軽 トラ キャンプ。 軽トラをキャンピングカーにしたい! 自作キットを使えば簡単だが……

軽自動車N‐VANの車中泊。女子キャンパー森 風美さんが気になる寝心地を体験レポート

軽 トラ キャンプ

ここ数年、軽自動車をカスタムした車中泊の人気がどんどん高まっています。 Hondaの軽自動車N-VANも純正アクセサリー(=ディーラーオプション)でカスタムすることで快適に過ごせるというウワサ…。 そこで、気になる車内の様子、過ごし方、寝心地などをリサーチするべく、実際にN-VANで車中泊することにしました! 訪れた場所は幕張メッセで開催中のイベント「カートラジャパン」(2019年9月20日〜22日開催)。 何やら車中泊体験ができる企画があるようです。 今回、初めてN-VANで車中泊を体験するのは、メディアでも大活躍の女子キャンパー森 風美さん。 最近、自身でも車中泊のために中古の軽自動車を購入したそうで、車中泊に興味津々。 女子ならではの厳しいチェック目線にも期待しつつ、早速レポートお願いします! 森 風美(もり ふうみ) 年間80泊するほどキャンプを愛し、女子でも楽しめるキャンプスタイルをSNSで発信している女子キャンパー。 女性向けアウトドアWEBメディア「なちゅガール」の編集長も務める。 ほか雑誌・テレビ・イベント出演など幅広い分野でも活躍中。 旅の途中で雨が降ったら「車中泊」、いいキャンプ場を見つけたら「テント泊」…と、自由にアウトドアを楽しめるようになった気がします。 快適にカスタムした荷室でくつろぐ森さん ちなみに私が車中泊に使っている愛車は、Hondaの軽自動車バモスホビオ(現在、生産終了)。 女性でも運転しやすい軽自動車であること、さらに車内空間の広さに惹かれて中古で購入しました。 荷室をフラットにしたり、カーテンを取り付けたりと、少しずつ自分好みの車中泊仕様にカスタムしていきたいと思っています。 今回、私が車中泊を体験レポートするクルマ、Honda のN-VANですが、実は私が購入しようか悩んでいたクルマの候補の1つなので、とっても楽しみ。 愛車バモスくんのカスタムにいかせそうなヒントがあれば、どんどん盗んでいきたいです! 車中泊を体験するイベント会場「カートラジャパン」とは? 今回、私が車中泊を体験するのは、2019年9月幕張メッセで開催された「カートラジャパン」という、屋内と屋外の2会場で行われる大規模なイベント会場です。 コンセプトは「ニッポンをクルマで遊びつくすためのフェス」ということもあり、ありとあらゆる「旅を楽しむためのクルマ」が集合しています。 クルマの上部に設置するルーフテントや車中泊仕様にカスタムした軽自動車の提案など、従来のキャンピングカーの形にとらわれない、ユニークな車両が多いのが特徴です。 カートラジャパン会場内の様子 屋内会場はキャンピングカーメーカーの展示車両や、車中泊に使えるグッズが並んでいます。 クルマのイベントって男性向けのイメージがありますが、アウトドア用のハンモックやデニム地で作られたエプロンやトートバッグなど、かわいいアイテムの販売も多くて、つい財布の紐が緩みそう…。 物販だけでなくトークショーやライブ、抽選会のほか、リアルタイムでクルマを車中泊仕様にカスタムするリノベーションライブなど、見て楽しめるイベントも目白押し。 気になるモノ・コトが多すぎて、じっくり見ていると1日じゃ回りきれないボリュームです! 車中泊を体験する屋外の第2会場「アーバンキャンプ幕張」。 屋台も出店! ゆっくり会場を回りたい人におすすめなのが、屋外の第2会場で開催される「アーバンキャンプ幕張」です。 レンタルもできるキャンピングカーやテントなどで宿泊しながら「カートラジャパン」を楽しもうというユニークな企画。 今回、私はこの会場にN-VANを持ち込んで車中泊の体験をします! ちなみにこの日、会場に集まったのは、大型キャンピングカーや軽トラックをカスタムしたなど全16台。 個性豊かな車中泊のクルマがいっぱい並んでいて、オーナーさんに声をかければ見学させてもらえるようです。 2019. 16 いざ、車中泊のためにカスタムしたN-VANをチェック! お待たせしました! 私が車中泊するのはこちら、スーパーハイト系の軽自動車で人気のN-VANです。 高さが1. 7mを超えればスーパーハイトといわれるなか、N-VANは高さ1. 9mもあります。 私の愛車バモスくんは高さ1. 8mなので大きく感じます。 今回このN-VANには、Hondaのディーラーで扱っている車中泊向きのオプション(=純正アクセサリー)をいっぱい装着しているそうです。 「私だったらこう使いたい」という車中泊アイディアも提案していきますね。 では、N-VANの車内をいざチェック! 倒して敷くだけ! 簡単にできるフラットなベッド空間 まず車中泊するためのベッド空間を作ります。 運転席を後ろに、助手席を前に倒して車内をフラットに。 「」を使うだけで簡単にほぼ水平な状態に! 使わない荷物はマルチボードの下に収納しておくと、ベッドメイクがスムーズです。 続いて、マルチボードの上に「」を敷きます。 空気ポンプで膨らませて、車内にセット。 10cm以上ものマットの厚さは、快適な就寝を約束してくれそうで期待大。 ただ、これが女子にはちょっぴり重かった…! それでも、私がいつもキャンプに持って行く道具たちに比べれば軽く感じるし、コツをつかめば楽にセットできそうです。 軽自動車の車中泊は「収納」が重要! 車内をより快適にするアイテム 裏面が磁石になっている小物入れは100均で購入。 街を歩いていて、車中泊に使えそうなアイテムを発見すると嬉しくなります! 続いて収納をチェック。 「」にはフックをかけるだけでなく、マグネットがつくので、ティッシュボックスの裏にマグネットをつけてピタリ。 さらに、磁石つきの小物入れにヘアゴムを入れたり、フック付きの磁石にクルマの鍵や携帯スピーカーをひっかけたりしてみました。 