オイラックス h。 オイラックスHクリームの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

オイラックスは疥癬の薬?

オイラックス h

頻度不明 0. 1%〜5%未満 皮膚の感染症 皮膚の真菌症(カンジダ症、白癬等)、細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛のう炎等)及びウイルス感染症があらわれることがある。 密封法(ODT)の場合起こりやすい。 このような場合には、適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、使用を中止すること。 せつ 密封法(ODT)の場合起こりやすい。 このような場合には、適切な抗真菌剤、抗菌剤等を併用し、症状が速やかに改善しない場合には、使用を中止すること。 その他の皮膚症状 ざ瘡(ざ瘡様発疹、ステロイドざ瘡)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、色素脱失、皮膚線条、口囲皮膚炎 長期連用によりあらわれることがある。 このような場合には、徐々にその使用を差し控え、副腎皮質ステロイドを含有しない薬剤に切り替えること。 魚鱗癬様皮膚変化 長期連用によりあらわれることがある。 このような場合には、徐々にその使用を差し控え、副腎皮質ステロイドを含有しない薬剤に切り替えること。 過敏症 接触性皮膚炎、そう痒、発疹、湿疹、紅斑、血管浮腫 このような場合には使用を中止すること。 なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 皮膚の刺激感、熱感 このような場合には使用を中止すること。 なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 下垂体・副腎皮質系機能 下垂体・副腎皮質系機能の抑制 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、このような抑制をきたすことがある。 眼 後のう白内障、緑内障 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)によりあらわれることがある。 高齢者への使用 本剤の投与は、外用のみとし、内服しないこと。 (誤飲により悪心、嘔吐、口腔・食道・胃粘膜の刺激感、下痢、意識消失、血圧低下、痙攣等の急性中毒症状、メトヘモグロビン血症があらわれるおそれがある。 誤飲した場合は一般的な処置と対症療法を行うこと。 メトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行うこと。 ) 眼科用として使用しないこと。 眼あるいは眼周囲及び粘膜には使用しないこと。 本剤は皮膚疾患治療薬であるので、化粧下、ひげそり後などに使用することのないように注意すること。 本剤は金属に触れると変質することがあるので金属ベラ、金属容器の使用はできるだけ避けること。 なお、ステンレス軟膏ベラを使用して小分けをすることはさしつかえない。 塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 臨床成績.

