約束のネバーランド ネタバレ 146。 約束のネバーランド146話ネタバレ考察と感想「王都決戦」(17巻収録)

約束のネバーランド【ネタバレ】第146話「王都決戦」感想!

約束のネバーランド ネタバレ 146

約束のネバーランド【ネタバレ】146話 2047年 11月10日 「儀祭」の日———— 城の深部の「祭壇の間」では、 王女による神への「儀式」が 五摂家の王侯貴族が見守る中、厳かに行われていた。 一方街中は「お祭りムード」で喜びに満ち溢れていた! ———と! 突然轟音と共に大きな「爆発」が至る所に起こり、 〝王都〟は一気にパニックに包まれる。 その混乱に乗じて 「城内」に侵入したノーマン達は 警備兵を倒してセキュリティ・ラインを制圧し、 全ての扉を開放して ギーラン達を中へと招き入れる! ノーマンとギーランの同盟による 〝城内潜入作戦〟は見事に成功し、 ノーマンの手引きで ギーラン達は奥の「祭壇の間」まで辿り着く。 そこでギーランは 早速五摂家の一人「プポ卿」を血祭に上げる。 残りの五摂家当主達と王女を包囲したギーラン達は、 過去に自分が謀られ、城を追放された事への 「復讐」を果たそうとするのであった———————!? 儀祭と襲撃の狼煙 ———2047年 11月10日 「鬼」の世界の〝儀祭〟の日———— 〝王都〟の奥の巨大な「城」、 さらにその奥の「祭壇の間」では———— 大きな祭壇に「人肉」や「果物」などが 「神」への供物として捧げられていた。 「我らが『神』よ——— 最上の実りを受け取り給え。 そして我らに永久の繁栄を———。 」 女王レグラヴァリマの荘厳な声が響き渡り その場の鬼達は厳粛に頭を垂れるのであった。 所変わって「城下」では———— 〝王都民〟の全員が お祝いムードに溢れかえっていた!! そこでは老若男女を問わず祝杯を挙げ、 全ての住民が笑顔で「おめでとう」を復唱していた。 ドォォンンン!!! いきなりの爆発と轟音!? 地面が激しく揺れ 破裂音は鼓膜を破るかのようだ。 目の前に現れた大きな「黒煙」は 竜の様に天へ立ち上る。 しかもその爆発は一か所だけではなく、 〝王都〟に掛かる橋という橋、 その数は20以上であろうか————— その「橋」の全てが一気に爆発したのだ!!? 「え?何?」 「なんだ?」 「一体何が起こったんだ?」 街の住民が口々に叫び逃げ惑う!? ————と!? ドオオン! ドガアン!! ズシイン!? 街中のいたる所で 「爆発」が生じ、 街全体が混乱の坩堝と化すのであった——————!?? とうとう「最後のクライマックス」の合図が響き渡る!? ノーマンとギーランの「王都殲滅作戦」が始まったのだ!! 街中での「儀祭」を祝う「子供の鬼」達の笑顔を見ると やはりノーマンがしようとしている「殲滅計画」は、 間違っているのだと改めて実感させられる。 そう、エマの方法が全ての種族にとってベストなのだ!! が、もう「計画」は始まり、 〝賽は投げられた〟のである。 こうなると・・・私達読者はもう傍観するしかない。 「エマ! 早く来てノーマンを止めて!!」 今、我々にできるのは——— 心の底からそう叫ぶ事しかないのだ!! 城内侵入!! 「オイ何だ?」 「一体何が起きた!?」 