大変 ありがたく 存じ ます。 「ありがたく存じます」の意味と使い方とは…相手の好意に対して感謝する敬語表現!

「ありがたく存じます」の意味と使い方|正しい敬語表現を例文で解説!

大変 ありがたく 存じ ます

「ありがたい」とは?意味や漢字は? 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味する 「ありがたい」とは感謝の気持ちを持っている状態を意味します。 コミュニケーションにおいて感謝の気持ちを相手に対して表すことは、良好な関係性を築くことに繋がります。 「ありがたい」という言葉を使いこなすことで、様々な人とのコミュニケーションが良い形で取れるようになることでしょう。 人が誰かから感謝されるということは、多くの人が生き甲斐の一つだと言えるかもしれません。 家族が感謝してくれる、恋人が感謝してくれる、友達が感謝してくれる、同僚が感謝してくれるということが生きるモチベーションに繋がっているはずです。 それを形に表すのが「ありがたい」という言葉なのです。 「ありがたい」の漢字は「有難い」 「ありがたい」の漢字は「有難い」と書きます。 これは「想像できない」という意味合いから、受けた行いに対して「想像ができないくらいうれしい」ということを表している表現になっているのです。 だからこそ漢字では「有難い」と書き、それが感謝を表す言葉として使われるようになったのです。 ちなみに現代においても「有難い」という漢字の表現も決して間違いではないのですが、何か漢字で書く特別な意図がない限りは基本的にひらがなで「ありがたい」と表記するのが一般的になっています。 もしもビジネスにおける書類に漢字で記すと修正を受ける可能性が高くなっているので基本的にはひらがなで書きましょう。 この表現については感謝の気持ちが強い時に使われる表現になります。 そのため、あまりに多用すると感謝の気持ちが伝わらなくなってしまうリスクがありますので、ここぞという時だけの使用に留めましょう。 感謝の気持ちの度合いだけで言えば「有難い限りです」という表現は最上級の言葉になります。 そのためここぞという時に「ありがたい限りです」を使うと深い感謝の気持ちが伝わりやすい表現です。 ここから感謝の気持ちを伝える他のワードのパターンも紹介していきますのでそちらも参考にしながら使い分けていってください。 ここまで期待を裏切り続けてきた私に対してこんなにも温かくアドバイスをいただけるなどと思ってもいませんでした。 本当に有難きお言葉です。 今後はご期待に添えますように心を入れ替えて精進して参ります。 この言い回しは先述の2つの比べると非常に使いやすい言い回しです。 ビジネスのシーンにおいては使わない日がないくらいの表現かもしれません。 ビジネスにおいて多用されている非常に重要な表現と言えます。 ビジネスにおいて「ありがたく存じます」という言葉は依頼事項の後に使う表現になります。 似たような表現には「幸いでございます」という表現がありますが、ビジネスメールにおいては依頼をするシーンは非常に多くなっているので使う機会は断然多くなります。 ビジネスに欠かせない表現になるので覚えておきましょう。 明日までにご返信いただけましたらありがたく存じます。 ご多忙のところ恐縮ではございますが、何卒よろしくお願いいたします。 この言い回しは、いい提案をもらった時の返答として使う言葉になります。 例えばビジネスパーソンとして引き抜きの話を受けて好条件をいただいた時の返答として使うことは十分にあり得る表現です。 この言い回しは前向きなニュアンスを感じさせる表現ではあるものの、はっきりと「YES」を相手に伝えない点で非常に使い勝手のいい言葉になります。 例文のように返事を保留したい時に相手方のメンツを潰さないようにうまく切り抜けるために使うこともできます。 覚えておくといつか役に立つ表現です。 私のようなものをお誘いいただくなんて、本当にありがたいお話です。 今の会社も20年勤めていますので、そちらにも筋を通したいので来週にもう一度お話できたらうれしいです。 この言葉はその場に身を置いている状態で使うのではなく、一旦その場を離れて振り返った時や、第三者的に、客観的な視点で見る時に使う言葉になります。 比較的使用頻度が高い表現であると言えます。 「ありがたいことです」という言い回しも「ありがたい言葉です」という言い回しと同じように、その話に関して完全に肯定している表現ではありません。 しかしながらポジティブなニュアンスをしっかり出しつつも冷静な視点を残している表現になりますので、賢明なビジネスパーソンであれば駆使したい表現になります。 この度はプロジェクトを無事完遂させることができました。 これもひとえに関係者各位の努力の賜物と認識しております。 厚く御礼申し上げます。 この表現は「ありがたく存じます」という表現と同じように使える表現であり、ビジネスのシーンにおいてよく見かける言い回しです。 取引先や目上の方に何かを依頼する際に「お願いいたします」と言い切るよりも「お願いできましたら幸いでございます」とワンクッション置くことで柔らかく感じる言い回しになりますので、相手方も気持ちよく依頼を引き受けることができるでしょう。 お忙しい中恐れ入りますが、本日中に資料のご共有をいただけましたら幸いでございます。 未完成でもかまいませんので一度資料の方を確認いたしたく存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 感謝の気持ちを示す文章を作る際には、微妙な表現の違いを言い換え表現も駆使しながら出すことができます。 「ありがたい」という言葉だけでは表現できないものを相手に伝えることができるようになるのです。 「ありがたい」という言葉を文章の中で繰り返すことで、語彙力の不足が露呈した感謝の気持ちが伝わらない文章だと相手方が感じてしまう可能性があります。 せっかくメッセージを送ってもそうなってしまっては本末転倒です。 「先日の件に関してとてもありがたい気持ちで一杯です。 どんなに素敵な文章で感謝を述べたとしても、気持ちが込められていなければ、その文章で相手方に感謝が伝わることはないでしょう。 感謝を伝えるにはまずは気持ちが一番大切です。 それに類語や言い換え表現も含めた言葉遣いのテクニックが伴えばスマートに気持ちを伝えることができるのです。 下記の関連記事も参考になるかと思いますので、この記事と併せて参考にしてみてください。

