サラダ 火影。 NARUTO

【ナルト】サラダの過去がヤバい…両親の詳細やボルトとの関係まとめ

サラダ 火影

Contents• サラダは親は誰? サラダがものごころついた時には、サスケは任務で旅に出ていたため父親の記憶がありません。 自分の出生記録を調べても、木の葉のどこの病院にも記録がなく、サクラの先輩でもあるシズネに、自分を誰が取り上げて誰が立ち会ったのかを聞いても答えてもらえない。 自分の親は誰なのか疑問を抱くようになったサラダは、ある日、母親のサクラにサスケがメガネをかけていたのか聞きますが、「たぶんかけていないと思う」とサクラ。 夫婦なのに「たぶん」と回答するサクラにサラダは、「本当にパパの奥さんなの?」と聞きます。 さらに二人の関係がおかしいと言うサラダにサクラがキレます。 涙を流すサラダに「パパとは気持ちがつながってるから大丈夫」とサクラは言います。 サクラの怪力で地盤が沈下し家が崩壊。 それを見たサクラは、家のローンがまだ残っていると気絶します。 メガネの女といえばカリン 崩壊した家からサラダは一枚の写真を見つけます。 そこにはサスケの隣にメガネの女「カリン」が写っていました。 カリン サラダ いや、似すぎでしょw これはサラダじゃなくてもカリンが母親かと思いますよね。 しかもカリンはサスケのことが好きだったので、余計怪しく思えてきます。 サラダの怪力 見た目はカリンに似ていることがわかりますが、ではサクラと似ているところは?それは 怪力 サクラといえば怪力ですよね。 綱手に弟子入りすることで、全身のチャクラを一点集中させて生まれる「怪力」を身につけました。 そしてサラダも中忍試験では怪力っぷりを見せてくれています。 サクラの怪力は、元々チャクラのコントロールが完璧だったのと、綱手の教えがあったからこそ身につけたものです。 このとこから、サラダはサクラの血を継いで生まれながらにチャクラのコントロールが上手なのではと考えられます。 サスケの写輪眼と開眼条件 外伝ではナルトはサラダの目元はサスケに似ていると言います。 さらに写輪眼が開眼すれば余計似るだろうとも。 水月はカリンの机から「へその緒」を見つけDNA鑑定をした結果、DNAが一致します。 水月はサラダの母親はカリンで間違いないと伝えます。 偶然、水月とサラダの会話を聞いていたボルト。 気まずい空気の中、サラダにサクラを助けに行こうと声をかけますが、母親でもない人を助けに行く理由がないと断ります。 そしてサラダの目には写輪眼が開眼しています。 このことからサラダの父親は間違いなくサスケであることが判明しましたが、問題は母親が誰なのか。 サクラと血の繋がりがないことを知ったサラダは、ナルトのことを「嘘つき」呼ばわりし、「自分をずっと騙していた」とサスケとサクラに憎悪の念を抱きます。 両親への想い 最悪の結果がでたDNA鑑定。 サラダは里を出て一人で旅をするといいアジトを出ようとしますが、ナルトはサクラの腕を掴み止めます。 七代目には関係ないとサラダは言いますが、「火影にとっては里の全ての人が家族みたいなもの」とサラダのを腕を離さないナルト。 それでも血の繋がりがないことを気にするサラダに、掴んだ腕に力を込めるナルト。 そしてイルカ先生とサスケのことを思い出します。 自分と同じく両親がいないナルトに、本当の意味で強くなってもらいたいと、人一倍厳しく指導するイルカ先生。 イルカ先生の両親は、ナルトが生まれた日、木の葉を襲った九尾との戦いで亡くなりました。 両親を殺した九尾が封印されている人柱力のナルト。 九尾によって多くの村人が殺され、村人達はナルトのことを「九尾のバケ狐」と煙たがります。 その結果いつも孤独だったナルトですが、イルカ先生は「九尾のバケ狐」ではなく「うずまきナルト」という一人の人間として受け入れます。 イタチ先生はナルトのアカデミー卒業のお祝いに自分の額あてを贈りました。 ナルトにとってはイルカ先生は父のような存在でした。 そして同じく血の繋がりがないサスケ。 天涯孤独だったナルトがやっとできた繋がりで、兄弟のような存在だと回想します。 