イスラエル ガザ。 イスラエル・パレスチナ問題とは?現在も続く紛争の原因をわかりやすく解説!

パレスチナ問題とは|パレスチナ子どものキャンペーン

イスラエル ガザ

あるいは破壊された家の前でぼう然とする家族...。 「パレスチナ問題」という言葉は日々のニュースで取り上げられています。 また教科書の中で誰もが一度は目にしているでしょう。 パレスチナにあるエルサレムという都市は、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地として世界中の関心を集めているため、「宗教対立」とか「何千年前の紛争」とか言われて、「難しくて私たちには判らない問題ですね」とテレビなどで安易に片づけられることもあります。 でも実際のパレスチナでは、長い間宗教の異なる人々が共存していました。 また大きな紛争になったのは、たかだか百年間にすぎません。 本当に難しく、解決できない問題なのでしょうか? ここでは簡単に、パレスチナとパレスチナ問題を解説します。 (詳しくは様々な本も出ているので読んでみてください。 ) 「パレスチナ」はどんなところ? パレスチナは、東をヨルダンに接する「ヨルダン川西岸地区」と、西を地中海、南をエジプトに接する「ガザ地区」に分かれています。 ヨルダン川西岸とガザは1994年以来「パレスチナ自治区」とされ、「パレスチナ自治政府」が存在していますが、独立国家ではありません。 人口は両地域を合わせて約455万人で、その過半数が15歳以下の子どもです。 面積はヨルダン川西岸地区が5,655平方km(三重県と同程度)、ガザ地区が365平方km(種子島と同程度)です。 面積は第二次世界大戦終結以前のものから、国連の分割決議案、中東戦争を経て大幅に縮小しました。 現在も、ヨルダン川西岸地区ではイスラエルの入植活動により、ガザでは占領政策等によって実質的な面積が縮小し続けています。 封鎖されたガザ ガザは周囲をイスラエル軍に完全に包囲され、人や物の出入りが厳しく制限されています。 人口の約7割は難民で、8つの難民キャンプがあります。 人々は国連や支援団体からの援助物資などで命をつないできました。 2008年以降は、ほぼ2年おきにイスラエル軍の激しい爆撃を受け、多くの市民が犠牲になっています。 ヨルダン川西岸 "巨大な壁で分断された地域" 面積の60%以上がイスラエルの軍事支配下にあり、各地でイスラエル入植地が作られています。 入植地との境界には高さ8mに及ぶ巨大な壁が建設され、町や村が分断されています。 また、入植地の近くでは農地の破壊や土地の没収が頻繁に起こり、投石に対する発砲や逮捕などで緊張した状態が続いています。 そもそも「パレスチナ難民」とは? 1948年のイスラエル建国に伴い、70万人以上のパレスチナ人が故郷と家を失って、ヨルダン川西岸地区、ガザや、ヨルダン、レバノンなど周辺諸国に逃れました。 以来、「故郷への帰還」を切望しながら、70年以上におよぶ年月を難民として過ごしています。 今や三世代、四世代となったパレスチナ難民は、世界中で約560万人に達し、世界で最も大きな難民グループとなっています。 パレスチナ難民が置かれた状況 一般的に世界の難民は「国連難民条約」の適用を受け、「国連難民高等弁務官 UNHCR 」の管理下にありますが、パレスチナ難民だけは、UNHCRが発足する以前に発生しているため、「国連パレスチナ難民救済事業機関 UNRWA 」の管理下におかれています。 国連難民条約とUNHCRによる権利や保護も受けることができません。 パレスチナ難民の生活 多くは、半世紀以上前に建設され老朽化した難民キャンプで、無国籍状態に置かれて暮らしています。 国によって異なりますが、市民権を得られなかったり就労制限を課されたりするなど、社会的権利を持てず、第三国への移動もできない人々も多くいます。 教育や医療などのサービスはUNRWAが提供していますが、UNHCRよりも支援内容が少ないのが現実です。 またUNRWAは「難民の保護」をする権限を持っていないため、パレスチナ難民の権利はしばしば侵害されています。 パレスチナ難民の分布 (2018-2019年のUNRWA統計) UNRWA登録難民総数 約560万人 ヨルダン川西岸地区 約 86万人 ガザ地区 約142万人 レバノン 約 47. 5万人 ヨルダン 約224万人 シリア 約 56万人 パレスチナ問題はどのようにして起きたのか? 第一次大戦におけるイギリスの「三枚舌外交」、第二次大戦後のシオニズムの高まり、イスラエルの建国宣言と数次にわたる中東戦争...。 パレスチナ問題は国際社会の中で翻弄されながら生まれ、混迷を深めてきました。

