御 仏前 お札 の 向き。 御仏前のお金の入れ方は?お札の向きに決まりはある?

香典のお札の入れ方は?香典を持参する際の正しい作法

御 仏前 お札 の 向き

初めての弔事に参加するときなど相談する相手がいなくて悩んでしまうことがある御仏前(ご香典)の書き方。 そしてお金を入れる時にも、決まりやマナーがあるのか考えてしまうなんていう方は多いのではないでしょうか。 ここでは、御仏前の香典を用意する際に、弔事で使うのし袋の選び方から表書き、そしてお金の入れ方などをご紹介したいと思います。 弔辞で使うのし袋とは? 一般的に使われている「のし袋」の呼び名、実はこの 「のし袋」は通常、 慶事(祝い事)の際に使われる「祝儀袋」の事で、 弔事(お悔やみ事)の際に使われる袋は通常「不祝儀袋」、「香典袋」などと言います。 現在では総合的にのし袋などとして慶事、弔事の両方の袋が売っていたりしますが、実際は違う意味であることを頭に入れておくと良いかもしれません。 ちなみにのし袋の熨斗(のし)とは慶事のお祝い事に使われる袋の右上についている色紙を折ったものや、印刷されたものが付いている袋の事を言います。 この色紙を折ったものは「のしあわび」(伸ばし鮑)の略で、元々鮑は長寿をもたらす食べ物とされており、縁起物として神社や神棚に供えられていました。 その「のしあわび」を和紙に包んだものを短冊状の紙の部分の「伸ばし鮑」と想定し、熨斗(のし)に変化していったとされています。 したがって、弔事の際にはのしがある袋は使ってはいけないので注意しましょう。 弔事の際に使うのし袋・不祝儀袋の水引 水引は慶事や弔事の際に用いられる袋の飾りで紅白や黒白などの帯紐の事を水引と言います。 水引には未開封であるという封印の意味や魔除けの意味、人と人を結び付けるという意味合いがあります。 水引の紐の色や結び方などで意味合いが変わってきますので、喪家の宗派やその地域の習慣など出来るだけ事前に調べてから選ぶことをお勧めします。 各宗派により表書きなども異なりますので注意してください。 不祝儀袋の選び方 不祝儀袋は上記の宗派に沿ったもので包む金額などに見合ったものを選ぶようにします。 ここでは金額別にどのような袋を選ぶと良いかをご紹介します。 通常の印刷タイプ:3,000円~• 印刷に加工が入っている高級感があるタイプ:5,000円~• 水引が印刷でない黒白などの水引のもの:10,000~30,000円• 袋の幅が少し広い中金封。 水引は双銀などが多い:50,000円~• 更に幅が広い大金封。 袋にも加工などがあり水引も双銀などで高級感あるタイプ:100,000円~ お金(お札)の入れ方 お札を入れる際には何点か注意が必要です。 お札を中袋へ入れる向きや並べ方、新札かそうでないかなども細かく決まりがあるようなので実際に調べてみました。 以前に比べるとそれほど気にはされないようですが、新札だと「事前に不幸を予測して用意していた」ととらわれたりする理由からのようです。 どうしても新札しか手元にない場合は折り目をつけたりすれば利用できます。 古いお札でも、あまりに古くボロボロだったりすると失礼に当たりますので注意してください。 中にはお札を出してから金額を確認しやすいようにずらして入れるほうが良いのでは?と気を使われる方もいるようですが、、一般的にはそろえて入れる、が最も多いようです。 実際には、財務大臣がお札の様式を決める告示をする際に、そのお札の表裏が発表されます。 現在の一万円札、五千円札、千円札では肖像のある面が表で、二千円札では守礼門の図柄のある面が表です。 不祝儀袋へのお札の入れ方 実際にお札の表裏を理解したら、不祝儀袋へはどのように入れるか見てみましょう。 一般的な不祝儀袋には中袋が付いていますので、お金は中袋へ入れます。 お金を不祝儀袋の中袋へ入れる時のお札の向きに関しては様々な言われ方があるようですが、最も多かったのは封筒の表側から見て、お札の裏側を手前にして入れるという入れかたです。 理由は、中袋の表を前にお札を出すと、お札の表向きの肖像画の方が後ろ御向いて頭を下げているようになるので、「悲しみで頭を下げている」ようになるとの言い伝えや、お札を出したときに金額の数字が書かれている部分が前に来るので、「金額を数えやすいから」などといわれているようです。 最後に 弔事のマナーはとてもたくさんあり、難しく感じますが、一つ一つ理解すればそれほど難しいことはありません。 故人を尊重し、しっかりとしたマナーで、喪家の方々にも哀悼の意を示し、故人の死を悼み弔えるようにしたいものですね。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