ナルトはサラダに「両親との繋がりはその程度のものなのか?」と聞きます。 さらに繋がりには時間や血よりも強いものがあると言います。 その強いものとは何なのかを聞くサラダにナルトは答えます。 ナルト 「想い。 それさえありゃいい」 サラダはサクラと過ごした日々を思い出します。 熱を出し寝込んだ時、ずっとそばで看病してくれたサクラ。 サスケが家に帰って来ず、寂しい思いをするサラダを抱きしめてくれたサクラ。 サクラにサスケの話を聞いた日にされた「デコトン(デコ遁 」 サクラのお弁当を食べながら嬉しそうに「デコトン」を思い出すサラダ。 そしてサラダは自分の額に手を当て、サクラを助けたいと涙を流します。 その姿にナルトは、偽物か本物かはどうでもいい。 助けたい想いがあるならそれが本物だとサラダに言います。 そしてナルトとサクラを助けに行くサラダ。 結局誰の子? サラダはサクラを助けたい想いから、父と同じ写輪眼を開眼させ、母を彷彿させる怪力でサクラを守ります。 戦闘後サラダを力強く抱きしめるサクラ。 サクラが「パパとは気持ちがつながっているから大丈夫」と話していたのを思い出すサラダは、サスケに「ママと気持ちがちゃんとつながっている」と言いきれる理由を聞きます。 サスケは答えます。 サスケ 「お前がいるからだ・・・サラダ」 涙を浮かべるサラダ。 里に戻ってきたサラダは、ものごころがついてから初めて家族三人での団欒を過ごします。 再び家を出るサスケに、サラダは寂しそうに「次はいつ帰って来るの?」と聞きます。 サスケは「そんな顔するな」と言い、「また今度な」とデコトンをします。 嬉しそうにサクラの方を振り返るサラダ。 サクラはサスケにお弁当を渡し、額をサスケの方へ近づけデコトンをアピールしますが、「おあずけ」となります。 ナルトの言葉から、時間や血よりも想いが大事だと気付いたサラダですが、本当の母親はカリン?サスケ何やってんだ? ってなりますよね。 実は最後にサラダの親が判明します。 水月がDNA鑑定した「へその緒」はサラダとサクラのものであることが、カリンの口から証言されます。 サスケとサクラが一緒に旅をしていた時期があり、その時にアジトでサラダを出産したと。 しかも、サラダを取り上げたのはカリンだと言い切ります。 つまり、水月の早とちりってことですね。 ナルトの気持ちがわかりますw メガネの理由は? サラダがメガネの理由ですが、そもそもサラダのメガネは誰が用意したものなのか。 その理由もナルト外伝の中で語られています。 サラダのメガネはサクラと友人関係にあり、サラダを取り上げたカリンがプレゼントしたものです。 さらにカリンは、誤解を招いた水月にサラダに謝ることと、前にあげたメガネは小さくなってるだろうから、新しいメガネもプレザントするよう命令します。 これにより、サラダのメガネの理由が半分は解明されましたが、なぜサラダがメガネをかけているのか。 根本的なメガネの理由は不明のままです。 単純にプレゼントされたメガネをかけているのか、それとも本当に視力が低下しているのか。 この辺も今後解明されることに期待します。 まとめ カリンの写真が登場した時は焦りました。 そしてDNA鑑定の結果に変な汗が出ましたw 時間や血ではなく「想いの強さ」が大事とう話で、サラダもそれに気づいたので良かったのでしょうが、ただ、サスケそれどうなの?って思いました。 最後はちゃんとサスケとサクラの子供だということが証明されて安心しました。 イルカ先生の回想シーンはやばいですね。 ナルトのあの場面を思い出すともう泣けて泣けて。 そしてサラダの回想シーンもやばいです。 サクラいいお母さんしてるじゃん!! ってナルトの1話から読み直したくなりましたw ちなみに、サラダの写輪眼はサスケに会えて感激した際に、既に開眼していたので、必ずしも「大きな愛の喪失や自分自身の失意にもがき苦しんだ時」とは言えないのかもしれないです。 ナルト外伝「七代目火影と緋色の花つ月」を無料で読めるサイト情報は、こちらの記事でまとめています。

