気に入って 敬語。 「気に入る」の尊敬語

「気に入る」の敬語表現・気に入るの使い方と例文・別の敬語表現

気に入って 敬語

「幸い」という言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用する言葉で、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしています。 しかし、相手が目上の人や立場が上の取引先の担当者のような場合だと、失礼な物言いに受け取られることがあります。 相手によっては、「思います」の敬語表現の「存じます」を使って、「幸いに存じます」のように表現した方がいいでしょう。 また、「幸甚に存じます」という表現もありますので、押さえておきましょう。 ご多忙な折り、誠に恐縮ではございますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いに存じます。 」 という風に使用することができます。 このように、あらたまった集まりの場合には、敬語を使った方がいいでしょう。 贈り物をする際も「幸い」という言葉を使う 「幸い」の使い方ですが、何か依頼する場合以外に、相手に対して贈り物をする場合などにも使用され、プレゼントやギフトを贈る相手に喜んでもらうこと、相手の役に立つことを期待する気持ちを表わす言葉でもあります。 ただ、ごく親しい人に贈る場合は、敬語まで使う必要はないかもしれません。 場面に応じて、敬語表現を使い分けるようにしてください。 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現の具体例 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現ですが、 「ささやかな感謝のしるしとして、心ばかりの品をお送り致しました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。 ただ、ごく親しい間柄の人に贈る場合は、あまり丁寧な文章で贈ると嫌味だと思われてしまうかもしれません。 贈る人の人柄に合わせて敬語表現や文章を考えましょう。 「幸いです」という表現の濫用に注意 「幸い」というのは、一般的におめでたいときに使われる敬語です。 あまりビジネスメールのようなものに多用しない方がいいでしょう。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 自分がうれしいと思ったときに使われる言葉ですが、ごく普通に語尾に「致します」を使用する代わりに、「幸いです」とつけてしまうとそぐわない場合が出てきます。 結婚式などおめでたい場では「幸い」という表現がしっくりくる 結婚式の案内状の文末には、「お返事をいただければ幸いに存じます。 」のように、「幸い」を敬語とする文章が使われています。 また、結婚式の贈り物をする場合なども、「お祝いの品をお送りしましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。 」のように使われます。 ビジネスシーンとは逆に、結婚式のようなおめでたい席では、たいへんしっくりくる言葉です。 「幸いに存じます」という表現が敬語としてより丁寧 「幸いです」という言葉は、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」という敬語表現にすることでより丁寧になります。 幸いが敬語として使われるケースには、相手に何かを依頼する場合、また贈り物をする場合などがあります。 幸いは、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしていますが、敬語として成り立つかというと微妙な言葉です。 人によっては何が幸いなのか、疑問に持たれることがあるようですので、使うときは状況をしっかり考慮するのがよいでしょう。

次の

気に入ってくれて嬉しい 敬語

気に入って 敬語

「幸い」という言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用する言葉で、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしています。 しかし、相手が目上の人や立場が上の取引先の担当者のような場合だと、失礼な物言いに受け取られることがあります。 相手によっては、「思います」の敬語表現の「存じます」を使って、「幸いに存じます」のように表現した方がいいでしょう。 また、「幸甚に存じます」という表現もありますので、押さえておきましょう。 ご多忙な折り、誠に恐縮ではございますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いに存じます。 」 という風に使用することができます。 このように、あらたまった集まりの場合には、敬語を使った方がいいでしょう。 贈り物をする際も「幸い」という言葉を使う 「幸い」の使い方ですが、何か依頼する場合以外に、相手に対して贈り物をする場合などにも使用され、プレゼントやギフトを贈る相手に喜んでもらうこと、相手の役に立つことを期待する気持ちを表わす言葉でもあります。 ただ、ごく親しい人に贈る場合は、敬語まで使う必要はないかもしれません。 場面に応じて、敬語表現を使い分けるようにしてください。 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現の具体例 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現ですが、 「ささやかな感謝のしるしとして、心ばかりの品をお送り致しました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。 ただ、ごく親しい間柄の人に贈る場合は、あまり丁寧な文章で贈ると嫌味だと思われてしまうかもしれません。 贈る人の人柄に合わせて敬語表現や文章を考えましょう。 「幸いです」という表現の濫用に注意 「幸い」というのは、一般的におめでたいときに使われる敬語です。 あまりビジネスメールのようなものに多用しない方がいいでしょう。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 自分がうれしいと思ったときに使われる言葉ですが、ごく普通に語尾に「致します」を使用する代わりに、「幸いです」とつけてしまうとそぐわない場合が出てきます。 結婚式などおめでたい場では「幸い」という表現がしっくりくる 結婚式の案内状の文末には、「お返事をいただければ幸いに存じます。 」のように、「幸い」を敬語とする文章が使われています。 また、結婚式の贈り物をする場合なども、「お祝いの品をお送りしましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。 」のように使われます。 ビジネスシーンとは逆に、結婚式のようなおめでたい席では、たいへんしっくりくる言葉です。 「幸いに存じます」という表現が敬語としてより丁寧 「幸いです」という言葉は、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」という敬語表現にすることでより丁寧になります。 幸いが敬語として使われるケースには、相手に何かを依頼する場合、また贈り物をする場合などがあります。 幸いは、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしていますが、敬語として成り立つかというと微妙な言葉です。 人によっては何が幸いなのか、疑問に持たれることがあるようですので、使うときは状況をしっかり考慮するのがよいでしょう。

