 つまり、俳優や女優の肌の色をオレンジ系でカラーグレーディングし、その周囲にある空や光をブルー系にすれば、目を引く鮮やかな配色を実現できるというわけです。 ただしPriceonomicsは「デジタル撮影がオレンジとブルーの使用を促進させたというのは1つの理論に過ぎないが、オレンジとブルーが多用されているのは事実である」とも述べていて、デジタルへの移行だけがオレンジとブルーの多用を広めた唯一の理由というわけではなさそうです。 オレンジとブルーの使用は1990年以降に生まれたカラーグレーディングのトレンドという感じなので、今後に新しい色使いが流行する可能性もあります。 映画を見るときにストーリーやキャストだけではなく、色使いにも目を向けると案外楽しそうです。

次の