鬼滅の刃 かいがく 最後。 【ネタバレ注意】鬼滅の刃の17巻のあらすじと感想を解説する

獪岳(鬼滅の刃)

鬼滅の刃 かいがく 最後

いやー、めちゃくちゃ熱い展開が続いてますね。。 143話ラストで登場した善逸の宿敵、獪岳(かいがく)の登場に年甲斐もなく興奮し、過去の話を含め読み返しているうちに、ちょっと、このキャラの設定と盛り込まれた物語上のポジションがすごすぎないかと思い、ブログにまとめてみようかという気持ちになりました。 1 第一に善逸の宿敵としての獪岳 まず大前提として善逸の兄弟子であり、善逸の師匠の仇にあたる獪岳。 初登場は善逸の回想内で、4巻の34話。 これは、炭治郎たちが那田蜘蛛山での伍の塁と戦っている頃で、善逸との対決は、かなり初期から構想のあった展開であったことがうかがえます。 善逸に桃を投げつける獪岳。 人であるこの頃から憎たらしい。 鬼として立ちはだかる獪岳は、ヘタレキャラではあるものの、やるときはやるという愛され方をしてきた善逸とは対照的に、少ない出番ながら既に憎たらしさMAX。 困難から逃げ続けてきた善逸にこんな表情をさせる獪岳はこの時点で倒されるべき敵役として100点満点といえるでしょう。 134話において、以前から登場していた、琵琶を弾く鬼の鳴女が新たに上弦の肆の座についていたことは明らかにされていましたが、上弦の伍や陸の存在は伏せられていました。 上弦肆となった鳴女 上弦の 肆の鳴女と上弦の陸である獪岳の登場は、当然まだ見ぬ上弦の伍の存在を明示し、想像をかきてたてます。 さらに 肆・陸ともに過去に登場していたキャターであり、上弦の伍も、もしかしたらすでに物語に登場したキャラなのではないかとの期待と憶測はとどまることを知りません。 個人的には音柱、宇随の弟辺りが怪しいのではと思っているのですが… これも100点。 善逸に「適当な穴埋めで上弦の下っ端に入った」と全読者の疑念を代弁されても余裕で受け流します。 読者の気持ちを代弁。 これはできる男の顔。 それは違います。 鬼舞辻無残は、過去に自らの腹心であった下弦の鬼の実力不足に見切りをつけ、容赦なく下弦の鬼たちを自らの手で葬り去りました。 そんな鬼舞辻が適当な穴埋めで獪岳を上弦の鬼に据えるはずもありません。 さらに獪岳の「俺は常に正しく俺を評価する者につく」の言葉。 彼が残忍な鬼舞辻の評価を受け、鬼としての正当な実力を以て上弦の陸の地位を得ていることは疑いようがないでしょう。 新たな上弦の陸の獪岳が実力を示せば 肆の鳴女や正体不明の伍の脅威を証明できるというおまけつき。 獪岳が恐ろしさを見せれば見せるほど、これからの敵の恐ろしさもアップするという構造。 疑いようもなく100点満点です。 