御 仏前 お札 の 向き

Sponsored Link 香典やお布施の金額はいくら必要なの? 香典と一口に言っても、用意する場面は多岐に渡りさまざまなシチュエーションがありますね。 御霊前と御仏前で、名前が違う香典は金額も変わるのでしょうか? 香典とは故人に供える線香や花、供物の代わりにお金を包んだものをさします。 御霊前と御仏前は仏教における法要の時期によって使い分けるもので、御霊前は四十九日の前に 行うお通夜や告別式などの葬儀のときに渡す香典に使う表書きで、御仏前は四十九日以降に渡す香典に使います。 これは故人やご遺族の信仰されている宗教や宗派によっては、御霊前・御仏前以外の 表書きのものを使う場面もありますので、 相手の宗教宗派がわかっていればその宗教宗派に合わせましょう。 香典の金額は地域やお家の風習やしきたりでも変わっていきますので、 ここではお通夜や告別式、四十九日前に渡す一般的な目安の金額をご紹介します。 故人との関係によって香典の金額は大きく変わり、親族の中でも両親や兄弟の葬儀なら 3万円から10万円、祖父母なら1万円から5万円、おじおばやそれ以上遠縁ならば3000円から3万円と変わります。 友人や会社での縁の人、恩師、近隣住民は関係の濃淡によりますが、3000円から2~3万円の中で出すことが多いようです。 また、どの立場であっても、偶数や4、9のつく金額は縁起が悪いということで避けられます。 金額の多少よりも偶数や4、9がつかない金額にするように気をつけましょう。 四十九日以降の法事などで渡す香典はまた金額が変わり、法要に参加する血縁の親族で 1万円から3万円、血縁がないか親しくない場合は5000円から3万円程度で、 会食がある場合は1~2万円ほど上乗せをします。 お布施に関しては、基本的に喪主や故人の親族が用意して葬儀や法事を執り行った お坊さんなどに渡すものであって、基本的に参列者は用意しません。 法事で卒塔婆や線香をお寺に用意してもらう場合、お布施といわずに卒塔婆料・線香料として渡します。 Sponsored Link 御仏前のお金の入れ方は? 御仏前に限らず、御霊前やキリスト教の御花料などの香典を袋に入れるとき、 気をつけなくてはいけないマナーがいくつかあります。 ひとつに、お札の向きをそろえて袋に入れましょう。 複数枚のお札を入れるとき、お札の裏表・上下はそろえてから袋にいれます。 あまりあることではありませんが、1万円札と5千円札を混ぜて入れるようなときは、 1万円・5千円・1千円の順に額面の多いほうを前、額面の少ないほうを後ろにそろえて入れます。 次に、入れるお札は新札を使わないことです。 銀行でお金を下ろしたとき、たまに折り目も傷もない新札で渡されるときがあり、 人に渡すものなのだからきれいなものがいいと思うかもしれませんが、 葬儀での香典の場合だけは新札を使うのはマナー違反とされています。 新札を香典に使うと、新札を用意できるほど前から葬儀を待っていたと意味があるからです。 反対に、結婚式や出産などのおめでたいときのお祝いには同じ理由から新札を使います。 どうしても手元に新札しかない場合は、いったん二つ折りか 三つ折をして折り目をつけておけば新札とはみなされません。 また、新札はマナー違反ですが、端が切れていたり目に付くほど傷ついているもの、 何か書き込みなどあるお札もマナー違反になりますので、銀行の窓口でお金を下ろすときは 先に「香典で使います」と伝えるとそうしたお札は避けてくれます。 お札の向きで気を付けるポイントは? 香典のお金の入れ方の中で、一部のマナー集では袋に対して、肖像画のある面を袋の裏側に 入れるようにとするものと、お札がそろっていれば袋に入れる向きは気にしなくてもいいとのものがあります。 お札の向きについては諸説ありますが、どうしてそのように二つのマナーがあるのでしょうか。 肖像画のある面を袋の裏側に入れるという説では、袋を表に置いたときにお札の人物が うつぶせになって頭を下げているようになることから、 「悲しみでうつむいている」というものをよく言われます。 ほかには、「亡くなったときに行う作法は生きている人と反対にする」というものもあり、 これは生きている人の着物は右前 左身頃が上 にしますが、死に装束は反対の左前 右身頃が上 だったり、 赤ちゃんの産湯はお湯に水を入れて作りますが、ご遺体の湯かんは水にお湯を入れて作るためからでしょう。 中には裏側に入れると、袋を開けたときに額面が大きく書いてある表側が先に目に入るために、 何かと忙しい葬儀の間に金額がすぐわかる利点から「時間のない中で香典を管理するご遺族に気遣って」というものもありました。 反対に複数のお札がそろっていれば向きは気にしないという説では、「お札の向きに気が回らないほど悲しんでいる」 というものや「突然の訃報に慌てて来たため」というものがあげられます。 どちらも故人やご遺族を思ってのマナーが理由になっていますのでお好きな説を採るといいのですが、 故人やご遺族が普段からマナーやしきたりが厳しそうな人ならば表裏を気にして入れるようにしたほうがいいでしょう。 まとめ 香典に金額は故人との関係や香典を送る状況や立場によって大きく変化します。 御仏前などの香典の入れ方は、お札をそろえたり新札や汚いものは避けるといったものがあります。 お札を入れるときにお札の向きに関して諸説あり、風習やしきたりによっては気にすることもあります。 Sponsored Link•