クルマ自体にもマグネットはつくのですが、有孔ボードは平面で広く使えるので、かなり便利だと思います。 ただし、色が真っ黒なので、もう少しかわいくて明るい色をそろえてくれると、車内の印象が暗くならなくていいのになぁ…。 「」は車中泊には不可欠。 先ほどのマルチボードの下に入れたものは一度車外に出ないと取り出せないので、着替えなど車内で使いたいものを収納するときにおすすめ。 最初は「ちょっぴり車内の天井が低くなっちゃうのでは…?」と思っていたのですが、実際に見てみると、私の愛車バモスくんより高さがあるN-VANなら気になりませんでした。 「」には、夜間寒くなったらさっと羽織れるように、ポンチョをかけました。 ハンガーを使って、洋服やタオルをかけておくこともできますね。 ああ! この「」、私が自分の愛車にも装着したいと思っている、今いちばん欲しいアイテムです! 車中泊中に迷子になりがちなメイクポーチや、取り扱いに気をつけたいパソコンやカメラを気がねなく置けます。 車中泊旅のときに立ち寄るお風呂に必須な、石鹸・ハミガキ・小銭・タオルを入れた銭湯セットもここに収納。 クルマの後方にある収納棚に取りに行かなくても、運転席に座ったままサッと取り出せるのが魅力です。 車内に熱がこもる季節は、メッシュで涼しく快適に 暑い夏など熱がこもる季節は「」をつければ、車内で快適に過ごすことができそう。 でもサービスエリアや道の駅でハッチゲートを開けっ放しにするのは危ないので、キャンプ場向けかも。 アウトドア好きな方にはおすすめです! N-VANをかわいい車中泊空間にコーディネートしてみました! 車内のベッドメイクと収納チェックが終わったので、私のおうちから持参したクッションやブランケットを使って、かわいくコーディネートしちゃいました。 N-VANはそのままだと男子っぽいので、無骨に見えるところは上手に隠してあげると女子っぽさがアップします。 今回は赤やオレンジをメインにした暖色系でそろえましたが、今回のN-VANのガーデングリーン・メタリックはどんな色でもコーディネートしやすそうです! そうそう。 ちょっと細かいポイントですが、車中泊の時は小さめのラグを用意しておいて、車外に敷けば靴の脱ぎ履きがとっても楽チン!マルチボードの下に靴を置けば、車内も汚れません。 ラグは敷きっぱなしにして、忘れないように注意してくださいね。 ワンランク上の車中泊の夜の過ごし方。 1人の時間を楽しむには? さて、夜になったら窓に「」を取り付けます。 カーテンと同じで、着替えの目隠しにもなるし、朝の太陽に邪魔されずぐっすり眠れる、車中泊には欠かせないアイテムです。 このあとパジャマに着替えて、ただ寝るだけでもいいのですが、私が手にしているこの白い箱を使って、少し試してみたいことが…。 今回使ったSONYの超単焦点プロジェクターは、壁際に置いても大きく写るから、車内でもきれいに映せました じゃーん! なんとプロジェクターで映画鑑賞です!!! ちょうどプライバシーシェードが白色なので、そのままスクリーンとして投影できちゃいます。 この秘密基地感がたまりません…! ただし車中泊の車内でプロジェクターを使うときには、まわりの迷惑にならないよう明かりの漏れや音量には注意してくださいね。 映画を観たあとはベッドでそのまま就寝です。 車中泊ってよく眠れるの? 気になる寝心地を評価します! 気づくと朝8時。 プライバシーシェードがバッチリ日差しを遮ってくれたので、眩しさを感じることなく目覚めました。 マットも固すぎずやわらかすぎず、自宅のベッドより疲れが回復したような…。 私の愛車のバモスくんと違い、N-VANは前座席までフラットになるので、車中泊で感じがちな車内の狭さがやわらいで「1つの部屋」という感じがしました。 寝袋の窮屈さがあまり好きじゃないので、今回はブランケットをかけて寝ました。 この日は気温もちょうどいい感じ! もう少し寒くなったら、羽毛布団を積んでぬくぬく車中泊が良さそうです。 ちなみに実は昨晩、幕張メッセがある湾岸道路をブオンブオンと走行する爆音に悩まされました…。 車中泊は寝る場所も重要なポイントです。 車中泊施設のRVパークを利用するときや、道の駅やサービスエリアで数時間の仮眠をとるときは、少しでも騒音が気にならない端っこの場所を選ぶと快適に寝られますよ! トイレの洗面所で顔を洗ってから、差し込むだけで設置できる「」で、ささっとメイクしました。 ルーフコンソールからメイクポーチを取り出して、メイク道具を置くのにぴったりです。 頭の働いていない朝だからこそ、無駄のない動線がありがたい! まとめ:軽自動車なら誰でも簡単に車中泊が楽しめる! こうしてN-VANでの車中泊体験が終了しました! 軽自動車は寝られるスペースに限りがありますが、N-VANにはルーフインナーラックや有孔ボードなど、収納オプションが充実していました。 どれも車内で快適に過ごすには便利なアイテムですね。 大型キャンピングカーと比べてしまうと、軽自動車の車内は狭いですが、限られた空間をかわいくデコレーションするのは、おままごとをしているような楽しさがあります。 これから女性やカップル、夫婦で車中泊する人が増えるんじゃないかな? 日本は狭い道が多いので、軽自動車を車中泊に利用するほうが、普段の街乗りにも兼用できるので経済的だし、自分に合っていると思っています。 小回りがきいて、私みたいに運転に自信がない人でも乗りやすいのもポイントです。 女子キャンプもそうなのですが、ユーザーが増えると女性向けのアイテムも開発されるようになるので、もっと車中泊女子が増えてくれるといいな〜!と思っています。 おまけ:カートラジャパンの会場には軽自動車がいっぱい! カートラジャパンの会場には、大型のキャンピングカーはもちろん、軽の車中泊車もたくさんありました。 最後に気になる車両をちょっとだけご紹介します! 車中泊向きのクルマとして抜群の人気を誇る軽自動車HondaのN-VANとSUZUKIのジムニー.