次の

間違いも多い「嬉しい」気持ちを表す敬語表現|上手な使い方と例文

大変 ありがたく 存じ ます

「存じます」と「存じ上げます」を正しく使い分けよう 就活にあたって戸惑いを覚えることはいくつかありますが、敬語の使い方もその一つでしょう。 社会人になると、学生時代はあまりなじみのなかった礼儀正しい言葉遣いをしなければなりません。 敬語は使い慣れれば比較的スムーズに出てくるようになりますが、それまでは少々訓練が必要です。 面接に臨む前に、敬語の使い方についてきちんとチェックしておいた方が良いでしょう。 敬語の言い回しで引っかかりやすいものは少なくありませんが、特に迷いやすいのが「存じ上げます」と「存じます」の使い分けです。 この二つはどういった場合にどういう意味合いで用いればよいのでしょうか。 本記事では、「存じ上げます」と「存じます」の意味や使い方について詳しく解説していきます。 「存じる」は知っている・思っているの謙譲語 「存じる」は、知っている・思っているという意味をあらわす謙譲語です。 謙譲語の「存じる」に丁寧語の「ます」を付けた動詞は「存じます」となり、敬うべき相手に対して「思います」「知っています」というときに使う言葉遣いです。 目上の人や上司に対して使う言葉であり、後輩や同期に対しては使わない表現です。 学生のうちはあまり使わない敬語ですが、社会人になると良く使う言葉遣いとなっています。 それでは、謙譲語は尊敬語とどう違うのでしょうか。 以下で見ていきましょう。 謙譲語・尊敬語・丁寧語の違い 謙譲語、尊敬語、丁寧語の違いについてみていきましょう。 謙譲語とは、自分をへりくだることで相手を立てるときに使う言葉です。 謙遜する意味があり、主語を自分に当てたときに同士を謙譲語に変えて使うことが多いです。 尊敬語は目上の人に使う言葉であり、謙譲語と同様に相手をたてるときに使います。 尊敬の意をあらわし、相手を敬う言葉です。 上司や目上の方に対して使います。 謙譲語は自分が主体となる言葉ですが、尊敬語は相手が主体の言葉という違いがあります。 丁寧語は聞き手に対して丁寧に述べる言葉です。 です・ますを付けて話すなど、相手と内容を問わない話し方となります。 謙譲語や尊敬語と同様に敬意を払った話し方ですが、上品に話をしたいときの改まった言葉遣いとなっています。 それぞれの意味と使い方 そもそも、「存じます」と「存じ上げます」にはどういった意味があるのでしょうか。 両者はどちらも「存じる」という言葉が元になっていますが、これは「知っている」「思う」という意味を持つ「存ずる」の上一段活用です。 つまり、意味としてはどちらも「知っています」「思っています」といったものになるわけです。 では、両者は同じ使い方をしてもよいのでしょうか。 実際にはこの二つは微妙なニュアンスの違いがあり、それぞれ使い方も若干異なります。 それについては以下で見ていきましょう。 「存じます」の使い方 まずは「存じます」の使い方から見ていきましょう。 この言葉は先にも述べたように「知る」「考える」という意味の動詞「存じる」に、丁寧語の「ます」が付いたものです「存じる」は謙譲語で、こちらがへりくだる際に使われます。 つまり、こちらの考えや知っていることを、上司や取引先など目上の相手に伝える場合に使われるわけです。 「存じます」が適用される対象は幅広く、人や物、場所などに対して使われます。 ニュアンスとしてはやや硬い表現のため、文書やメールなどの文章で用いられることが多くなっていますが、対面相手や電話の相手に対しても使われることが多くあります。 前述のように「存ずる」は謙譲語のため、相手の立場に対しては使えません。 