城を警護する鬼達が狼狽えながら 街に上がった幾筋もの黒煙を見やる。 「え」 次の瞬間———— 「鬼」は頭に強い衝撃を受けて一瞬で絶命していた! バーバラが後ろから「棍棒」で殴り殺したのだ! 「こちら城内西側、見張りを倒したぜ、ドーゾ!」 シスロからの連絡が入る。 「東側も同じく! ドーゾ!」 バーバラが答える。 「今、セキュリティ・ラインも制圧した。 」 ヴィンセントが配電盤をタブレットで操作する。 「さあ、これで思うがままだ。 」 ゴゴゴゴ・・・・ 城の入り口全ての鉄格子が上へと持ち上がる。 「ではお入り下さい———」 ヴィンセントが指示を出す。 「ギーラン家御一行!」 大きなフードを顔に纏った 「鬼」の一団が速やかに城内へと入る。 「全門、閉門」 ドオ・・・ドオン・・・ ヴィンセントが画面を押すと、 全ての鉄格子が素早く下りるのだった。 ヴィンセントはスタンバイしながら 「計画」全体のイメージを もう一度思い描いていた。 —————————————————————— 王都の兵は推定5000・・・ それをボスの「おとりのアジト」を使って 1000にまで減らした。 今、 「城下」に700、 「城内」に300。 「城下」の700は目下 混乱する民衆と 爆破した「外橋」と「城下」への対処で手一杯。 加えて城門は全て閉ざした———— これで「城下」と「城内」は行き来を断絶した。 「外橋」も全て落とし、 外部からも孤立無援の状態。 そして・・・ 「城内」には300、 対する 我ら(ギーラン)の兵は約50——— (ここでギーランの思考も加わる!) これなら十分に行ける! 動ける!! 同盟万歳!! ここまでに至る 〝ミネルヴァ〟の策と情報は勿論のこと、 小回りのよく効く『人間』だからこそ 内側から我らを手引きができるのだ!! —————————————————————— 「シスロ、バーバラ! そろそろ退け! 後は彼らに———。 」ヴィンセントが指示する。 この人間達の活躍を目の前で見たギーランは 今回の「作戦」が必ず成功する事を ここで確信したはずだ。 ほら、耳を澄ませば・・・ ギーランの高らかな笑い声が 今にも聞こえてきそうである!! いざ「祭壇の間」へ! ギーランとノーマンは計画の成功を確信して、 お互いに向かい合う。 「見事な手際だ〝W・ミネルヴァ〟」 ギーランが感心する。 「さあ存分に復讐を。 その頃——— 「祭壇の間」では・・・ 王女と五摂家の当主が 只ならぬ気配を感じ取って 異常にざわついていた。 「今の音はなんだ? 報告はまだか?」 ドッザ卿が苛立つ。 「見て参れ。 」ノウム卿が家臣に命じる。 「はっ。 その後ろには多くの「鬼」達が居並ぶ。 「きゃあああ!!」 女子供が悲鳴を上げる!! 「賊徒だと————!?」 突然の事にバイヨン卿が訝る。 「あの『農園潰し』の・・・ だがどうやってここまで・・・?」 プポ卿が首を傾げる。 「久しいのぅ・・・。 」 中央に立つ大きな鬼が 顔のフードを取り去りながら言う。 再会と復讐と その場にいる全員が目にした ギーランの顔は——— 老いさらばえ 頭髪はボロボロに崩れ落ち 皮膚はカラカラに干からび 身体は肥え太り 杖なしでは歩行もままならない・・・ 「醜い姿」であった。 