次の

うちはサラダの母親はカリン!?火影を夢見るうちは一族!【NARUTO】【ナルト(NARUTO)】

サラダ 火影

Contents• サラダは親は誰? サラダがものごころついた時には、サスケは任務で旅に出ていたため父親の記憶がありません。 自分の出生記録を調べても、木の葉のどこの病院にも記録がなく、サクラの先輩でもあるシズネに、自分を誰が取り上げて誰が立ち会ったのかを聞いても答えてもらえない。 自分の親は誰なのか疑問を抱くようになったサラダは、ある日、母親のサクラにサスケがメガネをかけていたのか聞きますが、「たぶんかけていないと思う」とサクラ。 夫婦なのに「たぶん」と回答するサクラにサラダは、「本当にパパの奥さんなの?」と聞きます。 さらに二人の関係がおかしいと言うサラダにサクラがキレます。 涙を流すサラダに「パパとは気持ちがつながってるから大丈夫」とサクラは言います。 サクラの怪力で地盤が沈下し家が崩壊。 それを見たサクラは、家のローンがまだ残っていると気絶します。 メガネの女といえばカリン 崩壊した家からサラダは一枚の写真を見つけます。 そこにはサスケの隣にメガネの女「カリン」が写っていました。 カリン サラダ いや、似すぎでしょw これはサラダじゃなくてもカリンが母親かと思いますよね。 しかもカリンはサスケのことが好きだったので、余計怪しく思えてきます。 サラダの怪力 見た目はカリンに似ていることがわかりますが、ではサクラと似ているところは?それは 怪力 サクラといえば怪力ですよね。 綱手に弟子入りすることで、全身のチャクラを一点集中させて生まれる「怪力」を身につけました。 そしてサラダも中忍試験では怪力っぷりを見せてくれています。 サクラの怪力は、元々チャクラのコントロールが完璧だったのと、綱手の教えがあったからこそ身につけたものです。 このとこから、サラダはサクラの血を継いで生まれながらにチャクラのコントロールが上手なのではと考えられます。 サスケの写輪眼と開眼条件 外伝ではナルトはサラダの目元はサスケに似ていると言います。 さらに写輪眼が開眼すれば余計似るだろうとも。 水月はカリンの机から「へその緒」を見つけDNA鑑定をした結果、DNAが一致します。 水月はサラダの母親はカリンで間違いないと伝えます。 偶然、水月とサラダの会話を聞いていたボルト。 気まずい空気の中、サラダにサクラを助けに行こうと声をかけますが、母親でもない人を助けに行く理由がないと断ります。 そしてサラダの目には写輪眼が開眼しています。 このことからサラダの父親は間違いなくサスケであることが判明しましたが、問題は母親が誰なのか。 サクラと血の繋がりがないことを知ったサラダは、ナルトのことを「嘘つき」呼ばわりし、「自分をずっと騙していた」とサスケとサクラに憎悪の念を抱きます。 両親への想い 最悪の結果がでたDNA鑑定。 サラダは里を出て一人で旅をするといいアジトを出ようとしますが、ナルトはサクラの腕を掴み止めます。 七代目には関係ないとサラダは言いますが、「火影にとっては里の全ての人が家族みたいなもの」とサラダのを腕を離さないナルト。 それでも血の繋がりがないことを気にするサラダに、掴んだ腕に力を込めるナルト。 そしてイルカ先生とサスケのことを思い出します。 自分と同じく両親がいないナルトに、本当の意味で強くなってもらいたいと、人一倍厳しく指導するイルカ先生。 イルカ先生の両親は、ナルトが生まれた日、木の葉を襲った九尾との戦いで亡くなりました。 両親を殺した九尾が封印されている人柱力のナルト。 九尾によって多くの村人が殺され、村人達はナルトのことを「九尾のバケ狐」と煙たがります。 その結果いつも孤独だったナルトですが、イルカ先生は「九尾のバケ狐」ではなく「うずまきナルト」という一人の人間として受け入れます。 イタチ先生はナルトのアカデミー卒業のお祝いに自分の額あてを贈りました。 ナルトにとってはイルカ先生は父のような存在でした。 そして同じく血の繋がりがないサスケ。 天涯孤独だったナルトがやっとできた繋がりで、兄弟のような存在だと回想します。 