例えば「存じていらっしゃる」などの使い方は、敬語として正しくないので注意しておきましょう。 「存じ上げます」の使い方 一方、「存じ上げます」の使い方はどうでしょうか。 こちらも謙譲語の動詞「存じる」が元になっているのは同様ですが、「上げる」という言葉が付属しているのが特徴です。 では「上げる」が付くことで、どのようなニュアンスが生まれるのでしょうか。 この場合の「上げる」は、動詞の後に続いて相手に敬意を表する意味を持っています。 つまり「存じ上げます」は、謙譲語の「存じる」を、さらに丁寧に敬意を込めて表現する言葉だと言えるでしょう。 「存じ上げます」の違いとしては、用いられる対象が物や場所ではなく、人に限られるという点があります。 また、「存じます」はビジネス文書などで主に使われるのに対し、「存じ上げます」は対面や電話の場合によく使われるという違いもあります。 「存じ上げております」の使い方 ところで「存じます」や「存じ上げます」と同様に、「存じ上げております」という表現もよく耳にします。 この「存じ上げております」という言葉は、どういった場合に使われるのでしょうか。 「存じ上げております」は、「存じ上げる」に「おる」という「いる」の謙譲語が付いた言葉です。 「いる」はすでにある状態を指し、過去から現在にかけて行われている様を表します。 つまり「存じ上げております」は、「すでに知っている」ということを丁寧に表現しているわけです。 物や事などに対しては使われず、人に対して使われるのは「存じ上げます」と同様です。 目上の人が目の前にいる時などに、「お名前はよく存じ上げております」などといった使い方をするのが一般的です。 「存じ上げます」「存じます」の使い分け 上では「存じます」と「存じ上げます」のそれぞれの使い方について見ましたが、実際に使う際にはやはり混同しがちです。 話している最中に悩んでしまい言葉に詰まって印象もよくありません。 逆にスマートに使い分けることで、面接の際なども好印象を与えやすくなるでしょう。 ここでは、「存じます」と「存じ上げます」の使い分けのポイントについて見ていくことにしましょう。 大まかな使い分けを覚えておけば便利 それぞれを的確に使い分けるには、両者が何に対して用いられるかを踏まえておくと便利です。 前にも触れましたが、「存じます」と「存じ上げます」は使われる対象が若干異なります。 「存じます」が使われるのは人や物、場所や案件などに対してですが、「存じ上げます」は主に人に対して使われる言葉となっています。 この違いを踏まえておくと、使い分けに迷うことはなくなるでしょう。 注意したいのは、「存じます」は人に対しても使われますが、「存じ上げます」に比べるとやや敬意に欠ける感があるということです。 ですから、特に対面の相手に対しては「存じ上げます」を用いた方がよいでしょう。 疑問で使う「存じる」 それでは、「存じる」を疑問形で使う場合にはどうなるのでしょうか。 これも前に述べましたが、「存じる」は謙譲語のため、主語が自分や身内の場合以外は使えません。 ですから「存じていらっしゃいますか?」といった使い方は間違いということになります。 「知る」を疑問で使う際には、「ご存知」を使うのが適切でしょう。 厳密には尊敬語ではありませんが、一般的に「知る」の尊敬語として使われるようになっています。 一方で、「ご存知」は敬語の「存じる」に丁寧語の「ご」を付けた言葉のため、「二重敬語にあたるのでは?」という見方もあります。 しかし、現在は一般的に使われる言葉として広まっており、ビジネスシーンにおいても違和感なく使用することができます。 