次の

御霊前へお金の入れ方。お札の向きは?新札はダメ?中袋なしは?

御 仏前 お札 の 向き

御仏前へのお供えに、新札のお札を入れてはいけない、使い古しのお札を入れなさい、という話を聞いたことはありませんか? 本来でしたら、綺麗な新札のお札のほうが、御仏前にお供えするお金としては相応しい気がしますよね。 一体なぜ御仏前へのお供えには新札のお札はいけないのでしょう? <御仏前へのお供えに新札のお札がダメな理由とは?> 現在のように、日銀の印刷技術が向上していなかった昔は、新札自体の発行数が少なく、すぐには手に入らなかったそうです。 よって、新札のお札を入手する為には、銀行で両替する必要がありました。 そこで、新札のお札は「特別な日の為に、わざわざ用意するもの」という認識ができ、結婚式や新築祝い、開業祝など、お祝いごとでは重宝されたそうです。 しかし、 葬儀や告別式、法事など、お悔やみの場で、御仏前へのお供えとして新札のお札を用意することは、「この日の為の用意」と受け取られてしまう為、避けられたそうです。 悪く言えば、御仏前へのお供えに新札のお札を用意することは、「亡くなることを期待していた」とか「亡くなることを予期していた」という意味に取られてしまうのです! 心からのお悔やみの為に、御仏前へのお供えとして、新札のお札を用意したことが、こんな風に受け取られてしまっては堪りませんね。 よって、御仏前にお供えするお札は、新札ではなく、旧札を使用するようになった、ということだそうです。 <現在もやはり御仏前には新札のお札はダメ?> 現在では、日銀の印刷技術が向上し、日常的に新札が出回るようになった為、「わざわざ用意した」という訳ではありません。 特に銀行のATMでは、給料日やボーナス時期は、新札をわざと入れておくことが多い為、綺麗な新札のほうが入手しやすくなってしまう逆転現象になっているようです。 よって、あまり御仏前へのお供えに新札のお札は絶対ダメ、という意味が薄れ、気にしない方は特に気にしないようです。 しかし、やはり長年の習慣により、御仏前へお供えするお札は新札を避ける、というマナーが身についている年輩の方々は、どんなに印刷技術が変化しても意識が変わりません。 よって、「御仏前へのお供えは新札のお札は避けるべき」と考える方が居る限り、新札は避けた方が無難です。 ただ、手元に新札のお札しかない場合は、どうしたら良いでしょう?わざわざ誰かに交換してもらいますか? こうした 手元に新札しかない場合は、お札を二つ折りにして、折り目をつけることで、まっさらの新札、ということではなくなります。 御仏前へお供えするお札が新札しかない場合は、是非お札を二つ折りにして、弔意を示すようにしましょう。 ところで、御仏前へお供えそるお札が新札ではなく、旧札を使用しなければならないと言っても、あまりにも汚いお札や破れたお札は、やはり失礼です。 旧札を入れる場合も、比較的新札に近い、綺麗なお札を選び、御仏前へのお供えにしたほうが良いでしょう。

次の