ナルトはサラダに「両親との繋がりはその程度のものなのか?」と聞きます。 さらに繋がりには時間や血よりも強いものがあると言います。 その強いものとは何なのかを聞くサラダにナルトは答えます。 ナルト 「想い。 それさえありゃいい」 サラダはサクラと過ごした日々を思い出します。 熱を出し寝込んだ時、ずっとそばで看病してくれたサクラ。 サスケが家に帰って来ず、寂しい思いをするサラダを抱きしめてくれたサクラ。 サクラにサスケの話を聞いた日にされた「デコトン(デコ遁 」 サクラのお弁当を食べながら嬉しそうに「デコトン」を思い出すサラダ。 そしてサラダは自分の額に手を当て、サクラを助けたいと涙を流します。 その姿にナルトは、偽物か本物かはどうでもいい。 助けたい想いがあるならそれが本物だとサラダに言います。 そしてナルトとサクラを助けに行くサラダ。 結局誰の子? サラダはサクラを助けたい想いから、父と同じ写輪眼を開眼させ、母を彷彿させる怪力でサクラを守ります。 戦闘後サラダを力強く抱きしめるサクラ。 サクラが「パパとは気持ちがつながっているから大丈夫」と話していたのを思い出すサラダは、サスケに「ママと気持ちがちゃんとつながっている」と言いきれる理由を聞きます。 サスケは答えます。 サスケ 「お前がいるからだ・・・サラダ」 涙を浮かべるサラダ。 里に戻ってきたサラダは、ものごころがついてから初めて家族三人での団欒を過ごします。 再び家を出るサスケに、サラダは寂しそうに「次はいつ帰って来るの?」と聞きます。 サスケは「そんな顔するな」と言い、「また今度な」とデコトンをします。 嬉しそうにサクラの方を振り返るサラダ。 サクラはサスケにお弁当を渡し、額をサスケの方へ近づけデコトンをアピールしますが、「おあずけ」となります。 ナルトの言葉から、時間や血よりも想いが大事だと気付いたサラダですが、本当の母親はカリン?サスケ何やってんだ? ってなりますよね。 実は最後にサラダの親が判明します。 水月がDNA鑑定した「へその緒」はサラダとサクラのものであることが、カリンの口から証言されます。 サスケとサクラが一緒に旅をしていた時期があり、その時にアジトでサラダを出産したと。 しかも、サラダを取り上げたのはカリンだと言い切ります。 つまり、水月の早とちりってことですね。 ナルトの気持ちがわかりますw メガネの理由は? サラダがメガネの理由ですが、そもそもサラダのメガネは誰が用意したものなのか。 その理由もナルト外伝の中で語られています。 サラダのメガネはサクラと友人関係にあり、サラダを取り上げたカリンがプレゼントしたものです。 さらにカリンは、誤解を招いた水月にサラダに謝ることと、前にあげたメガネは小さくなってるだろうから、新しいメガネもプレザントするよう命令します。 これにより、サラダのメガネの理由が半分は解明されましたが、なぜサラダがメガネをかけているのか。 根本的なメガネの理由は不明のままです。 単純にプレゼントされたメガネをかけているのか、それとも本当に視力が低下しているのか。 この辺も今後解明されることに期待します。 まとめ カリンの写真が登場した時は焦りました。 そしてDNA鑑定の結果に変な汗が出ましたw 時間や血ではなく「想いの強さ」が大事とう話で、サラダもそれに気づいたので良かったのでしょうが、ただ、サスケそれどうなの?って思いました。 最後はちゃんとサスケとサクラの子供だということが証明されて安心しました。 イルカ先生の回想シーンはやばいですね。 ナルトのあの場面を思い出すともう泣けて泣けて。 そしてサラダの回想シーンもやばいです。 サクラいいお母さんしてるじゃん!! ってナルトの1話から読み直したくなりましたw ちなみに、サラダの写輪眼はサスケに会えて感激した際に、既に開眼していたので、必ずしも「大きな愛の喪失や自分自身の失意にもがき苦しんだ時」とは言えないのかもしれないです。 ナルト外伝「七代目火影と緋色の花つ月」を無料で読めるサイト情報は、こちらの記事でまとめています。