が・・・薄汚れて濁り切った瞳には 復讐の「炎」が燃え盛っていた! (こ・・・こ奴が、あのギーラン・・・様?) バイヨン卿の脳裏に 彼が幼き時に見た 紳士然とした スマートなギーラン卿の面影が過ぎる。 「父上、母上お下がりを! ここは危な————」 プポ卿がそう言い終わらない間に・・・ 彼の目玉に 鋭いナイフが突き刺さる!? 「え?」 母上・・・? な・・・ぜ・・・ 母の手によって 一瞬でプポ卿の首が切断される!? 「プポ卿———!!」 ノウム卿が叫ぶ!!? 「おのれ何奴!!」 「家族と思うたろう?」 ギーランが嘯く。 「姿、声、匂い・・・そして〝面〟 既におまえ達の家族は食らい尽くした。 」 「食って奪ったのだ。 皆、上手く化けたのう・・・ それはプポの父御だけではない・・・。 ) 「そこにいる全てが〝我が手〟の者じゃ!」 (その仮面の下からは——— 『野良の鬼』達の狂暴な顔が現れる。 ) 「!!!」 フ・・・ アハハハハハハッ!! ギーランは狂ったように哄笑し 牙をむき出してプポ卿の頭部を貪り食う!? バキッ・・・ ボコッ 「野良に落とされてはや700年・・・ 我ら一門——— この日をドレほど待ちわびたことか・・・。 」 バクッ・・・ズルズル・・・ 「我らは忘れた事は一度たりともない・・・ この受けた数々の仕打ちを・・・ 屈辱、苦しみ、悲しみや憎しみを・・・。 」 (バイヨン卿の体はワナワナと震えている。 ) 「貴様・・・!!」ノウム卿が狼狽える! 「次はぬしらじゃ。 このような「復讐譚」は いろんなテレビや映画、小説・マンガなど 様々な「ジャンル」でよく見かけるが・・・ ここでの新機軸は主役を 「人間」から「鬼」へと変更したことだろう!! それにより 陰謀に嵌められたギーラン家は 「野良鬼」と成り果て——— 姿形や知性までも醜く変化し、 700年という長い長い期間、 ずっと「復讐」の念を燃やし続ける事になる! 700年! 700年と一言で言ってしまうが・・・ 何と途方もない長さだろう。 人間が「復讐」の念に囚われたとしても 高々50年、多くて6~70年のもの位だろう・・・ しかもそれだけずっと秘め続ける 「心の力」は持ってはいない。 私なんか誰かに憎しみを感じても・・・ 「『負の想い』に囚われるのは時間の損だ!」って 2~3日もしない内に 忘れてしまおうとするタイプなのだ。 だから・・・ 700年!! 何なんだこの数字は!? 「鬼」という設定でなければ 到底ここまでは生きられず、 「復讐してやる」という「心の強さ」を保てない。 そう、「鬼」だからこそ 「恨みの深さ」をここまで表現できるのである。 うん、これには納得するしかない! そう素直に感じた今週なのである。 さて、来週!! ギーランは「復讐」をなし得るのか? ノーマンのこれからの動向は? エマとレイはノーマンを止める事ができるのか? そしてムジカはどこで現れ、 どういう役割を果たすのか? もういろんな事があり過ぎて いろんな要素が絡み合い過ぎて・・・ 頭はもうパンク寸前!! 兎にも角にも、 「エマ」を待つしかない!! 「神」との約束を結び直す事に成功した彼女なら 絶対に何とかしてくれる筈!! それを信じて、 みんなで「ラスト」まで突っ走って行こうではないか!!.