次の

市販薬「オイラックス」と処方薬「オイラックス」の違い

オイラックス h

オイラックスクリーム(一般名:クロタミトン)は1957年から発売されている外用剤(塗り薬)です。 鎮痒薬という種類に属し、これはいわゆる「かゆみ止め」になります。 オイラックスは主にかゆみを抑える目的で処方されますが、他のかゆみ止めとは異なった作用機序を持つユニークなお薬です。 また、疥癬をはじめとした一部の寄生虫を死滅させる作用もあるため、寄生虫への殺虫剤としても用いられることがあります。 塗り薬はたくさんの種類があるため、それぞれがどのような特徴を持つのか分かりにくいと感じていらっしゃる方も多いと思います。 オイラックスはどんな特徴のあるお薬で、どんな患者さんに向いているお薬なのでしょうか。 ここではオイラックスの特徴や効果・副作用を紹介させて頂きます。 1.オイラックスクリームの特徴 まずはオイラックスクリームの全体的な特徴を紹介します。 オイラックスは、かゆみを抑える作用に優れ、またかゆみを抑える機序が他のかゆみ止めと異なる独特なものであるという特徴があります。 また一部の寄生虫に対して殺虫作用もあります。 オイラックスは独特な作用機序によってかゆみを抑えてくれるお薬になります。 抗アレルギー薬のような代表的なかゆみ止めの作用というのは、アレルギー反応を抑えることでかゆみを取ったり、麻酔作用によって感覚を鈍くしてかゆみを抑えたりするものが主です。 しかしオイラックスはこれらのかゆみ止めとは作用機序が根本的に異なります。 オイラックスは温覚に対しての刺激作用を持っており、皮膚に塗るとヒリヒリするような感覚があるのですが、このヒリヒリ感を生じさせることでその分かゆみを感じにくくさせる、という作用なのです。 オイラックスのヒリヒリ感という刺激がかゆみと競合することでかゆみ改善として作用するため、オイラックスは「競合的刺激性止痒剤」とも呼ばれています。 一方でこのヒリヒリ感は時に副作用となってしまうこともあります。 実際にオイラックスの副作用として多いものに、熱感・灼熱感・皮膚刺激症状などが挙げられています。 また、ヒリヒリ感を持つお薬であるため、傷口などの創部や皮膚が荒れている部位に用いる際は注意が必要です。 オイラックスが皮膚を刺激するため、皮膚状態が更に悪化してしまう可能性があるためです。 面白い特徴として、オイラックスはヒゼンダニ(疥癬の原因寄生虫)など、一部の寄生虫に対して、殺虫作用を持っています。 そのため、時にこれらの寄生虫感染症に対して用いられることもあります。 ちなみにオイラックスにはストロイドは含有されていないため、長期連用しても大きな副作用はほとんどありません。 ステロイドを含有したオイラックスとしては「オイラックスH」というお薬があります。 皮膚の状態によってオイラックス・オイラックスHは使い分ける必要があります。 以上からオイラックスクリームの特徴として、次のような事が挙げられます。 【オイラックスクリームの特徴】 ・かゆみを抑える作用に優れ、他のかゆみ止めとは異なる機序でかゆみを抑える ・ヒゼンダニ(疥癬の原因)など一部の寄生虫に殺虫作用を示す ・熱感・灼熱感など皮膚刺激症状があるため、傷口や荒れた皮膚への塗布は推奨されない スポンサーリンク 2.オイラックスクリームはどのような疾患に用いるのか オイラックスクリームはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には次のように記載されています。 【効能又は効果】 湿疹 蕁麻疹 神経皮膚炎 皮膚そう痒症 小児ストロフルス 難しい専門用語が並んでいますが、ざっくりと言えばオイラックスはかゆみ止めとしての作用に優れるため、皮膚のかゆみを生じる疾患に有効だという認識で良いでしょう。 「小児ストロフルス」とは小児(乳幼児)が虫に刺された後に生じる、かゆみと湿疹のことです。 かゆみが主な症状であるため、オイラックスが効果を示します。 オイラックスを使用する場合、皮膚のかゆみであっても、皮膚の傷があったり皮膚があまりに荒れている場合は注意が必要です。 オイラックスは皮膚を刺激する作用を持つため、荒れた皮膚に塗布してしまうと、傷口を刺激して皮膚の荒れを更にひどくしてしまう可能性があるからです。 また保険適応外にはなりますが、オイラックスはビゼンダニ(疥癬の原因微生物)などの一部の寄生虫に対して殺虫作用があります。 そのため、疥癬に対して使用されることもあります。 しかしオイラックスの殺虫作用はそこまで強くはないため、疥癬の治療薬として単独で用いられることはほとんどありません。 他の駆虫薬を主剤として使った上で補助的にオイラックスも用いる、という使い方がほとんどです。 ではオイラックスは上記疾患に対してどのくらいの効果があるのでしょうか。 上記疾患にオイラックスを1日1~数回塗布した調査では、• 湿疹に対する有効率は73. じんましんに対する有効率は69. 神経皮膚炎に対する有効率は82. 皮膚そう痒症に対する有効率は80. 小児ストロフルスに対する有効率は76. 3.オイラックスクリームにはどのような作用があるのか 主にかゆみ止めを目的として用いられるオイラックスクリームですが、具体的にはどのような作用機序を持つお薬なのでしょうか。 オイラックスには主に次の2つの作用がある事が知られています。 これはオイラックスを皮膚に塗ると生じる、温覚への刺激作用によるものです。 オイラックスを皮膚に塗ると、温覚が刺激されます。 ヒリヒリ感や熱さを感じる方もいらっしゃいます。 