次の

軽トラック用の荷台設置式収納シェル(キャンプ他に、日本人対応)

軽 トラ キャンプ

2020. 23 ブログ更新 2020. 22 ブログ更新 2020. 21 ブログ更新 2020. 20 ブログ更新 2020. 19 ブログ更新 2020. 18 ブログ更新 2020. 17 ブログ更新 2020. 16 ブログ更新 2020. 15 ブログ更新 2020. 14 ブログ更新 2020. 13 ブログ更新 2020. 12 ブログ更新 2020. 11 ブログ更新 2020. 10 ブログ更新 2020. 09 ブログ更新 2020. 08 ブログ更新 2020. 07 ブログ更新 2020. 06 ブログ更新 2020. 05 ブログ更新 2020. 04 ブログ更新 2020. 03 ブログ更新 2020. 02 ブログ更新 2020. 01 ブログ更新• 軽キャンカー ドリームミニオーナーの皆様は、他の様々な軽自動車キャンピングカーと比較検討された上で、最後にドリームミニに決めていただいています。 軽キャンパー架装部の軽量化や無理な改造の回避などにより、車体への負担を最小限に抑えています。 車検も安心楽々。 軽自動車4ナンバーとして扱われ、費用もお安く収まります。 当然税金などの維持費も軽自動車4ナンバーと同額です。 軽キャンカー ドリームミニのベース車両はスズキのエブリイ。 言わずと知れた超メジャー軽四貨物車です。 車のメンテナンスは全国のスズキディーラーで対応可能です。