次の

約束のネバーランド第146話【約ネバ通信VOL.46】|maesaqu|note

約束のネバーランド ネタバレ 146

約束のネバーランド|最新話156話の「終わりにしましょう」のネタバレあらすじ 沢山の顔が連なった異形の塊が割れて、中から現れた王女らしき鬼には、顔がありませんでした。 「顔が... ない」 本来あるはずの顔がない事にノーマンは驚愕します。 まるであの寺にあった壁画のようだと思うエマ。 その時、女王らしき鬼が喋りだします。 「あなうれしや。 揃うておる。 目を覚ましたら目の前に。 」 エマ、レイ、ノーマンが目の前に居ることに、女王は喜びます。 「赦そう。 我が都への攻撃も、我が臣下達への攻撃も、妾への攻撃も。 そして、次の瞬間には王女にザジが捕まっていました。 頭部に沢山の口が現れて、ザジを食おうとする王女。 ザジは咄嗟に、王女を半分に切り裂きます。 しかし、王女はすぐに再生してしまいます。 王女からの手刀を首に浴びせられたザジは、激しく壁に叩きつけられ気を失いました。 王女に為すすべもないエマ達 窮地に駆けつけたソンジュとムジカ 「ザジー!!」 ノーマンはザジの元に駆け寄ります。 王女は自分の力の強さを実感し、高笑いをしました。 銃を構えるエマとレイに、王女は撃つのかと問いかけます。 ノーマンは、ザジを一撃で倒してしまう王女の力に驚愕していました。 そして、頭部を叩き割っても死ななかったこと、割った頭部の中には脳も何もなかったこと、顔もない目もない、鬼の急所である核もない可能性が、ノーマンの脳裏をよぎります。 (いや、あの鬼、俺とエマを判別している。 "見えて"いる。 目も核もないとは限らねぇ) (落ち着け、囚われるな。 核が動く、隠れている、位置が他とは違うとかなのかも) この状況でもレイとエマは諦めず、考え続けます。 銃を撃っても効かないと考えつつも、ヒントを得る意味では充分だと、レイとエマが撃とうとしたその時でした。 王女の放つプレッシャーに、レイとエマは恐怖で動けなくなります。 「よい子じゃ。 」 王女の手がエマに迫ったその時、槍が降ってきて、王女の体を貫通します。 見上げたエマ達の視線の先に、ソンジュとムジカがいました。 レイとエマは、ソンジュとムジカを笑顔で迎えます。 混乱していた城下は邪血のおかげで、民衆だけでも対処できるまでに回復していました。 また、ドンやギルダには抜け道を教えたから王都から無事に出られると、ソンジュは言います。 エマはほっとした表情で、ソンジュとムジカに感謝を伝えました。 鬼の王族 王女とソンジュの意外な関係 槍で貫かれた王女は、平然とした様子で槍を引き抜きます。 「遂に内実ともに化け物に成り果てたか。 」 王女の姿の謎を知っている風のソンジュは、エマとレイに王女は和平どころか交渉も見込めないと告げます。 「五摂家は全員死んだのね。 」 (交渉による解決に持ち込むなら、イヴェルク公かプポ卿辺りだった。 間に合わなかったのね... ) ムジカはエマ達が間に合わなかった事を悟っていました。 「誰かと思えば... ソンジュ。 お前がにんげんに肩入れとは、どういう風の吹き回しだ。 」 「まぁよい。 邪血の始末と、脱走者の奪還、今日一日で片がつく。 吉日だ。 」 王女がそう言うと、俺達もあんたとケリをつけにきたとソンジュが言います。 700年逃げ回ったソンジュとムジカでしたが、王都にきた時点で決意を胸に秘めていました。 「終わりにしましょう。 」 「女王あんたは今日ここで俺が殺す。 」 覚悟を決めがソンジュとムジカは、王女に向かい合います。 そんな二人を王女は嘲笑います。 「殺す?お前が?私を? げに愚かな弟よ。 」 王女の口から、ソンジュが弟である衝撃の真実が明かされたのでした。

次の

約束のネバーランド【ネタバレ】第146話「王都決戦」感想!