このヒリヒリ感が「かゆい!」という感覚と競合するため、ヒリヒリする分だけかゆみを感じにくくなるのです。 このようにオイラックスの止痒作用は非常にユニークなはたらきを持っています。 また、オイラックスは皮膚を刺激することでかゆみを抑えるため、用いる部位には気を付ける必要があります。 刺激すると悪そうな状態の皮膚には用いるべきではありません。 例えば、明らかな傷口を刺激するのは良くないでしょう。 傷口が刺激されれば傷が更に悪化してしまいます。 また荒れた皮膚やアトピーなどがひどい皮膚に用いる場合にも注意が必要で、その判断は主治医とよく相談する必要があります。 医療的には、ヒゼンダニによる感染で生じる疥癬に対して用いられる事があります。 実はオイラックスは元々かゆみ止めとして開発されたのではなく、疥癬に対する駆虫作用が注目されて開発されたお薬なのです。 ちなみに疥癬は、非常に強いかゆみを生じる疾患ですので、疥癬にオイラックスを用いると殺虫もできるしかゆみも抑えられ、一石二鳥の効果が期待できます。 ただしオイラックスの殺虫作用は強くはありません。 現在ではオイラックス以外にも優れた駆虫薬があるため、オイラックスを疥癬治療に単独で用いることはあまりありません。 ストロメクトール(一般名:イベルメクチン)などの駆虫薬を中心として使用し、補助的にオイラックスなども使うという治療法がよく行われます。 スポンサーリンク 4.オイラックスクリームの副作用 オイラックスクリームにはどんな副作用があるのでしょうか。 オイラックスの副作用を見た調査では、副作用発生率は6. 重篤な副作用はほとんどなく、安全性は高いお薬です。 生じうる副作用としては、• 熱感・灼熱感• 刺激症状(ピリピリ感、ひりひり感など)• 発赤増強・紅斑増悪• 分泌物増加• 浸潤傾向 などが報告されています。 これらの症状はオイラックスが温覚を刺激するために生じます。 塗った部位が刺激されて、熱くなったり赤くなったりしてしまう事がありますが、オイラックスの使用を中止すれば自然と改善するものが多く、重篤な副作用となるものはほとんどないと言ってよいでしょう。 5.オイラックスの用法・用量と剤形 オイラックスは、 オイラックスクリーム10% 10g(チューブ) オイラックスクリーム10% 500g(瓶) の2つの剤型があります。 クリーム剤のみになり、10gはチューブに入っており、500gは壺のようなガラス瓶に入っています。 塗り薬には「軟膏」「クリーム」「ローション」などいくつかの剤型がありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 軟膏は、ワセリンなどの油が基材となっています。 保湿性に優れ、刺激性が少ないことが特徴ですが、べたつきは強く、これが気になる方もいらっしゃいます。 クリームは、水と油を界面活性剤で混ぜたものです。 軟膏よりも水分が入っている分だけ比べて伸びがよく、べたつきも少なくなっていますが、その分刺激性はやや強くなっています。 ローションは水を中心にアルコールなどを入れることもある剤型です。 べたつきはほとんどなく、遣い心地は良いのですが、保湿効果は長続きしません。 オイラックスクリームの使い方は、 通常症状により適量を1日数回患部に塗布または塗擦する。 と書かれています。 実際は皮膚の状態や場所によって回数や量は異なるため、主治医の指示に従いましょう。 6.オイラックスクリームの使用期限はどれくらい? オイラックスクリームの使用期限って、どのくらいの長さなのでしょうか。 「家に数年前に処方してもらった軟膏があるんだけど、これってまだ使えますか?」 このような質問は患者さんから時々頂きます。 これは保存状態によっても異なってきますので、一概に答えることはできませんが、製薬会社による記載では室温保存(なるべく涼しい場所に保存)にて「5年」となっています。 室温で涼しい場に保存していたのであれば、「5年」は持つと考えることができます。 しかし、そうではない場所で保存していた場合は、5年未満でも効能が失われている可能性があります。 また、上記は未開封の場合を想定されています。 開封した場合はこれより短くなります。 7.オイラックスクリームが向いている人は? 以上から考えて、オイラックスクリームが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 オイラックスクリームの特徴をおさらいすると、 【オイラックスクリームの特徴】 ・かゆみを抑える作用に優れ、他のかゆみ止めとは異なる機序でかゆみを抑える ・ヒゼンダニ(疥癬の原因)など一部の寄生虫に殺虫作用を示す ・熱感・灼熱感など皮膚刺激症状があるため、傷口や荒れた皮膚への塗布は推奨されない というものでした。 ここから、かゆみの症状が主である皮膚に用いる際に良いお薬であると言えます。 一方で、かゆみもあるけども強い炎症や傷・アレルギーなどもある皮膚にはあまり向いていません。 その理由は、オイラックスの皮膚刺激作用によって皮膚の荒れをより悪化させてしまう可能性があるからです。 このような場合オイラックスは不適ですが、オイラックスにステロイドを配合した「オイラックスH」は適している可能性がありますので主治医とよく相談してみましょう。 また、オイラックスはヒゼンダニに対する殺虫作用がありますので、疥癬治療を行う際の補助薬としても利用される事があります。 疥癬によって生じる強いかゆみを抑えつつ、ビゼンダニもやっつけてくれるという一石二鳥の効果が期待できます。