次の

ガザ紛争 (2008年

イスラエル ガザ

しかし今、ガザはイスラエルに軍事封鎖されています。 ガザとはどんなところか? 地中海に面したガザは、古代からアフリカとアジアをつなぐ交易の中継地として多くの人が行き交い、アレキサンダー大王やナポレオンも足を踏み入れた歴史的な場所です。 長くオスマントルコの支配下にありましたが、第一次世界大戦後はイギリスの委任統治領になり、1948年には第一次中東戦争とイスラエルの建国の結果、エジプトの管理下になりました。 この時多数のパレスチナ難民が流入し、ガザの人口は5倍になりました。 現在のガザの状況 長さ50km、幅5~8kmの狭く細長いガザは、種子島ほどの面積に190万人の人が住む、世界で最も人口密度が高い場所の一つです。 人口の約45%は14歳以下の子どもで、7割は難民となった人々です。 2005年までは、イスラエルの入植地があり、イスラエル軍が常駐していました。 同年、ガザ内部から入植者と軍が撤退しましたが、ガザは周囲からイスラエル軍に包囲され、人や物の出入りが極端に制限されています。 その結果、燃料や食料、日用品、医療品などが慢性的に欠乏し、経済や生産活動が停滞して、人々は国連や支援団体からの援助物資で命をつないでいます。 また2008年以降、ほぼ2年おきにイスラエル軍からの激しい軍事攻撃が行われ、多数の市民が犠牲になり、大規模な破壊がガザの状況をますます悪化させています。 (ガザ 封鎖の状況) どうしてこうなったのか- ガザの近代史 第一次インティファーダとオスロ合意 1967年の第三次中東戦争によってイスラエルに軍事占領され、以来、インフラや産業が破壊されたまま整備されず、人口の多い貧しい地域になっていきました。 肥沃な土地はイスラエルの入植地として没収されたこともあり、ガザの人々は低賃金労働者としてイスラエルに出稼ぎに行くようになりました。 その結果、ガザで、「インティファーダ(イスラエルへの抗議運動)」が1987年に始まったのは自然なことでした。 1993年のオスロ合意と翌年の暫定自治合意によってガザは自治区となりました。 しかし、その後もイスラエル軍の厳しい管理下にあり、軍と抗議する若者との間の衝突も続きました。 イスラエルの撤退と封鎖 2005年、イスラエルはガザ内部から入植者と軍を撤退させ、事実上ガザを放棄しました。 しかしその代わりに周囲を封鎖、人や物の出入りを大きく制限しました。 2006年のパレスチナ自治政府の選挙では、それまでのPLO(パレスチナ解放機構。 オスロ合意でイスラエルとの対話路線を選んだ「ファタハ」が中心で、民族主義的で非宗教的。 )ではなく、「ハマス」(イスラム主義を掲げる政治グループ、対イスラエル強硬派)が多数派となりました。 ハマスがファタハをガザから追放し、事実上ガザを支配するようになると、イスラエルはガザの封鎖を強化し、2008年には食料や燃料など生存に必要な物資も最低限しか搬入されなくなりました。 繰り返される攻撃と破壊 2008年、2009年、2012年、そして2014年と、イスラエル軍は逃げ場のないガザに大規模軍事侵攻を行いました。 2014年の軍事侵攻では、過去2回をはるかにしのぐ激しい攻撃が、空、陸から51日間にわたって行われ、死者2,251人(うち70%が女性や子どもを含む民間人)、負傷者約11,000人、全壊・半壊家屋18,000戸という大きな被害がもたらされました。 停戦後の現在も封鎖は続き、破壊された町の復興は遅々として進んでいません。 人々は、いつまた繰り返されるかわからない戦争の恐怖を抱えながら生活しています。 ガザが抱える問題 ガザが抱える問題には封鎖に起因するものが多く、イスラエルの封鎖政策は、国際法で禁じられている「集団懲罰」であると国連や人権団体などから強い批判を受けています。 しかし国際社会は、この状態に対して効果のある措置をとることができていません。 燃料・物資の不足 重油やガソリンなどの燃料が入らないため発電所が十分に稼働できず、一日10時間以上の停電が10年近く続いています(2014年のガザ戦争で破壊された発電所は、現在も完全には復旧していません)。 その結果、上下水道、学校や病院の機能も一時的な停止を余儀なくされます。 燃料が枯渇すると物流や工場などの産業も停止し、工業・農業・サービス業などは致命的なダメージを負います。 家庭用のプロパンガスも不足しています。 また、鉄材や木材などの建設資材や一部の医療器具・薬品などは、軍事転用を懸念され、特に厳しく輸入を制限されています。 深刻な水問題 年率3%という人口の急増により、ガザでは2020年には水がなくなると予測されています。 地下水は過剰な汲み上げによって水量が少なくなっていて、海水が地下水脈に侵入し塩分濃度が高いため、現在でも水道水を飲むことはできません。 また、下水処理のインフラが整わないため、生活排水が海に垂れ流され、海の汚染で漁獲量が減っています。 高い失業率 経済が停滞したガザでは、現在、若者の失業率が67. 4%を超えると言われています。 度重なる戦争で工場や農地は破壊され、復興も思うように進められません。 漁業も操業範囲が制限されており、その海域は徐々に狭められています。 若者の自殺の増加 将来の希望を描けず、生命を賭してガザからの脱出を試みる若者、地中海を渡ろうとする若者が増えています。 また、以前は宗教上の理由もあってほとんど見られなかった自殺も近年は増加しています。