次の

うちはサラダの大人バージョンのイラスト画像が可愛い!コスプレ衣装まとめ!

サラダ 火影

プロフィール 忍者登録番号 ? 一人称 ・アタシ 性格 真面目、気強い 誕生日 星座 身長 147. 0cm 好きな食べ物 味の食べ物全般 嫌いな食べ物 趣味 読書(歴史物、ミステリー) CV (ではボルトを担当) 概要 と(旧姓)の娘。 とはの同級生である。 髪の色は父親のサスケに似ており、また赤いを掛けている等、見た目は風。 な性格で、忍者学校内でも優等生的な立場をとっている。 が、作中で表情はコロコロ変わり喜怒哀楽の豊かな内面を持ち、母親のサクラに通じる部分もあり「 しゃーんなろー!! 」という口癖はきっちりと受け継いでいる(サラダの場合「 しゃーんなろーがァ!!」と父の口調も一部入っている)。 ナルトによると、容貌は特に目元がサスケに似ており雰囲気がサクラに似ているとのこと。 「雷の書」ではサラダはサスケの女の子バージョンであり、服装はサクラを踏襲していると記されている。 であるボルトの事は色々と気になるらしく、ボルトのへの誘いに、クラスメイト皆が断るなか唯一付いていったり(ただしボルトには気づかれていない)、それに気づかないボルトを「 男って…… ほんっ…と だね」と手厳しく評しながらも、「 ……でもさぁ…あいつ 私と同じとこもあんだよね……」と親近感を持っている等、ややな面も見せている。 母親のサクラの「 またボルト?」という言葉からも、どうやらサラダは頻繁にボルトの事を話題に出している様である(サクラの表情から見て、ボルトのいたずらについての内容が多いと推測される)。 ちなみに家に不在で居ることの多い父・サスケのことは「 パパだけに関しては…ちょーしゃーんなろーだよ!」…らしい。 里にある自宅に帰宅しても任務上直ぐに旅立ってしまい不在しがちからサクラによく懐いているママっ子である。 特殊な家庭環境で育った為に炊事は得意(TVシリーズでは苦手なトマトを具材にした味噌汁を作っている)。 作中の経歴 ここから先、外伝『 』と劇場版『』のネタバレ注意。 外伝(うちはサラダ編) 「パパって……普段かけてた?」 しかし、新たに短期連載が再開されて事態は一変する。 なんと、彼女は物心がついてから一度もサスケと会ったことがなかったのだ。 忍者学校の卒業試験を間近に控え、周りの同期達は形はどうあれ達と触れ合い、サラダは普通に父親がいる仲間たちの姿を羨んでいた。 そして、彼女は後に開口一番上記の台詞を放ったのだが、それに答えるサクラの言葉は「かけてないと思う。 多分……」と曖昧な返事。 その様子にサラダは納得がいかず、二人の夫婦関係がおかしいとズバズバとまくし立てていく。 サラダの言葉の数々に流石に堪忍袋の緒が切れたサクラはでをするが、サラダの目には自分の言葉を否定してほしかったかのようにが浮かんでいた。 サラダの涙を見て我に返ったサクラが宥める様に、パパ(サスケ)とはちゃんと気持ちが繋がっているから大丈夫というのだが、サラダはやはり納得いかずに 「なんでそんなことハッキリ言えんの?」と疑問を投げかけたが、その直後にサクラの怪力で地面が割れた影響で、の支払いが残ったが崩壊、サクラはでしてしまう。 寝込んだサクラのをにまかせたサラダは倒壊した家屋に向かい、大切な家族のつながりであるを壊れたフレームから抜き取るのだが…… 「……誰なの……パパの隣の……メガネの女……」 てっきり繋がっていると思っていた家族の写真は別々に撮られていた。 そして、サクラの写真の下から現れたサスケの写真の隣には、自分と同じように眼鏡をかけているの姿があったのだった……。 真相を知りたいサラダは、七代目火影・がサスケと合流するために里を抜け出すことを偶然知り、ボルトから預かった弁当を届けることを口実にして同期のを伴い追跡する。 そこで父サスケ戦う姿を初めて見、その強さを目の当たりにする。 「すごい…パパ…」 やっと父との対面を果たしたものの、誤解から刀を突きつけられる、話をしようとしても冷たく突き放される、挙句にのアジトで行ったDNA鑑定で「自分とサクラは実の親子ではない」という結果を知り、悲嘆に暮れる。 しかし、同じく辛い過去を経験したナルトの助言と励まし、そして両親との共闘を経て、血の繋がりよりも深い両親からの確かな愛情を感じ、母が言っていた 「想いは繋がっている」という言葉の真意を理解し、ギクシャクした関係は氷解する。 そしてサクラとの優しい日々を思い出し涙を流す。 「…ママ…私…やっぱり…ママを…助けたい」 短い旅の中でを開眼したサラダは、再び旅に出る父を見送り、 「火影になる」という目標を得るのであった。 ちなみに、物語の発端となった「疑惑の血縁関係」だが、こちらはサラダ(とDNA鑑定を行った)の早とちりであり、水月が香燐のデスクから持ち出し検査に使ったへその緒は サラダ自身のへその緒だった。 