「存じ上げます」「存じます」の正しい使用例文 「存じ上げます」と「存じます」の使い方について、なんとなく理解できた方も多いでしょう。 しかし、「存じ上げます」と「存じます」は、実際に使ってみるとなると難しい言葉遣いといえます。 ここでは、「存じ上げます」と「存じます」の正しい使用例についてみていきましょう。 使用例文を参考にすれば、ビジネスシーンでも正しい使い方ができるようになるはずです。 社会人として、正しい敬語表現が自然と出てくるようになるまで練習しておきましょう。 「存じ上げます」の使用例• 「田中様のお名前は、かねてからよく存じ上げております」• 「その方でしたら、金田様の奥様かと存じ上げます」• 「高橋様については存じ上げません」 以上が「存じ上げます」の使用例です。 前述のように、「存じ上げます」は人に対して使う言葉になります。 ですから、「この件に関しては存じ上げません」など、事物や案件の場合には用いない方がよいでしょう。 むやみに「存じ上げます」を使うことは、返って慇懃無礼な印象を与えかねません。 使用するときは対象を人物や名前に限って使った方が適切でしょう。 「存じます」の使用例• 「貴社ますますご清栄のことと存じます」• 「お忙しいこととは存じますが」• 「この件につきましては、すでにご承知のこととは存じますが」• 「わたくしもそのように存じております」• 「お心遣いいただき、まことにありがたく存じます」• 「今後一層努力していきたいと存じます」 以上のようなものが、「存じます」の使用例になります。 「存じます」は物や事が対象となるため、ビジネスシーンにおいては幅広く使われる言葉となっています。 特に、メールや文書などでややかしこまった言葉遣いをするときにはよく用いられますから、普段から使い方を練習しておいた方が良いでしょう。 面接の際も適度に使用することで、ぐっと印象が変わってくるはずです。 「存じ上げます」「存じます」の間違った使用例文 「存じ上げます」と「存じます」の正しい使用例についてみてきましたが、続いて間違った使用例文についてみていきましょう。 間違った例文をみてみると、その違いがより分かりやすくなるはずです。 「知っている」と「思います」のどちらの意味になるのか注意して、「存じ上げます」「存じます」を使うタイミングを間違えないようにしましょう。 間違った例文を知っておけば、この二つの言葉を混同しないように気を付けることができるはずです。 「存じ上げます」のNG使用例文• 「存じます」のNG使用例文• 「存じますように、福岡は九州にあります。 」も、「ご存知のように、福岡は九州にあります」の方が自然です。 言葉の違いを知って使い分けよう 「存じ上げます」と「存じます」は、どちらも「知る・思う」という意味の謙譲語「存じる」が元になっています。 よく似た言葉のために混同して使いやすい両者ですが、それぞれにふさわしい使い方があります。 「存じ上げます」は主に人に対して、「存じます」は物や場所、案件に対して使うと覚えておきましょう。 敬語は日本語においても特に混乱しやすい分野です。 普段使い慣れていないと、とっさの時に使い方を迷ってしまうことも少なくありません。 就活生はそれまでと違い、急に敬語を使う機会が多くなりますから、なるべく練習してスムーズに使えるようになっておきたいところです。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My anaytics」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の