次の

ガザ紛争 (2008年

イスラエル ガザ

現在特に劣悪な環境なのがガザ地区です。 東京23区の約6割の面積に相当する地域に暮らす住民は2016年10月、200万人を超えました。 その8割が食料などの援助に依存し、失業率は40%以上。 2020年にガザ地区は「居住不能」レベルまで人が溢れ、2030年の人口は310万人に達する見通しです。 ガザで供給される水の95%が汚染されており、病気の3割は水が原因だとされます。 下水処理場の停止でガザ沿岸は遊泳禁止レベルに汚染されています。 1998年、ガザ国際空港が開港しましたが、2001年にイスラエルにより破壊さています。 2008年-2009年に行われたガザ紛争(ガザの)虐殺など近年においても問題解決される兆しがありません。 エルサレムはユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地とされていて歴史的に重大なのは明らかです。 古代イスラエル・ユダ王国の首都で、エルサレム神殿がかつて存在しました。 また、イエス・キリストが処刑された地でもあります。 旧市街はユダヤ教・イスラム教・キリスト教の聖地で、嘆きの壁や聖墳墓教会、岩のドームといった各宗教縁の施設を訪れる人々が絶えません。 旧市街は城壁に囲まれ、北東はムスリム地区、北西はキリスト教徒地区、南西はアルメニア正教徒地区、南東はユダヤ人地区となっています。 また現在の城壁はオスマン帝国のスレイマン1世によって建設されたものです。 ちなみに旧市街は「エルサレムの旧市街とその城壁群」の名で1981年に世界遺産に登録されました。 歴史を見ると紀元前11世紀頃、ユダヤ人はイスラエル王国を成立させたことから始まります。 しかし紀元前930年ごろ内乱が原因で、イスラエル王国は南北に分裂します。 北のイスラエル王国は紀元前722年にアッシリアに滅ぼされ、南のユダ王国は紀元前586年に新バビロニアに滅ぼされました。 新バビロニアも紀元前539年ペルシア帝国に滅ぼされ、その後パレスチナの地は紀元前331年アレクサンダー大王の東方遠征により征服されます。 アレクサンダー大王の死後、パレスチナはセレウコス朝(シリア王国)の支配下に入るがマカバイ戦争を経て、ユダヤ人の王朝であるハスモン朝が成立します。 紀元前1世紀にハスモン朝はローマ帝国の保護国となり、後にローマ帝国の属州ユダヤ属州となります。 66年には独立を目指し、ユダヤ戦争(第1次ユダヤ戦争)が勃発しますが、70年にローマ帝国により鎮圧されます。 132年に第2次ユダヤ戦争が起き、一時はユダヤ人による支配権を取り戻したが、135年に再びローマ帝国に鎮圧され、名称もシリア・パレスチナ属州に変わります。 この頃、数多くのユダヤ人が世界に散っていきました。 ローマ帝国が東西に分断され、東ローマ帝国の属州になります。 しかし636年、東ローマ帝国が正統カリフに敗北し以後イスラム教国家の支配下に置かれます。 しかし1099年に第1回十字軍によりエルサレムが占領されキリスト教国であるエルサレム王国が成立します。 1187年、ヒッティーンの戦いでアイユーブ朝に破れエルサレムを再占領されます。 1200年ごろにはエルサレム王国の支配地域は地中海沿いのみとなっていた。 わずかな支配地域を維持していたエルサレム王国でしたが1291年にマムルーク朝により完全に滅亡します。 1517年にはトルコから台頭してきたオスマン帝国がマムルーク朝を滅ぼしこの地方を支配します。 この支配は第一次世界大戦まで続きます。 