次の

J

軽 トラ キャンプ

言い出しっぺは僕です。 以前いつものキャンプ仲間が「10年ぐらい前に雪中キャンプをした」という話をしてて、 「僕もやりたい!」 というわがままに付き合ってもらいました。 いつもは一人でキャンプをしてますが、さすがに雪山でのキャンプはちょっと不安。 寒さもそうですが、夜中に大雪でも降って積もって脱出不可能状態とか... 10年前は戸隠でのテントキャンプをしたそうですが、今回は下見に行ったら道中除雪していなかった為断念。 まさか、この時期にオープンしているキャンプ場もなくキャンプする場所がないというハプニングに。 で、いろいろ記憶をたどった結果、以前キャンプをしていた人を見たという山奥の公園へ。 道路からすぐの所で、トイレもある。 と思ってたら、トイレは封鎖。 でも、なんとか車を停めるスペースと食事するスペースがある。 時間的に移動も無理なので、今回はここで決行しました。 今回は全員車中泊。 僕は軽トラの幌の中です。 当然、雪は積もってます。 寒そうだなーって言ってたら、サラッサラの粉雪が... 粉雪って事は、気温がかなり低いって事で... バーベキューコンロで、持って来た薪で焚き火。 ツーバーナーで豚汁と、湯たんぽ用のお湯をわかす。 豚汁を食べながら、今度はバーベキューコンロでの焚き火をやめて、炭をおこして焼き肉。 毎度ながら、大量の肉肉肉 食べきれず、朝食用に。 と、まぁここまでは冬のバーベキュー大会ですが、そこで寝るとなるといろいろ心配が。 冬のキャンプは、車の中で寝てもアイドリングはしません。 着込んで、温かくしてればOK 夏に車だと熱くて眠れない為クーラー付ける為にアイドリングする人もいますが、 キャンプへ行ってエンジン付けっぱなしってなんか違う気がします。 みんな、毛布に布団に湯たんぽにと装備はバッチリ。 当然僕も。 でも、僕はなんら問題なく寝付き、中には暑くて寝苦しいって人も。 気がつくとam9時30分、太陽が照って気持ち良さそう。 ストーブを付けて、着替えて外へ出ると... 風が冷たくやっぱり寒い... 太陽は暖かいんですが... ま、太陽が出てると寒くても気分はよく、朝食作り。 っても、昨日作った凍りかけの豚汁を温めなおし、鉄板で焼き肉。 これがまたうまい。 朝からガッツリ食べて、今回のキャンプは終了。 今回の僕の装備 軽トラ幌付き。 軽トラの荷台は194cmの長さがあるので、そのままスッポリちょうど収まります。 シュラフの下にシュラフを敷きその上に肌掛けをかけて寝ましたが、朝方は少しチャックから冷気がシンシンと来ました。 幌の中は、ダンプラ プラスチックで出来た段ボール を三面に貼ってます。 で、幌内でカセットガスストーブを使ってみる。 一酸化炭素中毒を気にしながらも、強い風が吹くと車は揺れるし幌内に冷たい風が吹く。 って事は密閉された室内とはちょっと言えないか... でも、かなり効果ありで時計の温度計の温度がグングン上がって行く。 ま、実際寒い気温ですがそれ以上に寒いとこにいたので、そう感じます。 濡れた衣服も乾かせます。 カセットガスは気温が低いと使えないと思っていましたが、一応少量入っているプロパンガスで火がつけば ガス缶を暖める器具がついているので、5分ぐらいすると通常通り使えます。 ツーバーナーはさすがにガソリンなので雪の上でも初めからフルパワーで使えました。 もちろんランタンも。 ただ、ノーススターは何回使っても自動着火はうまくいきません。 ツーバーナーの火を付ける為のライターがガスで火がつかないためポケットであっためないと使用不可でした。 でも、さすがに火力が強いのであの寒さのなかでもあっという間にお湯が沸騰します。 常にフルパワーを使っていなかったので、コンロを二つ使っていても1Lのホワイトガソリンで数時間持ちました。 なぜなら... 