次の

「気に入っていただけて」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

気に入って 敬語

noname 177595 なるほど! スポッと納得しました。 「尊敬語」と「尊敬の表現」は違いますね。 「お気に召す」は一つの言葉ですが、「気に入られる=気に入る+られる」なのですね。 「尊敬の表現」としてはOKだが、「尊敬語」ではなかった、だから「尊敬語を答える」テストでは誤り、ということなのですね。 目から鱗がおちました。 日本語としては間違っていなかったので、ちょっと安心しました。 ありがとうございます、 ちなみに設問は以下のようなもので、選択式のものでした。 【例に示した2語と同じ関係になっている語を選びなさい】 (例)言う:おっしゃる (問)気に入る:___ <選択肢> ・お気に召す ・気に入られる ・気にかけていただく ・気になさる ・気に障る これで、例が「言う:言われる」だったら「気に入られる」でOKだったということですね。 単なる悪問だと思います。 一般に、動詞を尊敬語の形にするには下記の形があります。 1 「~れる」 2 「お/ご~なる」 たとえば「食べる」で考えます。 「食べられる」 「お食べになる」 どちらも間違いではありません。 ところが、動詞のなかには、特別の形の敬語になるものがあり、「特定形」などと呼ばれます(あまり一般的ではないかも)。 下記のWikipediaをご確認ください。 Wikipediaでは「不規則動詞」と読んでいるようです。 この不規則動詞の表に従うと、「食べる/飲む」の尊敬語は「召し上がる」「上がる」になります。 こちらのほうが自然な敬語とされますが、「食べられる」「お食べになる」が間違いと断ずることはできないと思います。 「気に入る」はWikipediaの表には出ていませんが、名著として知られる『敬語再入門』のP. 226の表には「気に入る」の「尊敬語」として「お気に召す」が出ています。 これが自然な敬語とされています。 ちなみに、2 の形にはしにくいようです。 無理にするなら「お気に入りになる」ですかね。 もし特定形の回答を求めるなら、それなりの設問にする必要があります。 ただし、普段から〈「食べる」の尊敬語は「召し上がる」〉という授業をしているのなら、〈「気に入る」の尊敬語は「お気に召す」〉になります。 このあたりは、さらに微妙な問題になります。 設問が、「『気に入る』を尊敬の敬語表現にしなさい」であれば、設問が悪いですが。 でも「気に入る」の尊敬語は?だと、「お気に召す」ですよ。 従い、別に「引っ掛け問題」にもなってません。 敬語化の文法問題などではなく、単に「お気に召す」と言う「尊敬語」を知っているか?を問う形式の問題です。 質問者さんの国語センスは悪くなさそうなのに、「お気に召す」も思い浮かんだのであれば、そちらを書かなかった理由の方が判らないですよ・・。 ケアレスミスと言うよりは、「テスト慣れ」ですかね? 「今後は注意しましょう。 」としか言えないです。 テストは絶対的な正しさを問うものだと考えると、 「気に入られる」 が間違いだなんてアホか、と言いたくなりますが、 テストなど所詮は出題者の期待する回答を当てるゲームです。 しょうがねーな、ふーん、そういうもんかよ、と思ってあきらめましょう。 僕は小学校のテストで「このとき太郎君の所持金で足りたでしょうか?」という問題に 「はい」と書いてバツにされたことがあります。 「足りた」と書けばマルだった、 と言われて茫然とし、教師を本気で軽蔑しました。 ちなみに僕が教師でもたぶん、その問題の場合「気に入られる」はバツにします。 だって「受け身の尊敬」はあらゆる動詞に使えますからね。 なるほど 「気に入られる」 を尊敬語でないとされたらお気に召さないのもうなずけます。 「「気に入られる」は誤り」 とまで断定するのは行き過ぎではあるまいかという気がします。 それがテストか何かの問題であるとしたら、出題者の期待した答えではなかったので誤りとされたのではないでしょうか。 私の考えたところでは、「気にいられる」 も尊敬表現には違いないと思います。 商品がお気に召さなければ、返品していただいても結構です B. 商品がお気に入らなければ、返品していただいても結構です この両者を比べてみると、どちらも丁寧に、相手に対する 「尊敬」 の気持ちは表しているとは思いますが、比較した場合には、どうも A の文の方がより丁寧な印象を受けます。 「入る」 と 「召す」 では、「召す」 の方がより丁寧な表現であるように感じられます。 ということは、「尊敬」 表現としての強さの違いがあるといえるかもしれません。 出題者は、「最上級の尊敬語」 を答えることを期待したのではないでしょうか。 調べてみると 「らる」 という表現は受け身としても尊敬の意を表すものとしても使われますが、古くは 「給う」 という表現に比べて 「敬意の度合いが低い」 とあります。 だから尊敬の表現として用いる場合には他の尊敬語と合わせて使ったようです。 現代でも 「られる」 で尊敬の表現になっていますが、場合によっては 「召す」 のような尊敬語と合わせて用いると 「尊敬の意の度合い」 が高いと感じられることがあるのかもしれません。 学校の先生くらいなら 「おっしゃられる」 で十分でしょうけれど、これが皇室の方が発言されたことを伝える場合には 「おおせになられた」 と表現することもあります。 従って、「気に入られる」 という表現は尊敬の表現には違いないが、「気を召される」 に比べると尊敬の意の程度が低いとみなされたのではないか、というふうに私は考えました。 それと 「気に入る」 と 「お気に召される」 とは、慣用的に対の表現として定着しているということもあるのかもしれません。

次の