ここまで見ても分かるとおり、パレスチナ地域は戦争・紛争が絶えませんでした。 これは戦争・紛争といったものではないですが、「シオニズム」というものにも触れなければいけません。 これはイスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動です。 シオニズムという言葉は、1890年代、オーストリアの同化ユダヤ人であるナータン・ビルンバウムにより考案されました。 1834年にセルビアに住む宗教的指導者イェフダー・アルカライが小冊子を発行し、聖地での贖罪を前提とした帰還を唱えました。 こうした宗教的意味合いのとは別に、モーゼス・ヘスは1862年、反ユダヤ主義への解決策としてユダヤ人の民族主義を復興し、ユダヤ人の国家を築くべきだと訴えました。 1882年に第一次アリヤー(ヘブライ語で「上がる」こと、シオン(エルサレム)への帰還の意)が始まります。 東ヨーロッパから2万5千人から3万5千人のユダヤ人がオスマン帝国支配下のパレスチナに移住しました。 またユダヤ人が冤罪で逮捕されたドレフュス事件や、ポグロムという東欧やロシアではユダヤ人が虐殺される事件が繰り返し発生していたことも原因となり、シオニズム志向は強くなっていきます。 1904年から始まった第二次アリヤーでは4万人ほどがパレスチナに移住します。 イギリスは連合国軍として第一次世界大戦に勝利し上記の協定や宣言を履行することになります。 そして矛盾が生じるのがフサイン=マクマホン協定とバルフォア宣言です。 どちらも秘密裏に行われていたため混乱を招きます。 アラブ人の独立とパレスチナでの居住を認めたフサイン=マクマホン協定。 パレスチナにおけるユダヤ人の居住地の建設に賛意を示し、その支援を約束するバルフォア宣言。 わかりやすく矛盾しているように感じます。 次々と入ってくるユダヤ教のユダヤ人と、元からいたオスマン帝国やその周辺のイスラム教アラブ人。 当然のように対立します・・・ アラブ人はバルフォア宣言の撤回を要求し続け、イギリスの提案する立法評議会への協力やアラブ機関の設立などを頑なに拒否します。 しかしその間にもユダヤ人は移民を進め、ユダヤ機関の設立、自警組織ハガナーの結成、ヘブライ大学の開校など、ユダヤ人国家建設に向けてパレスチナにおけるユダヤ人コミュニティーを着実に大きくしていきます。 そしてとうとう事件が発生します。 1929年、エルサレムにある嘆きの壁で起きた嘆きの壁事件。 エレミア・ハルパーン の指揮のもと青年数百名が嘆きの壁に集まり「壁は我々のものだ!」と叫びます。 これがきっかけになり、アラブ人によるユダヤ人襲撃が行われ、133名のユダヤ人が殺害され339名が負傷します。 この事件を受けイギリスは2つの調査委員会を派遣します。 調査委員会はどちらも、事件の要因はユダヤ人移民のコミュニティーが大きくなり、アラブ人がそれに脅威を感じたことが原因とし、ユダヤ人の移民と土地購入について再検討を勧告した。 一時は勧告に従った白書が出るもののユダヤ側の反発にあい撤回されます。 1936年、アラブ人によるユダヤ人襲撃と、その報復が引き金となりパレスチナ独立戦争が発生します。 イギリスはピール調査委員会を派遣し、パレスチナの分割を提案します。 ユダヤ側は国家創設の足がかりとしてこれを受け入れますが、アラブ側はこれを拒否します。 調査委員会の活動が終わると、再びパレスチナ全土で反乱が起こり、1939年に収束するまでにアラブ人に大勢の死傷者と逮捕者を出します。 その後もイギリスは必死に解決策を探ります。 1939年5月にイギリス政府の方針を大きく変えるマクドナルド白書が出されます。 