約束のネバーランド ネタバレ 146

こちらの記事では 2019年8月19日 に発売された 約束のネバーランドの最新話『146話』のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 約束のネバーランドの最新話『146話』のネタバレ 儀祭始まる。 2047年11月10日。 儀祭 ティファリ が始まったのでした。 女王が祝詞の言葉を捧げます。 ですがその時でした! 『ドォォン』 王都に爆発音が響きます。 『ドドドド』 『ドドドォン』 しかもそれは一つではなく、 同時に多発的に起こったのです。 突然のことに慌てふためく王都の鬼達。 そこにラムダが強襲を仕掛けたのでした。 作戦大成功…!? シスロ 「こちら城内西側、見張り倒したぜドーゾ」 バーバラ 「東側も同じく!」 「ブッたおしたぜドーゾ」 そして…。 ヴィンセント 「今セキュリティラインを制圧した」 「さあこれで思うままだ」 「お入りください」 「ギーラン家御一行」 ヴィンセントは同盟を結んだ没落した鬼の貴族・ギーラン家を、 王都の中に引きいれたのでした。 ヴィンセント 「全門」 「閉門」 ギーラン家を招き入れると、すぐに閉門するヴィンセント。 そして改めて戦力を整理します。 ヴィンセント 王都の兵は推定5000 それをボスが事前に1000まで減らした 今城下に700 城内に300 城下の700は目下混乱する民衆と 爆破した外橋・城下への対処で手一杯 加えて城門は全て閉ざした、城下と城内は断絶 外橋も全て落とし外からも孤立無援 城内に300 対するギーラン兵約50 この状態ならばギーラン家は動けたのでした。 効果てき面の策に、ギーラン家側も同盟の効果を実感します。 ヴィンセント 「シスロ、バーバラ、そろそろ退け後は彼らに」 ヴィンセントは、後はギーラン家に任せる様に指示を出したのでした。 ギーラン強襲! ドッサ卿 「今の音は何だ、報告はまだか」 一方、王都最深部にいる五摂家は未だ状況を把握できません。 ノウム卿 「見て参れ」 ノウム卿の指示に従い、部下が扉まで行ったその時でした。 プポ卿 「?」 扉の前で固まる部下の鬼。 その様子を見て、叫び声を上げる鬼の民衆。 」 プポ卿 「あの農園潰しの…?どうやって…」 五摂家が戸惑っていると、その賊の奥から…。 「久しいのぅ」 という声がしたのでした。 イヴェルク卿 「いや」 「貴様…」 「ギーラン…!! 」 勿論現れたのはギーラン卿。 バイヨン卿 ギーラン…様? その変わり果てた姿に驚愕するバイヨン卿。 プポ卿 え) なんと母からナイフで刺されてしまったのでした。 プポ卿 母上…?な…ぜ… そのままドサッとプポ卿は倒れてしまいます。 ノウム卿 「おのれ何奴!! 」 ノウム卿はプポ卿の母と思われた鬼にそう言います。 ギーラン卿 「家族は食ろうた」 衝撃の事実を明かすギーラン卿。 そしてさらに…。 ギーラン卿 「食ろうて奪った」 「 皆上手く化けたのう」 「プポの父御だけではない」 「そこにいる 全て我の手の者じゃ」 なんとギーラン卿は五摂家のメンバー以外の全てを、 食って、ギーラン家の手の者を潜ませていたのです…! ギーラン卿 「アハ、アハハハハッ」 プポ卿の面を砕きながら高笑いするギーラン卿。 ギーラン卿 「野良に落とされ700年」 「我ら一門この日をどれほど待ちわびたことか」 「忘れたことなどない」 「受けた仕打ち…屈辱」 「苦しみ悲しみ憎しみ」 ノウム卿 「貴様…!!! 」 ギーラン卿 「次はぬしらじゃ」 「我らが怒り、存分に味わわせてやる」 ギーラン卿は自らの面を外しながらそう五摂家に告げたのでした。 女王 「笑止」 ですが、その状況でも女王はギーランにそう言い放ちます。 鬼VS鬼の戦いの始まりでした。 約束のネバーランドの最新話『146話』や最新刊を無料で読む方法って? 以上が約束のネバーランドの最新話『146話』のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 約束のネバーランドの最新話『146話』の感想と考察 ノーマンの策も、ギーラン卿の策も、鮮やかに決まりましたね…! ここまで鮮やかに決まると気持ち良いだろうなってちょっと思います 笑 ギーラン卿の高笑いは「これで恨みを晴らせる!」という、 積年の想いもあるでしょうが、 痛快な程に自らの策が決まって、 プポ卿を葬ったことの爽快感もあったのではないでしょうか? というか、ちょっと気になったのが、 本当にプポ卿はこれで葬られたのでしょうか…? 意外とまだ生きていて、ギーラン卿に反撃したりは…? そもそも、五摂家の戦闘力ってどれほどのものなのでしょうか? レウウィスが作中超強キャラに描かれていたせい、 そして最近でもソンジュが高い戦闘力を見せていたせいで、 名付きの鬼=強いというイメージが付いていますが、 実は一部以外はそこまで戦闘力が高くなかったり…? しかも、荒事に慣れていそうなギーラン卿。 鬼VS鬼でもあるので、 五摂家側は多少戦闘力がある程度じゃ、 この状況を打破できなそうにも見えますが…? やっぱり気になるのは女王の余裕ですよね。 ノーマン達も把握していない、 何かしら戦闘に長けた鬼の部隊でも潜ませているのでしょうか? 流石にここで女王がやられる様なことはないと思うので、 次回、どんな急展開を見せるか楽しみですね! まとめ ここまで約束のネバーランドの最新話『146話』のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで約束のネバーランドの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の