次の

オイラックスhクリームの効能や陰部への使用について!

オイラックス h

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献報告を参考に集計した。 853例中36例(4. 症状としては、皮膚刺激症状(1. 1.皮膚感染症:(頻度不明)皮膚真菌症(皮膚カンジダ症、皮膚白癬等)、皮膚細菌感染症(伝染性膿痂疹、毛嚢炎等)及び皮膚ウイルス感染症が現れることがある、(0. 2.その他の皮膚症状:(頻度不明)ざ瘡(ざ瘡様発疹、ステロイドざ瘡)、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、多毛、皮膚色素脱失、皮膚線条、口囲皮膚炎、(0. 3.過敏症:(頻度不明)接触性皮膚炎、そう痒、発疹、湿疹、紅斑、血管浮腫、(0. なお、塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する]。 4.下垂体・副腎皮質系機能:(頻度不明)下垂体・副腎皮質系機能抑制[大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により、このような抑制を来すことがある]。 5.眼:(頻度不明)後嚢白内障、緑内障[大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により現れることがある]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.細菌皮膚感染症・真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症の患者[感染症を悪化させることがある]。 2.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 3.潰瘍<ベーチェット病は除く>、第2度深在性以上の熱傷・第2度深在性以上の凍傷の患者[肉芽組織を抑制し、創傷治癒を妨げることがある]。 (重要な基本的注意) 1.皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎には使用しないことを原則とするが、やむを得ず使用する必要がある場合には、あらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うか、又はこれらとの併用を考慮する。 2.大量又は長期にわたる広範囲の使用[特に密封法(ODT)]により、副腎皮質ステロイド剤を全身的投与した場合と同様な症状が現れることがあるので、特別な場合を除き長期大量使用や密封法(ODT)を極力避ける。 3.本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は使用を中止する。 (高齢者への使用) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、大量又は長期にわたる広範囲の使用は避ける。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては大量又は長期にわたる広範囲の使用は避ける[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 (小児等への使用) 長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来す恐れがある。 また、おむつは密封法と同様の作用があるので注意する。 (過量投与) 1.徴候、症状:過量投与によりメトヘモグロビン血症を起こす恐れがある。 2.処置:過量投与時のメトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行う。 (適用上の注意) 1.本剤の投与は、外用のみとし、内服しない(誤飲により悪心、嘔吐、口腔刺激感・食道刺激感・胃粘膜刺激感、下痢、意識消失、血圧低下、痙攣等の急性中毒症状、メトヘモグロビン血症が現れる恐れがあり、誤飲した場合は一般的な処置と対症療法を行う。 誤飲によるメトヘモグロビン血症の症状は通常、薬剤の中止により消失するが、重症の場合はメチレンブルーの投与等、適切な処置を行う)。 2.眼科用として使用しない。 3.眼あるいは眼周囲及び粘膜には使用しない。 4.本剤は皮膚疾患治療薬であるので、化粧下、ひげそり後などに使用することのないように注意する。 5.本剤は金属に触れると変質することがあるので金属ベラ、金属容器の使用はできるだけ避ける(なお、ステンレス軟膏ベラを使用して小分けをすることはさしつかえない)。 6.塗布直後、軽い熱感を生じることがあるが、通常短時間のうちに消失する。 (取扱い上の注意) 使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。 (保管上の注意) 高温を避けて保存する。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の