6巻52話より。 ここでの鬼舞辻の冷酷さが逆に獪岳の実力を証明している。 4 鬼になることを選択した獪岳と人として鬼と戦う鬼殺隊 は、肉体的に弱い人間がいかに超越的な存在である鬼に対峙するかの物語です。 人であることをやめ、鬼となった獪岳と善逸の戦いは、互いの因縁の決着というだけにとどまらず、脆弱な存在でありながら、想いや技術をつなぎ、鬼に立ち向かう鬼殺隊VS鬼という物語の本質を色濃く反映させているといえるでしょう。 また、鬼になることを選択した獪岳の存在によって、あくまで人として戦う鬼殺隊の気高さが際立つことなるという点も、彼の設定の秀逸さに数えて差し支えないと思われます。 はい100点。 弱い存在であることが幾度も作中で語られる 最後まで鬼となることを拒んだ煉獄 5 呼吸を使える鬼ってどうなの?の試金石となる獪岳 繰り返しになりますが、において、鬼は絶対的な強者であり、鬼殺隊は鬼に対抗するために、剣技を磨き、身体能力を向上させる呼吸の技術を受け継いできました。 では、その鬼が鬼殺隊の鬼への対抗手段である呼吸を使ったらどうなるのか?これはもう、とてつもない脅威になることは想像に難くありません。 雷の呼吸の使い手であった獪岳は、初手こそ善逸に後れを取ったものの、今後、雷の呼吸+鬼の身体能力で善逸を追い詰めていくことでしょう。 獪岳の登場前は、鬼舞辻を追い詰めた剣士に酷似する上弦の鬼の壱、黒死牟が最初に呼吸を使う鬼として登場すると予想した方も多かったと思います。 十中八九、 黒死牟は最強の呼吸法である、ヒノカミカグラを用いる最強の鬼として炭治郎の前に立ちはだかるでしょう。 謎の多い上弦の壱、黒死牟 獪岳の活躍が上弦の 肆・伍への期待を高めるのと同じく、彼が呼吸を使える鬼の恐ろしさを体現すればするほど、同様に呼吸の使い手であろう黒死牟の脅威が増すという構図です。 なんておいしいポジションにいるんだ獪岳は。 ここでも、もちろん100点。 6 最後に いかがでしたでしょうか。 善逸の回想以来の登場となり、満を持して鬼となって姿を現した獪岳がいかに物語上、意味を持つポジションに設定されるか整理できていたでしょうか。 伏線の回収、今後の展開を見据えた設定…ここまでの要素を盛り込んだキャターをさらっと登場させてくる吾峠先生の手腕には舌を巻く他ありません。 これ以外にも、彼は悲鳴嶼の回想に出てきた、寺の子供たちを鬼に売った人物に似ている等、まだまだ因縁は残されていそうです。 これからも目が離せない、ひとまず善逸と獪岳の勝負の行く末が気になりますね。 ゴーゴー善逸。 負けるな善逸。 獪岳なんてぶっ飛ばせ。 首に下げた勾玉の首飾りは獪岳か ahiru026.