一応試してみました.... 火がついてからすぐにヤバイとわかるくらいです。 やっぱり火力が強いので酸素もたくさん使うのでしょう。 一気に幌の中は温かくなるほどのパワーです。 今回も1週間ほど滞在しましたが、夏と違い停泊場所に困りました。 水とトイレが確保される場所は意外と限られていて、水やトイレは冬場は閉鎖されている場所がたくさんありました。 その他長期間のキャンプで困るのは、電源とゴミの問題。 自然の中での生活ですので、なるべくエコに過ごしたいと思っています。 アイドリングでの電源確保はなるべく避けるためサブバッテリを積んでますが、長期間だと使う方が多く充電は無理ですし、ゴミもなるべく出したくないのですが、出ます。 コンビニでの買い物の場合はなるべくその場で捨てますが、次のコンビニの場合もあります。 最近ではゴミ箱が店内に設置してあるとこもありました。 それと、キャンプ場以外でコンロを使える場所もなかなかないので、橋の下とかでの夕食って事もあります。 で、その後の後片付けです。 自宅では普通に水道で合成洗剤をつかいますが、自然の中では何となく気が引ける。 探してみると、今は意外とエコ流行でそんな人の為にいろいろ出てました。 純石けん成分の洗剤や天然素材のスポンジなどなど、少し価格は高いですが普通にスーパー「西友」で売ってました。 あんまり気にし過ぎなのでしょうか... 夏は寝にくいですが、お風呂に困らないし 水を溜めておけばお湯になる 春秋冬は、温泉やお風呂の楽しみ+虫はいないし快適に睡眠が出来ますが、場所に困る。 一長一短ありますが、キャンプは夏だけではなく通年出来る趣味です。 興味ある方やおすすめの場所 無料もしくは限りなく無料 を知っている方はご一報ください。 どこかでご一緒しましょう。 ちなみにこんなサイトも作ってます「」です。 なるサイトもあるみたいです。 はじめまして。 お越しいただきありがとうございます。 さてさて、登山の為に車中泊との事ですが、ちょうどこの夏登山の為に車中泊してました。 もちろん軽トラの幌の中です。 僕が登山したのは北アルプスの燕岳へ行くルートで表銀座と呼ばれているとこです。 夏は暑くて眠れませんが、早寝早起きを心がければなんとかなります。 といっても出来るだけ朝晩涼しい地域が良いのですが。 登山との事なので、地域的に高所であれば幌でも行けると思います。 幌の種類はたぶんどんなのでも良いのでは? ただ、雨風を考えると出来るだけ頑丈な厚い生地の方が安心です。 窓付きというのは透明部分の事でしょうか? これは結局時間が経つと半透明になり何も見えません。 明かり取りみたいな感じです。 無くても良いかと。 幌の中で寝るときは出来るだけ換気を良くしたいと思っていますが、穴をあける訳にも行かないのでそれだけが難点でしょうか。。。 一応幌下部を開けて寝ていますが、上部が空いていないので風は通り抜けません。 もちろん防犯面では全くあてになりませんので、覚悟しておいてください。 ま、テントで寝てるのも一緒ですがキャンプ地でテントで寝るのとその辺で車中泊するのでは多少違います。 軽トラックでのキャンプの話、興味深く拝見しました。 私も以前はオフロードばいくでのキャンプツーリングをやっていました。 3回ほどはクルマでの正月、福島県の桧枝岐村で雪中キャンプを3人程でやったりしました。 山歩きも一応やりました。 今でもバイクはやめられないでいますが、軽トラックが楽しくてハイゼットジャンボ4WDを購入しました。 軽トラでのキャンピングカーとなると、荷台の長さが問題です。 アオリを倒してやれば一応は何とかなりますけど、シェルは木製か幌かで迷っていました。 既成の幌を改造するか、又は雪国でやっている人がいる、水道管を使ったドーム型のシェルを作って、波板を外装にすればと思います。 あとは断熱ですね。

次の