年末挨拶 部下。 仕事納めの挨拶と2019年の時期!社内向けのあいさつの言葉│ごーるでんライフ

会社の朝礼で年始のあいさつは何を言えば??

年末挨拶 部下

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の

年末のご挨拶に使えるビジネスメール文例集|ferret

年末挨拶 部下

また、 年末年始の挨拶メールを送る時期にも注意が必要です。 日本でも、年末ギリギリに送るのではなく、 仕事納めの一週間前には送るものですよね。 海外ならなおさら早く送った方がいいですよ。 早めに送らなければ、相手がクリスマス休暇中だったということにもなりかねません。 年末の挨拶メールの例文は? ビジネス相手への挨拶メールは、きちんとした文章、言葉の使い方でなければ失礼にあたることもあります。 間違った形式で送らないためにも、 基本の書き方を知っておくことは大切ですよ。 基本的な書き方を贈る相手ごとに例文で見てみましょう。 また、日本語と英語の例文もみてみましょう。 日本語での挨拶メールの例文は? 取引先への挨拶の場合は、一年の感謝の気持ちと来年の抱負を入れましょう。 「貴社の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 本年は〇〇様の多大なご支援を承り、我が社の業績を支えて頂きましたことを、暑くお礼申し上げます。 来年もスタッフ一同、お客様に満足いただけるサービスを心がける所存です。 来年も、本年同様のご愛顧を宜しくお願い申し上げます。 〇〇様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」 こちらにも、きちんと 年末の営業日や営業時間を入れるのを忘れないようにしましょう。 英語での挨拶メールの例文は? 日本語での挨拶メールも英語での挨拶メールも、形式に大きな違いはありません。 ビジネス英語メールにはよく使うフレーズがありますので、その言葉を上手に使い構成していくことできれいな文章が出来上がりますよ。 まず、 使えるフレーズを紹介 します。 「Thank you for your continued business. We look forward to working with you in the future. I do hope for your continuous support and encouragement next year. 今後とも何卒よろしくお願い致します。 御社のお支えにより、本年も大きな問題なく乗り切る事ができました。 来年もご指導くださいます様、よろしくお願いいたします。 この後に日本での挨拶分と同じように、 年末年始の営業日のお知らせも入れるといいですね。 Sponsored Link 年末の挨拶を英語で友達にメールする場合の例文は? 先ほどのビジネスメールでは、取引先やお客様宛のメールのため丁寧な言葉を使わなければ失礼になってしまいます。 しかし、 送る相手が友達ならそんなに堅苦しい表現を使う必要はありません。 英語には、日本語のような敬語はありませんが、言葉の選び方次第でニュアンスもかなり変わります。 友達への挨拶メールに使えるフレーズもいくつかあげてみましょう。 Thank you very much for your help in the past year. Hope you have a wonderful holiday and a Happy New Year. 今年一年、大変お世話になりました。 すばらしい休暇と新年をすごしてくださいね。 もらった相手はきっと嬉しい気持ちになるはずですよ。 覚えておくと便利なカジュアルな表現例は? 友達や親しい相手への挨拶文となると、丁寧すぎると少し恥ずかしい気持ちもしますし、気持ちが伝わりにくい気もします。 そこで、 堅苦しくないカジュアルな表現についても紹介したいと思います。 「With you the best for the next 365 days. 季節ごとの挨拶を忘れずに。 年末年始の挨拶や、季節の挨拶はとても大切なものです。 それは、日本だけでなく外国の方たちにとっても同じことのはずです。 遠く離れた相手でも、ずっと良い関係を続けていくためには季節ごとの挨拶を大事にしたいですね。 少し難しいことかもしれませんが、ぜひ英語での挨拶文にもチャレンジしてみてくださいね。