この白書は移民および土地売買に関して制限を設けるものでした。 アラブ側の主張に沿った方針でしたが、当然ユダヤ人は拒否します。 またアラブ人はイギリスをもはや信用せず拒絶します。 ユダヤ人はアラブ独立戦争からさらなる防衛力の必要性を感じ、またイギリス政府の方針変更に武力で抵抗するためハガナーやイルグン、レヒといった武装組織を強化していきます。 もはやイギリスは統治不可能という状況に陥っていきます。 第二次世界大戦でもアラブ人とユダヤ人は対立します。 ドイツではユダヤ人大量虐殺が起きます。 そのような原因のため、戦時中はユダヤ人の反英闘争はなりをひそめ、義勇兵としてイギリス軍とともに戦いました。 一方アラブ最高委員会のアミーン・アル・フセイニーは「敵の敵は味方」とわかりやすい理論でドイツを中心とする枢軸国を支持します。 結果は連合国側の勝利、アミーン・アル・フセイニーの名声は地に落ちます。 一方で戦争が終わるとイギリス政府はアメリカに共同調査委員会の設立を提案し、英米調査委員会が設立されます。 委員会は強制収容所にいる10万人のユダヤ人をパレスチナに移住させるようイギリス政府に勧告しますが、イギリス政府はこの勧告を受けませんでした。 これが原因でキング・デイヴィッド・ホテル爆破事件などユダヤ人過激派の反英闘争が激化することになります。 とうとうイギリスはパレスチナ地域の解決策を国際連合の勧告に委ねることにします。 国連の調査委員会では、ユダヤ人の国家とアラブ人の国家を創設する分割案が採択されます。 これが現在のものと近くなっています。 イスラエルとパレスチナ自治区のガザ地区とヨルダン川西岸地区になります。 ガザ地区が離れているのはこれが原因なんですね。 またイギリスは1948年5月15日をもって委任統治を終了するとしました。 イギリスが紛争への介入を止めるといよいよ両陣営の相手に対する攻撃は活発となりユダヤ人・アラブ人双方による襲撃事件が多発します。 このような中、採択された分割案に基づき、ユダヤ人は1948年5月14日イスラエル独立宣言を行いました。 当然アラブ人は反発し第一次中東戦争が勃発、イスラエルが勝利しパレスチナの8割を占領するに至ります。 1956年10月29日、エジプトのナセル大統領のスエズ運河国有化宣言に対応して、英・仏・イスラエル連合軍がスエズ運河に侵攻し、第二次中東戦争が勃発します。 エジプトの敗北は目前と思われたが、この侵攻はアメリカの猛烈な反発を招き、結局11月8日に停戦します。 第三次中東戦争ではイスラエルがエジプト、シリア、ヨルダンに勝利しガザ地区と東エルサレムを含むヨルダン川西岸を占領します。 その後も数え切れないほどの紛争が起き、解決の道はないのではないかと思われていました。 しかし1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間でオスロ合意を承認。 これは「イスラエルが占領した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。 その5年の間に今後の詳細を協議する。 」といったもので現在のガザ地区とヨルダン川西岸地区をパレスチナ自治区に返還しました。 これでこの問題は解決に向かうと思われました。 しかしイスラエル・アラブ双方の過激派はこれを認めません。 その結果が現在のイスラエル・パレスチナでのテロや紛争となっています。 またイスラエル、パレスチナ自治区の両首相も過激派が選ばれることもあり、まだまだ紛争が多く、解決には程遠いでしょう。

次の