ガルプ ワーム。 ワーム改造編 -Gulp!

ガルプのワームは臭いだけ!?エサ級ワームは反則すれすれ!

ガルプ ワーム

ガルプって何?どんな風にいいの? 汁系ワームの決定版! 出典: ガルプとは、釣り具メーカー「Berkley(バークレー)」が開発したワームブランドです。 一番の強みは、集魚効果の高い強烈なニオイで魚をおびき寄せること。 汁系ワームとも言われており、めっちゃクサイけど、よく釣れるんですよこれが。 もはやエサです。 アジやメバル、カサゴなど、ライトゲーム全般に使える最強ワームとして多くのアングラーが愛用しています。 ワーム単体としての集魚力がスゴイので、アワセやアクションが苦手な釣り初心者の方にも超おすすめです。 ニオイの拡散力は通常のワームの400倍 前述のとおり、ガルプのニオイはとにかく強烈。 イメージとしては、お酢にスパイスをぶち込んで、よっちゃんイカを漬け込んだようなかんじ。 人間にとっては食欲をそそるどころか減退させるような刺激臭なのですが、魚にとっては超魅力的なニオイなんです。 バークレー社が長年研究を重ねた結果、ガルプのニオイ拡散力はなんと通常のワームの400倍!通常のワームがアクションや形だけで存在をアピールするのに対し、ガルプはそれらにニオイが加わります。 魚からしたら、たまったもんじゃありませんね。 ガルプのおすすめワーム ガルプの威力はもうおわかりかと思いますので、ここからはガルプのおすすめワームをご紹介していきます。 アジンガーから大人気のガルプは形状やカラーのバリエーションも豊富です。 「どれを選んだら良いかわからない」という方のために、特におすすめのガルプを厳選してみました。 ベビーサーディン 出典: まずは、定番中の定番「ベビーサーディン」。 ガルプと言ったらこれですよねってぐらい売れてるロングセラー商品となっています。 ボディーより細く作られたテール部分が揺れて、ニオイだけでなく動きでもアジを誘惑してくれます。 ガルプを初めて買う方はまずベビーサーディンを買っておけば間違いありません。 万能な最強カラー「イエロー」 最強ワーム「ガルプ」のおすすめ活用法 多くのアングラーから全幅の信頼を獲得しているガルプはどんな時に使うといいのか?を解説していきます。 その使い方はズバリ• パイロットワームとして使う• 最後の砦として使う の2つです。 順番に見ていきましょう! パイロットワーム「魚がいるかのチェック」 ガルプの使い方1つ目は、釣り場について最初に泳がせるパイロットワームとして使うことです。 ガルプはその性能の高さから、「ガルプで釣れなかったら魚はいない」とまで言わます。 最初のワームをガルプにすることで、アジがいるのか?どの深さにいるのか?をスピーディーに探り出すことができます。 じっくり探っているヒマがない短時間釣行の際にもおすすめの使い方です。 釣れないときの最後の砦 「最後の砦」はパイロットワームとは逆で、最初はガルプ以外のワームで探り、どうしても釣れないときにガルプに頼るという使い方です。 最後の砦として使うことの利点は、釣りのテクニックが磨かれること。 誰でも簡単に釣れるのはガルプの良いところですが、工夫せずに釣れてしまうのはアジングの上達にはマイナスです。 アクションや棚、ワームの形状・カラーなどにバリエーションをつけ、釣り方の引き出しを増やすには、ニオイなしワームで練習する方が手っ取り早いです。 本気でアジング上達を目指したい方は、ガルプ依存には十分に注意しましょう。 ガルプの弱点と対処法 爆釣の最強ワーム「ガルプ」にも、いくつかの弱点があります。 ここでは、ガルプの弱点とその対処法を解説していきます。 とにかくクサイ 繰り返しにはなりますがガルプ汁はとにかくクサイので、液漏れを起こしてしまうと悲惨なことになってしまいます。 ガルプを保持する者なら、液漏れ対策は万全にしておく必要があります。 出典: 大切なカバンをガルプ臭から守るためには、汁とワームを密閉できる容器に移して保管するのが最も効果的です。 密閉性、取り出しやすさに優れたおすすめの容器はこちらです。 アンチガルプの存在 アジング好きの方のなかには、ガルプをワームとみなさない「アンチガルプ」も存在します。 「釣れすぎるから悪」「ニオイ付きなんて邪道」という乱暴な?理念を振りかざす方々です…。 以前、釣り場でたまたま隣に居合わせた過激派アンチガルプのおじさまが、ガルプ好きの友人に向かって「ニオイのあるやつ使ってるんですかぁ~(失笑)」みたいな発言を繰り返してきたこともあります。 ブチギレてる友人をなだめつつ釣りをするという、なんとも微妙な時間が流れましたw 個人的には「釣れるなら何でもいいじゃん」って思うのですが、ガルプに否定的な考えを持つ人がいるのも事実です。 ディスられても気にしないという強い心でガルプを使いましょう! 釣れすぎておもしろくないことも… これも繰り返しですが、ガルプはまじで釣れます。 問答無用で魚が釣れます。 アジの活性が高い時や魚影の濃い釣り場では、入れ食い状態になって釣りが作業と化してしまうことも。 たくさん釣れると最初は楽しいのですが、すぐに飽きてきます。 適度に難しいというのもアジングの楽しさの要因のひとつです。 魚影の濃い釣り場ではガルプ以外のワームを使ってテクニックで釣ることにこだわってみても良いでしょう。

次の

ガルプのワームは臭いだけ!?エサ級ワームは反則すれすれ!

