機械 ネメシス。 シャドウバース 機械ネメシス 思ってたより強い!?使ってて楽しいとの意見も多い模様!

機械ネメシスの未知を既知に|たたみ|note

機械 ネメシス

機械ネメシス(21連勝デッキ、ローテーション) <> ジャバウォックを返せ氏がローテーション21連勝を達成した機械ネメシスのデッキレシピです。 アディショナルの新カードは「ターミネイトマシンベア」3枚と「シューティングタートル」2枚が採用されています。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 機械ネメシスは、アディショナルカードにより5~6コストのフォロワーが追加され、今まで手薄だったコスト帯が強化されました。 デッキ全体のコストのバランスが改善されただけでなく、盤面に強いフォロワーが追加されたため、中盤での安定感が増していると思います。 終盤以降の動きについても、新カードはどちらも機械・自然の2つのタイプを持っており、「」「」の融合がしやすくなりましたし、5~6コストなので「」でコストを下げた後も強く使いやすいでしょう。 ジャバウォックを返せ氏のTwitterによると、マリガンでは「」と「」をキープ、とのことです。 アディショナル後の新環境では、機械ヴァンプや自然ネクロなども流行していますが、どちらにも十分に戦えるイメージですね。 機械ヴァンプ対面では、「」でコストを下げると先に「」を出せますし、特に先攻6ターン目に「」が着地すると相手は盤面を返すのが難しいと思います。 新カードは5コスト1/5と6コスト6/6でどちらも体力が高いので、全体的に盤面の総体力が高くなりやすく、「背徳の狂獣」の効果や「」での盤面処理もしづらくなっています。 自然ネクロ対面では、盤面を強くすると「」起動時に「」などでリーサルを狙われるのが怖いですが、「」が効果的なフォロワーですね。 ベルフォメットから出てくる「遮断の触手」が非常に強く、スタッツ2/4なので「ナイトメアイーター」でトレードできないですし、4点回復があるのでOTKを狙うためのハードルがかなり高くなります。 自分のターン終了時、自分の残りPPが1以上なら、ランダムな相手のフォロワー1体に5ダメージ。 3以上なら、さらに、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。 それは突進と「自分のターン終了時、手札に戻る」を持つ。 機械ネメシスの連勝デッキのツイッター 結果21連勝どまりネメシスでした…。 アディショナル後強いとか言われてたヴァンプのやつはあんまり強さを感じませんでした。 マリガンはコンセントレイトとエアリアルをキープしてました。

次の

機械ネメシス解説|Q&B|note

機械 ネメシス

ファンファーレ 共鳴 状態なら、相手の場に惨禍の円環1つを出し、これは消滅する。 先攻3ターン目に出す事ができれば、スムーズに共鳴の効果を使えます。 実質3ターン目をパスしたような状況になってしまいますが、それでもなお強すぎるのが惨禍の円環。 正直どの能力が働いても強いです。 アーティファクトスキャン 0コストスペル それぞれ名前の異なる「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カード」と同名のカードをランダムに2枚、手札に加える。 「このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードの名前」が6種類以上なら、それらのコストを0にする。 アーティファクトが破壊されてからでないと使用できないというデメリットはありますが、0コストで2枚のアーティファクトを手札に加えられるのは破格の性能です。 2コストのアーティファクトコールや、1コストのアーティファクトの同調などが使われていたのを見ると、このカードも確実に3積みされると思います。 さらに、コストを0にする能力はやばいです。 パラダイムシフト軸強化ですね。 【進化後】 進化時 このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分がフォロワーをプレイしたとき、自分のPPを1回復」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 そして、進化時の効果も非常に強いです。 このカードの真髄、それは5ターン目の爆発力です。 このカードの能力によって、5ターン目には8PP分使う事ができます。 さらに後述するマインドディバイダーも組み合わせる事で5ターン目に宇宙ムーブから 超絶鉄壁盤面を形成する事ができます。 ランダムな相手のフォロワー1体に「選択したフォロワーの攻撃力」と同じダメージ。 今時5コストの確定除去は積まれません。 全体ダメージなら強かったです() Tier予想 ここでは、新環境でのTier予想をします。 まず、デッキタイプはこの2つがメインだと思います。 アーティファクトネメシス• 人形PP余らせ アーティファクトネメシスは機構の解放が落ちたのがかなり痛いです。 人形PP余らせデッキは使っていて楽しそうですが、tier上位にはならない思います。 アーティファクトネメシスはtier2、人形PP余らせデッキはtier3だと予想します。