次の

年末の挨拶、社内で上司に伝えるには?直接伝える場合

年末挨拶 部下

年末の挨拶といっても、実際に訪問する場合やメールや手紙で済ませる場合で内容が違ってきます。 丁寧度としては訪問>手紙>メールと認識している人が多いので、相手との関係性によって挨拶方法を選びましょう ビジネスの場合 ビジネスの場合は、基本的には直接相手のところに伺って年末の挨拶を行いましょう。 今年一年の感謝と、来年以降も引き続きご愛顧いただけるようにお願いすることが大切です。 まずは直接伺った際の例文から紹介します。 例文 今年は一年、ご指導・ご鞭撻ありがとうございました。 来年以降もご迷惑おかけしますが、変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 良いお年をお迎えください。 メールの場合 店舗にいらしたお客様に対しては、年内最終営業日の三日前くらいから年末の挨拶を始めることをおすすめします。 ただし、確実に最終日もいらっしゃると確信している方にはその日に挨拶しましょう。 例文 今年一年ありがとうございました。 寒くなってきたので、お帰りの際も気を付けてください。 また来年もよろしくお願いいたします。 (例文終わり) 状況にもよりますが、レジや品出し中など忙しい時であればこのように手短に用件を述べることも大切です。 その際も、お客様が重たい荷物を持っている場合であればさらに手短に済ませる心づかいが大切です。 年末の挨拶の後でもう一度お会いした場合 お客様に年末の挨拶を終わらせた後、再度ご来店いただくなどの理由でお会いすることもあるでしょう。 その場合は「またお会いできて光栄です」の一言を付け加えて、もう一度挨拶をしても差し支えありません。 例文 すみません、先日ご挨拶させていただきましたが、またお会いできて嬉しいです。 来年も変わらず出勤予定ですので、ぜひまたお会いできればと思います。 お待ちしております。 友人に対して 社内にメールを送る際は一斉送信をしてしまう人もいますが、それはいけません。 年末の挨拶自体は使いまわしでも構いませんが、必ず相手の名前や相手との今年の仕事など、個人に向けた内容を入れるようにしましょう。 例文 お疲れさまです。 今年一年、本当にありがとうございました。 また来年も引き続きお世話になるかと思いますが、よろしくお願いいたします。 大変お世話になったのに、メールでの挨拶となり申し訳ありません。 良いお年をお迎えください。 社外への年末の挨拶 社外への年末の挨拶は直接伺うのが基本ですが、やむを得ずメールで済ませることもあります。 直接の場合とメールの場合、両方の例文を紹介しておきます。 直接行く場合 ものを渡す際に「つまらないものですが」という言葉は定型句のように使われますが、人によっては「つまらないものを渡すなんて」と思う人もいます。 そういう人には、「お口に合うと良いのですが」や「こちら話題のものなのでぜひ召し上がっていただきたく」など、表現を工夫しましょう。 メールを送る場合 年末の挨拶をメールで済ませる場合は、年始は直接挨拶に伺うようにしましょう。 その旨をお詫びとともに伝えておくとスマートです。 例文 いつもお世話になっております。 メールにてのご連絡、失礼いたします。 本年は、誠にお世話になりました。 来年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。 お忙しい中恐縮ですが、年が明けましたらぜひご挨拶に伺わせていただければと思います。 よろしくお願いいたします。 シーン別年末の挨拶の例文 今までは主に仕事上の例文を紹介してきましたが、親戚にも年末の挨拶を忘れてはいけません。 また、上司の自宅に直接訪問する場合とメール・手紙で済ませる場合があ理ます。 では、その場合の両方をシーン別に抑えておきましょう。 訪問する場合 繰り返しますが、年末の挨拶は直接の訪問が基本です。 ただし相手も忙しい時期であると同時にこちらの時間も限られているので、手短に済ませるようにしましょう。 実家・義実家など親戚への訪問 親戚に年末の挨拶をする場合はお歳暮を持参しましょう。 高価なものでなくても、その人の好きなお菓子や、少し距離がある場合は地元の名産品が喜ばれます。 例文 今年も一年お世話になりました。 近くになのになかなか顔を出せなくて申し訳ありません。 来年はぜひ食事などをご一緒できればと思います。 来年もよろしくお願いいたします。 上司の自宅への訪問 最近ではあまりありませんが、上司の自宅に年末の挨拶に伺う場合もあります。 その場合は、必ず風呂敷に包んだお歳暮を持参するなど、正式な作法に則って伺いましょう。 基本的は忙しい時期なので早目の退出が望ましいですが、時間を割いていただける場合はゆっくり話しても構いません。 例文 お忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。 おかげさまで、実力以上の成績を残せました。 こちら、お口に合えば良いのですがよろしければ召し上がってください。 年末の忙しい時期にお時間をいただき、誠にありがとうございます。 来年もよろしくお願いいたします。 得意先への訪問 得意先に年末の挨拶をする場合は、自分だけではなく上司と同行する方が丁寧です。 上司のスケジュールを確認し、可能な限り連れだって年末の挨拶をするようにしましょう。 また、上司が同行する場合は手土産を渡す時も基本的な挨拶も上司に任せるようにしましょう。 例文 本日はお時間をいただきありがとうございます。 今年は大変お世話になりました。 来年以降も、なにとぞよろしくお願いいたします。 例文終わり このように最初の挨拶が終わった後は上司と得意先の話に補足を入れる程度にとどめ、普段はあまり顔を合わせない上司と得意先の関係強化に協力するようにしましょう。 ただし上司によっては普段の活動を見たがる人もいるので事前の打ち合わせが重要です。 手紙・メールの場合 遠方に住んでいたり都合がつかなかったりで年末の挨拶に手紙やメールを用いる場合もあります。 年末の挨拶は年賀状とは少し異なってきますので、その場合の文面も覚えておきましょう。 実家・義実家など親戚への文面 実家・義実家に対しては年末の挨拶にこだわらず年賀状でまとめてしまっても構いませんが、年末の挨拶を単独で送った方が丁寧になります。 もちろん、年末の挨拶だけではなく年賀状も忘れずに送ることを忘れないように注意してください。 例文 寒くなってきましたがお元気ですか? こちらは家族全員、元気に楽しく過ごしています。 今年は年末年始に帰省ができませんが、また近いうちに顔を出したいと思います。 お父さんもお母さんも、寒くなってきたので身体に気を付けて。 年明けにはまた電話しますね。 良いお年をお迎えください。 上司への文面 早めに年末の休暇を取ると、なかなか年末の挨拶に伺うことができません。 そういった場合は、手紙やメールで年末の挨拶をしましょう。 決して会わなかったからといって年末の挨拶を疎かにしてはいけません。 大変失礼にあたるので注意しましょう。 例文 本年は直接年末の挨拶をできずに申し訳ありません。 略式ながら、手紙 メール にて失礼いたします。 本年はまことにお世話になりました。 来年はさらなる飛躍の年にしたいと思っておりますので、 また変わらぬご指導・ご鞭撻をいただければと思います。 良いお年をお迎えください。 来年もよろしくお願いします。 得意先への文面 得意先に関しては直接伺って年末の挨拶をするのが礼儀ですが、会社の方針として手紙を出すだけに留まる会社もあります。 その場合は、必ず直筆でその得意先だけに向けた年末の挨拶を書くようにしましょう。 例文 お忙しい日々をお送りのことと存じますが、いかがお過ごしでしょうか。 この度は手紙 メール にて失礼いたします。 本年は大変お世話になりました。 来年はいただいたご恩に報いれるように成長してまいります。 今年も残りわずかですが、お身体にご自愛ください。 来年も変わらぬご愛顧を賜れれば幸いです。 良いお年をお迎えください。 年末の挨拶を丁寧に行って年を越そう.

次の