「ありがたく存じます」の意味と使い方・敬語表現・類語・例文

大変 ありがたく 存じ ます

「嬉しい」は形容詞で体言(名詞・代名詞)ではありません。 「嬉しいです。 「です」は「だ」の丁寧語で本来は体言の後につく言葉なため、実は間違った丁寧語となっているのです。 丁寧語では「嬉しゅうございます」もしくは「嬉しく思います」と言う表現もありますが、「嬉しゅうございます」は、ビジネスの場ではあまり耳にしない言葉で不自然に思われてしまいます。 また、「嬉しい」と思っているのは自分なので『自分の動作が主体』となり、通常目上の人に対しては謙譲語(へりくだった表現)を用いるのですが、形容詞には謙譲語がないので単純に変換できません。 「嬉しい」気持ちを敬語で表す場合は「喜ばしい」となります。 では「喜ばしい」を使ってみると「喜ばしい限りです」なんだかおかしくありませんか?間違いではありませんが口頭で表現するには、少し仰々しい言い回しですよね。 言われた相手も戸惑ってしまうかもしれません。 では「嬉しい」気持ちはどう表したら良いのでしょうか。 <招待されたとき> ・お招きにあずかりましてありがとうございます。 ・お招きにあずかり感謝しております。 ・お招きいただき感激しております。 <品物をいただいたとき> 強い感謝を示すときの表現としては、 ・お祝いの品までいただき、何とお礼を申し上げればよいか、言葉もありません。 ・ご親切を賜り、お礼の言葉もございません。 ・ご厚意に、胸がいっぱいになりました。 ・お心づかいいただきましてまことにありがとうございます。 ・お気遣い深く感謝しております。 出張のお土産をいただいたときなどの感謝を示す表現では、 ・ありがたく頂戴いたします。 ・ご丁寧に恐れ入ります。 ・お気遣いありがとうございます。 品物を受け取ったとき、「お心遣い」や「お気遣い」という言葉がサラッと出てくるとしっかり敬語を勉強されているなという印象を持ってもらえます。 <助力・援助を受けたとき> ・お力添えに感謝しております。 ・助言を(ご協力)いただき心より感謝しております。 「嬉しい」気持ちを表現したくなる場面として、昇進を告げられたり褒められたりといった場面も考えられますよね。 この場合の「嬉しい」は「気分が良い」という意味合いが強いのではないでしょうか。 過剰に謙遜せずに素直に「嬉しい」気持ちを伝えるようにしたいですね。 また相手(上司や目上の方)に『褒めて良かった』と思ってもらえる返事ができるとその人とさらにいい人間関係を築くことができるのではないでしょうか。 「嬉しい」の類語には、 ・喜びを示す「心うれしい」「喜ばしい」 ・喜びを与えるさま「心地よい」「気持ちよい」「麗しい」「愉しい」 ・嬉しさ、喜びをみせる「仕合わせ」「嬉々たる」「悦ばしい」などがあります。 類義語に置き換えた例 英語にも日本語の敬語表現と同じように丁寧な言い回しがあります。 英語で「嬉しい」は「happy」が思い浮かびます。 「嬉しい」という意味の英語には、「Glad」・「Pleased」・「Delighted」という表現もあります。 では、具体的な使用例を見てみましょう。 ・それを聞いて大変嬉しい。 I am very happy to hear that. ・会えて嬉しい。 I am glad to see you. ・昼食会への招待を大変嬉しい。 I am glad for the invitation to your lunch party. 「喜んでいる」という意味もあります。 ・お会いできて嬉しいです。 I am pleased to meet you. It's a great pleasure to meet you. ・お越しいただいて光栄です It's a pleasure to have you here. 「make 〇〇's acquaintance」は、「〇〇と知り合いになる」と言う「会う」の少しかしこまった表現なので、ビジネスの場で使われることが多くあります。 」「名誉なことです。 」という表現。 ・お目にかかれて大変光栄です。 It's a great honor to be able to meet you. ・招待された事は大変な名誉です。 」と言う意味 ・ おほめにあずかり大変うれしく存じます。 I feel greatly flattered at your compliment. ・私の作品を気に入っていただいて大変うれしく存じます. I feel greatly flattered that you like my work.

次の