ガルプ ワーム

使用ロッド:月下美人76UL-S 使用リール:月下美人MX LT2000S 使用ライン:月下美人フロロカーボン 青イソメでの釣行 可能な限り似たような条件で行いたかったので仕掛けはジグヘッドに青イソメを通し刺し。 仕掛け 使用したジグヘッドは「虫ヘッド3. 0g」• 比較的安価で使い勝手も良かったです。 青イソメでの釣果• ガシラ:4匹(10cm ~ 15cm)• メバル:1匹(15cm)• チヌ:1匹(20cm) 計6匹 釣行時間:1時間程 サイズは小さいですが、チヌが釣れたのは青イソメだけでした。 所感 やっぱり青イソメは安定しますね。 アタリもバンバン来ました。 そして今だに引きずっているんですが、30オーバーしてそうな大きなガシラ1匹とセイゴ1匹を海から上げたんですが、テトラ上からの釣行だったのでクーラーボックスに辿り着く前にテトラの下へ落としました…。 今回は縁が無かったという事ですかね。 ばらしたセイゴを含めると青イソメだけで4種類の魚が釣れている事になります。 やはり万能! メリットとデメリット 【メリット】• 色んな魚種が狙える• 魚の反応が良い 【デメリット】• エサ代が掛かる• 手が汚れる ガルプ サンドワームでの釣行 ガルプとは独特の匂いと味が付いている定番のワームで、その集魚効果は通常のワームとは比べ物にならないくらい大きいとされています。 サンドワームは足が48脚あり、青イソメに似せたワームになります。 ちなみに手で取り付けると手にも強烈な匂いが付いてしまいます。 釣り人からは嫌われがちなキツイ匂いなんですが、私個人的には嫌いな匂いでは無いです。 使用したジグヘッドは「メバル弾丸2. 0g」• 根魚等を対象にしたロックフィッシュで私が愛用しているのがこちらのジグヘッド。 根掛かりからのロストという事も多いのでコスパが良いです。 ガルプ サンドワームでの釣果• ガシラ:2匹(15cm)• メバル:1匹(15cm) 計3匹 釣行時間:30分程 釣果だけ見ると青イソメの方が釣れていますが、こちらは30分程の釣行なので数だけで言えば青いイソメに引けを取りません。 所感 このワームほんとリアルなんですね。 素手で取り付けると匂いが手についてしまいますが、青イソメに比べると個人的にはこちらの方が全然マシです。 今回は根魚によく反応していたように思います。 アタリ自体は結構あったんですが、うまく乗せられずに結果は3匹でした。 メリットとデメリット 【メリット】• 根魚との相性良• 手が汚れない(匂いは付く)• ちぎれない限り何度も使用出来る 【デメリット】• 匂いが強烈• ガルプの特性上ちぎれやすい ガルプ ベビーサーディンでの釣行 前述のサンドワーム同様に独特な匂いと味の付いたワームですが、見た目は細く、シンプルな形状をしています。 5インチと2インチのサイズがあるんですが、今回使用したのは2インチのサイズ。 ジグヘッドは「メバル弾丸 1. 5g」• このガルプ ベビーサーディンですが、 分解性が高く環境に良いのが売りでガルプ独特の匂いをワームに吸わせる為に中がスポンジ状になっています。 これが集魚効果抜群とされているんですが、その反面普通のワームに比べるとちぎれやすいです。 そしてジグヘッドですが、あまり大きいものだとガルプ ベビーサーディンを取り付ける際に針が太すぎてワーム自体がちぎれてしまうのでジグヘッド選びの際は注意してください。 ガルプ ベビーサーディンでの釣果• メバル:1匹(15cm)• カサゴ:1匹(10cm)• アジ:10匹(10cm) 計:12匹 釣行時間:40分程 見てわかるように唯一このワームだけがアジに反応があったんです。 それもアタリ自体は1投に1度は必ずある程。 ちなみに使っていたベビーサーディンの色はイエロー(チャートリュース)。 所感 ワームの匂いなのか動きなのか色なのかは分かりませんが、アジへの反応が強烈でした。 少し離れた所でサビキでアジを釣ってる方もいたのでタイミング良く回遊してきてたのかもしれません。 底を取ると根魚にも反応し、中層あたりをただ巻きでアジのアタックがありました。 サイズは小さいもののアジはやっぱり嬉しいですね。 さいごに 個人的には青イソメ、ガルプ共に甲乙付け難い結果となりました。 ただ、手が汚れない点とアジへの集魚効果を考えるとガルプに軍配が上がりそうです。 一方でたくさんの魚種が釣れたのは青イソメだったのでさすが万能エサ。 今回はたまたまこのような結果になったのかもしれませんので今後も機会があれば青イソメとガルプのワームを比べてみようと思います。 それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の