次の

【シャドバ】機械ネメシスの最新ローテーションデッキレシピ【シャドウバース】

機械 ネメシス

遅くなりましたがご報告。 プレーオフ初戦負けで俺のRAGEは終わりました。 また、こんなに面白いデッキが運ゲーと忌避され使われないことを非常にもったいなく思ったので、大会の振り返りがてら、自分なりのプレイや考え方を書いていこうと思います。 自分も色々と参考にさせていただきました。 分かっていても受けるのが難しいパワーカードです。 個人的な感想ですが、ベルフォメットは本体が他のカードでは見ないような高スタッツになること、疾走の打点・守護の回復値ともに高く不利状況を一発でひっくり返す力があることなど、プレイしていて楽しい華があるカードであることも魅力の一つと思っています。 大量に山を掘ってキーカードを強引に揃えるというアプローチで、デッキとして成立させています。 強固な盤面を形成して押し切るという思想のデッキに対して明確な回答を持っています。 全対面共通:ベルフォメットを7ターン目までに着地させる 当然ながらベルフォメットは8コストのカードなので、エアリアルクラフトもしくは天界の門が必須です。 門は5PPとボード一面をロスしてしまう(特にボードロスが厳しい)ので、極力エアリアルでの条件達成を目指します。 ここで重要なのは 「鋼鉄と大地の神を6ターン目に着地させる」ではないという点です。 誤解のないように補足しておくと、もちろんエアリアルから神につなぐのは6ターン目のベストムーブですし、仮にベルフォメットを引けなくても4コストに下がったマグナジャイアントやグライアスで十分ゲームを作ることはできます。 ただし本質的には、7ターン目のベルフォメットへの繋ぎとしてもっとも強い動きが6ターン目の神である、という捉え方をすべきだと考えています。 また、他の機械自然デッキでは強力なムーブとなる「神連打」は、機械ネメシスでは基本やりません。 理由は単純で、山札がなくなるからです。 同じように山を消費するのであれば、2体目の神を出すより1体目のベルフォメットを出す方が断然強いですからね。 カイザーインサイト(3枚採用) 3枚確定。 初手の追加マリガン、中盤の手札交換、終盤のフィニッシャー、いずれも代えの利かない役割であり、盛り無しでゲーム中3枚使うカードです。 コンセントレイト(3枚採用) 序盤は3PP余しのリソースカードとして、中~終盤は1PP余しの手札交換カードとして運用します。 テンポと引き換えにリソースを増やすカードは重なると弱いため採用枚数に悩まされがちですが、このカードはなぜか重ね打ちができるため3枚確定。 ベルフォメット9ドロー後に0PPで捨てられるのも一応のメリットです。 アーツマスター・カルラ(1枚採用) 後手カードと思いきや、先3に出すと4パスが正当化されて手札が増えるため、先後どちらでも強力な単体性能オバケ。 もちろん後攻でコンセントレイトを無理なく打つためのカードでもあります。 機械でも自然でもなく、ゲーム中に必要な場面はおおむね1回なので、採用枚数は1枚がちょうどいいと思っています。 天界の門(1枚採用) 盤面にエアリアルの当たり先を出してくれない相手や、一面少なくてもベルフォメットを早期着地すれば勝てる相手のために保険として採用しています。 具体的にはリノEと自然Wで、他の対面には基本的に出すことはありません。 環境やBO3構成次第では抜いてもいいカードだと思っています。 機械神(予選:2枚採用、プレーオフ:不採用) 機械カードならなんでも良かった枠。 終盤までロクに打点が出ず、上位能力のマグナジャイアントがいるため優先度は高くないです。 本体は飾り。 チャクラムオフィサー(予選:不採用、プレーオフ:2枚採用) 機械神と入れ替えた枠。 アクセラレートで打つとゴミに置き換わってしまいますが、カイザーインサイトで流すための手札を温存するという意味では悪くなく、序盤カードとして役割を持てると判断しました。 本体はほぼ飾りですが、4点疾走がついているので他の機械カードよりは使う場面があると思います(一度も使ったことないです)。 マシンエンジェル(不採用) 手札を減らして2コスを出すくらいならベルフォメットに1枚でも多く融合させたほうが良く、本体を出したい場面もないため不採用です。 ワンダーコック(不採用) このデッキで欲しいのは神ではなくエアリアルとベルフォメットなので不採用です。 3.実戦譜(RAGE振り返り) RAGE予選のリプレイより、機械ネメシスの強みやプレイ分岐が見える場面を振り返ります。 機械ネメ最強ムーブの後6ベルフォメットが成立するハンドをもらえました。 ここまで揃うのはもちろんツキもあるのですが、山の枚数26という部分を見ていただければわかる通り、カイザーインサイトとコンセントレイトによって爆速でキーカードを掘っているところがポイントです。 余談ですが、予選2日間で後6ベルフォメットを3回決めています。 