大勢のを一撃で沈黙させた サクラの怪力パンチをちゃんと受け継いでいることから 「やっぱりサクラの子だ」と感じた読者も多かっただろう。 一方の香燐との関係はというと、サスケを追いかけ彼と二人で旅をしていたサクラがサラダを産んだ際に娘を取り上げて(助産をして)もらったという関係であり、母の友人関係になっている。 当人からは「サラダちゃん」と呼ばれておりサラダのへその緒を所有し、新しいメガネをプレゼントされるなど、生まれた時から可愛がられている様だ。 また、「サクラと血が繋がっていない」という誤解に関しても、事態を把握した香燐が勝手にDNA鑑定を行った水月に「後で説明しにいけ」と言っていたのでサラダにきちんと伝わったと思われる 同時に、水月が事態をややこしくした元凶ということで夫婦にこっぴどい目に遭わされた可能性もある 中忍選抜試験 忍者学校を卒業してボルト、とともにに配属されており、三人で中忍試験に挑む。 達の闘技場襲撃直後はミツキとともに子供たちの救助を行っていた。 外伝の最後で自身の目標を火影になる事と決めた為、火影を毛嫌いするボルトを「馬鹿ボルト」呼ばわりして衝突する事もあるが、同じチームメイトとして大切な存在と思っているようで、彼との仲はけっして悪くはなく、サスケに弟子入りするべく螺旋丸を習得しようと修行するボルトの様子を陰ながら見守っていた。 それ故に、ボルトが科学忍具開発班に唆されて手渡された「小手」を使った不正をしていた事実が発覚した際には、怒りを見せる事は無く、むしろ悲痛な想いでショックを受けていた。 ボルト達が一連の事件を解決した後、ボルトに対して本当は火影になりたいのではないかと問うが、ボルト自身は火影は自分にとってただのレールだと語り、自分はサスケみたいな忍びになり火影になったサラダを支えてやると宣言した際には顔を真っ赤にして照れていた。 能力 ジャンプヒロインでは珍しく、主人公と肩を並べて戦う前衛型。 サスケから継いだ写輪眼、サクラから継いだ頭脳とを駆使して戦う。 但し、開眼から間も無く文様が一つ巴のみ。 実戦経験が少ない(これは彼女に限らず、第四次忍界大戦後に生まれた忍全員に共通する)ことに加え、一族所縁の者や専門の指導者がいない為、瞳力を完全にはコントロールできていない。 ただし使い方自体はかなりのもので、初期にカカシが多用していた「相手の術のコピー」を積極的に行っている。 霧隠れ編では対決した相手から「雷遁・雷球」をコピーし、以後も自分の術として使用。 またナルトからも影分身をコピーしているものの、開眼したばかりの頃は短時間に1体維持するのがやっとだった。 中忍選抜試験の時点で既にある程度使いこなしており、幻術を解く技術は会得している。 木ノ葉丸班においては、影分身や螺旋丸による中距離戦闘を得意とするボルト、トリッキーな立ち回り方をするミツキに対し、前に出てのメインアタッカーを担当することが多い。 一方で筆記は優秀な反面、特殊な家庭環境から医療忍術が不得意な事 母が医療班の責任者で多忙な為に教えられる暇が無かったのも原因 が判明し、プライドの高さから元クラスメイトが多く参加する実習でボロを出さない様に要らぬ労力を要した。 TVアニメでは雷遁や、うちは一族の者が使えて一人前とされる火遁・豪火球の術を習得している。 豪火球の術はサラダ曰く「パパ サスケ に教えてもらった」 一方医療忍術といった細かいチャクラコントロールは苦手で、適正は現在あまり高くない模様。 ナルトと並び忍界最強と名高いサスケと、トップクラスの医療忍術を誇るサクラのサラブレッドであるサラダの今後の活躍に期待したい。 ただ、母・サクラのは 医療忍術の応用であるチャクラコントロールの副産物である。 しかしサラダはチャクラコントロールが苦手で、そのためサクラほどの威力はだせていない様子。 そのため基本的には写輪眼の見切りと併用しており、急所を的確に狙って突いているのかもしれない。 ゲーム版ではこれに更に雷遁を併用するという地味に強烈な技も披露している。 関連イラスト によって pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 09:15:52• 2020-07-16 09:12:13• 2020-07-16 09:11:11• 2020-07-16 09:09:44• 2020-07-16 09:09:02 新しく作成された記事• 2020-07-16 09:04:52• 2020-07-16 08:53:59• 2020-07-16 08:49:20• 2020-07-16 06:33:38• 2020-07-16 05:26:03•

次の