次の

『鬼滅の刃』単行本17巻あらすじネタバレ!善逸vs獪岳 (かいがく)、義勇・炭治郎vsアカザ 壮絶な戦闘の行方は

鬼滅の刃 かいがく 最後

コンテンツ• 鬼滅の刃 善逸がじいちゃんと呼ぶ桑島慈悟郎(くわじま じごろう)とは? 彼は、 元柱でした。 雷の呼吸を使う 鳴柱(なりばしら)です。 現在は引退し、 育手(そだて)として 後継者を育てていました。 そのひとりが 善逸です。 彼の借金を肩代わりするかわりに、 後継者として育てるため連れて帰りました。 鬼滅の刃 善逸がじいちゃんと呼ぶ桑島慈悟郎はどんな人? 左目の下に縫われたような、 大きな傷跡があります。 口ひげをたくわえ、善逸と 色違いのおうど色の着物を着ていました。 右足を失っており、木の棒を思わせる 義足をしています。 厳格な性格で、修行を嫌がる 善逸をいつも叱りつけていました。 逃げ出した彼を、どこまでも追いかけます。 非常に厳しい桑島ですが、その行動は全て 善逸への愛情の裏返しでした。 どんなに弱音を吐いても、 見捨てません。 引きずってでも、連れて帰りました。 そして、 善逸の才能を だれよりも高く評価しています。 ひとつの型しかできないなら、それを 極めるように教えました。 また、 師範と呼ばない善逸を、何度も叱ります。 そのことから、弟子への 愛情が深いのが見て取れます。 桑島は、 厳しさも 優しさも 兼ね備えた人物でした。 鬼滅の刃 善逸がじいちゃんと呼ぶ桑島慈悟郎に起こった悲劇 じいちゃんこと桑島慈悟郎は、 切腹し自決しました。 理由は、兄弟子であった 獪岳(かいがく)が 鬼になったからです。 介錯人もなく、 最後まで苦しみ亡くなります。 これは、桑島が 自ら選んだことでした。 雷の呼吸使いから鬼を出してしまった責任を取り、 楽には逝けない覚悟があったからです。 そのことを善逸は、 柱稽古の最中に 手紙で知らされます。 獪岳がいつ鬼になり、桑島がいつ切腹したのかは不明でした。 しかし、ふたりがそうなってから、 あまり時間は経っていないようです。 獪岳は、元 鬼殺隊の隊員でした。 そのため日輪刀を所持しています。 その刀を持つ者には、伝令役の 鎹烏(かすがいからす)が付いていました。 そのため、鬼になれば 直ぐに産屋敷の元に連絡がいくはずです。 そして、桑島が切腹をためらうはずもないでしょう。 柱稽古は、隊員からすれば地獄の特訓です。 そのため隊員は 全員強制参加であったと予想しました。 また、ねずこが太陽を克服して以来、鬼は 一切出現しなくなります。 そのため、全員参加の稽古中に、鬼になったとは 考えられません。 スポンサーリンク 鬼滅の刃 善逸が生死を彷徨う状況でじいちゃんが話した言葉 「善逸 お前は儂の誇りじゃ」 引用元:鬼滅の刃146話 これが善逸に残した 最後の言葉になります。 善逸は鬼になった 獪岳(かいがく)と 決着を付けました。 しかし受けた血鬼術(けっきじゅつ)により、 傷が裂けていきます。 過度の出血により、 気を失いました。 走馬灯でしょうか。 それとも 夢でしょうか。 その中で、亡くなった 桑島と出会います。 善逸は、対岸にいるじいちゃんに向かって、思っていることをはき出しました。 しかし返事はありません。 「何か言ってくれよ、じいちゃん。 」 すると、ようやく話してくれました。 これが、 善逸との最後の会話となります。 桑島は、善逸を 誇りだと話しました。 彼は 弟子に恵まれていないと言われて来ましたが、 そんなことはなかったのです。 最高の 弟子と師匠の関係ではないでしょうか。 善逸がじいちゃんと慕う桑島が一つの型を極めるように教えたわけ『考察』 それは 壱ノ型を極める兆しが、 善逸にはあったと考えます。 もともと桑島じいちゃんが、一つの型を極めるように教えたのは、 しばらく後のことです。 最初は、全ての 雷の型(呼吸)を 習得させるつもりでした。 しかし ある日突然、善逸が話すには 壱ノ型を極めろと話したそうです。 あまりのできの悪さに、桑島じいちゃんは 諦めたのかとも感じました。 けれども、あれだけしつこく、厳しい鍛錬をさせていた人物です。 そう 簡単に、教え方を変えるでしょうか。 答えは NOだと予想します。 では何故、壱ノ型のみを極めろと教えたのでしょうか。 善逸には、 極める素質があったと推測します。 壱ノ型は、 全ての雷の呼吸における基本の技でした。 それを極めることで、 善逸の強みに変えたのです。 さらに善逸は、自ら新たな技を生みだしました。 それを桑島じいちゃんは、 信じていたのではないでしょうか。 基本の型から、自分のできる 技を編み出していく可能性を。 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃 善逸がじいちゃんと呼ぶ桑島慈悟郎について『まとめ』.

次の

獪岳の立ち位置と果たす役割がすごかった【鬼滅の刃144話】

鬼滅の刃 かいがく 最後

鬼となった妹を人間に戻すこと、家族の仇討ちのため鬼狩りの組織である鬼殺隊に入隊。 水の呼吸、日の呼吸の使い手。 口癖は猪突猛進。 育手を介さずに最終選別に合格。 獣の呼吸の使い手で竈門炭治郎と同期。 銅貨を投げて物事を判断していたが、少しづつ自分の意思表現ができるようになる。 花の呼吸の使い手で 竈門 炭治郎の同期。 人間だった頃の記憶が猗窩座の円筒スタイル影響。 血殺術で己の肉体を強化できます。 また上弦の鬼、髄逸の再生能力を持ち合わせています。 app. goo.

次の