ガルプ ベビーサーディン、サンドワームと青イソメ 夜釣りで釣れるのはどっち?各ワームで釣れた魚について

ガルプ ワーム

使用ロッド:月下美人76UL-S 使用リール:月下美人MX LT2000S 使用ライン:月下美人フロロカーボン 青イソメでの釣行 可能な限り似たような条件で行いたかったので仕掛けはジグヘッドに青イソメを通し刺し。 仕掛け 使用したジグヘッドは「虫ヘッド3. 0g」• 比較的安価で使い勝手も良かったです。 青イソメでの釣果• ガシラ:4匹(10cm ~ 15cm)• メバル:1匹(15cm)• チヌ:1匹(20cm) 計6匹 釣行時間:1時間程 サイズは小さいですが、チヌが釣れたのは青イソメだけでした。 所感 やっぱり青イソメは安定しますね。 アタリもバンバン来ました。 そして今だに引きずっているんですが、30オーバーしてそうな大きなガシラ1匹とセイゴ1匹を海から上げたんですが、テトラ上からの釣行だったのでクーラーボックスに辿り着く前にテトラの下へ落としました…。 今回は縁が無かったという事ですかね。 ばらしたセイゴを含めると青イソメだけで4種類の魚が釣れている事になります。 やはり万能! メリットとデメリット 【メリット】• 色んな魚種が狙える• 魚の反応が良い 【デメリット】• エサ代が掛かる• 手が汚れる ガルプ サンドワームでの釣行 ガルプとは独特の匂いと味が付いている定番のワームで、その集魚効果は通常のワームとは比べ物にならないくらい大きいとされています。 サンドワームは足が48脚あり、青イソメに似せたワームになります。 ちなみに手で取り付けると手にも強烈な匂いが付いてしまいます。 釣り人からは嫌われがちなキツイ匂いなんですが、私個人的には嫌いな匂いでは無いです。 使用したジグヘッドは「メバル弾丸2. 0g」• 根魚等を対象にしたロックフィッシュで私が愛用しているのがこちらのジグヘッド。 根掛かりからのロストという事も多いのでコスパが良いです。 ガルプ サンドワームでの釣果• ガシラ:2匹(15cm)• メバル:1匹(15cm) 計3匹 釣行時間:30分程 釣果だけ見ると青イソメの方が釣れていますが、こちらは30分程の釣行なので数だけで言えば青いイソメに引けを取りません。 所感 このワームほんとリアルなんですね。 素手で取り付けると匂いが手についてしまいますが、青イソメに比べると個人的にはこちらの方が全然マシです。 今回は根魚によく反応していたように思います。 アタリ自体は結構あったんですが、うまく乗せられずに結果は3匹でした。 メリットとデメリット 【メリット】• 根魚との相性良• 手が汚れない(匂いは付く)• ちぎれない限り何度も使用出来る 【デメリット】• 匂いが強烈• ガルプの特性上ちぎれやすい ガルプ ベビーサーディンでの釣行 前述のサンドワーム同様に独特な匂いと味の付いたワームですが、見た目は細く、シンプルな形状をしています。 5インチと2インチのサイズがあるんですが、今回使用したのは2インチのサイズ。 ジグヘッドは「メバル弾丸 1. 5g」• このガルプ ベビーサーディンですが、 分解性が高く環境に良いのが売りでガルプ独特の匂いをワームに吸わせる為に中がスポンジ状になっています。 これが集魚効果抜群とされているんですが、その反面普通のワームに比べるとちぎれやすいです。 そしてジグヘッドですが、あまり大きいものだとガルプ ベビーサーディンを取り付ける際に針が太すぎてワーム自体がちぎれてしまうのでジグヘッド選びの際は注意してください。 ガルプ ベビーサーディンでの釣果• メバル:1匹(15cm)• カサゴ:1匹(10cm)• アジ:10匹(10cm) 計:12匹 釣行時間:40分程 見てわかるように唯一このワームだけがアジに反応があったんです。 それもアタリ自体は1投に1度は必ずある程。 ちなみに使っていたベビーサーディンの色はイエロー(チャートリュース)。 所感 ワームの匂いなのか動きなのか色なのかは分かりませんが、アジへの反応が強烈でした。 少し離れた所でサビキでアジを釣ってる方もいたのでタイミング良く回遊してきてたのかもしれません。 底を取ると根魚にも反応し、中層あたりをただ巻きでアジのアタックがありました。 サイズは小さいもののアジはやっぱり嬉しいですね。 さいごに 個人的には青イソメ、ガルプ共に甲乙付け難い結果となりました。 ただ、手が汚れない点とアジへの集魚効果を考えるとガルプに軍配が上がりそうです。 一方でたくさんの魚種が釣れたのは青イソメだったのでさすが万能エサ。 今回はたまたまこのような結果になったのかもしれませんので今後も機会があれば青イソメとガルプのワームを比べてみようと思います。 それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の