相手のハンドが減っているのは、前のターンに天門ケアで神に融合させたからです。 少し知っている相手だとこういうことがあるため、門プランを通すのは余計に難しいです。 ただし今回の場合、門プランをとる可能性がゼロであり、相手の手札2枚残しでネレイアと神であることが透けたため、こちらにとってはメリットとなりました。 出目も期待値通り4面並んでくれたため、そのまま勝利。 ベルフォメットには1枚融合済み、機械カウントは5、マグナジャイアントは山にあと1枚あります。 プレイ分岐としてはベルフォメット一択の場面ですが、どこまで融合させるかが問題。 ここはトークンを4面出さないと押し切られてしまうと思い、「盤面」の出目を引く確率を高めるため、私はマグナジャイアントを1枚だけ残して7融合でベルフォメットをプレイしました。 出目は疾走2、守護2、ドロー2(盤面1溢れ)。 ここは盤面処理の仕方も良くないです。 ベルフォメットで盤面処理する場合は、本体の生存率を高めるような当て方を意識するところが重要です。 本体が退場していると後続のマグナジャイアントの威力も半減してしまいます。 9ターン目。 神を3連鎖され、マグナジャイアントがないため盤面処理できず負けてしまいました。 対機械Bは基本的にマグナジャイアントを3枚使いきるマッチであること、またノードローの出目を引いた場合もマグナジャイアントで捌き続けられることを考え、1枚目の場面ではマグナジャイアントを2枚とも残さないといけませんでした。 ちなみに、マグナジャイアント以外で残すことを積極的に検討すべきカードは他に「グライアス(条件:神で4コストにダウン済)」「グライアスの威光(2点バフの方)」がありまにす。 ベルフォメットがノードローの出目を引き盤面偏重となった場合、追撃手段となるカードは温存する価値が高いです。 相手が5神6神で宇宙開発しており普通のデッキであれば絶望的な状況ですが…… ベルフォメットの出目がなんと守護4面。 ここでの正着はプテラ殴りです。 ナテラで面が埋まり盤面ロックが成立しています。 実戦では正着が見えずにプレシオを殴ってしまったため、母君での負け筋が生まれてしまいました。 先攻8ターン目。 運よく本体が生存して帰ってきました。 ここでは、カイザーインサイトでカイザーインサイト以外を流してマグナジャイアントを引きに行くのが正着です。 仮にプレシオ3枚目があった場合でも相手の山札が先に尽きるので、いずれにせよ勝ちます。 実戦ではここの正着も見えず、LO勝ちを狙ってベルフォメットを神にぶつけ盤面処理に向かいますが、ようやく出てきたヴァイディの侵食に削り切られて敗北。 最終局面では相手の山札が0、自分のライフもピッタリ0で、紙一重で勝てないルートを選んでしまったというゲームになりました。 カイザーインサイトの手札交換は初手のマリガンと中盤のエアリアル絡みがほとんどであり、終盤は山も少なくなるためアクセラレートの択を捨ててしまいがちですが、マグナジャイアントを引きに行くパターンも忘れずに覚えておきましょう。 また、こうした受けを常に考えるために、カイザーインサイトで流したり融合させたりした主要カードはすべて記憶しておくことを推奨します。 カイザーインサイト、マグナジャイアント、ベルフォメットの枚数は最低限で、守護のアルマジロ、疾走のエアリアルとチャクラムまで把握できていればおおむね大丈夫です。 相手の盤面が強くて多面処理を要求されるパターンの方が頻出ですが、いずれにせよ、エアリアルのターンはずらしても良いというところがポイントです。 先攻でも神を経由しない場合は1ターン待つことができます。 後攻7ターン目。 疾走2面で勝ちの場面でしたが出目はまたしても守護4面。 ここは2回戦の反省点と同じく、殴れるからといってベルフォメットで神を叩かないことがポイントです。 本体が残れば、あとはノインの守護展開に温存していたマグナジャイアントを合わせてGGです。 おわりに 最後までお読みくださり誠にありがとうございました。 また改めまして、緊急事態宣言下という大変な情勢の中でRAGEを開催していただいた運営さんに、そしてプレーオフ出場にあたり応援してくださった方々全員に、心より感謝申し上げます。 皆さんご存じの通り、noteには有料記事という文化があります。 自分としては、価格設定は妥協せずにすべきだと思っています。 時間をかけてプレイで得た知識を時間をかけて文章で還元する以上、筆者が誰であれ記事の内容がどうであれ、書いた対価を求めないのはむしろおかしいので。 ですが本記事は、初noteであること、アディショナル直前であることを考えて、全編無料としました。 今回は、たたみって人はこういう文章で、こういう切り口で、こういう内容を書くんだなということをなんとなく知っていただき、今後もし有料記事を書く機会がありましたら、この記事を参考にご判断・ご購入いただけると幸いです。 それでは皆様、よき機械ネメライフを。

次の